FC2ブログ

≫ EDIT

4柴+ワン。

今日も元気に、固まっている大ちゃんは・・
20190219.jpg
のっそのっそと、犬や猫に近づきます。

大ちゃんが近づいてきても、呑気にひっくり返っているポコタ君・・・・
IMG_7530.jpg
ハッと気づき、ポコタなりに威嚇する声を出しても、大ちゃんには全く聞こえていません。

当然、大ちゃんは、マイペースに突進・・・
IMG_7531.jpg
ということで、いつも、結局は、何処かしら踏まれて、大慌てで起き上がるポコタでした。
何だか、学習能力に不安を感じます・・・。


さて、17日の日曜日にお客様がいらっしゃいました。
犬と一緒に暮らしたい・・という事で、柴っ子達に会いに来てくれました。
64D9577E-01D1-4D74-82D2-FDA23389A275.jpgE582E509-C1B7-4404-A01F-2254791A1072.jpggokihu_201902191813321d8.jpg

たくさんのお土産を持って来て下さり、ご寄附も頂きました。
お気遣い、ありがとうございました。m(__)m

3匹それぞれの子と、お散歩をして、様子を見て頂きました。
ゆっくり検討していただいて、どの子かと、良いご縁になると嬉しいです。


さて昨日は、プ-さんの去勢手術の抜糸も終わりました。
9E2A0332-9837-4DA7-9577-29B14D475957.jpg
プ-さんも、やっとエリザベスカラ-が取れたので、スッキリしました。

そして、現地からの保護っこ1頭目の一郎さんこと、「クマちゃん」も、抜糸後、シャンプ-ができました。
そして、現地から連れ出した「三郎さん」も術前健診の受診の後、去勢手術前にシャンプ-を済ませることができました。

クマちゃんは、洗っていてもドライヤ-も、終始良い子でした。
87D05538-1A49-4C67-921F-C17BC5244448.jpg
新しい環境に慣れて来たということもあるのかもしれません。

クマちゃん、敷物の毛布で、かなりの汚れを取ったはずなのに・・・甘かった~。
シャンプ-の泡は立たず、真っ黒いお湯になるだけ・・
かなりのシャンプ-剤を使いましたが、汚れ皮脂も、なかなかの強敵でした。
1751DD7D-31C3-4155-B888-9553FA04F2F5.jpg
帰り道、綺麗になって、ご機嫌そうな可愛いクマちゃんでした。

さてさて問題は、三郎君・・・それはそれは、大暴れでした。
IMG_0884.jpg

三郎君にしてみたら、その日に現地から突然連れ出され、病院に連れていかれ、採血やらやエコ-検査・・
そして、また・・・始めての知らない場所に来たと思ったら・・
突然、身体から泡は立つは、お湯なんてかけられるは・・・それや-パニックになるのは当たり前です。

それでも、攻撃性はなく、ただただ逃げようとしていました。
何が何だかわからなかったのでしょうね。
ドライヤ-も全部が終わった後は、良いお顔をしていました。

翌日には、無事、いらリアの影響もなく、三郎君の去勢手術も終わりました。
8E85B6EE-C058-442D-875D-29911ED37C7F.jpg
フィラリアの方は、抜糸の時に、念の為にステロイドの前処置をした後で、内服駆虫を開始します。

その三郎さん・・・

おヘソのあたりに、イボのようなものがぶら下がっていたので、ついでに、その切除もお願いしました。
簡単に取れそうだと思ったのですが、お腹の中の方の方にも繋がっていて、塊があったそうでそれも、しっかり、摘出して下さったそうです。

念の為、採取したものは、病理検査に、出して頂きました。
先生も、悪いものではないと思うと仰っていましたが、そうであることを願っています。

三郎君も、人懐こくていい子です。
2285A995-BE1A-41F2-9D29-1C6001C23CAB.jpg
何処を触っても平気・・無駄吠えもありません。


保護した柴っ子たち・・・

今回、雄の柴4匹と聞いたとき、扱いにくい子とか、神経質な子が、何頭かいるんだろうな・・・って、頭をよぎりました。
ところが、みんな人懐っこく、噛み癖がなく、とても性格が良いことに驚きました。

現地でお世話をしていてくださった整備士さんは優しそうな人で、可愛がって下さっていたので、みんな馴れていました。
この方に、優しくしてもらっていたから、攻撃性がないのかもしれません。

これまで、一般の家庭で過ごした経験はあるのかもしれませんが、ここ数年は、あの会社の環境に放置されていました。
保護した当初、ケ-ジに手をかけただけで、縮こまるようなしぐさを見せ、足を怖がっていたのが気になったのですが・・・。


人と一緒に時間と場所を共有して、「安心と信頼」を得た時、この子達も変わるのでしょう。
気長に、この子達に関わってくださる方をのぞみます。

現地には、まだ1匹、柴っ子が残っています。
お世話する人が居なくなるので、今月中には、連れて来てあげなければなりません。

そして、みんな幸せになるための「ご縁」につなげたいと思います。

2度、捨てられたこの子達が、もう同じ体験をしないように、進めていかなくてはなりません。
引き続き、一時預かり、里親さまを募集しております。

これからも、この子達のことを、できるだけ、紹介していきたいと思っています
どうぞ、よろしくお願い致します。

| | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クマちゃん、抜糸が終わりました。

朝のお散歩で、よく会うカラスを紹介します。
私には「バカバカ~」としか聞こえてきません。

上から聞こえるカラスの声に、いつも、ずっこけてしまいます。
私に言っているのかしら・・・。


さてさて、何歩か歩いては、フリ-ズする最近の大ちゃんです。
20190209.jpg
予測できない大ちゃんの動きに、戸惑い気味のポコタくんです。
大ちゃんの動きには、猫も犬も注意を怠りません。


さて・・・・
先日、去勢手術を終えたクマ&プ-くんは、元気にしています。

ダイエットが急務のお二方・・

特に、プ-さんのプリプリむちむちした後姿には、見ていて癒されます。



お蔭さまで、昨日、無事に抜糸を終えた一郎さんこと、クマさん。

診察中は、動くことなく、じっとしていて、おりこうさんでした。
見方を変えると・・・固まってぃたのかもしれません。
B450F77B-2D70-46FD-AA9E-0B9B1FA4FFF4.jpg

涙焼けが酷いので、診て頂いただきました。
24548.jpg

涙が多いのは数本の逆さまつ毛のせいだと思われ、その場で抜いて頂きました。

また、左右とも角膜に、傷があり、しばらくは点眼治療をしていくことになりました。
しっかり目は開けているので、古傷だと思いますが治療はしてみます。

FE97AB2E-F14B-4E2E-B5C0-D5FD33553BA4.jpg
鼻涙管の通りをみたところ、左は通っておりましたが、右は若干、狭くなっていました。
周辺組織が少し腫れているようで、それも点眼によって良くなってくるかもしれないとのお話でした。

これらの治療行為を大して抑えられることもなくできました。
ちょっと抑えるだけで、目元のこんな治療ができるほどの大人しい、お利口さんです。

D3F07BB4-4BF3-4A73-8DAF-99E4AB7794C8.jpg
穏やかな性格で、とっても可愛い柴男子です。


そして、問題は、まだ現地に残されている柴犬2匹のこと・・

結局、こちらで残りの1匹だけではなく、譲渡が決まっていた子もも引き受けることになりました。


何故かというと・・・


HSさんが、現地の柴犬1頭を、希望のあった里親さんに繋げることになっていたのでしたが、話しが変わってしまったからです。
一昨日の夜、HSさんから「譲渡の事が詳しくないので直接、里親さんとお話しして貰えますか」と、電話がありました。

HSさんが引き受け予定だった柴犬は、HSさんのかかつけの動物病院へ連れて行ったそうです。
簡易キッドでフィラリアの検査をしたところ、陽性と出てしまい、そのことで何か、里親希望の方とトラブルが起きたようです。

私が里親希望の方と直接、お話しをしたところ、必要な医療行為は済ませ、健康状態を掌握することは勿論のこと、犬の様子や性格を観察したうえでの譲渡だと思っていたそうです。

譲渡の前に、それらのことを知りたかったようで、もっともなことだと思いました。

私の理解力が乏しいせいか、双方からお話しを聞いたのですが、双方のお話しがちぐはぐで、かみ合わず、結局、トラブルの原因については、よくわかりませんでした。


「犬たちが可哀想だから・・」 と、感情から動くことは、善意からであり悪気はないことは承知しています。
でも、犬に負担をかけてることになっては、いけないと思うのです。

これは、私達にも言えることで、いつもギリギリ迄、自問自答して動きますが、手を出してしまったことは、最後まで諦めたくないという思いで動いてます。

また「繋げるご縁」を間違えると、その犬に対する想いとは逆に、今以上に不幸にしてしまうこともあるので、一番、神経を使います。

譲渡後に問題が起るようなことは、避けられるものならば、できるだけ避けたいと思います。

ですから、犬の体調管理や躾など、自分にできることをきちんと行ってから、里親さんに譲渡するようになるべく心がけています。

今回のトラブルのことはわかりませんが、引き受けた以上、こちらで、やるしかありません。



ということで、3匹目の柴犬を迎えに行き、受診させました。
S__146907141.jpg

とりあえず・・カルテ名は「三郎」です。

S__146907140.jpg

三郎君、こちらの病院でフィりアの検査は再検査をしましたが、薄く線がでました。
感染はあるようなので、医師の指示のもと治療を開始します。

S__146907138.jpg

顕微鏡では、ミクロフィラリアは見つからなかったということで、とりあえず、エコ-で心臓の形と動き等を見て、特に問題がなかったので去勢手術は明日、行う予定です。

こちらとしては、里親さんのことはちょっと置いておき、三郎に今、必要なことを進めていきます。


私の家にはこれ以上、ケージすら置く場所がないので、Kさんが、お店で預かってくれることになりました。

Kさんは「お店のケージ飼育は、一般家庭とは違うし、かかわり方もおのずと淡泊になってしまうから、理想的ではない」と、心配していますが、他に手だてがありません。

どこかに有料でお願いすることも検討しましたが、費用の捻出は厳しいです。
お店には、ケンタもいますが、無理を承知でお願いしました。


現地には、まだ1匹が残っています。

24550.jpg
期日は迫っています。
引き続き、里親様、一時預かりが可能な方を探しています。

今すぐでなくても構いません。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

| | 12:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二郎君改め、プ-さん。

最近、フリ-ズが多くなってきた大ちゃん。
IMG_7406.jpg

フリ-ズしていると、カ-ペットの上でも、段々と後ろ足が開いてきてしまうようになってきました。
後ろ足の筋肉が、ガクッと落ちて来たようです。

IMG_7407.jpg

みんなそうでしたが、あれよあれよという間に進む老化・・・
大ちゃんの聴力が全くないのは、気で仕方ないことですが、視力は明らかに年相応に落ちてきてます。
で・・ピョンピョンと元気よく飛び跳ねていたので、筋力だけは大丈夫かと思っていたのですが・・

寂しいですが、体力も筋力も、このところ、めっきり落ちてきてしまいました。

それでも・・・
おトイレも、近くなりましたが、何とか外でできてるし・・
褒められると喜ぶし、食欲旺盛だし、ポコタの玩具も横取りできるし(笑)・・
20192dai.jpg
まだまだ若いもんには負けないよね。



さて、現地の柴犬たちのことです。

先日、保護したクマちゃんは元気です。
4F1E807B-6D8B-489B-98D9-716507D66126.jpg
玄関の鏡が、どうしても気になるようで、毎日、散歩の出入りの時に、不思議な顔をして鏡を眺めています。


さて・・・今日現在、現地の犬の状況です。

私が現地に初めて出向いた時に、お会いした犬好きのHSさん。
初めてお会いした時に「犬仲間達で、里親探しを出来そう」とのことで、お任せすることにしたのですが・・・
結局、何方も引受先がなかったそう・・と、、再度、知人から連絡を受けました。

なので、私たちが関わることになりました。
こちらで全部やるということで、去勢手術や置き場所などを探しておりました。

ところが、、先日、知人の所にHSさんから「マルチ-ズMixくんのトリ-ミングも予定していたのに、連れて行ってしまったのですか」と、言ってきたそうです。
もう、こちらが引き受けた後のことです。
「洗って、また元に戻すのなら、また汚くなりますよ」と、知人がお話ししたそうです。

そして、今日・・
また彼女から、柴犬の里親さん希望の方がいるので・・・と、連絡があったというのです。

知人が、HSさんと私の間に入っていて、伝言ゲームのようで、話しが今ひとつ解らなかったので、連絡先を聞き、直接、お話してみました。

要点をかいつまめば・・・

今回の里親探しの拡散の中、1人の希望者がいらっしゃったそうです。
知り合いなのか、知り合いの知り合いなのかは、定かではありません。

その柴犬が欲しいという方が、先日、現地に犬を見に来て、お外の檻に入っている子を気に入ったそうで、里親さんになるとのお申し出があったということでした。
手を引くので、こちらに全てお願いします・・という感じでもなかったそうで、自分なりに、引き取り先を探していたそうです。

誰が関わろうと、こちらとしては、現地の犬たちが幸せになればいいことです。

その1頭については、そのお話しを進めてもらうことにしました。
918886C2-1402-43D8-A50B-979C40B99F7C.jpg

今日、HSさんにも、現地に来て頂き、直接、お会いして、お話ししました。

譲渡などに関しては、不慣れだ、と仰っていたので、譲渡の際に気をつけて欲しいこと・・・
「きちんとご自宅までお届けすること」や「譲渡書のこと」、「マイクロチップ挿入と登録のこと」、「脱走に気を付けて頂く事」をお話しし、いつもこちらで使っている譲渡書を参考にお渡ししました。

全てきちんとやって下さるそうで、何か困ったことがあった場合は、こちら迄御連絡下さるそうです。

臆病そうな柴っ子なのですが、譲渡がうまく進み、幸せになってくれることを願います。


ということで・・・今日、私たちが現地から連れてきたのは、二郎君です。
61736E38-AAEC-45FF-846A-053D0F6DDD74.jpg
早速、受診し、フィラリアは陰性でした。

クレアチニン値が、正常値ギリギリだったそうですが、それだけなら問題なく、手術できそうだとの事です。
気になったデ-タ-を念のため、再検査で、血液を調べ、問題がなければ去勢手術をします。

そして、二郎君は、受診の後、Kさんのお店でシャンプ-をして貰いました。

あまり見ないほどの凄い汚れと、現地の寒さが想像できる、毛量でした。
FB930FF5-5E49-4388-8342-38B74DDDFD56.jpg
マイクロバブルにも入って、綺麗になって、帰宅しました。

お湯がかかった時こそパニックになっていましたが、少し、逃げようとするだけで攻撃性はゼロでした。

問題なく、顔も耳も洗えました。

大人しい、可愛い男の子です。
毛の色や歯と歯肉の感じではシニアには見えませんでした。
25714D62-77D4-4FFD-8D09-0873F0BD1A80.jpg
かなりのメタボは問題ですね・・・ダイエットが急務です。(笑)
去勢手術の前に洗って貰えて、本当に良かったです。

だって・・・・・・

先に去勢手術をしたクマちゃん・・・真っ黒で汚れています。
75720299-A7DC-4D4A-8AE7-F597A9EB2FDF.jpg
臭いが一番悩みかも・・・で、空気清浄機も次亜塩散水の加湿器も置いてあります。
敷いた敷物も、凄い汚れで、既に3回、取り替えました。

未だに身体に障ると、手が真っ黒になります。

可愛いクマちゃん・・・。
毛も絡んでいるような感じもあるし・・・抜糸が終わって、早く、洗ってあげたいです。



今回、一つだけ気になったことがあります。
現地の柴犬たちは、少しの音にビクついたり、手を少し動かすと、異常に怖がったりする仕草を見せます。
みんな共通して、そんな仕草を見せます。

何ででしょう・・・

でも・・・この子達が体験してきた現地での過去も、それ以前の事も、全くわかりません。

そんな事を言っても、過去はともかく・・・・
今できる最善を尽くし、この子達のこの先が幸せなものであるようにする手助けをすることしかできません。


現地には人懐こい感じの子が元気そうな子が1匹残っています。
4AB75D35-4699-4DF8-AAE0-7DAB03E11507.jpg
あと、2週間ほどで世話をしてくれる人がいなくなります。
あの子もきっと、既に引き取った2匹のように人懐こいように思います。


現地に残っている子と引き取った子も含めて、3匹中、どの子かの一時預かりをして下さる方を探しています。

先に引き取った2匹、クマちゃんと、プ-さんの医療ケア-は、終わっています。
どうぞよろしくお願い致します。


| | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一時預かり・里親さま、急募してます。

小さいチビタにも大ちゃんにも、玩具をとられてしまう情けないポコタくん。
IMG_7191.jpg

他の子をケ-ジに入れて、少しの時間、リビングでポコタ1匹で遊びました。
嬉しそうに、「投げて~投げて」と、色々な玩具を咥えてきました。

IMG_7179.jpg
短い時間でしたが、楽しそうにはしゃいでいた、可愛いポコタです。

たっぷり遊んでくれる優しいポコタの家族が、早く、できると良いね・・・。


さて昨日、無事にチワックス君のお届けも終わりました。
早速ご連絡を頂き、新しい名前は、コルタ君になったそうです。
コルタ
1年間、前の飼い主の所で我慢した分、これからの犬生、幸せになってね。

そして、現地から連れて来た1匹目の柴犬の去勢手術も、一昨日、無事に終わりました。
B2F8AC91-35EE-46F3-BBC9-930AE4A53339.jpg
今朝も、元気よくお散歩をしました。


真っ黒だったマルチ-ズMix君も・・・
sanyoinu.jpg

トリミングが終わり、お預かり頂く方の元での生活が始まりました。

S__292511751.jpg
知人から写真が届いたのですが、スッキリ綺麗に、可愛くなりました。
これから、健康チェックなど医療行為を終えたら、新しい家族を募集します。


残っている現地の子たち3匹も、順次、検査や去勢をお願いしていく予定です。

まずは、1匹の受診で「カルテを作りますので、この子の名前は?」と聞かれ・・名前ないし、直ぐに名付け出来ないし、、と。
4匹受診するので、取りあえず、カルテは一番目なので、一郎、でお願いしました。

名前は、ゆっくりと付けるとして、取りあえず、カルテは二郎、三郎、四郎で、お願いしていこうと思います。


が・・・しかし・・・

昨日、去勢手術が終わり、夕方、病院にお迎えに行き、車の中でカラ-を付けようとしたとき・・・・
「こら、、カラ-するから、逃げない逃げない・・クマちゃん」と…思わず私の口から出ちゃった名前。

FE82615D-5EE4-4524-A8FE-0225BA38555D.jpg
という事で・・・
結局、この子を一郎ではなく「クマちゃん」と呼ぶことにしました(^-^;


今度の日曜日は、次の子の健康チェックをし、月曜日に、去勢手術予定を入れて頂きました。
とりあえず、二郎さんの番です。


医療行為も里親さん探しも、サクサクと進めたいのですが、現地に置いたままでは何の管理もできません。
現地では、パンをあげたり、ちくわをあげたり、お饅頭をあげたり・・
少なくとも、食べ物の管理は、何人もいる従業員さんたちに周知徹底は無理なようです。

健康には、良いとは言えない環境ではありますが、従業員さんたちには、可愛がられています。

今日の午後も、現地の様子を見てきました。
24177.jpg
日曜日に、引き取り予定の子(二郎君)のお散歩をしてきました。

犬の周りには、やはり、ちくわや菓子パン、カステラ等が置いてありました。
先日、ドッグフ-ドを持参し、それ以外はあげないようにお話ししていたのですが・・・

今日も、再度、お願いしてきました。
事務員さんも、張り紙をしてくれるそうです。


とにかく、2月いっぱいで、面倒を見てくれていた人も現地にはいなくなります。

今日も、檻に入っていた2匹・・・
918886C2-1402-43D8-A50B-979C40B99F7C.jpg 4AB75D35-4699-4DF8-AAE0-7DAB03E11507.jpg
見ず知らずの私達だからなのか、1匹は怯えていました。
もう1匹は、嬉しそうにはしゃいでいました。


期限は迫っています。
一時預かりが可能な方は、いらっしゃいませんでしょうか・・。
もちろん、里親になることを検討していただけたら、嬉しいです。


この不幸な境遇のこの子たちに、優しい手を差し伸べては頂けないでしょうか?

どうか、よろしくお願い致します。





さて・・・

今日の午前中は、お支払もあり、トレーナーさんのグラウンドまでボタンに会いに行きました。
2019207botan2.jpg

ボタンは、以前にも増して、優しく穏やかな表情になっていました。

驚いたのは、何と・・真っ直ぐに、人の顔を見てくれるようになっていたことです。

2019207botan.jpg

以前は、人と目を合わせようとせず、トレ-ナ-さんの顔も見なかったボタンです。

今日は、以前は消えきれなかった悲しげな影が、その表情から消えていました。


そして、なにより、人に期待を寄せるよう眼差しで、、
20190207botan1.jpg
ずっと、トレ-ナ-さんの姿を追っていたことに、こみ上げる嬉しさを感じました。


トレ-ナさんが、
「柴犬は、飼い主と一緒に居た時間が長ければ長い程、信頼が深まっていくものなに、9年間、一緒に過ごした主人を怖がらせる程に噛みつくというのは、理解しがたい話しだと、みんなと話していたんです」
と、仰っていました。

今日、グラウンドでは、ビ-グルにボ-ダ-コリ-、シェルティやコ-ギ-などが、トレ-ニングをしていました。

そして、犬種別に特徴があり、トレ-ナ-さんが接し方の工夫をしているのが、よくわかりました。
そうですよね・・ビ-グルと柴犬は、違いますよね・・。

心の傷が深かった分だけ、ボタンは時間がかかっていますが、今日の嬉しい変化に、一筋の光が差し込んだのを見たような思いでした。


| | 23:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

現地の犬たちのこと

最近、ついてないポコタくん。

ゴ~ロゴロと楽しく、背中でスリスリしていたら・・・
IMG_7094.jpg

少しづつ、大ちゃんが近づいてきて・・
gorogoro.jpg
胸か顔かを踏まれて、大慌てで起き上がったポコタでした。

ポコタが、「遊んで・・」と、玩具を咥えてきたので・・、
7639BCD9-1B9B-45C3-BF7A-36FE70AD2722.jpg
投げて遊んでいたら・・

何回か取りに行った後、あっさり、チビ太に取られてしまいました。
pokotibit.jpg
取り返すわけでもなく、怒るわけでもなく、茫然と・・情けな~い顔をして、チビ太を見ていました。


さて一昨日、現地に出向き、柴犬くんたちのお散歩をしてみました。
EC29D1AD-91D9-49D6-B263-766504447B41.jpg
工場の事務所の脇に繋がれている子達は、引きは少し強いものの、歩いていても問題はありませんでした。

犬好きの自動車の整備士の方が、お散歩をしてくれていたので、嬉しそうにお散歩します。


先日、現地の社長の家族が、慌てて東京都動物愛護相談センタ-に、引き取ってくれとの連絡を入れたそうです。
当然、「まずは、自分たちで何とかするように」と言われたそうで、愛護団体の連絡先を教えてくれたそうです。

数件に連絡を入れたけど「柴犬は引き受けられない」といわれたそうです。


知り合いの団体さんにも、「お父さんが亡くなり、面倒を見ていた息子さんも飼いきれないから・・」と相談が来たそうです。

それで「板橋区で柴犬って・・・」と、私に連絡が来ました。
この団体さんには、予め犬の引き取りの相談していたので「あ・・あの話ね・・」とわかったようです。

写真を送ってくれれば、掲載すると、相談者に言ったとのことで、早速、こちらの写真を送りました。
直ぐに、SNSに載せてくれたようで・・ありがたいです。

経緯は、違ってたけど、相談者が団体さんたちに話したことが、そもそも、事実と違いますから・・仕方がありません。

元々、引越し業をしていた会社でした。
・・・引越しの為、飼育できなくなった犬を有料で引き取り、育てていたが、倒産するので置くところが無くなるし、社長がやっていたことで、家族は引き受ける気はない。
期日は迫るし、途方に暮れてドタバタと・・・といったところなのですが・・・

まぁ・・・
この不幸な犬たちに、早く新しい家族が決まってくれれば、経緯やら何やらは、どうでも良いことです。

とにかく、期限もあることなので、里親さんや預かりさんを探しは、のんびりはしていられません。


マルチ-ズMixは、このお話しを持ってきた知人が、預かってくれることになりました。
sanyoinu.jpg

他の4頭は、預かり先、里親さまを決めることは勿論、医療行為も、順次、進めていかなければなりません。
フィラリアの検査を含めた採血検査とワクチン接種、去勢手術も合わせて、お世話になっている、近くの動物病院に事情を説明して、無理を受けて頂きました。


取りあえず、昨日、1頭を受診に連れて行きました。
651CBE3E-7500-40D8-8F9C-467923D23F88.jpg
血液検査をして頂いたところ、フィラリアも陰性・血液検査の結果も問題ありませんでした。
この子は、どこを触っても平気で大人しい性格のようです。

今日、去勢手術なので、先程、病院に預けました。


昨日、2匹引き受けたので、事務所脇のスペ-スがあきましたので・・・。
4AB75D35-4699-4DF8-AAE0-7DAB03E11507.jpg

外のケ-ジにいれっ放しの犬たち2匹・・・

918886C2-1402-43D8-A50B-979C40B99F7C.jpg
事務所脇に移して、散歩に行ってくれるように、優しい整備士さんにお願いしました。


現在、我が家には、保護犬を含め柴犬は、3頭・・・トレ-ナ-さんにところには、ボタンもいます。
今回も、柴犬が現地に残り4頭・・・何か、柴犬が多いな・・・。


引越しで、要らなくなったからって・・可愛いから買ったのだろうに・・。

子犬の時の愛らしさに乗せられての衝動買い。

犬の特徴や性質も知らずに・・・5年後10年後15年後を考えもせずに・・・そして、棄てる。

可愛さを助長する「ペットショップのガラスケース」の展示販売は、「動物愛護と管理の法律」がある国とも思えません。

ブツブツ言ってても、仕方ない・・ですね。
少しずつでも、出来ることをこなし、コツコツと前に進むしかありません。

柴犬たちの里親さま、一時預かりをして下さる方からの連絡をおまちしております。



今日の午後は、チワックス君をお届けです。
IMG_6407.jpg
犬好きの優しいご家族・・・お届けをとても楽しみにしてくれています。
1頭でも、里親さんへの橋渡しが決まってよかった・・・。
では、行ってきます!

| | 10:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT