≫ EDIT

ももこの急変とみゃうのトライアル。

昨日、モモコが緊急入院しました。
そして、今日の午前中、退院してきました。

体調が良かったり悪かったり、食べたり食べなかったり・・、モモコの様態は日々変化していました。

一昨日の夜ご飯から、レメロンというお薬が効き、食べるようになったと聞いて、少しホッとしていました。
17時頃に通院した時は、モモコのニコニコした可愛い写メが、Kさんから送られてきました。
12026.jpg

が、19時過ぎ、急変したとの連絡、何も口にしなくなり、お腹を触ったら悲鳴をあげたそうです。Kさんの話しでは、どうも腹水が溜まっているようだ、、との事でした。


結果、腹水ではなく、採血した時のような血の色だそうで、腸間膜か腹膜か・・出血しているとのことでした。
Kさんが「今晩危ないかも・・」と言っていましたが、何度も復活したモモコです。

翌朝、元気なく顔色が悪いものの、頑張っているとの連絡がありました。

先生ともお話しして、この状態で入院していても・・・
ということで今日、痛み止めと止血止めのお薬を頂き、連れて帰ってくる事になりました。

車から降ろす時に、お腹を圧迫できないとの事で、Kさんが着く頃に向かいました。

86655.jpg
手足が冷たく、耳の中も歯茎も真っ白でした。
何か食べるものと、Kさんが、マグロ・豚肉をゆでたものをあげるとパクパクと食べていました。
86647.jpg

そして、不意に立ちあがり、お水を飲みに歩きました。
86651.jpg
尻尾もふっていたし、外でのトイレにも立ち上がり歩き・・・モモコの生命力・エネルギ-って凄いです。

午後、賢ママさんとご家族が、美味しいものをたくさん持って、モモコに会いに来て下さいました。
そして、モモコもその美味しいものを、たくさん食べたようです。
血色も良くなり、手足も温かくなったようです。

「お食事後寝てま~す。」と、娘さんから、写メを頂きました。
52393.jpg
たくさん食べて満足したのかな・・。ぐっすり。

ももこ~、、心配して飛んできてくれて、本当にありがたいね。


夕方行くと、やはりモモコの手足は温かったので、ホッとしました。
マグロもまた、パクパク食べていたし、豚肉も・・・。

朝よりも、いい顔していたし、身体も温かくなっていたし、良い感じに見えます。
もしかしたら、出血が止まってくれているのでは・・と期待してしまいます。
きっと大丈夫。モモコが何処かへ行っちゃう気がしないもの。
明日は、今日よりも元気になっていますように・・。




お蔭さまで、大ちゃんの前庭疾患は、良くなりました。
2~3日は、目がぐるぐると回っていましたが、元気はありました。

元気になったものの、大ちゃんの耳は全く聞こえなくなってしまいました。
大ちゃん、と呼んでも、振り向きもせず、目の前で呼んでも、こちらを見ることもありません。

いつもは、リ-ドを取る音に喜んで、「散歩だ~」と大騒ぎするのですが、近くに行くまで何も反応しません。
耳が聞こえないのが、前庭疾患による一過性のものか、ずっと、そのままかはわからないそうです。

d.jpg
「大ちゃん」と呼ぶと、ヘラ~と口を開けていたのですが、今は、呼んでも無表情です。
どうか、大ちゃんの耳が、聞こえるようになってくれますように・・・と願ってます。




さて、先日の日曜日は、ニャンコのお見合いでした。
猫猫座さんにお世話になっていたニャンコです。
knyago.jpg

みなさんに可愛がって頂いて、人懐こさを発揮していた「みゃうみゃうさん」です。
たくさん遊んで頂き、ブラッシングして頂いたりと、お客さまにも本当にお世話になりました。ありがとうございます。

お見合いには、先方のお宅に伺いました。
待ち合わせ場所に着くと、駐車場までご案内頂いてお部屋まで・・何処をどう歩いたのか迷路のようでした。

先住猫さんと12月にお別れしたばかりで、当分、猫は飼わないと思っていたそうです。
最近、少し気持ちも落ち着いてきたそうで、なにより不思議な出来事があり、みゃうみゃうに、お問い合わせを下さったそうです。

じっくりと、その不思議なお話をお聞きしました。
そういう不思議なことって、たくさん聞くし、自分自身でも体験があります。
偶然が必然を呼び、お問い合わせくださいました。

そして、日曜日から、みゃうみゃうは、トライアルに入りました。
86654.jpg
お見合い時は、キャットタワ-で固まっていましたが、ちゃっかり、おやつは頂いてました。
名前は「ふじこちゃん」になりました。

どうか、この必然が運命となることを願ってます。

| 犬&猫 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今度は大ちゃんが・・・。

先週土曜日、モモコは熱を出してしまいました。
DSCN1867.jpg
その日、モモコに会いましたが、元気な顔をしているように見えたのですが、耳を触ると少し熱く、歩き方も変でした。

朝から何も食べないそうで、ポトフを出してみると、ス-プだけは飲んでいました。
その日の夕方、通院したところ、白血球数が多かったそうです。

次の日の朝は、モモコの足が腫れてしまったそうで、写メが届きました。
11474.jpg
「なんか嫌な感じの腫れだね」と言うと、「膿がでそうな感じだよ」とのことでした。

日曜日でしたが、運よく、先生がいらっしゃるとのこと、Kさんが直ぐに病院へ向かい、膿んでいた部分は、切開して頂いたそうです。

それから、数日間、食欲もなかった様ですが、昨日から、白いご飯とささみのドライフ-ドをまぶしたもの等を食べるようになったそうです。

今日も食べたとのことで、少しホッとしました。




さて柴たちですが、先週末、少しの時間でしたが、公園に連れて行くことができました。
5匹一緒は無理なので、4匹と1匹・・2日間に分けて、連れて行きました。

他の子と仲良く出来ないコテツは、1匹で・・・
kttyan.jpg
ボ-ル投げをして遊びました。

そして、4匹は、公園をぐる~っと数時間歩いただけ・・・たぁくんは、一番、楽しそうでした。
チビコとアンは、右へ行ったり左へ行ったりで、凄く歩きにくく、リ-ドも絡みっぱなしでした(-_-;)
hikiriga4.jpg
チビコの老化が進んだせいか、前に公園に遊びに行った時と違い、4匹連れているのが、とても大変でした。

平日でしたが、結構人が多くて、大人も子供も走り回っていたのですが、歩いている時は尻尾も下がることなく、大ちゃんは意気揚々としていました。
hikarigadai.jpg
人や子供の声を怖がっていた大ちゃんが、キョロキョロしないなんて・・・。


その大ちゃん、今日、私が外出しようと思った矢先、急にドタバタッと倒れて、大量に嘔吐しました。

え??と思い、大ちゃんの近くに飛んで行きましたが、足がもつれ、目もぐるぐると回っていました。
眼振と嘔吐・・・チビコと同じ前庭疾患だと思い、慌てて病院に向かいました。
前庭疾患には、対症療法しかないので、点滴と吐き気止めを打って頂きました。


朝は普通に散歩し、食事して、吐く寸前まで元気だったのに・・・
チビコの時もそうですが、前庭疾患は、突然起こるので、本当に驚きます。
gennkidai.jpg
何もなかったと思うのですが、いったい、何がきっかけだったのでしょう。

帰宅すると、大ちゃんは、直ぐに横になって寝てしまいました。
心配でしたが、どうしても行かなくてはならないところがあり、私は外出しました。

帰宅後、大ちゃんをみると、ぐっすり・・・吐く様子もなく安心しました。


実は、どうしても、行かなくてはならなかったのは、自動車の修理工場でした。
大ちゃんを病院へ行く途中、脇道から出てきた車と衝突しまったからです。
相手の方が、偶然知り合いだったので、急いでいた為、こちらには怪我はないので、話しは後にしてくれるように頼み、別れました。

午前中の診療もギリギリだった為、一番、近くにある獣医さんに飛び込み、セ-フでした。
飛び込んだといっても、全く知らない病院ではなく、子猫でお世話になっていた病院です。
午前中の診療に間に合って、ホッとしました。


余談ですが、修理工場へ着く頃、保険会社から連絡がありました。
本道とはいえ、こちらも走行してるので、過失が1割あるそうです。
運よく、ゆっくり走っていたので、そんなに大事故にもならず不幸中の幸いでした。
何よりも、人や動物が巻き込まれなくて、本当によかったです。(-_-;)




| | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

にゃごにゃごと茶白ちゃん。

また、1週間が経ってしまいました(-_-;)早い・・・。

ここ最近、朝晩のお散歩以外、ワン達を何処にも連れて行ってあげていません。
82762.jpg
みんな寝てばかり・・メリハリのない毎日だろうな。

とくに、若いアン・・なんかストレスが溜まっていそうです。
1824.jpg

何で、こんな寝方?
IMG_1734.jpg

しかもイビキかいてる(笑)
IMG_1730.jpg

天気が良い日が続きそうなので、公園にでも行けるかな・・・。



さて、先日保護したキジシロちゃんこと「にゃごにゃご」。
日曜日はから、カフェ「猫猫座」さんに、お預かり頂いてます。
とっても人懐こい子で甘えん坊さんのようです。

血液検査の結果は、特に異常はありませんでした。
エイズ・白血病は陰性でしたが、もう一度、1カ月後に検査します。
nyagonyago.jpg

猫猫座さんが、にゃごにゃごの可愛い写真や動画をツイッタ-に、たくさん載せて下さっています。
ニャンコたちとの可愛い姿が沢山みれます!是非、ご覧くださいね♪
https://mobile.twitter.com/nekonekoza?p=s

可愛いにゃごにゃごちゃん、きっと素敵な縁がありますね。
今度こそ、幸せになろうね。


一昨日は、茶白ちゃんが退院しました。
今回は、たぁくんのパラディアとモモコの医療費も一緒のお支払いで、かなり厳しかった
が、みんなの体調を考えたら、そんなこと言ってられませんね。

茶白ちゃんは、コンベニアを打ったので、鼻の炎症も、落ち着いてきたようです。
感染からの炎症か、扁平上皮癌なのか、まだわかりません。

暫くの間、YGさんが預かって下さいます。
まだ、隠れていますが、捕獲に協力してくれた方は、茶白ちゃんは、近くまで来ると言っていました。
徐々に、馴れてくれると良いのですが・・・。

来週、また通院予定です。



通院と言えば、ぐぅちゃんもそろそろかな・・・。
IMG_1792.jpg
今のところ、口の中も痛くないのか、食欲もあり、ご飯もほぼ残さず食べてくれます。

「助けて~」とでも言っているような雄叫びも、すっかりなくなりました。
話しかけると、小さな可愛い声で「にゃ」と返事をしてくれます。

1669.jpg
いなさんに頂いた、枕で寝ています。
ぐぅちゃんと呼ぶと、寝ぼけ顔で振り向いてくれましたが・・ちと怖いよ(笑)

| 未分類 | 01:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幸せ便りと新しい保護ねことか・・。

昨日は、大ちゃんを洗って貰いました。
もう、シャンプ-しなくては・・・と思っていたところ、Kさんから、大ちゃんの洗ってくれるとの連絡があり、ありがたかったです。

大ちゃんを連れて行くと、お店のドアの前で待ち構えいたモモコでした。
久しぶりにあいましたが、元気そうでした。
kyoumomo7.jpg

モモコは、最近、前足からコケてしまうようです。
今日の通院で、老化のせいか、肩の軟骨がすり減っていて、喉も石灰化しているそうです。
これから、ネブライザ-を始めるそうです。

お腹の調子もいま一つのようで、ステロイドが減りペンタサが増えたそうです。
モモコのお腹は難しいですね。


柴ズたちは元気です。
チビコの老化とたぁくんのノロノロ散歩は変わりませんが、老犬チ-ムも何とか頑張っています。

gohannkure.jpg
食事の前になると、遊んでいた足をピタッと止め、ゾロゾロと台所に集まって来て、真剣な顔をして見上げます。




さて、幸せ便りを頂いてから、だいぶ経ってしまいました。

茶々丸君とサスケ君。
nakayosi.jpg
2匹は仲良しで、いつもくっついて寝てるそうです。

tyatyamarukn_20170309015152a43.jpg
おっとりしているサスケ君と運動神経が抜群な茶々丸君。

sasukekun_2017030901515126e.jpg
ということで、体重は茶々丸君と変わらないそうですが、サスケ君のお腹周りは、たぷたぷしているそうです。

可愛い写真を頂きました。
kansityu.jpg
茶々丸君、小窓を覗いて、庭を監視しているそうです。
何が見えるのかな・・・(^^)

ご家族から「毎日2匹と楽しく暮らせてわたしたちは本当に幸せです」と、嬉しいお言葉を頂きました。
サスケ君も茶々丸君も、と~~っても幸せだね




こちらは、ちゃちゃ君とマロン君。
茶々&マロン
2匹とも食いしん坊で、抱っこすると重いそうです。

チャチャ君は、穀物フリーのフードに変えてから、お腹の調子が良いそうです。
茶々 マロン
2匹との朝のスキンシップタイムが癒やしの時間だそうです。

仲良く2匹、穏やかに過ごしているとのことで、こちらも、とても幸せそうです。



そしてこちらは、3匹。
29886.jpg
マロちゃんは2003年に、昨年6月に、たまみちゃん、昨年8月にパンダちゃんが、Uさんの家族になりました。
今では、3匹、仲良く過ごしているそうです。

ちょっとシャイだったパンダちゃんも、すっかり甘えん坊さんになったようです。
29887.jpg

ニャン達が遊んでもらっている動画を、定期的に頂きますが、本当に楽しそうです。
みんな幸せに暮らしている様子に、心が和みます。



さてさて、新しい保護猫が増えました。



先日のTNRのこと・・。

まずは、ご近所さん。
猫たちに、ご飯をあげているご近所さんが、「1~2ヶ月前から、新しい子が来ているのよ」との相談でした。
近くに来るし触れる猫で、女の子っぽいとのことです。
IMG_1469.jpg

不妊手術をしなければということで、捕まえて、病院へ連れて行くことになりました。
なんと、避妊済みとの事でした。
IMG_1458.jpg

何処でも触れる子で、はやり、捨てられたか迷子になったかのようです。
ご近所さんも、新しい飼い主さんを探して欲しいとのことで、保護することになりました。
今は、Yさんに預かって頂いてます。




そして、もう一ヶ所のTNR現場。
知り合いに頼まれた場所だったのですが、発情が来ている子と、すでに妊娠していた猫もいて、ギリギリセーフでした。

14137.jpg
5匹の不妊手術予定でしたが、初日の日曜日は、常時、餌場に来る4匹を捕獲できました。
たまに来るという茶白の子は、偶然、昨日のリリ-ス時に来ていたので、捕獲できました。

この最後の1匹、TNRの為に行った病院で、鎮静をかけてエコ-撮った所、初期だけど妊娠しているということが判明しました。
鼻の頭が出血していたのもあり、少し長く入院させてくれるとの事で、お願した病院でした。
その病院では妊娠猫は手術をしない方針ということで、困ってしまいました。

田辺先生に相談したところ、快く引き受けて受けてくださり、最初の病院で鎮静がかかったまま受け取ったので、そのまま手術をして下さいました。田辺先生なら安心です。
その猫は、幸運なのかもしれません。
よだれも垂らしており、鼻も怪我していたので、そこも診て頂くようお願いしたのですが、扁平上皮癌の可能性があるとの説明をされました。暫く、様子をみて下さるとの事です。

田辺先生にお願いしようかと考えたとき、恥かしいことに、ちらっと費用のことが頭をかすめたのです。
ももこに、たぁくんや、病気もちの犬猫ばかり・・・、情けない考えが浮かんだのです。
頭の中で、安価に避妊手術をしてくれる病院を探していました。

いのちは待っていてくれないのに・・・情けない。
妊娠中の猫の手術はリスクも高くなりますし、病気の可能性もあるのに・・・、直ぐに、ハッと我に返りました。
本当に、ごめんなさい・・・です。

20時過ぎに連絡があり、やっと麻酔から覚めたようです。
エコ-検査の為、2回、鎮静を打っていたせいなのか、だいぶ吐いたようです。
明日は、様子を見ながら、ごはんをあげてくださるそうです。

この子の今後の事は、ゆっくり決めていきたいと思います。




ここからは、ちょっと私ごとなのですが、書かせて頂きますね。

最近、理解しがたいことがおきたり、義父に大変な病気が見つかったり等々・・、気分が滅入ることばかりが立て続けに起きていました。

嫌なことが多かったのですが、周りの優しさに、感謝することばかりでした。
滅入ることが多くあった分、本当にいい方たちに囲まれて、自分は幸せだな・・と、つくづく思った数週間でもありました。


日曜日は、TNRの現場に早朝ひとりで行く予定でした。
すると、朝4時半にKFさんから電話があり「用意が出来たから一緒に行くよ」とのこと・・
前日の土曜日も仕事で、疲れたでしょうに、朝早くから、本当にありがたく、助かりました。

この日、お蔭さまで、我が家の朝のワン達の散歩にも間に合いました。

凹んでいた時、友人たちが、気にかけてくれて食事に誘ってくれたり・・お茶しにきてくれたり・・・、楽しい話ばかりをしてくれたので、楽しい気分になりました。

多くの事を語らなくても、さりげなくいつも手伝ってくれたり、助けてくれたりする。
そんな友人や知人に恵まれている自分は幸せなんだ・・と。

声高に騒がなくても、なんとなくいてくれるという居方があって・・・
彼女たちの、そんな思いが感じられ、嬉しくなりました。

友人知人という大切な人達と、自分自身にも、改めて、正直に、誠実でいたい・・とつくづく思いました。
そして、心の中にあったマイナス感情という不要物をお掃除出来て、スッキリしました。

今回のTNR現場の猫たちのことでも、周りの皆さんに、たくさん助けて頂きました。
みんなのやさしさに感謝した、ここ数週間でした。
本当に、、ありがとう・・。

| 犬&猫 | 23:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

老化が進んで・・

また、1週間以上の御無沙汰です。

最近、チビコの老化も進み、粗相も多くなって、ちょっとオムツを忘れると大変なことになります。年を取ると「前は、こんな事が無かったのに・・・」が増えますね。

チビコの老化は、前庭疾患後に、一気に加速したような気がします。
IMG_1385.jpg


まだ、何処かに嵌って動けないということはなく、後ろに下がることは出来ます。
それでも、その場所で、暫くジィ~として動きません。

白内障も進み、視力もだいぶ落ちました。
お散歩中は、段差でこけたり、ポ-ルにぶつかったり・・
家の中では、よく他の犬猫に、ぶつかります。

79780.jpg
たぁとダイは、チビコがぶつかろうと、乗り越えようと、全く気にしません。


ぶつかると大変なのが、この方・・。
IMG_1357.jpg
少し身体がふれただけで、「ガウガウ」と、いちゃもんをつけて喧嘩を売ります。

ボケたとは言え、気の強いチビコです。
負けじと応戦し、大騒ぎになるので、アンをつまみ上げて終わらせます。

こんな様子なので、このところ長い時間の留守が心配です。

先日、モモコの車椅子を直して頂くために、厚木まで行った時も、アンを連れて行きました。
IMG_1144.jpg

モモコは、車椅子の紐に足を通すと歩かなくなるので、Kさんが工夫し、お腹を支えるように布を張ったそうです。

横の長いポ-ルも地面を嗅ぐときなど邪魔しているような気がするということで、ポチの車椅子さんまで出向きました。
身体の横のポ-ルを短くし、お腹を支えるように直して頂きました。

moatugi.jpg
帰りに、河川敷によって歩かせてみたのですが、疲れていたせいか・・・、モモコは、少ししか歩きませんでした。

一方、アンはドヤ顔で全速力・・・・
anatugi.jpg
追いかけるのが大変でした(-_-;)
ちょっと走っただけで、息が切れて、足もガクガクした。年を取ると「前は、こんな事が無かったのに・・・」が増えますねっ、、て、自分もですね(-_-;)


モモコが車椅子で歩かないのは、もしかしたら体調が悪いの?と、少々、心配でした。
幸い、先週末の通院では、とくに異常はなかったとのことでホッとしました。

やはり、腸の動きは悪いようなので、お腹の薬を増量したそうです。
いまだに、食にはムラがあるようで、何かのきっかけで、お腹が緩くなるそうです。
パラディアのせいか、脂肪が原因か、腸のせいなのか、わかりません。
大事をとって、今、パラディアは、おやすみをしているそうです。
モモコのお腹が、早く、お腹が落ち着いてくれますように・・。


そして、ぐぅちゃんも週末に通院でした。
IMG_1003.jpg

お蔭さまで、体重は増えていました。
口腔内の炎症があるので、3週間前と同じ、炎症を押さえる注射を打って頂きました。
今度は、2週間後に通院です。

脱水もあったのですが、最近、水の他にオヤツ感覚で、チビコと同じ「ペットスエット」を飲むので、脱水も補正されているようです。
IMG_0994_2017030103182324d.jpg

そのぐぅちゃん、いなさんに頂いた爪とぎおもちゃで、楽しそうに一人遊びをしていました。
爪とぎの溝に手を入れて、そこにあるボ-ルを転がしてました。
guuasobi.jpg guasobi.jpg

初めてみた、ぐぅちゃんの楽しそうに遊んでいた姿に、ほっこり気持ちも和みました。
ぐうちゃんなりに、室内の生活も、楽しんでくれているようで、ホッとします。


さて、先週に続き、嬉しい、可愛い幸せ便りを頂いています。
また、長くなりそうなので、また今週中に・・m(__)m

| 未分類 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT