cathand01

犬の幸せって??
http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/


entry

2010.03.29(月) 23:52
正丸峠。
CM:136 / TB:9

    正丸峠の道路下に、沢山の動物の遺体が棄ててあるの知ってる?


それは、板橋の犬屋敷の件で、聞きたいことがあり、猟友会のOさんに電話をした時の言葉でした。

「え?聞いた事がない。どういうことですか?」

「5〜6年前は、散乱した骨が沢山あったんだ。4年前くらいかな。黒い袋に入った動物の遺体が毎週のようにあるんだよ。」



 そんな話から、始まりました。 その週末、私は現地に向いました。

聞いた場所に着き、遠くから見るとゴミ袋らしいものが見える。でも降りていけない。
猟友会のOさんが「案内するから待ってて」との連絡があり、獣道なるものを教えて頂き、降りていきました。

    少し進むと、散乱した袋が沢山散らばっています。
  IMG_0676.jpg
破けた袋から頭を出している犬、お尻を出している犬、ふっくらした袋。
その袋を開けてみると、水色の洋服を着たシェルティ−でした。



「え?何?何?」頭が混乱しました。
ブリ−ダ−? 葬儀社? こんなに沢山なら・・業者???

その日は、数枚の写真を撮り帰りました。


天候が悪い日が続き、2週間後、知人5人と私で現地に向いました。
新しい袋や布にくるまれた動物の遺体が、また、増えていました。

水色の洋服を着ていたシェルティ−の袋の中には、金の折鶴がありました。
お尻の見えていた子は、キャバリアでした。綺麗にトリ−ミングされ、お正月のリボンをつけていました。

シェルティ−の顔を見ようと、身体の向きを変えると、アゴから胸にかけ血だらけ。蛆もわいていました。
Mix犬に純血種、生々しい遺体、猫のアゴの骨や犬の骨が沢山。オムツをした遺体。


合同葬に出した犬達が、ダビに付されず、ここに放棄されたのでしょう。
それも、長年・・・。

飼い主さん達は、今も尚、他の子達と一緒に埋葬されていると思って、手をあわせている事でしょう。


犯人を見つけたい・・・警察に捜査をお願いしました。
3月26日、報告した場所の遺体を回収、全部で80体。
マイクロチップが入っている犬もいない、手がかり無し。。


埋葬してあげたい・・・県知事、市長、県庁、市役所 etc お願いしました。

3月25日、 話し合いの結果、飯能市は、生ゴミと一緒に焼く事しか出来ません。
     県庁、動物指導係は、センタ−の炉では妬くことが出来ない。
     センタ−には、保護した犬猫達がいるので、当たり前です・・。

  

         生ゴミと一緒に焼くなんて出来ない。。
    
   私達が引き取るしかないのでしょう。


      飼い主さんがわかれば、犯人もわかります。
             何か、手がかりがないものでしょうか。








   



*≪ ≫#

コメントを見る(136)
コメントを書く
トラックバック(9)
BlogTop




LOGIN

Template Designed By 空を泳ぐ魚
Powered By FC2ブログ

cathand02