≫ EDIT

子猫達も少しずつ・・。

ここ数日、朝晩の散歩の時間は、何とかお天気も持ちこたえてくれています。

IMG_4577.jpg

チビコの前庭疾患の後遺症が残っており、転びそうになる時がありますが、、
55951_20160928230332009.jpg
柴ぁ~ずの賑やかな日常が戻って来ました。

お蔭さまで、コテツの手術も終わり、傷も綺麗で、とても元気です。
切除したイボのようなものは、根がはっていなかったとのことでした。
55832.jpg
なんとなく、悪いものではないような気がします。
良い結果でありますように・・・。



さてさて、猫のことは、また明日・・・と書いて、何日たったのでしょう・・・(-_-;)
明日って長いもんなんだね~と、友人に言われました

ニャンコ達も、少しずつ、家族が決まりました。

先週、23日の金曜日、白黒ちゃんをお届けしました。
IMG_2025.jpg

新しい名前はチョビ君です。
お見合いの時から決めてらしていました。

先住のワンちゃんには会えなかったのですが、可愛い2匹のニャンコちゃんと会えました。
ワンニャンは、みんな保護っ子だそうです。

ケ-ジを用意して頂いたのですが、初日から、みんなと仲良くなれたそうです。
56245.jpg
優しいママさんに見守られて、みんな幸せそうです。
思いっきり、家じゅうを走り回れるし、仲間もいるし、良かったね~。


そして、黒君と茶トラ君の家族も決まりました。
IMG_2690_2016092902352335b.jpg

とても猫好きなご夫婦です。
お家を建てた時に、キャットウォ-クも作ったそうです。
日曜日に、お届けしましたが、とても素敵なお家でした。

名前は、まだ確定していないそうですが「茶々丸&サスケ」になるようです。
ちょっと大きくなった黒猫のサスケ君は、年下の茶々丸君の後をついて回っているそうです。
元々、人懐こい子なので、直ぐにヤンチャを発揮すると思います。
2匹とも悪戯なので心配です。
トライアルが、無事に終わりますように・・・。


そして、茶色くんの家族も決まりました。
IMG_3464.jpg

同じ区内にお住まいの方で、週末にお届けです。
先住の猫ちゃんは、4歳・・・
こちらも、先住の子と仲良くできることを願ってます。



まだ家族が決まってない子達も頑張れ~~。
IMG_4222.jpgIMG_2059.jpg 

みんな人懐こくて可愛い子です。

sippona5.jpgIMG_3765.jpg

みんな、人が大好きで、とっても人懐こい仔猫たちです。

兄弟2匹、物怖じせず、どんな環境でも平気そう・・他の犬猫とも直ぐに仲良くなれます。

55596.jpg

天真爛漫な子猫達・・。

IMG_4525.jpg

紅一点・・・甘えん坊の女の子。
IMG_4488_201609280342303c6.jpg
猫達と遊んでいても、目が合うと、直ぐに人の傍にきます。
猫より人が好き・・・?
とっても可愛らしい子です。


ハチワレ君の目も、良くなりました。
白濁は残っていますが、ここまでよくなるとは思いませんでした。
とっても、元気いっぱい・・。
IMG_4056.jpg
人懐こくて、優しい男の子です。


みんな素適な家族が出来ますように・・・。


| 未分類 | 03:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

心配が続きます。

まだ、チビコの首は傾いていますが、先週から、4匹の散歩が復活しました。

55469.jpg

折角、4匹で、散歩に行けるようになったのですが、ここ最近、雨の日多くて、お散歩もお休みの多いアンです。

今朝のお散歩も、お留守番でした。
IMG_3340.jpg
ド-ム型ベットに、上手く入れなかった時は、中途半端に、こんな格好でふて寝していますzzz


お蔭さまで、手術から2週間経った今週火曜日、チビコとタァくんの抜糸も終わりました。


そして、チビコの検査結果も出ました。
IMG_3901.jpg

肥満細胞腫のグレ-ドはⅡで、キウぺル・グレ-ドは、低グレ-ドした。
C-Kit遺伝子変異検査は陰性でした。

何のこっちゃ、あまりわかりませんが、そんなに質の悪い癌ではないようです。
暫くステロイドの投与で経過を見ることになりました。


たぁくんの鼻血も、時々、クシャミと一緒に出るくらいで、すっかり止まりました。
顔の傷は、全然わかりません。

IMG_3857.jpg
お散歩の時は、走るし、はしゃぐし、元気いっぱいで、嬉しくなります。

もう少し経ってから、パラディアを服用するかどうか、ゆっくりと決めていくそうです。


良かった!!

と思っていたのですが・・・

更に更に・・・どういうわけか、悪いことは続きます。


家には、4匹の柴犬の他に、あまり登場しない「コテツ」という柴犬がいます。
IMG_5526.jpg
コテツは、10年前に保護した子で、先月で11歳になりました。

コテツの左肩のちょっと下に、前にはなかったイボ状の黒子のようなものを見つけました。
55196.jpg
受診したところ、メラノ-マの細胞も出ているそうで、急に大きくなったこともあり、明日の金曜日、手術することになりました。



コテツは、人も犬も咬んでしまうので、私の部屋で過ごしています。

kottyan.jpg

スイッチが入ると、何もわらなくなってしまい、人や犬は勿論、自分のシッポも咬んでしまいます。
人や犬に対しては、唸りもせず顔色も変えず、いきなり咬みます。



コテツは、10年前に、近所の方から「保護してくれ」と頼まれた柴犬です。
庭の犬小屋に繋がれっ放し、散歩もなくて、飼い主さんも飼育できないとのことで、可哀想だから・・・と、お願いされました。

会いに行くと、散歩もないどころか、フードもタイマ-で出てくるようになっていました。
雨が降ると、フードが水浸し、ふやけてしまって、とても食べらません。
そして、電灯もないので、夜になると、何も見えない真っ暗な庭です。


そのお宅の庭で飼われたのは、生後7か月くらいの時からだったそうです。
私が引き取るまで、2ヶ月程、そこで過ごしていました。

元々は、老夫婦とマンション暮らしだったそうです。
御主人が亡くなり、娘の家で暮らす為、コテツが生後6か月くらいの頃に、手放されたそうです。

数万円のお礼と共に、コテツは、飼い主のかかりつけ動物病院に引き取られました。

その後、その獣医さんの知り合いだったお宅に引き取られました。
散歩もせず、庭の犬小屋に、繋がれっぱなしにしていたお宅です。

まぁ、無理もありません。
お会いしてみたら、飼い主さんは、足の悪いお祖父さんでした。

獣医さんからは「血統の良い犬だよ。買ったら高いけど、3万で良いよ」と言われたそうです。
そして、犬を連れて来て、庭先に繋いで帰ったそうです。

お祖父さんは「足が悪いから、散歩に行けないし、もう飼えないよ」と、言っていました。
保護するしかないと思い、連れて帰ったものの、当初、仕事の関係で、家では預かることができませんでした。
知人に話をすると、預かってくれるとのことで、里親さんも決めてくれました。

そうはいっても、柴犬の男の子・・・、自分で預からなかったLこともあり、犬の様子がわからず、心配でした。
念の為、里親さんお宅に近い、知り合いの訓練士さんに、暫くの間、犬を見に行ってくれるように頼みました。


トレ-ナ-さんは「純粋で無垢な子なので、大丈夫でしょう」とのことでした。
が、結局、里親さんを咬んでしまい、私が引き取りました。


その後、久保木ドッグスク-ルで、トレ-ニングをして頂いたり、沢山遊び、運動させて、信頼関係も築くことが出きましました。
随分時間を要しましたが、今では、身体の何処でも触れるようになりました。
とても大切な可愛い息子ちゃんです。

55468.jpg

黒いイボ状のものが、急に大きくなったので不安です。
どうか、悪性黒色腫でありませんように・・・。


猫達の事を書きたかったのですが、もっと長くなりそうなので、、また明日。。

| | 12:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あっという間に・・。

チビコとタァクンの手術から、1週間が過ぎました。
色々とあり過ぎて、1週間は、あっ!という間でした。

2匹とも、傷口も腫れることなく、赤味もなく、綺麗です。
IMG_3098.jpg


たぁくんは、模様に見えるのか、術後の傷に、気付かない方が多くいました。
IMG_3080.jpg
「この子、銀杏の葉の模様なのね」と言われ・・・
言われてみれば、銀杏の葉にも見えるような、、見えないような。。(笑)


血が混ざった鼻水は、時々、出ますが、だいぶ少なくなってきました。
IMG_3093.jpg
そんな時は、ブシュッと飛ばすか、ペロッと鼻を舐めてます。
ゴォゴォと鳴っていた、鼻詰まりのような音は、すっかりなくなりました。

散歩も、みんなと一緒に元気よく歩いています。
54428.jpg

チラ-ジンの増量で、甲状腺低下症が良くなっているようで、歩くのは楽しそうです。
時々、走ったり、はしゃいだり・・・。

54429.jpg
尻尾フリフリと先頭を切って歩いている姿に、嬉しくて、可愛くて、思わず頬が緩みっぱなしの私なのです。

今日、夜の散歩は、クシャミもしないし、鼻水も飛ばすことなく歩いていました。

チビコは、前庭疾患が良くなっておらず、まだ首が傾いているので、散歩はお預けです。
遺伝子検査の結果がと、グレ-ドも気がかりですが、どんな結果であっても、向き合っていくしかありません。

2匹とも、来週の中頃に抜糸予定です。


さて、昨日は、久しぶりにモモコに会いました。
54420.jpg

散歩が終り、戻ってくる途中、止まってるモモコを呼ぶと、急いで走ってきました。
とても疲れているようで、歯茎も白くなっていたので、心配でした。

「こんなに歯茎が白くなるって、心臓のせいかね・・・なんて話していました。

今日の検査の結果、循環が悪く、血圧も低いようで、やはり心臓が弱ってるとのことでした。
お薬とサプリメントが増えたようです。



モモコもチビコもシニア組。
お散歩も無理しないで、のんび~りと頑張って過ごしていこうね。





こちらのニャンコ、、生後4日で来た仔猫達は・・・。
IMG_8964.jpg

元気に育ち、生後3カ月になりました。
IMG_2556_20160915020509f58.jpg
只今、家族募集中です。


お蔭さまで、白黒君は、いち早く、家族が決まりました。
犬と猫と一緒に暮らしているお宅です。
IMG_2240.jpg
先住のワンニャンと仲良く暮らしていけることを願ってます。
黒白君は、2週間後にお届けの予定です。

みんな幸せになれますように・・・。




おまけちょっと一息


疲れたな~なんて時は、こんな姿に癒されています。

IMG_2114.jpg

IMG_1647.jpg

IMG_3028.jpg

IMG_2642.jpg

IMG_2769.jpg









| 犬&猫 | 23:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お蔭さまで、無事、退院しました。

昨日は、ブログの記事を一行書いて・・・
知らないうちに、パソコンの前で寝てしまっていました(-_-;)


お蔭さまで、たぁくんもチビコも、無事に手術が終わりました。

そして、チビコは昨日、たぁくんは今日、無事に退院しました。


チビコの手術は、腫瘍とその周りを大きめに切除しました。
麻酔が安定していたので、お願いしていた、歯石も除去して下さいました。
tibikozyutugo.jpg


チビコは、夕方に退院し帰宅してからずっと、朝まで、ぐっすり寝ていました。
年なので、麻酔が残っているのでしょう。
tibineru.jpg
おかえり・・と言いながら、スヤスヤと安心した寝顔を暫く眺めていました

今朝は、元気に目覚めたようで、おトイレも外で済ませ、食事もいつも通りの食いしん坊ぶりでした。
tibikohokamuri.jpg

チビコの遺伝子検査とグレ-ドの検査結果が出るまでは、不安ですが、手術が無事に終わって良かったです。
どうか、グレ-ドが低いことを願ってます(>_<)



そしてたぁくん。
今朝7時、執刀医である担当の圓尾先生から電話を頂きました。

「たぁくん、とても元気にしてますし、安定していますので、今日にでも退院できます」とのことでした。

昨日は、20時近くに連絡を下さったのに、今朝はこんなに早くから連絡下さって・・・
胸がじ~んと熱くなりました。

お迎えは、お昼過ぎで大丈夫と仰っていたので、みんなのお世話が終ってから、病院へ向かいました。

53360.jpg

圓尾先生は、とても謙虚で優しい先生です。
そして、解り易く説明して下さいます。

新しい超音波吸引の機械のお蔭で、出血量も少なくて済んだそうです。
そして、光増感剤とレーザ-光線を使っての術式も、たぁくんで20匹くらいとか・・。

麻布大学付属動物病院で、手術することができて、たぁくんは、本当に幸運でした。


今は、風邪で鼻水が沢山詰まっている人のように、ゴォゴォと鼻を鳴らしています。
暫くは、血の混ざった鼻水と、その鼻の音があるようですが、数日で落ち着いてくるそうです。

生検の結果は、腺癌だったそうです。
腺癌なので、パラディアなどの抗がん剤も有効との事ですが、麻布の先生と相談の上、今後、どうするか決めて下さるようです。


tazyutugo.jpg
帰りの車の中でも、私が食べていたパンを欲しがって、催促するくらい元気でした。


家に到着すると、早速、犬用のトイレのにおいを暫くの間、嗅いでいました。
53364_20160908001907e2c.jpg
「ふんふん、奴らの臭いだ」とでも思ったのでしょうか(笑)


たぁくんにも、何度も「おかえり・・」と言ってしまいました。

出来るだけ興奮しないよう、暫くの間は、サ-クルで大人しく過ごして貰います。


2匹とも、食欲はあります。
美味しそうに、ご飯を食べている姿は、何とも嬉しいものです。
どうか、癌の転移が無いことを願うばかりです。




| 未分類 | 23:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いよいよ明日・・。

明日は、たぁくんとチビコの手術の日です。
なんか、気持ちが落ち着きません。


チビコは、まだ、頭が左に傾いています。
眼振は、全くなくなりました。
IMG_1910.jpg
腫瘍からの出血は、ステロイドを飲んで3日目で止まりました。
幸い、食欲はありますが、毎日、寝てばかりです。


たぁくんは、先週、生検で細胞を取ったので、その後3日間ほどは、鼻から出血していました。
今は、鼻からの出血は止まったのですが、くしゃみが酷くなってきたので心配です。

たぁくんも、食欲は旺盛です。
ieitala.jpg
大げさなので、ちょと術後が心配な、たぁくんです

2匹、それぞれ、違う病院での手術、チビコは午後から、たぁくんは夕方からです。
どうか、無事に終わりますように・・。
そして、良いご報告が出来ますように・・・。

チビコ、たぁくん、頑張れ~!!




先日、大手術をしたクロっち・・・

応援して下さった皆さま、本当にありがとうございます。
お蔭さまで、食事も普通に、口から摂れているようです。

先週末、抜糸を終え、今週には、胃瘻の管も外すそうです。
驚くほどの回復力・・・強い子です。
本当に良かった。

クロっちは、元はと言えば「顔を怪我している猫がいる」と相談され、治療をしてあげようと、自分たちが保護した外猫です。
Mさんが、迎え入れてくれたとはいえ、ずっと気になっておりました。

今回、手術をして下さる先生に出逢え、患部をすべて除去することができたことは、夢のようです。
また、モモコにご支援頂いた直後にもかかわらず、沢山の方が、クロっちに、ご支援下さいました。
皆さまには、心より感謝しております。

顔に穴が開き、長い間、そこから出ていた膿からも解放されました。
今迄、相当の痛みがあったのかもしれません。
これからは、クロっちも、穏やかに暮らしていけることと思います。

ご支援に、応援下さった皆さま、本当に、ありがとうございます。

| 未分類 | 11:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT