FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

水曜日と木曜日に・・。

前回の記事で、お預かりを呼び掛けした子猫・・・。
どうしても気になってしまい、結局、保護宅へ行ってきました。
S__9928709.jpg

あの子を保護したお宅では、お母さまと息子さんが、酷いアレルギ-だそうです。
お薬を内服しながら、お母さまも、子猫のケア-されていました。

ご家族のアレルギ-も酷く、この子のお世話が、手に余る状態であることも明らかでした。
保護された娘さんは、この子と一緒に暮らす希望だったのですが、健康上の問題であれば、手放すしか選択肢がなかったようです。

送られてきた写真では、目が開いておらず、鼻水もクシャミもある様子だったので、酷い猫風邪をひいているのは明らかでした。

実際に会うと、写真で見たより、両目も鼻もグシャグシャで、瞼はくっ付いて開きにくくなっていました。
お臍から漏れている尿量も、かなりありました。

また、左の後足の足先の欠損は、事故などの傷の後もないので、先天奇形が疑われました。

一度、近所の病院に受診したそうなのですが、風邪や目鼻の炎症への目薬も内服薬も、処方されなかったようです。
排尿の異常と今後の手術の必要性や費用は聞いたようですが、今現在の感染予防の必要性は言われなかったみたいでした。

satyato.jpg

ご家族のアレルギ-も確かに酷そうでしたが、この子のお世話が、猫を飼育したこともない一般の方の手に余る障害であることも明らかに見えました。
後先の事は何も考えていませんでしたが、子猫は、引き取って帰りました。
そして、帰り道、そのまま、いつもお世話になっている病院へ行きました。

レントゲンとエコ-と簡単な血液検査をして、お臍周辺の清潔のため、毛を刈って頂きました。

やはり、尿膜管遺残ではないかとの事でした。

尿膜管遺残はこの尿膜管(胎児のころに膀胱と母体をつないでいる管)が、生後も閉じずに残っている状態です。
(胎児期には、尿膜管は膀胱から臍まで繋がっていて、胎児の尿を母体に流すための通り道となっています。通常は、出生とともに尿膜管は閉鎖します。)

尿膜管の中を尿が流れる場合は、臍から尿が漏れ出ることがあり、この子は、まさにその状態です。
常に尿が漏れ出ているので、汚染しやすく、何かを当てている必要があります。

しかも、この子は、皮下に尿膜管洞を作っていて、皮下に尿が漏れ出てぷっくり腫れて見えます。
AFBCE052-BF33-4BBF-84CA-5A4C7A628491.jpg

皮下に溜まった尿は細菌の感染の確率が高くなります。
細菌の感染を起きると発熱や腹痛(臍周囲や下腹部の痛み)が起こるので、消毒と抗菌剤の投与が必要です。


受診時の体重は480gでした。
1500g以上にならないと手術はできないそうです。

通常の尿道からも、排尿はできています。

保護当初から下痢便だったそうですが、今は、抗生剤の服用で下痢も止まり、良い便をします。

色々とありそうな気がしますが、追々、対処していきます。
食べることはできていて、体重も着々と増えています。

ただ、この子は左後足の足先の先天性の欠損もあり、他にも先天的な奇形がある可能性もあります。
しかし、まだ、小さすぎて、エコ-での内臓の確認には限界があります。

尿路も他の臓器についても、もう少し、大きくなってから詳しく調べる必要がありそうです。
sayatya.jpg

酷いウィルス性の鼻炎の治療も、始め、目も開くようになり、鼻水も止まって来ました。

お預かりをして下さる方を募集しましたが、ケア-も医療費もかなり大変そうです。
他の保護っ子達には、負担をかけないよう、ちょっと、頑張ってみることにしました。

とは言え、猫屋敷にならないよう、保護猫たちの里親さん探しは、頑張らないといけませんね。



また、先日のTNRの場所に残されていた入院している黒猫ちゃんは、美味しいものなら少し、自力で食べるようになってきました。
保護当初よりは、元気にはなってきていました。

446D97DE-606A-4A84-8739-93372B4E689C.jpg
顔に手を伸ばすと、顔を手にスリスリとしてくれました。


そしてその兄妹達・・・。
昨日の朝、いつもお世話になっているKTさんと、Kさんが保護に向かってくれました。

すでに1匹、亡くなっていて、衰弱して入院している黒猫もいて、残った子猫達が順番に衰弱して行くのを待つ必要もないので・・。

幸い3匹とも、お母さんと一緒に姿を見せてくれて、捕獲でき、母猫はTNRをするため、病院に連れていきました。

子猫は720gのメスと、1180gと1100gの2匹がオスでした。
2匹は、病院の定休日明け、木曜日からKTさんの知り合いの台東区の病院が預かって下さることになっています。

保護後、直ぐに近所の病院で受診し、2匹は軽い脱水があり、皮下点滴をしました。
2匹は、眼も腫れていて、よだれが少し出ていましたが、入院している子のように衰弱はしておらず、ホッとしてました。

ところが、パニックになって暴れていただけで見た目より弱っていたようです。
見た目以上にノミによる貧血はひどく、消化管の回虫とコクシジウムの感染と鼻風邪・・。

連れていく予定の病院は定休日明けの25日に連れて行くことになっていたので、捕獲した日からの一晩は、Kさんの所で過ごすことになりました。
2283.jpg

次の日25日の朝から、720gも一番小さい子の状態が悪化しました。
そして、8時過ぎ、病院に向かう車の中で息を引き取りました。

可哀想なことをしました。
もっと早く、余裕をもって保護していたら、生きることもできたのかもしれません。

そして、当初予定していたKTさんの知り合いの病院に連れて行き、2匹は入院しました。
あの子達の生命力に期待します。


この子猫達の生まれた地域の意識が問題だったと思います。
餌はみんなであげて、数が増えても放置・・・

鼻かぜも蔓延し、ノミだらけで、コクシジウムと回虫が感染している猫たちです。
ご飯をあげている人が「仔猫は毎年生まれるけど、育たないのよ」などと、普通に話していました。

このような地域は、きっとあちらこちらにあるのでしょう。
この子達の命を奪ったのは、関わっていた人達の無知と意識の低さだと思います。

| | 03:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白血病キャリアっ子の幸せ探し。

外は午後から、シトシトと雨模様で肌寒く感じます。

生憎、今晩のお散歩の時間も雨が止まず・・・
tibibaasan_201706182129039a9.jpg
チビ婆ちゃんと、、

アンは、、
oyasumidesita.jpg
お留守番でした。



さて・・・
御陰様で、新入りの仔猫も、よく食べて、問題なく元気にすくすく育ってます。
sirokoneko.jpg


犬屋敷の兄弟子猫が順番に風邪をひいてしまい、今は、キジサビっ子にうつってしまいました。
sabikizikko.jpg
3匹一緒に過ごしていたので、仕方ないですね。

毎日、病院通いで、順番にインタ-フェロンを注射して頂いています。
もう直ぐ、この風邪騒動も終息することでしょう。



お蔭さまといえば・・・
白血病抗体陽性の子猫に、1匹、家族が決まりました。
yanntyako.jpg

その里親さまは、これまでも白血病キャリアの子と暮らしていました。
この仔猫の話しをすると、ご家族で話し合って下さり、結果、家族の一員に受け入れて下さいました。

その方は、行き場のなかった小型犬3匹も、家族に迎え入れています。
かかりつけの病院ともしっかり連携し、ケア-もしっかりして下さっているのを良く知っているので安心です。

そして、以前より「人懐こい子より、里親が付きにくい子こそ、家族に迎えてあげたい」とお話ししています。
このような方がいてくださること「人間も捨てたものではなな~」と、、ほっとします。
MOさん、いつも犬猫たちに優しい気持ちをありがとう・・・感謝しています。

天真爛漫で可愛い子です。
yanntyakun.jpg
新しい名前は、長生きして欲しい・・と言いう願いをこめて「とわ」ちゃんになりました。

ヤンチャですが、どうぞよろしくお願いします。





今日は、先月半ばに保護した「ハチワレ猫」のことを書かせていただきます。
8A7641E7-D08E-4B1C-AD89-EB692265697D.jpg

保護当時、激しい憤りを感じました。
そして、保護したこの子に新しい家族ができることを願ってやみません。


このような悲しいことは、決して珍しいことではなく、良く起きていることなのです。
そして、改めて皆さまにも知っていて欲しいと思うので、保護の経緯から、書かせて頂きます。


近隣で「あまりに人懐こい猫がフラフラしていて、話題になっている」と聞き、とても気になっていました。
噂では「保健所か愛護センタ-に電話をしよう」と言う話しにもなっているとのことでした。

妹から「今、ここにその噂の猫がいるよ」との連絡をうけ、後先も考えずに、キャリ-をもって直ぐに出向きました。
首輪をつけた猫を姪っ子が、撫でながら抱いていました。

akahati.jpg
そして、姪っ子が、その猫をキャリ-に入れました。

保護はしたものの・・冷静になって考えてみたら・・現在、私の家には置くところもありません。

仕方なく、いつもお世話になっているKTさんに相談し、有料ですが、KTさんのかかりつけの病院が預かって下さるとの事で、お願いすることになりました。

その病院で、ウイルス検査をした所、残念ながら白血病抗体が「陽性」でした。


その後、その猫のことで、妹が近隣に聞き回ってくれました。
すると「悪戯だし、他の猫とそりが合わないから外に出したと、そこのお孫さんが言っていたわよ」と言っている人がいたそうです。

そして、妹が飼い主と思しき人物に接触をしてくれましたが、余りの意識の低さに唖然として、何も言えなくなったそうです。

子猫の頃に家に入れ、その後、外に出たがるから、行き来を自由にしていたそうです。
あくまでも野良猫で、自分の猫ではなく、去勢をした印に首輪をつけただけだと言い張り、飼育を放棄しました。

0AFE31D2-0493-4311-A467-9D43093C16DE.jpg

とても人に馴れていて、飼い猫として生活していていたとしか思えません。
その上、名前まで付けていて・・・野良猫って何なんでしょうか。

「家の子じゃありませんから、白血病か何か知らないけど、病気って言われてもねぇ」って・・・。
「動物病院に、去勢をしろと言われたからしただけで、首輪はその印だから」・・・って、なんとも身勝手な言い分です。


白血病は、他猫への感染のおそれがあります。
食器の共有や舐め合いでも感染する可能性があり、非キャリア猫(FeLV陰性猫)との同居は難しいなどの理由から、なかなか里親さんが決まりません。

そして、母子感染で白血病・持続感染の猫は、4年致死率が90%と非常に高く、その個々の寿命も推し量れない状態にあるということです。
勿論、必ずしも短命と決まったわけではなく、母子感染でも10年生きている子もいます。

Kさんの家にいる黒猫「キッキとピッピ」だって、母子感染なのに、もう5歳です。
白血病の後感染の子は、15年と生きる子もいます。

白血病のキャリアの猫たちは、猫エイズとかとは違い、寿命が短いかもしれません。
短い一生だからこそ、せめて、幸せに過ごしてほしいと願います。

人慣れしすぎている、この子にも、幸せな時間を生きて欲しいです。
2E6F5C40-1D9B-4A3B-8DFC-C5A0397A9DF5.jpg

この子は、白血病キャリアではありますが・・
そのことを理解した上で、このハチワレの子を可愛がって下さる、心ある飼い主さんと出会えますようにと願います。
今度こそ、暖かい家族とともに暮らし、幸せになってほしい、そう願ってやみません。



今回は近所で噂になっていたこともあり、捨てた飼い主との接触ができました。

しかし・・・迷子かと思っていても、実際は捨てられていたり、迷子にしてしまっても、探さなかったり・・・
動物の飼育をはじめ、情がわき、家族の一員として欠かせない存在に・・・

そうならない意識の低い日本人が、まだまだ沢山いることに唖然とし、悲しく、腹立たしく感じます。

動物愛護と管理の法律が未成熟な日本だから・・・なのかもしれませんね。

| | 22:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫のこと

いつもながら・・・またまた御無沙汰でした。

先日、可愛いニャンコのぬいぐるみが、届きました。
6323.jpg
ぬいぐるみに興味津々のチリリン。
Mちゃん、可愛いぬいぐるみ、ありがとうございます。


さて、ニャンコ話しです。

フクちゃんの散歩に、良く付いてきた外猫さん。
5975.jpg

フクちゃんが亡き後、天気が良い日は、ほぼ毎日、家の前に遊びに来ます。

ご近所さんが、ご飯をあげている猫さんです。(勿論、去勢済み)
gen.jpg

お散歩に行こうとすると、何処からともなく現れます。
8793.jpg

自分から近くに寄って行きますが、犬達がちょっと顔を近づけるとパンチをします。

20128.jpg
テツ丸も、猫パンチをされました。

犬達がいないと、お腹を出して撫でてと催促します。

こんなに人懐こい猫ですが、餌をあげている方が、部屋の中に入れると、パニックを起こし「外に出せ」と大暴れするそうです。
何度か試してみたそうですが、室内で飼育するのは無理だったそうです。

誰にでも、触らせるわけでもなく、人によっては、触らせることを拒み、用心もするようです。
やっぱりお外の猫ちゃんですね。


外猫と言えば、数日前に、嫌な気分になる出来事がありました。

耳カットをされている人懐こい猫が、お腹を空かしているようで、ニャーニャー鳴きながら足元にまとわりついてきたというのです。
見たことともないその猫が、突然、あるお宅の前に現れたのです。
myoisabi.jpg

迷子なのか、、野良猫なのか、その猫に何があったのか見当もつき来ません。
2日間ほど、ご飯をあげたそうですが、余りにも人懐こいので心配になり、こちらに相談をしてきました。

お話しを聞いてみると、実は、その方がピンときたことがあったそうです。

その場所から200m程のお宅。
気になり、この子を知らないか、尋ねたそうです。
ですが、のらりくらりした話し方で「知らない」との返事だったそうです。

以前から、猫を一匹飼っているのですが、そのお宅の方は、もう一匹、欲しがっていたそうです。
また、そのお宅では、数年前、飼育していた犬も突然にいなくなったとのことです。
急にいなくなったので、近隣の方達が、どうしたのか聞いたところ、「知人にあげた」と言っていたそうです。

そのお宅のお名前と住所を聞き、ハッ!と思いました。
私にも、その方から子猫希望のお問い合わせがあったことを思い出したのです。

慌てて、以前のメ-ルを確認すると、やはり、昨年夏、生後3ヶ月のメス猫のお問い合わせが、その方から来ていました。

当時、私はメールの文面から、誠意が何も感じられず、納得できない気持ちが払拭しきれず、その時はお断りさせて頂きました。
お断りしたのに、また、同じその方からお問い合わせのメ-ルが・・・。
お問い合わせしたのを忘れて、また、メ-ルを出してしまったようです。
ちょっと違和感を感じでしたので、物忘れの酷い私ですが、何故か、その方の名前を覚えていました。

実際、通る人みんなにスリスリし抱っこもでき、あまりにも人懐こすぎ、車にもひかれそうで、このままでは危ないので、保護しました。
現在は、知人が預かってくれています。
maigosabi1.jpg

保護した猫は、すぐにゴロゴロと喉をならし、とっても懐こい子で、誰にでも抱っこもされます。
放浪してきたとも思えない程、綺麗な猫です。

疑うのもどうかと思いましたが、無きにしも非ず・・・かと。
この猫の経緯を追求しても、仕方がないと思いました。
近所で、他に迷子猫を探しているお宅もないことから、里親さんを募集することにしました。

エイズ白血病の抗体検査は陰性でした。
歯は透き通るような白さで、生後7・8か月に見えると獣医師が言っていました。
爪もきれいで、放浪も長くないようです。

maigosabi.jpg

耳カットがされているのですが、不妊手術後リリースせずに里親募集になったのでしょうか・・・
経緯はわかりません。

懐こく人が大好きで、甘ったれの女の子です。
新しい家族を募集しています。



そして、こちらも新しい飼い主さんを探す猫達です。

あるアパ-トの1階のドアの前に、キャリ-バックが6つ並んでいたそうです。

その部屋と隣の部屋の2つで、シェルタ-として、個人のボランティアさんが借りていたそうです。
その時は、既にシェルタ-は、なくなっています。
それを知らずに、置いて行ったのでしょう。

置き手紙には、エイズ白血病は陰性で、避妊・去勢は済みと書いてあったそうです。
暫くは、2階に住む大家さんがお世話をしていたそうですが、入院してしまったそうです。
病気の為、大家さんもこれ以上、面倒をみれないとの事です。

民生員さんが入り、その依頼で、知人が現地に出向いたそうです。

その知人から相談を受けて、私も現地に行きました。

6181.jpg 6177.jpg

みんな、怖がって隠れたり、パニックになり逃げ回っていました。
6180.jpg

これから、1匹ずつケア-して、写真を撮った上で、預かりさん及び里親さんを募っていきます。
受け入れられる方がいらっしゃいましたら、宜しくお願いします。


人の身勝手な判断と行動。
そして、翻弄される動物たち。
何度も繰り返される、悲しい現実に、ため息が出ます。
根本的な何かを変革しなければ、こんな現状が繰り返されるのだと、改めて思い知らされます。

| | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミィちゃんお届けと新入り君。

今日も、少し蒸し暑く感じます。
天気予報では、晴れる日が続いてくれるようで、暫く、朝晩の散歩が気持ちよさそうです。

4hikide.jpg

この猫さん。
フクちゃん1匹だと、何処からかヒョコッと現れ、散歩についてきます。

shimatyan.jpg

可愛い猫君です。
近所の方が、ご飯をあげてくれている猫達の中で、一番若い男の子。
勿論、みんな避妊去勢は、ちゃんとしてくれています。
割と広い公園がすぐ隣にあり、家の前は車も通らないので、猫達は、毎日マッタリしています。


先日の雨の日、車で帰宅してビックリ。
なんと、我が家のブロック塀にまで猫が・・偶然に出来たブロック塀の模様です。

nanntonyan.jpg
濡れてない部分が白く、猫に見えて、思わず写メを撮りました(^-^;
偶然とはいえ、驚きました(笑)


さて、こちらは本物の猫さん、みぃちゃん改め、きぃちゃん。
お世話になったCafeに、「ありがとう」を言い、昨日、トライアルに旅立ちました。

IMG_8441.jpg

お迎えに行くと「え、、何しに来たの?」みたいな顔でお出迎えしてくれました。

miibuzen.jpg

ちょっとシャイなみぃちゃん。
里親さまも、気長に接して下さると仰っていました。

みぃちゃんをお届けした際、話しが弾んで、すっかり長居をしてしまいました。
が、、先住の猫さんは、とうとう最後まで、姿を見せてくれませんでした。
写真を拝見しましたが、可愛い茶白君です。
2匹、仲良く出来ますように・・。

家にいる時のみぃちゃん「玩具なんかで、釣られない」って、顔をしていたのに・・・。
Cafeでは、オ-ナ-さんと、良く遊んでいたそうです。
流石です。
楽しく過ごせて、素適なご縁も繋いで頂いて、ミィちゃんも幸せです。
オ-ナ-さんに、感謝です。

ありがとうございます。


そして、新入りの黒猫さんです。

kurotin.jpg

性格は、二重丸、懐こくて可愛い子です。

酷い猫風邪で弱っており、カラスに狙われていた所を保護されました。
保護した方のお友達が、お預かりをして下さり、3週間弱、風邪の治療してくれました。
風邪も、もう少しで完治しそうです。

~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~

お陰様で、アンは29日(水曜日)に退院します。

皆さまからの温かいご支援に応援、本当に感謝いたしております。
ありがとうございます。


そして、もう一つ。
前の記事で、リンクした期限切れの宮崎のワンコ。
無事引き出しをすることが出来たそうです。

空輸で移動、その後、里親さんを募るそうです。
助かった良かった。

http://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201410260000/

気にかけて下さって、心を痛めて下さった方が、沢山いらっしゃいました。
直接、団体の方へ声をかけて下さった方もいました。
本当に、有難うございます。



| | 14:15 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7ケ月の兄妹猫、里親様募集中です。

はじめまして、kawaiです。

昨年、8月に保護した兄妹猫達を紹介させて頂きます。

避妊去勢を進めている地域で、捕獲機に入った子達です。
不妊手術をする月齢でもなく、そこは交通量も多い地域、そのまま保護しました。

人馴れがなかなか進まず、里親様探しが遅れていましたが、
より良い環境で暮らすことで更に人馴れが進むと思い、里親様募集開始いたします。

tiro20140110
仮名:チロ
性別:オス
色柄:シャム風(雑種)・しっぽ:超長め、先っぽ少しカギ

医療状況:3種ワクチン2回済み、駆虫済み、エイズ白血病陰性、
     ノミ・ダニ駆除済み、2013/11/16去勢手術済み。

最初は全く馴れず、触るのも難しい猫でしたが、少しずつ心を開いてきています。
今では、ウトウトしているときは100%、ちょこんと寄ってきたときも80%の確率で撫でることができます。

極度の怖がりさんなので、猫を飼った経験がある方で、小さなお子様のいらっしゃらないお家を希望してます。

猫達には、甘え上手で良く馴れていますので、先住猫ちゃんがいるお宅も大丈夫です。

tiro131210 tirommike20131210 

☆兄妹猫のミケちゃんも同時募集中です。とても仲良し兄妹です。

mike20140110
仮名:ミケ
性別:メス
色柄:三毛(最近では珍しく縞三毛ではない、昔ながらの三毛柄です)
   しっぽは、超長め、先っぽ少しカギ

医療状況:3種ワクチン2回済み、駆虫済み、エイズ白血病陰性、
     ノミ・ダニ駆除済み、2014/1/5避妊手術済み。

最初は全く馴れず、触るのも難しい猫でしたが、少しずつ心をひらいてきています。
今では、ウトウトしているときだけは100%の確率で撫でることができますが、逃げてしまうことが多いです。
それでも目と目が合った時、人差し指を近づけると鼻を寄せてきます。

こちらも、極度の怖がりさんなので、猫を飼った経験がある方で小さなお子様のいらっしゃらないお家を希望してます。
チロ同様、猫達には、甘え上手で良く馴れていますので、先住猫ちゃんがいるお宅も大丈夫です。

mike131210 nekodanngo

☆兄妹猫のチロくん、ミケちゃん、同時募集中です。
  とても仲良しの兄妹です。


宜しくお願いします。
コメント欄より、お問い合わせ頂ければ幸いです。
 

| | 14:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT