FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボタン、ゴンの変化。

いよいよ、明日からカエデがトライアルに入ります。

甘えん坊のカエデちゃん、眠くなると、必ず、私の膝に乗って寝ます。

最近は、鞄から小銭入れを探しては、泥棒しています(笑)
kaedetosaihu.jpg

ない…と思い、小銭入れを探すと、カエデが飽きて放置したお財布が、ポツンとリビングに落ちています。
osaihu.jpg
テレビを観ることと、小銭入れで遊ぶことがマイブ-ムのカエデです。

活発でお転婆ちゃんのカエデちゃん・・・明日からのトライアルが上手くいってくれると良いです。


さて、11日の午前中は、雨に降られずに、トレ-ナ-さんのグラウンドにお邪魔することが出来ました。

botankyuto.jpg
グラウンドにいたボタンは、一層、表情が柔らかくなっていました。

久保木トレ-ナ-さんも「この所、急にボタンが変わってきたんです」と仰っていました。
botanamaeru.jpg

以前は、撫でると顔を背けていたのですが、嫌がらなくなり、もっと撫でて欲しいと、身体を押し付けてきました。
今迄とは、明らかに違う、その進歩に驚きました。

そして、ボタンと一緒にグラウンドも走ることができたりと・・・
botanhasiru.jpg
ボタンは、着実に、変化してくれていました。

トレ-ナ-さんの息子さんと一緒に、お散歩に行くのが好きなようで、息子さんがリ-ドを持つと、凄い喜びようだとのことです。
いつも、お散歩に連れて行ってくれているご主人が「俺の時と、全然違う顔をするんだよな~まったくな~」と、笑っていました。

botanhasiru_201907132131590c8.jpg
無感情な表情をしていたボタンに、彼女が本来持っていたであろう「喜怒哀楽」の感情を、ボタンの心に呼び戻せたら、最高です。
怒りと哀しみだけで暮らしていたようなボタンの心に、楽しい、嬉しい、和む・・・を取り戻してほしいです。


そして、ゴンちゃんも、先月よりも、更に明るくなっていました。
gondayo.jpg

私達の近くに、自ら寄ってて来たり、直ぐに下がっていた尻尾も、あまり下がらなくなっていました。
ゴンちゃんに、自信が付いてきたのかもしれません。


くまと一緒に、2匹で、グラウンドを思いっきり走り回っていました。
gonkumahasiru.jpg

クマちゃんは、とってもやきもち焼きです。
私達が、ボタンに声をかけていると、ササっと間に入り、邪魔に来ます。
そして、他の子の写真を撮ろうとしていると、甘えに来て、お尻で、私をどつくし、邪魔します。

tunagukuma.jpg
あまりにも邪魔し過ぎるので、ボタンが遊んでいる間は、クマちゃんを係留してもらいました。


トレ-ナさんご夫婦は、ワンコたち全員と一緒に、7月14日から9月の中旬まで、山中湖の別荘で過ごします。
夏は、朝晩が涼しくて過ごしやすく、建物の横には、広いドッグランも併設されていて、犬たちには最適な環境です。

夏の期間だけ、犬のお預かりをお願いするお宅もあるくらいの場所です。

KNさんより、この夏のごんちゃんへのお預かり費用をご支援頂いており、ゴンちゃんは、山中湖への同行をお願いしいました。
クマちゃんへのご支援も、チビ太ママさんより頂いていたのですが、実は、今回の訪問で、クマちゃんは、引き取りを考えていました。

kumagonha.jpg
しかし、ゴンちゃんと、思いっきり楽しそうに走っているクマちゃんの姿を見て、やはり、もう暫く、預かって頂く事にしました。

今月末の31日、トレ-ナ-さんが、こちらに一時帰宅をする予定があるので、クマちゃんは、その時に引き取ります。


正直、この所、通院続きで、日々、時間に追われる生活をしています。
私自身も、1匹でも少ないと、犬猫たちのお世話の時間も手も大分違い、助かります。

今週はじめから、コテツまで、リンパ管拡張症の腸炎が悪化していて、連日の通院・・・
C24AEAA5-8481-4657-A1F1-1919B186381B.jpg

コクシの仔猫も、男の子の方が、まだ全快ではありません。
大ちゃんは週一の通院治療が必要の上、最近では排泄の管理も思うに任せません。

今、無理ををして引き取って、そのしわ寄せが 他の動物達に向くことも、本意ではありません。
半月あれば、仔猫達もさすがに落ち着くでしょうし・・・保護っこ達の里親さん探しも、ちょっとずつ進みつつあります。

クマちゃんには、もう少しだけ、楽しみながら待って貰う事にしました。
kumahasitteru.jpg
クマ・・もう少し楽しんでてね。。




ボタンに会いに行くと、その変化を喜ぶと同時に、いつも、元飼い主への腹立たしい気持ちが甦ってきてしまいます。
暫く、複雑な気持ちになり、それを引きずってしまい、いつも愚痴を書いてしまいます。

また、今回も沸々と・・・・
飼い主の言葉を思い出し、ムカムカとしてしまいました。

食事中に、食器に手を入れて、ご飯を食べさせてみた・・・とか、ネットをみたり本を読み、にわか知識で、飼育していた9年間、あれもした、これもしたと・・。
ボタンを引き取るときに聞かされた「意味不明の関わり方」の言葉が、頭の中をぐるぐると駆け巡ります。

いったい、何を語っているんだか・・何の結果も出せずに・・・

そもそも・・9年間も一緒に暮らした子を捨てられるなんて・・・

愛情もなく、あれやこれや、色々と、どんなに「猿真似の接し方」をうわべで繕ったとしても、ボタンには見え見えたったのだろうと思います。

愛情がなければ、犬にも信頼されないし、人間にだって子供にだって通用するわけがない。

ボタンが怖いのでもう飼えないから、保健所に渡す日程を決めたと・・
トレ-ナ-さんに預けたら・・・など、他の方法の提案をしても、こちらの言う言葉にも耳も貸してもくれませんでした。

トレ-ニングでお預かりする時には、1ヶ月以上は飼い主さんに会えない状況を作り、トレ-ナ-さんとの信頼関係を作ります。
その後、久しぶりに飼い主さんが面会に来てくれた後、犬にも気持ち的に変化があるそうです。

恋しくて「飼い主さんと会いたい」と思いが出て来るのか、離れてみて、飼い主の有難味も解るようです。
なので、飼い主さんが、「いるいない」「面会に、来る来ない」で、犬の様子が随分変わると、トレ-ナ-さんが仰っていました。

そのことも、ボタンの元飼い主には伝え、きっと変わると力説したのですが・・本当に全然と言う程、聞く耳ももたず、飼い主さんは、手放すことしか考えていませんでした。

今のボタンを見ていたら、これでよかったのかもしれないと感じました。

あのまま、あんな飼い主のもとで可愛がられもせずに、撫でられもせずに一生を終えていたらと考えると、これでよかったのだと・・・。

ボタンを引き取りに行ったときの、情けない様子。
ボタンのリ-ドを恐る恐る持ちながら出てきて、腕を思いっきり伸ばして、私達に手渡した飼い主の様子を思い出します。


ちょっと、聞きかじったにわか知識で、犬や猫に関わり、間違った関わり方の代償の結果を受けて、動物のせいにする・・・そんな話を聞くと、ガッカリします。

10匹いたら10通りの個性があります。
犬種別の特性はもちろんありますが、個性は個体個体で違います。
個体個体、自分自身で向き合って関わってこその個性です。

いのちを預かった以上、その子の一生に責任をもって一緒に過ごして欲しいです。

そして、必要不可欠なのは、いのちを預かった責任を果たすということです。

動物は、「玩具」でも「ぬいぐるみ」でもありません。

経済的にも無理がないか考え、その子と一緒に暮らすことで、生活に潤いをもたせ、心豊かな、楽しい生活がおくれる。
飼い主さんが幸せであるのなら、きっと、一緒に暮らすその子も幸せです。

折角、巡り合ったのですから、その出会いを大切に育んでほしいです。

| 未分類 | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プ-ちゃんに続け!

6日の土曜日は、プ-ちゃんのお届けでした。
犬の飼育が初めての方なので、はじめに短期間、プーちゃんをお預かり頂き・・との予定です。

でしたが、プ-ちゃんがとっても馴染んでくれているようで、このままでも大丈夫そうです。

お散歩も、問題なく・・・
S__12566536.jpg
一日目の夜も、爆睡して鼾をかいていたようで、落ち着き払っているようです。

お届けの際、不覚にも、用意していたレインコ-トを自宅の玄関に忘れてしまいました。
ケ-ジ等は、事前に車に積んでいたのですが・・・私は・・間抜けです。

後で届けると言って帰宅したのですが、プ-ちゃんを連れて、直ぐにレインコートの購入に向かって下さいました。
S__12419079.jpg
2件目のショップで、ピッタリのレインコ-トがあったようで、購入下さり、写真を送って下さいました。

お若いご夫婦で、プーちゃんに、とても誠実に向き合って下さっています。
職業柄もあるのか、排便や日常の食事なども、しっかり見て下さるので、私としては安心してお願いできています。

想像以上にプ-ちゃんも落ちついていますし、とても可愛がって頂いています。

ということで、今回の一時預かりの後、こちらに戻して頂かなくても、大丈夫そうです。
このままトライアルに入らせて頂こうと考えております。

数件のお話しを頂きましたが、初めて、ご縁に繋がりました。
プ-ちゃんが、きっと、このご縁を選んだのでしょうね。


そして8日は、お転婆娘のお見合いでした。
kaedecya.jpg
お蔭さまで、カエデも、家族が決まりました。

お転婆ですが、とっても可愛いカエデちゃん。
IMG_1319.jpg

カエデの噛み癖も、カツオやセサミのお蔭で、だいぶ良くなって来ました。
甘噛みはまだありますが、塩梅がわかってきたようで、大分、良くなってきました。

今は、お家の方の脱走防止対策をして下さっています。
カエデを迎え入れる準備が整い次第、お届けします。


さてさて、Kさんの所の保護っ子、スネさまには、未だに、良いご縁がありません。
IMG_1498.jpg
保護っ子の中では一番の甘えん坊さんで、人が大好きなスネさま。

膝の上が大好きで、とにかく、甘ったれののんびり屋の茶トラらしい男の子。
IMG_1482.jpg
まだ1歳位のスネさん、一緒に暮らしやすい子だと思うのです。

良いご縁がありますように・・・。


そして、イクラちゃんの傷も、すっかり良くなってきました。
ikura.jpg

遊びに夢中になっていると、ポロッと漏れてしまっていた便でしたが、それも無くなって来ました。
ikura1.jpg

甘えん坊で、撫でていると喉をゴロゴロ言わせ、体がくにゃくにゃになります。
抱っこも大好きで、抱っこしていると目を細めます。


アサリちゃんも大分慣れてきました。
しゃがんでいると、何となく近寄ってきてゴロンと横になり撫でるのを催促します。
IMG_1657.jpg

撫でているときはしきりに喉を鳴らせます。
ちょっと怖がりな感じもありますが、まだまだ小さいし、これから人の関わり方次第で何とでもなりそうです。



我が家の保護っ子・・・
がっちゃんも、甘えん坊さんです。
IMG_1256_20190710035157240.jpg
とても温厚な子で、他の猫に遠慮がちです。
あばれる君や黒っちにカツオ、特に、黒猫コンビに、追いかけられることが多くて、気の毒です。

gacya.jpg
初めての人は、ちょっと警戒しますが、1対1で飼育して頂けば、べったり甘えん坊になると思います。
早く、家族が決まって我が家り保護っこ生活から卒業してくれますように・・・。

そして、マンチカンのアラレちゃん。
IMG_1154.jpg
やっと、おトイレを覚えて、失敗も無くなりました。

アラレの好きな猫砂も見つかりました。
オシッコをするとブル-の色に変わる紙の猫砂が好きなようで、それに落ち着きました。
IMG_1743.jpg
部屋で遊んでいても、ちゃんとおトイレに行きます。

やっと募集を開始できます。


疥癬から回復した子猫達も、元気です。
kt2.jpg

過激な猫たちとはまだ一緒に出来ませんが、跳ねまわって遊んでいます。

IMG_2061.jpg
大きくなりました。

コクシジウムの治療中の子達も、今日の検便で、コクシもみつからず、良い便になって来ました。
食欲も戻りました。

折角、救われた命なのだから、みんな幸せになってもらわなきゃぁね


カツオにセサミ姉さんは、お客さまに、人気があります。
sesacyan_20190710032830712.jpg
特にセサミは、誰が来ても、ベタベタゴロゴロで、みんなに、可愛い可愛いと言われます。

きっと、赤い糸はどこかに繋がっているはずです。
みんな、プ-ちゃんに続いて、良いご縁に逢えますように願ってます

| 未分類 | 07:29 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ケンタは息を引き取りました。

3月25日、10時少し前に、ケンタは息を引き取りました。
IMG_8082.jpg

9時52分に、Kさんから「ケンタがおかしい」との連絡が入りました。
そして、午前9時58分、息を引き取りました。

2EEB2190-7CEC-4085-B7E6-166AA73D212C.jpg

一昨日の朝、前の晩に食べたものを嘔吐をしてしまいました。
そして、もう酸素室からも出せない状況でした。

吐き気止めを飲ませたところ、少し、食欲が出て来たようです。
16時頃、ふやかしたドライフ-ドを少量、食べていました。
その数時間後、同量のふやかしたフ-ドをあげたところ、もう食べなかったとのことです。

亡くなった日の朝は、ご飯は勿論のこと、大好きなおやつも、いつもは薬を包むとペロっと食べてしまう程好きなチ-ズも食べなくなったそうです。ちょっと酸素ハウスから出ると、倒れてしまう状態でした。
B6827099-3BC3-45F6-A7B4-3063A77F91CF.jpg
ケンタは、もう限界だったのかもしれません。



ケンタは、2015年の4月、友人が埼玉県動物指導センタ-から引き取ったの子です。
性格が良かったとのことで、処分にならずに、職員さんにより救われた子です。

IMG_0955.jpg

職員さんも、数件の団体さんに声をかけたそうですが、何処にも引き取ってもらえなかったそうです。
友人の所にも連絡があり、見るに見兼ねて、行き場所のないケンタを引き取りました。

そして、事情があり、2017年10月末より、Kさんに預かって貰いました。

それからのケンタは、Kさんは勿論のこと、スタッフのYさん、お客さんにも可愛がって頂き、沢山の犬友達もできました。
皆さまに、たくさん可愛がって頂いて、ケンタは、本当に幸せでした。


三郎も、ケンタにお別れをしていました。
AFCB881F-AFCB-4558-AC05-AB25885162DB.jpg
ケンタ・・・もう、辛くないね。安らかに・・・。

ケンタを応援下さり、可愛がって下さった皆さま、本当にありがとうございます。

| 未分類 | 01:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぐぅちゃん・・虹の橋へ

1月20日は、たぁくんの命日でした。
talaganbaro.jpg
もう、1年が経ったなんて・・早いですね。

たぁくんとのお別れのその時は、あっけない程の一瞬のものでした。

MKさん、たぁくんのことを覚えていてくださって・・素敵なお花をありがとうございます。
IMG_6572.jpg
たぁくんが「オイラに、お花が届いたぞ!やったぁ~」と、言ってそうな気がします。


そして昨日・・
26日に、また、悲しいお別れをしました。

頑張っていた、ぐぅちゃんが、11時20分に息を引き取りました。
daisukiguu.jpg

難治性口内炎の悪化と慢性腎不全・・・
もっと苦しむのかな・・心配していましたが、そんなに長患いもせずにすみました。

最期のその時も、30秒程、あえぐ仕草は本当に短く、あっという間に逝きました。

ぐぅちゃんにとっては、辛い時間も少なかったことは、幸いだったと思います。

E4FBF18F-CE4D-46CC-BF88-601590F8DD32.jpg
体調が悪くなるまでは、抱っこ抱っこと・・・膝から胸に上って来て、ゴロゴロと甘えてくれていました。

可愛い可愛い・・ぐぅちゃん。


ぐぅちゃんは、ご近所さんでご飯を貰っていた外猫でした。
IMG_7720.jpg

ヨダレを垂らして、ご飯も食べられていなかったようなので、治療の為に保護しました。
口内歯肉炎と舌潰瘍がひどくて、麻酔をかけて、犬歯から後ろの歯を抜歯して頂きました。

保護当初は、口の治療が終わったら、リリ-スしようと思っていました。
ところが、腎臓の数値も悪く、難治性口内炎は、今後の治療も必要だとのことで、我が家で過ごすことになりました。



定期的に受診し、口内炎の治療をして頂き、何とか食べる事ができていました。
しかし、腎不全に対応した処方食は食べてくれず、ス-パ-などで市販のフードだと、食べてくれました。

だましだましの治療で、腎臓の数値も、そんなに悪化せずに過ごしていたのですが・・・

昨年の夏前から、急に悪化してきました。
自宅での皮下点滴でも、追いつかない腎臓になってきてしまい、どんどんと数値は悪くなって行く一方でした。



老廃物と余分な水分をだすのが、腎臓の役目です。

ただし、濃縮力がなくなってしまった場合、大切な水分まで出してしまいます。

血液の中から老廃物だけ出して、必要な成分は再吸収してバランスを取っていたものが、再吸収できなくなりダタモレの状態・・・。

水分も脱水になっても出し続けてしまうのです。

水分量が減ると全体の血液の量も減るので、腎臓に流れ込む血液量も少なくなります。
その結果、尿を作る能力が更に低下し、悪循環になります。

生命維持に、不可欠な水分と電解質のバランスが取れなくなることは、命の存続が脅かされるということです。

病院では、苦痛が少ないように、吐き気を止めることと電解質の補正はして頂きました。

それでも、一昨日の夜は、吐き気がとまらなかったようです。



そのときが迫っていることは明らかな状態になっていたぐぅちゃん・・
その日は、我が家で看取りたいと思いました。
腎臓の病気・・・
1度壊れたら、修復されることのない臓器・・・

胃腸や肝臓は回復しますが、肺や腎臓は取り返しがつきません。
本当に怖いです。


今、ぐぅちゃんが大好きな枕に頭を乗せ、寝ているようです。
S__143032327.jpg

そして、冷たくなったぐぅちゃんが横たわるリビングでは、大ちゃんはピョンピョンはねて・・・ポコタはおもちゃを咥えてはしゃいでいます。

カツオが相変わらず悪戯をして遊んでいます。


賑やかなはずなのに・・・静かなリビングです。

もう・・いい加減、心が壊れそうです。



昨日は、家族に友人が駆けつけてくれました。

S__143032323.jpg
Kさんとケンタも、ぐぅちゃんに会いに来てくれました。

そして、KFさんもお花を持って、かけつけてくれました。
C34B735B-D50B-4986-A69A-064E2EEBF085.jpg

2人とも、声を揃えて「腎臓で亡くなったのに、毛割れもなく、毛並みが綺麗だよね」と言っていました。
亡くなる前日の夕方までは、オシッコも出ていました。
脱水は補正できていたのかもしれません。

これから火葬してきます。
guu2019127.jpg
大好きなぐぅちゃん。ありがとう・・・。


| 未分類 | 12:19 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご縁を待っている子達。

コメントを頂いたままになってしまって、お返事もせずに、すみません。
アンさんへ、優しい言葉とお気持ち、そして応援をありがとうございます。
今、あんさんは、とても幸せそうで、私としては、本当に嬉しく思います。

私は、不覚にも、お届けの翌日から、体調を崩してしまいました
気が緩んでしまったのかも知れないですね。
何かだるくて、左側の顔・脇の下あたりに、ヒリヒリとした感じの痛みがあり、おかしいな・・と、思っていました。
何としたことか・・どうも帯状疱疹だったらしく・・・
お陰様で、初期の段階で抗ウイルス薬を服用したので、まだ、だるさは残っているものの帯状疱疹自体は軽く済んだようです。


そんなこんなをしているうちに、早いもので、アンをお届けしてから5日が経ちました。

外出先から帰宅すると、窓の下に並んでいた車椅子も無く、カ-テンから外を覗くアンの姿もないので、なんか不思議な感じです。
566A364F-AB8E-4573-AC13-17E3C77E3B5D.jpg

いまだに「オムツをかえなくては・・・」と言いながら、姿を探してしまう事もあり「あ!いないんだった。」と、思うことが度々あります。
身体の動きが習慣化してしまっているようで、もう5日も経つというのに・・
まだ今の状況に身体が慣れていないようです。
4年半という月日は、それなり・・ですね。


一方、アンが居なくなって、全く変わらないのは、お爺ちゃん犬の大ちゃん。
マイペ-スで、耳は全く聞こえないものの、相変わらず元気に、ピョンピョン跳ねています。
20191dai.jpg
かと思えば、ピタっと暫く止まって、人形のように固まってます(笑)

大ちゃんの世界は、はかり知れません・・・。

食欲は変わらず、食いしん坊さんなので、miw@さんに頂いた、お菓子を大喜びで、美味しそうにパクパク食べています。
daiokasi.jpg
miw@さん、大ちゃんに優しいお気持ちをありがとうございます。


そして、アンが居なくなってから豹変したのは、この方・・ポコタくん。
IMG_6327.jpg
以前は、はしゃぎすぎると、アンに怒られていたポコタは・・。

お目付け役がいなくなり、怒られることがなくなり、これこそ「水を得た魚のよう・・」とでも言うのでしょうか・・・
まぁ、はしゃぐはしゃぐ・・・思いっきり、はっちゃけています(^^;
IMG_6280.jpg
それでも「ポコタ、静かにして!しぃ~っ」と言うと、静かになります。

保護当初、分離不安気味で、人が居なくなると、ずっと吠え続けていたポコタ。
トレ-ナ-さんのお蔭で、信じられないほど、すっかり落ち着いてくれました。
IMG_5957.jpg
朗らかで、素直な可愛い男の子です

そんなポコタくんは、なかなか賢い一面も見せています。
大ちゃんが、排泄をもよおしている時や失敗してしまった時・・「くぅ~ん、うぉん」と、小さく鳴いて、知らせてくれます。
そんな時、大ちゃんが排泄を済ませて戻ったり、失敗したものを片付けると、落ち着いて伏せます。
最初は偶然かともいましたが、そうでは無かったようです。ポコタ、、偉いぞ!


そして、カツオくんも・・アンんがいなくなってから・・
IMG_6350.jpg

アンの代わりなのか、気付けば、いつも私の足元にいます。
歩くところ行く所、チョコチョコと私にくっついて回ります。

座れば膝に・・横になると、腕の中に入って来てべったり甘えて寝ています。
DDFBCF21-702D-4C94-9ACD-038FA7D1A5CA.jpg
かなり、甘えん坊過ぎなカツオくんです。


で・・・アンが居なくなって、車椅子で轢かれることなく、大ちゃん達との落ち着いたお散歩ができると思っていたチビ太は・・・
tibitibita.jpg
アンが居なくなった日曜日の夜から来た、予定外の居候くんとお散歩です。

この居候くんが、若くて元気なので、右へ左へのお散歩で、チビ太もなんだか落ち着きません。
IMG_6304.jpg
毎日1回、お散歩が減ると思ったのに・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ・・1週間の居候くんです。


チビ太もポコタもカツオも、アンのように幸せを掴み、早く、優しい家族ができますように・・・



体調が悪いのは、ぐぅちゃん。
今週の初めから入院しています。

gugu2019.jpg
腎臓の数値もさらに悪くなっているようです。

皮下点滴では、追いつかないようなので、ル-トからの点滴をお願いしました。
鼻もつまっているようで、ネブライザ-吸入にインタ-フェロンに投薬をして頂いています。
昨日は、ル-トの管を3回も噛み千切ってしまったようです。

どうにか、食欲が戻って、元気になって帰宅して欲しいです。


アンさんが保護っこを卒業できて、今は新しい時間の流れになっています。


トレ-ナ-さんにお預かり頂いているボタンと・・
bota2019.jpg

そして、カ-クンもいます。
ka2019.jpg

猫猫座さんにお預かり頂いているセサミちゃん。
sesa2019.jpg


ケンタもフィラリア症の後遺症の慢性気管支炎の悪化もあります。
ken2019.jpg

お預かり頂いているミケちゃんも、まだ、家族が決まっていません。
IMG_4201.jpg

のんびりしている場合ではないですね。


明日は、自分の子供が産まれたから、犬は要らなくなったと放棄されたワンコの募集の為の写真を撮りに行ってきます。
チワワ×ダックスフンドのミックスだそうです。
mixkun.jpg
現在は、お預かり下さっている方のお宅で、暮らしています。
そのお宅も、事情があり、犬をずっと飼育する事ができないので、早急に、新しい飼い主さんを探さないとなりません。

本当に・・・お願いだから、最期まで一緒に暮らせないのだったら、買わないで!飼わないで!欲しい。

保護を必要とする動物がいなくなる日は来ないのかしら・・・
せめて・・ペットとして扱われる動物達が、人間の手で放棄されたり虐待されたりすることを防げないものだろうか。
愚かな人間がいる以上、法整備は必要不可欠に思えます。


みんな、幸せになぁれ・・・
どうか、この子達にも、アンさんのような、素敵なご縁がありますように・・・

| 未分類 | 19:45 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT