≫ EDIT

避妊も終わりました。

今朝も、カラッとしていて、日陰は涼しく、気持ちのいい散歩日和でしした

散歩中に、いつも「たぁ君」に、声をかけてくれる、お爺さん。
座って盆栽を見ているのですが、柴~ズ達が通ると、立ち上がって声をかけてくれます。
ozisannto.jpg
特に、たぁくんが気になるようで、「まぁ君、今日も遅いなぁ~~頑張れ」と・・・
何故か「まぁ君」と呼ばれる「たぁ君」でした(笑)

ある日「この子は、たぁ君だよ」と伝えると「そっか、そっか、お前さんは、たぁ君か!」と、言っていましたが・・・
次の日「まぁ君、今日も一番ビリだな~頑張れ」と、、はやり「まぁ君」でした(笑)

ohanasitalakun.jpg

それが・・・・・・・
「おっ、どうした。今日は凄いな・・一番じゃないか、たぁ君」と、先頭を歩いていた姿をみて驚いていました。
こちらは、「たぁ君」と呼んだ、お爺さんに驚きました

それから暫くは「たぁ君頑張れ~」と、応援してくれていましたが、、
何時の頃からか、また、まぁ君に戻っていました(笑)

お爺さん、ここ半月程、姿がみえないので、ちょっと心配です。
体調を崩してしまったのでしょうか・・・心なしか、、たぁくんも寂しそうです。
また、元気な声で「まぁ君」と呼んでほしいです。

そのたぁくんは、今週に入って、ご飯を残すことが多くなりました。
178.jpg

血液検査もエコーでも異常はないし、やはり、パラディアの副作用なのでしょうか。
パラディアの副作用は、こうちゃんもモモコも下痢が多く大変でした。
たぁくんは下痢はありませんが、食欲にむらがあります。
ペリアクチンやモサプリドを服用し、1時間半ほど経つと、食べだす日もあります。

大袈裟男のたぁ君は、相変わらずです。
お散歩から帰ったあとに、足を拭くだけでも、ヒャ-ンとかギャ-ンとか、大騒ぎする日もあります。
食欲がないのも、ちょっとお腹が痛いとか・・・なんせ、大袈裟なので、わかりません(-_-;)


大ちゃんのオトスコ-プは、12日、いよいよ明日です。
色々あって、うっかり忘れそうなので「大ちゃんは、朝ごはん抜きです」の張り紙をしました。


さて、より一層、大きくなってきた、未だに、ご縁のない子猫のジャイアン。
g55.jpg
赤い糸はいずこに・・・??

相変わらず、本当に仲の良い2匹です。
IMG_8045.jpg

悪戯するのも一緒。
IMG_8118.jpg

お腹が空いたの大合唱も催促も、当然、一緒です。
F6B51397-37AB-47C7-8CEE-07AD1408C8ED.jpg

赤い糸が見つからないあばれる君と一緒にいる姿を見ていると焦りそうになりますが、焦りは禁物。
きっと、きっと、出会いが待っているはずです。




さて、先週土曜日は、白血病キャリアの女の子2匹の避妊手術と、ぐぅちゃん、チビコの通院でした。
sannitituuin.jpg

ぐぅちゃんは、また食べなくなってきたので、消炎剤を打って頂きました。
tuuinnguu.jpg

口の中の状態が悪くなってくると、途端に食べ無くなります。
いずれは、全部抜歯しなくては、ならないのでしょうか・・・。

チビコは、腰が痛くて、自宅での皮下点滴がシンドイ??(面倒)なので、病院でお願いしました。
tibitihou.jpg
なんせ、痴呆が酷くなってきたら、余計に暴れるもので・・・。


そして、お蔭さまで、キャリアっ子2匹の避妊手術を無事に終えました。
IMG_8077.jpg

一時期、免疫力が低下することは避けられず、ちょっと心配でした。
IMG_8085.jpg
が、今日も元気に飛び跳ねていました。

天真爛漫な人懐こい子達です。
お腹、ちょっと痛いぞ・・くらいは感じているでしょうが、よく食べて元気いっぱいなので、ホッとしてます。

男の子は、近々、去勢手術を予定しています。

kyasann.jpg
みんな、白血病ウイルルスなんかに負けないで、元気で長生きして欲しいです。




こちらは、ジャイアン兄ちゃんに似ているけど、KTさんよりお預かりした、新入りのキジシロ君です。
kthogokko.jpg

こちらもヤンチャ君です。
IMG_8176.jpg
そろそろ、里親さんを募集開始です。



| 犬&猫 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あれ?おかしいな・・。

今朝は、気持ちの良い散歩日和でした。
78A55679-6954-4891-B617-784D77D16E80.jpg
青い空の下、久しぶりに3匹揃って、元気に散歩に出ることができました。

というのも、昨日までの3日間は、アンの朝のお散歩がお休みでした。
IMG_7772.jpg
2日間は雨でしたが、一昨日は、私の腰痛の悪化したので、おやすみして貰いました。

腰痛が酷く、ゆっくりとしか歩くことが出来ず 「タァくんとなら、ちょうどいいや・・」 な~んて、思っていました。

が、しかし・・・・そのタァくん、いつもは、とろとろ歩きなのに・・・
F28737AA-B935-4872-BB13-AC5D0E66BDA5.jpg

この日に限って「遅いぞ~早く来いよ。」と言っているように振り向き・・・

何だか知らないけど、張り切って、先頭を歩いていました。

hayatu_201709030258446f3.jpg
お蔭で、あのたぁくんに「ちょっと待って」と言ってしまいました(-_-;)


さて、いつもながら、こんなに仲良しの2匹です。

できることなら、ずっと2匹一緒に、過ごせるといいね。
2匹一緒に受け入れてくださるお家があると嬉しいね。


先日「暫くの間、新しい保護は、休みします」と書いたのですが・・・。

いつもお世話になっているKTさんから、保護された仔猫が1匹、預かり先がないのよ・・との電話がありました。
現在、KTさんのお宅は、保護っ子達に、ちょっとした感染症があり、新しい猫を入れられない状況なのは聞いていました。

これまでに、猫の捕獲の時や、10年前の板橋の犬屋敷の件でも、足を向けて寝れないほどお世話になっている方です。
困っていると聞いて、絶対に、お断わりなどできません。

可愛いキジシロの男の子です。
07B32145-DE91-402A-9854-35D7D03E6397.jpg
新入りチビさんはノミだらけではありましたが、ウイルス検査は陰性で元気です。
ちょっと怖がりなのかな・・・と思っていましたが、人懐こい子です。

チビジャイアンは、自分より小さい仔猫は初めてです。
norurzyaian.jpg
好奇心と遊びたいのとで、ケージをよじ登って、しがみついていました。

しばらくは新しい保護は、止めなければならない状況なのですが・・・。
今回は・・・仕方ないです・・・ね。



そして、こちらは3週間ほど前に、友人が保護したクロ猫さんです。
知り合いのお宅に毎日のように来るようになったそうで、人馴れしているので保護してくれないかと頼まれたそうです。
B136A3C9-2979-4002-B699-52F9994BA5B6_20170903025845960.jpg
こちらで去勢手術をしました。

いつもお世話になっている猫猫座さんが、お預かり下さいました。

べたべたで人馴れしている黒猫さんです。
この子にも、良い縁がありますように・・・。

絶賛、家族募集中です。



個人での活動をしている人はたくさんいます。

今回のキジシロ仔猫の保護主である、KTさんは、その草分けのような方で、とても尊敬しています。
40年近くもの間、いっさい、ブレることなく活動されています。


現在は高齢になってきていて、体調など心配なこともしばしば・・・。
彼女は、厳しい人ではありますが、限りなく優しい人です。
その穏やかな口調、優しいまなざしは、多くの動物に向けられて来ました。

そして、彼女の中には保護して家に入れる子。
里親さんに譲渡する子。
リリースする子と判断する何らかの基準があるのでしょう。

決して裕福なわけではなく、現在も仕事をしながらの活動です。

彼女は本当に動物にとってどうしたらいいかを基準にしているのではないかと思います。
けっして、アニマルホ-ダ-にはならない、そんな彼女の基準は私には解りません。

彼女は常に謙虚です。
目に見えない力・・神仏・・自然・・何か、そんな感じのものに対しても、謙虚です。
人に媚びることなく、そして悪く言わない。。

足音もなく動き方も静かで、とても細やかなエネルギ-のKTさんです。
いつも、助けて頂くばかり・・・本当にありがとうございます。

最近、アニマルホ-ダ-、多頭崩壊という言葉をよく聞きます。
白血病キャリアのおチビさんたちも、多頭崩壊の現場からの保護っこでした。

ホ-ダ-にも色々な事情があるのですが・・・
ボランティアからホ-ダ-に移行してしまう事例が、私は問題だと思っています。
長くなってしまうので、この続きは、、また・・・



~~ご支援、ありがとうございます~~~

MDさま、ご寄附をありがとうございます。
また、保護っ子が増えたので、本当に助かりました。

IKさま、SSさま、NZさま、SDさま、いつもありがとうございます。

MKさん、美味しい梨を有難うございます。
nashi.jpg
友人達に分け、私も美味しく頂きました。

梨を剥いていたら、この方もへばりついて離れないのでお裾分け・・。
1A8F90D3-9E11-412A-9729-1C3F96EDE57F.jpg

そして、何故か・・ニャンコ達はなしが入っていた段ボールが気に入ったようです。
他のダンボ-ルも置いているのですが、一日で飽きてしまうのに・・梨の香りが好きなのか??
tirihako.jpg 832.jpg

毎日のように入れ代わり立ち代わり入って、とても捨てられず、そのまま置いてあります。


みなさま、いつも応援して下さいまして、本当にありがとうございます。

| 未分類 | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今の保護っ子と、しばらくの間の新しい保護のお休み

たぁくん・・・軽やかな足取りのあの数日は、幻だったのでしょうか・・・。
mataosoi.jpg

晴れた日が続き、蒸し暑さが戻ってきたと思ったら、ぐずぐず歩きも一緒に戻って来てしまいました。

高齢の大ちゃんも、長い距離のお散歩は、きつそうになってきました。
tukareta.jpg
最近、夜のお散歩は、たぁくんと一緒にゆっくりと歩いています。

なので、若いアンは、独りでのお散歩になりました。

お転婆娘一人のお散歩は、まぁ早い早い・・。
こちらの方がついて行けないくらいで、車いすの故障も多いわけです。

antukareta.jpg
帰宅後は、疲れ果てて長い舌を出して、テーブルの下の定位置にまっしぐらです。

アンを除いては、みんなシニア組の柴ず・・・
そのアンもアレルギ-の薬を内服中。
保護犬は、みんな、何かしらの薬を服用しています。

たぁくんは、抗がん剤に甲状腺にお腹・・・チビコは腎臓、、
大ちゃんはアレルギ-と甲状腺・・・コテツは腸リンパ管拡張症なので、お腹の薬を服用しています。

分からなくなるので、頂いたお薬は・・・
okusuri.jpg
こんな感じで分けています。


最年長のチビコ・・・
tibiahna.jpg
鼻をピッタリ床に、、、苦しくないんだろうか・・・。

チビコは、先週から、痴呆症と腎機能低下に対して、再生因子の治療を始めました。
医療費の捻出は頭の痛い問題なので、悩みましたが、後で後悔しないためにも始めました。
どうか、再生因子の注射が、効いてくれますよう願ってます。

みんな、あちらこちらに不具合は出てきてはいる年老いた身体ですが、何とかそぉ~っと、大切に使って、もう少しの間、楽しんで生きて欲しいです。



さて、こちら、未だにご縁がない、ニャンコのチビ助・・。
amaennbokizi.jpg

22日に去勢手術が終わりました。
kyoseigo.jpg
いつも、あばれる君に、べったりですが、人が座れば、すっ飛んで来て膝に座ります。

猫も人も大好きな、極端な甘えん坊くんです。
7F277914-5DC6-4B8D-A35C-7099392B2A57.jpg
早く素敵な家族が出来て、たくさん甘えられますように・・。



先日保護して、動物病院にお預けしている白血病キャリアの成猫ちゃん。
今日、飼い主であろうと思われる人の親戚の方偶然、会いました。

あの子が何歳なのか確認したくて、写真を見て頂きました。
kyarianohati.jpg

その方は、急に姿を見なくなったので、保健所に引き渡されてしまったのだと思っていたそうです。
元の飼い主に話しましたが、家の猫ではないと言われた経緯を伝えた所、驚いていました。

当時、同じハチワレの猫を2匹一緒に飼育していた記憶があるとの事でした。
悪戯するから、外に出されたと、そのお宅のお孫さんが話していたそうです。

外にいたその子に当時の名前を呼ぶと、振り向いたから、多分その子だと話していました。
飼い主と思われる親戚の方に、年齢と事情をよく聞いてみてくれるとのことでした。

早速、確認して下さり、3歳と判明しました。

やはり、1匹はそのまま飼育しているそうです。
おそらく飼い主のもとにいる兄弟猫も白血病のキャリアでしょう。
発症した時に、きちんと面倒を見てくれるか・・・不安です。



さて・・・・・

たぁくんと大ちゃん、チビ・・グゥちゃんにチリリンに黒っち・・お預けしている犬猫たちの医療費に維持費。
毎日のお薬に、定期的に病院に行かなくてはならない子も多く、正直言って、経済的な状況が回らなくなってきました。

大ちゃんのオトスコープはこれ以上待てないので、やらなければなりません。
たぁくんのMRIの検査は、支払いが無理なので、延期して貰っている状況です。
避妊去勢手術費や、治療が優先ですから・・・検査は、ちょっと、待ってもらいます。

今現在の医療費もあるので、これ以上の借金を増やすわけにはいきません。
今迄の返済プラス、これからの医療費を考えると、これ以上の保護活動は考えなければなりません。
新しい保護は、困難です。

昨日、保護の相談があり、悩みましたが、お断りしました
特に、トレ-ナ-さんが必要な保護は無理です。

個人の活動の資金力のなさに、情けなくなりました。
が・・・等身大を超えた保護活動は、結局は破たんし、保護した動物達の幸せには繋げられなくなります。
気持ちと体力だけでは何ともならない問題です。

現在、抱えている子達の世話と里親さん探しは、精いっぱい頑張っていきます。
新しい保護、救済は暫くお休みせざるを得ません。
借金をお返しできて、また受け入れる余裕が出きましたら、また頑張ります

シニアや慢性疾患は治るわけではありませんが、保護っ子達仔猫の里親さん探しを頑張らなくてはなりません。


元気いっぱいのおチビさん、片目が不自由な優しいあばれる君、白血病キャリアの仔猫、人慣れを待っているお母ちゃんとチワワの男の子に、病院にお預けしている白血病キャリアのハチワレ君、みんな素適な家族が出来ますように願ってます。

わんことニャンコの様子は、引き続き、ブログに綴っていきたいと思います。
IMG_7072-horz-vert-vert.jpg

どうか良い縁と出会えるように、願っています

今後とも、保護っこ達をどうぞよろしくお願いしますm(__)m





| 未分類 | 19:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お散歩とチワワのこと。

昨日の朝のお散歩・・・
珍しく、たぁ君が張り切って歩いていました。

sorotta1.jpg
横に3匹ならんでのお散歩・・・本当に久しぶりです。

アンの足も、せっせと動いていました。
annarukuyo.jpg

前回のブログで「たぁ君のぐずぐず歩きの影響が・・・」なんて書いたので、頑張っちゃったのでしょうか(笑)
gennki3.jpg

昨日ほどではないけれど、今朝も、普通の速度で歩いていたので、アンの足もちゃんと動いていました。


一方、チビコは、外に出ても同じところをぐるぐる回ることが多いお散歩です。
寝ている時間が多くなり、起きると同じ場所をぐるぐると回っています。
tibineruzo.jpg
チビコやたぁ君も、実際のところ何歳なんでしょう・・・。


チビコやたぁ君のように、迷子になっていて保護された子は、経緯は憶測でしかなく、年齢すらわかりません。
大ちゃんやコテツは、人が関わっていて、詳しい経緯を知ることができます。

野生動物は自然の摂理の中で生きていますが、愛玩動物は、関わった人間如何で、幸不幸が大きく影響されます。
不幸にも、無知で愚かな人間と関わらざるを得なくなった場合・・・
その動物は、人の都合に翻弄され、多かれ少なかれ心身ともに傷つけられます。

事実、迷子のチビコとたぁ君より、訳ありレスキューの大ちゃんとコテツのほうが、心身の傷はとても大きかったように感じています。
保護される動物の経緯は、本当のところはその子しか解らないのでしょう。



先週、保護したチワワですが・・・
mamema.jpg
昨日、預かりをお願いすることになったお宅に連れて行きました。
Kさんのお店も始まると慌ただしくなるので、エリザベスカラ-が取れる前ですが、お預かり頂きました。


一週間前、こちらに来たときはキャリーの中でジッとしていました。

キャリーから出したところ、顔は若干下向きで、目だけでこちらの動きを追って、とても緊張しているのがわかりました。
撫でようとすると、嫌がる素振りを見せたので、無理はしませんでした。

口は閉じたままで、緊張していることはあきらかでしたが、それにしても何か、違和感を感じました。

知人から聞いた話では、大人しくて噛まない子だと・・・
キャリーから出して歩かせてみましたが、違和感は消えませんでした。

受け取った友人が、この子を預かっていたという獣医師に聞いたところ、過去一度、ケ-ジに手を入れて噛まれたことがあるそうですが、基本、噛む犬ではないとのことでした。

去勢手術を済ませてから、預かりをお願いしているお宅に連れていくつもりだったので、しばらくはKさんのおに置いて貰いました。

暫くは、そっとしておこうと思っていたのですが、抜毛の処理もされておらず、全身の毛が絡んでいて、酷い状態になっていることが分りました。毛が絡んでいるせいで、ちょっと歩いても、暑いのか、、ハァハァとしていたそうです。

去勢すると、しばらくは洗えないし、手術前に抜毛もとって綺麗にしておかないと、このままの状態でお預かり頂くことになります。
と、いう事で洗って貰う事になりました。

ところが・・・噛まない大人しい子と聞いていたチワワですが、余りの興奮状態に驚いたそうです。
身体を触ろうとしただけで、ほぼ、パニックで、Kさんもスタッフも手を何か所か噛まれて大変だったそうです。

とにかく、手に対しての攻撃がすごくて、手に異常な恐怖を感じている様子だったそうです。

あまりの異常な様子と、当初から感じていた違和感に、納得ができず、保護をお願いしてきた方に、直接、経緯の確認をしました。

お話しお聞きして、とても驚きました。

そして、この子の顔つき、恐怖心、手への怯え…全てに合点がいきました。

チワワが過ごしていたお宅は、ご主人が、奥様に暴力を振るう方だったそうです。
今回、奥さんは、御主人から逃れるためにNPOに相談。
何とか離婚が出来たそうですが、今も奥様を探しているようで、身を潜めてるとの事です。

この子は、大好きな飼い主さんが、暴力を振るわれるのを4年もの間、見て過ごしていたのです。
どんなに恐ろしかったでしょう。

奥さまには、とても懐いていて、可愛がっていたそうです。
彼女にとっては、この子の存在だけが救いであり、心の支えだったのでしょう。
そして、この子も奥さまが大好きだったのでしょう・・。
大切にしていたようで、医療行為はきちんとされていました。

聞いて、納得できました。
その子にとって、手は恐怖の対象でしかなかったようです。

長い間、預かっていた動物病院でも、胴輪とリードがつけっぱなしだったのは、付けはなしができなかったからです。

はじめて会ったときの固い表情。
喜怒哀楽のない、無表情な顔で・・うつむき加減で、目だけで人の動きを追うしぐさ。
触られることへの拒絶や人に対する、不信感。

話を聞いて、全てが納得できました。

こんな小さな体で、必死に生きてきたのでしょう。
彼には、この4年間を忘れるくらい、幸せになってもらいたいと思いました。

来てすぐは手から食べるということはしませんでした。
見ないふりをしていると、こっそり食べていたのですが、1週間程経ったころには、手からおやつも食べていました。

元々の性格はきっと違うと思います。
まだ若い子です。

一般の家庭で、日常の生活音の中で、優しく自分の名前を呼んでくれて・・・
気にかけてくれる眼差しの中で過ごし・・・
穏やかな家庭で、和んだ生活を過ごせれば、本来の姿を取り戻してくれるのでは・・・

大正解でした。

お願いしたお宅で、奥さんにも、ご主人にも撫でさせてくれていて、膝に乗ったり、おもちゃで遊んだり、先住の子達を誘ったりしているそうです。

穏やかな、優しい空間で、醸し出す柔らかさを敏感にキャッチしてくれたのだと、嬉しく思いました。

頂いたLineの写真では、顔つきもすっかり変わって、見違えるようになっていました。
ずっと、緊張感ある空間に長くいたからこそ、穏やかな空間が解るのかもしれません。


預かり先は、白血病キャリアのトワちゃんを引き受けて下さったお宅です。
トワちゃんママ、本当にありがとうございます。

トワちゃんも元気にしていました。

チワワ君の新しい名前は「ラ-フィ君」です。
沢山笑って過ごして欲しいので、付けてくれた名前です。

今度こそ、幸せ掴もうね。



事故や災害など、致し方のない経緯で、不幸な状況になるのは人も動物も同じです。

しかし、人の無理解、無知、無分別からくる身勝手で翻弄され、悲しい状況に追い込まれる動物は、減らすことができるのではないかと思います。

愛玩動物と言われる動物は、人が、その幸不幸を決めることが多いということを、私達は重く受け取らなければならないと、改めて考えさせられました。

| | 16:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お散歩と居残り組。

降っても降っても、まだ止まない雨に、レインコートの出番も多く、がっくりしてしまいます。
お日さまが懐かしいです。

雨降りの日は、お散歩を中止にせざるを得ない、お転婆アンさん。
大ちゃんと2匹の時は、元気よく足を動かして歩きますが、、
daradara.jpg
たぁ君が一緒だと、ゆっくりのお散歩になってしまうからなのか、全くやる気のない歩き方です。

後足を動かさず、ザァ~ザァ~と引きずって歩くので、靴の消耗も激しいです。
annnokutu.jpg

元々、消耗品ではあるのですが、歩くことを前提にしているものであって、アスファルトに引きずるなんて使用方法はないですから・・・摩擦で破けるし、知らない間に脱げてなくなるし・・・(-_-;)

たぁ君のグズグズ歩きの影響は、こんな所にも出てくるのでありました。
ameta.jpg

そんな、たぁ君ですが、チラーヂンを減量してからは、少し体調もよさそうで、朝は、3匹で、何とか歩けています。
しかし、夜は、散歩の距離も長いので、一緒は無理のようです。

ということで、夜のお散歩は、たぁ君もチビばぁちゃん同様、一匹でのお散歩です。
みんなと仲良く出来ないコテツは、元々、1匹でのお散歩なので、夜は4グループに分かれ、少々、時間もかかります。
それでも、夜のお散歩は、出来る限り母が手伝ってくれるので助かってますm(__)m



さて・・ニャンコ。
アメショのアポロン君とミケのラムちゃんも、トライアル期間を終えました。
2匹とも、ご家族には、すっかり馴れたそうです。

動物好きのご家族に迎え入れて頂いて・・
811.jpg
アポロン君も、、

ラムちゃんも、、
344.jpg
とっても幸せそうです。
よかった。。幸せにね~♪


居残り組のおチビさんも、2匹に続いて、頑張ろう・・。
kizisiro17.jpg

優しい兄ちゃんと一緒だけど、キミも、、優しい兄ちゃんも、幸せにならないと・・。
anikito.jpg

あばれる君も、弟分のような、おチビさんも赤い糸は・・いずこに・・??
きっと、大丈夫、、大丈夫、、キミたちの幸せの赤い糸も優しい家族と繋がってるよ!!ね。。




さてさて・・先週は、訳ありの小型犬を引き取りました。
直ぐにお預かり頂くお宅に移動する予定でしたが、問題があり、Kさんのお店に預かって頂きました。

この子の様子に違和感を感じて、間に入った方に直接連絡をして、この子の経緯をお聞きしました。

詳しく話をお聞きして、この子の様子全てに、納得がいきました。
人の手を怖がり、音に敏感で、上目遣いで人をジィ~っと見ること・・・そして無表情なこと・・。

今週初め、月曜日に去勢を終えたので、明日、お預かり頂く方のお宅に移動します。
この子のお話は、長くなりそうなので、また・・・。

| 犬&猫 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT