| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

動物愛護法と、ボタンさんの手術

気持ちのいい日差しが戻って来て、今日も清々しい朝のお散歩でした。
26CD787E-0C50-4F5D-B5D0-745AA31BEB80.jpg
雨が続いて、お留守が多かったアンも嬉しそうです。

が・・アンさん、明日の夜は、またまた雨の予報だよ・・・。

一方、賢いチワワ君は、アンの車椅子に轢かれないよう、気を付けて歩いています。
我が家の生活にも、すっかり慣れて、テ-ブルに乗るは、大ちゃんとガオガオ遊べるは・・なかなかのヤンチャ君です。
D0DB637E-54AF-498F-9478-35EECFE875AE.jpg
大ちゃん・・・ますます顔が白くなって、また年取った感じが・・・。


この迷子のチワワ君、埼玉県で保護されたワンコです。
保護した方は、犬の飼育経験がなく困っていたので、私が引き受けました。

朝の散歩道、このチワワ君を見ていて・・・

「遺失物は3カ月の保管義務があるのだから、落とし物として、動物収容施設を造らないのは、法律違反なのではないだろうか・・」なんて、考えながら歩いていました。
daityuysou.jpg

何故なら・・預かるところがないと、生き物に関しては「いのち」の保証がないのが日本の法律なので・・・

迷子犬は、警察に届けて、こちらでお預かりして3ヶ月は、拾得物の法律が適用されます。
そして「拾得物件預かり」なるものを書きます。

もし、預かる人もいなくて、警察署管内に収容施設がない場合は・・・
動物という拾得物は、保管場所がないという理由で・・・保健所かセンタ-に引き渡されます。

そこに関わった人間の裁量、気持ち?・・判断?・・・で運命が決まってしまうようです。

なぜなら、基準も決まりもないからです。
遺失物から、愛護法に切り替わる・・その基準も何もないのです。
法律での文章表現はされていないみたいです。

もし、このチワワ君・・・
保健所や愛護センタ-に届けられていたら、、動物指導センタ-に行ったとしたら、彼は、拾得物ではなくなり、ただの保護犬になてしまいます。
maigotiwa.jpg

警察から愛護センタ-に行った場合「遺失物法」から「動物愛護法」の管轄に変わる決まりです。

そして、センタ-や保健所に届けると「動物愛護と管理の法律」下に置かれ、各地域の対処法で対応されます。
東京都は犬の殺処分ゼロとされています。
このチワワ君は埼玉県で保護された子・・もし、引き取りの団体が居なければ、殺処分されたかもしれません。

傘でさえ、3カ月は保管されるのに・・・
この「いのち」は遺失物としてさえ扱われなくなるのです。

法律の下、動物は、生きているときは物。死んだら、ゴミです。

なのに、物以下の扱いになる・・・ってことでしょうか。
もしかしたら・・・落とし物の傘以下だということなのでしょうか。

保護した人が、その動物を警察から預かると「遺失物法」管轄で、遺失物扱いになり、3カ月はその人が保管しなければならなくなります。
「いのち」も遺失物法であれば3カ月は保管されて、愛護法の下では、殺処分になるなんて・・・本当におかしな話です。

D655E887-138D-4A78-AA21-3D49ABE499B9.jpg

でも、日本国民の9割以上がこの法律を知らないと、、環境庁の人が言っていました。


実際・・・
暢気に構えていて「何時もは帰って来るんだけど、今回は、家の犬が暫く帰って来ない」と、埼玉の某保健所に来た方に会いました。
「昨日、処分されました」と言われ、茫然とし、肩を落として帰っていきました。
聞いていて、胸が痛くて・・いたたまれなくて・・・今も忘れられません。


拾得物は、どの県も同じはずです。
保管場所がありますから、捨てられません。保管施設が不足すれば作られるでしょうし、増設されるのではないでしょうか。

聞いた話しによると、動物の保管場所を設けていたり、保護してくれるボランティアさんと連携をとっている警察署もあるそうです。
が、犬猫は保管場所や預かり先がないと、唐突に動物愛護法管轄のセンタ-行きのようで・・・
遺失物法では、3カ月の保管義務、あるはずなのに・・・なんか変です。

以前の犬屋敷の時、現地にいる犬たちの保護のために、飼い主に使える法律は、狂犬病予防法と化成場条例違反でした。

正丸峠の動物の死体遺棄事件は、産業廃棄物処理法違反。

何よりも、私達が思い知らされたのは・・・
動物は「生きているときは、物。死んだらゴミ」という扱いが法律に記されているといことでした。

動物愛護の目的なのに・・・動物愛護と管理の法律は使えるものはありませんでした。
動物を守るために、動物愛護法は使えない・・・なんて。



さてさて、久保木さんにお願いしているボタンさん。
botancyan.jpg

先日、お伺いした時に、健康診断を含めた医療ケア-もお願いし、検査費用をお支払いしました。
ご支援下さった皆さま、ありがとうございます。

血液検査では肝臓の酵素の数値は少し高かったそうですが、おおむね問題はなかったとのことでした。
エコ-検査で胆泥も確認できましたが、年相応のものでした。

問題だったのは子宮蓄膿症です。
診断がつき、早急に、避妊手術をすることになりました。

カラ-を付けての検査だったそうですが、診察台であおむけにされた時に、まるで殺されそうなくらいの悲鳴をあげて抵抗したそうです。

これまで生きてきた10年の間、一度も病院で、そんな検査などしたことのないボタンちゃんです。
知らない人ばかりで、環境も激変し、病院という異空間で仰向けにされ押さえつけられたのです。

さぞ怖かったことでしょう。

もし、信頼している優しい飼い主がそっと頭を撫でて「大丈夫よ」とでも、声をかけてくれたのなら、少しは安心して身体をゆだねただろうに・・・。
こころが痛みます。

とはいえ、子宮蓄膿症が酷くなる前に気付き、手術ができそうで良かった。

あのまま、保護できずにいたら手遅れになってしまっていたのでしょう。
ボタン・・・もしかしたら、あなた、なかなか運が強いのかもしれないね。

botancyan1.jpg

まだまだ、恐怖と不安の日々を過ごしているのだろうけれど、あと、2~3カ月・・・
人間もなかなか捨てたものじゃないって、人をまた信頼できるようになるよ!きっとね。

ボタン・・貴女にも、楽しい日々が待っているよ。
少なくとも、私達みんな、そう思っているから・・ね。







今年は、動物愛護法の改正の年です。
なんだか、パブリックコメントも、まだ、行われていないようです。
毎回、集めているパブリックコメントが、署名活動が、果たしてどれだけ活かされているのでしょうか・・・。
動物愛護法は、動物を守るために使える法律になって欲しいと思います。

法改正の為、署名を集めている団体さんも多いです。
知り合いの団体さんも ⇒署名← を集めています。
昨年の白血病の仔猫達も、先日のノルウェージャンMixの猫たちも、彼女からの連絡で引き受けた多頭崩壊の猫たちです。

避妊去勢を怠ったための多頭崩壊、アニマルホ-ダ-のボランティア崩壊も多くなっています。
犬や猫は、そこに置いておけばいい「ぬいぐるみ」ではありません。
可哀想だと引きとっても、一人では、限られた頭数しか、管理できないと思います。
飼育数の規制の導入や、第二種動物取扱業の規制強化は、必要だと思います。

| | 14:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チビコとのお別れ

12日の早朝、3時45分頃、チビコが息を引き取りました。
IMG_4191_20180413204003f72.jpg


その前日の夕方から呼吸がいつもより早くなり、舌の色も白く変化してきて、チビコの身体の中で、何かが起きていると感じていました。

この数日、少しずつ、何か変化しているのも確かに、感じていたのも事実でした。
しかし、病院でできる治療も水分補給くらいなもの・・・。
残された日、限りあることも解っていたこともあり、このところは病院で点滴をするより、自宅で皮下点滴をし、一緒の時間を過ごしていました。

377A08AA-5511-4C85-8461-0A14331B1D1B.jpg
そして、12日の午前3時頃、更に呼吸が早くなり・・・その後、私の腕の中で息を引き取りました。


15年前、夏の日の朝、家のドアを開けると、目の前に、立ち耳で、鼻の周りが真っ黒な小さな柴犬がいました。
幻かと思い、一回ドアを閉め、また開けると、そこに姿はありませんでした。

何だったのだろうと・・・外に出て少し歩くと・・・
くぼみの中、沢山植えてあるツツジの周りを跳ねまわっているその子の姿がありました。

ヒョイと抱き上げ、自宅に連れてきました。

我が家に迎え入れた保護犬の柴犬、一頭目が、チビコでした。

当時、家には保護犬・ラブラド-ルと我が家のゴ-ルデンしかいませんでした。
優しい男子2匹の中で過ごしていたチビコは、わがまま放題が許されていました。
20041212201748_0018.jpg

チビコは、里親さんが決まり、トライアルに出しても、そのお宅で、粗相をしたり、鳴き続けたり・・・と、、
結局、我が家に帰ってきてしまっていました。


あれから、15年が経ちました。

これまでに関わってきた犬猫の中で・・・チビコは私と一番長く生活を共に過ごしてきた犬でした。

チビコは、これまでに、私が保護した仔猫のお世話をたくさんしてくれました。

板橋の犬屋敷から保護した子犬達の躾もしてくれました。
それも、自分より2回り位い大きい紀州犬の子犬達です。

気の強いオナゴでした。
IMG_0041.jpg

チビコ自身も、とんでもない悪戯もたくさんしてくれました。
基本的には健康で病気らしい病気はせず、、食べることが大好きで、元気でいつも私の横にいてくれたチビコ・・・

チビコとは、海に川に山に、色々なところに一緒に行きました。旅行にも、たくさん行きました。車に乗るのが大好きな子でした。
楽しい時間と素敵な思い出をいっぱいくれました。

そして、色々な大切なことをたくさん教えてくれました。
IMG_0045.jpg
今まで、本当にありがとう・・。



たぁくん、ボータンに続いてチビコなので、正直、ちょっと辛いです。
しっかりしなきゃいけないのに・・・へこたれています。

昨日はMKちゃん、KFさん、MSさんがお花を持って来て下さいました。
Oさん、Tさん、お花をありがとうございます。
私の妹や娘、母、姪っ子も来てくれました。
バタバタしていて時間があっという間に過ぎてしまい、ブログも昨日のうちにアップができませんでした(^-^;

今日、火葬してきました。
体重が5キロ前後小さな体でしたが、いまは不自由な身体から解き放たれ、駆け回っていることでしょう。


チビコとボ-タンは、たくさんのお花に囲まれています。
tibibotan.jpg
皆さま、本当にありがとうございました。






ボタンちゃんの訓練費への「あしなが募金」にご協力くださった皆さま、ありがとうございます。
そして、郵便振替口座でご支援下さった皆さま、郵送でのお知らせの為、反映の知らせが遅いため、お礼が遅れてしまい、申し訳ございません。

NWさま、BKさま、TAさま、SAさま、ナツ君ママさま、SKさま、TYさまSYさま、MTさま、ボタンへのご支援のみならず、いつも保護っ子達へのお心遣い、感謝しております。

SIさま、これまでに引き続きのご支援を有難うございます。
KMさま、KTさま、はじめ、皆さまのお気持ちのお陰で、ボタンちゃんの人間との関係修復への試みが始まりました。


ボタンは、初日はご飯を食べなかったそうですが、2日目からは、よく食べ、食器の上げ下げも問題なくできているようです。
ただ、部屋で繋がれていたようで、ケージに慣れておらず、物凄く吠えているようです。
最近は少し、静かになってきたそうですが、今後のことは、久保木さんに期待したいと思います。

皆さまのお気持ちが、きっと、ボタンちゃんにも届くことと思います。
どうぞ、これからもボタンちゃんへの応援をよろしくお願い致します。

ポコタもカークンも、また様子を報告させていただきます。

| | 20:53 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3匹の柴犬。

ご報告が遅くなってしまって、すみません。

あの柴犬は、4日の水曜日に、無事に飼い主から引き取ることができました。
ご心配下さった皆さま、ありがとうございます。

そして、あしなが募金にご協力くださいました、
『 H・M様 K・T様 ココママ様 Y・Y様 H・M様 S・K様 S・I様 I・M様 ミュウ&マコちゃんのパパ様ママ様 H・Y様 K・S様 ミッチ-様 S・E様 O・M様 O・J様 』 ありがとうございます。

この不幸な状況に、心を止めて下さり、この子に、優しいお気持ち向けてくださったこと、心より感謝しております。


4日、Kさんと2人で、この子をお迎えにきました。

インターホンを押すと、飼い主が玄関先まで彼女を連れてきました。
何も問題なさそうなその柴犬は、とても可愛い小ぶりな女の子でした。

名前は「ボタン」ちゃん。

怖々と持っていたリードを、飼い主より受け取りました。
リ-ドを引き、数歩進み「ボタ~ン」と、名前を呼び、頭を撫でると、身体をクネクネさせて、喜んでいました。

アレルギ-症状が酷いようで、顔が痒いのか、地面にスリスリと、何度も顔や身体を擦りつけていました。
「ここが痒いのか・・ここか?」と、顔や背中をゴシゴシ撫でてあげると、お尻をフリフリ・・。

FE0C2B0C-C842-4EE3-8985-B818DD73C887.jpg
初めて乗る車で、見ず知らずの私達に連れていかれる状況です。

鳴いたり後をひいたりするかと、ちょっと心配したのですが・・・
車に乗せると、淡泊なもので、後ろの座席で、直ぐに伏せをして寝ていました。
4CDFE67E-88CA-43F9-AEFE-DD44A722C2C6.jpg
知らない人が、何処かに連れて行くというのに、何だか、あっさりとしたものです。

軽い車酔いはありましたが、ほとんど伏せて寝たままで、落ちついていたのは、ある意味、感心しました。
とにもかくにも・・・
無事に保護し、トレ-ナ-の久保木さんに、お届けし、お願いしました。


ボタンちゃんは、狂犬病のワクチンとフィラリアの予防はしていましたが、混合ワクチンは接種したことがないそうです。
他の医療行為らしいことはしてもらっていなかったみたいです。
当然、アレルギ-症状も悪化しており、耳の先の毛もなく、毛もポソポソしていました。

7EABBC25-9D93-4E9B-BACC-C645B4855E93.jpg
ボソボソだったのは、耳の毛だけではなく、全身でした。

勿論、シャンプ-もした事が無いとの事です。
あれでは、アレルギーがなくても痒かったかもしれません。

引き取る前に、避妊手術代と血液検査代は、少し負担してくれとお願しておきました。

狂犬病のお知しらせと一緒に渡された封筒には5万円入っていました。

避妊手術に血液検査、ワクチン接種もしなくてはなりません。
久保木さんに訓練費とは別に、医療費として、その封筒を渡しました。
お蔭さまで、トレ-ニング代も2ヶ月分、先払いすることが出来ました。


まずは、人との信頼関係を作り、犬らしく喜怒哀楽の感情を思い出してもらわなくては・・・

651B209B-8E8B-4520-95DE-3898E8F13579.jpg
ボタンの尊い命・・・
皆さまの後押しのお陰で、一歩、踏み出せたこと、本当に感謝致します。

「ボタン」ちゃんには、亡くなってしまった「ボ-タン」の分も、幸せになって欲しいです。



そして、先日からお願いしているポコタにも会ってきました。

はじめは、みんな信頼関係を作ることから入ります。
ポコタは元々、あまり犬を知らない人が甘やかし過ぎて育ってきた子です。
その点、信頼関係はできやすかったそうで・・・そろそろ、トレ-ニングが始まりそうです。

F424C271-603F-44BA-AA23-EB7FD7C92CAB.jpg
相変わらず、明るくて可愛いポコタでした。
里親さまとの出会いが、待ち遠しいです。



そしてもう1匹の柴犬、カ-クン。
kaakun.jpg
残念ながら会えませんでしたが、ここ最近、グンと変わってきたそうです。
「何年間も、狭いケ-ジの中、放っておかれ構われなかった分、関係を作るのに、長い期間かかってしまいました。
最近、やっと心を許してくれて、意思の疎通もできてきました。もの凄く可愛いんですよ~」と仰っていました。

これからが、楽しみです。



この3匹の柴犬。

それぞれの経過は違いますが、共通点があります。
それは、人の身勝手で運命が翻弄されてしまったということ。
そして、心から人を信用できていないということです。

犬にも感情があり、思考があるということが、3匹の表情を見ると、よくわかります。

柴犬の特性を理解しないまま本とか知り合いからのにわか知識で、間違った関わり方をしてきたため、関係をはたんさせられてしまった、ボタン。

犬のしつけの基本も知らず、ただただ可愛がられ、甘やかされて分離不安のようになってしまった、ポコタ。

営利目的の人間に、犬として生きることさえ許されず自由のすべてを奪われ、閉じ込められ感情も思考も踏みにじられ続けてきた、カークン。

子犬として産まれ、母犬に兄弟とともに愛しみ育てられていたころ・・・こんな、将来が待っているなど想像もしなかったでしょう。
犬は犬として生きてこそ幸せだと、私は考えています。

どうか、3匹とも残りの犬生、あり余るくらい幸せになって欲しいです。




引き続き、ボタンちゃんの足長募金のご協力をお願いします。

≪銀行名≫郵ちょ銀行  ≪口座名≫板橋の犬たち 
(他金融機関からの場合)  店番008 (普)2395478 
(郵便局からの場合)  記号10090(普)23954781

ボタンの足長募金の方だと判るように、お名前の前に「48」と、数字をお書きください。
どうぞ、よろしくお願い致します。


| | 09:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悲しいお知らせ・・と、ダイとチビ。

アンちゃん、、またまた少々、、太りました。
anhutoru.jpg
最近、チビコの食事時に「残すのなら、私食べるわよ~」と、ずっと張り付いています。


今日・・あ、もう昨日ですね・・・大ちゃんを洗って貰いました。
2017223.jpg
顔が、随分と脂っこかったようで何回か洗ったそうです。
お蔭さまで、ふわふわ・・ピカピカになりました

その大ちゃん、先日のMRIで、やはり右耳は耳管が太くなっているし、左耳は白く見えるものの、右耳は真っ黒でした。
右耳の軟骨部分は無くなっており、耳を診ていただいている先生も「これまでオトスコープで耳掃除をしていて、よく脳に行かなかったわ」と、仰るくらでいでした。
大ちゃんの耳の今後の治療は、とても難しいようです。

MRIの結果、抗生剤の服用は必須だったようで、広範囲に効く抗生剤(オ-グメクチン)を服用することになりました。
オ-グメクチンを服用して、数日が過ぎたころ、鼻の奥の濁った音がしなくなったような気がします。
抗生剤が効いていると思いたいです。

検体を紛失して、細菌培養と感受性試験ができなかったことが悔やまれます。
が・・・過ぎたことを言っていても仕方がありません。
2018222.jpg
何か、良い治療が出来る・・・と、期待したいです。



さて、チビコ。
tibiko2017223.jpg
体調が今ひとつすぐれません。脳で何かが起こっているようです。

ステロイドを服用を始めた当初は、何かに反応したのか、食欲も出て、水も自分で飲むようになっていました。
それが、数日経つと、食欲も少し落ち、体調も今ひとつ・・・腎臓の為にも、一日毎に、ル-トからの点滴に通院しています。

グルグル回って歩いていることが多いのですが、最近は、寝ている時間も多くなってきました。
便の量も多く、栄養の消化吸収率が悪いようです。
これも、脳の中枢の障害が原因らしく、消化器の内服治療もなかなか・・・
消化酵素を試してみることになりました。

この小さな頭の中で、何がおきているのか・・・
tibi20172.jpg
先生も、小刻みに震えるのが気になるようで、脳からの伝達が上手くいっていないと仰っていました。
脳腫瘍というものは、厄介です。



悲しいことがありました。

賢ちゃんの里親さまより「2月18日(日)朝の9時52分に静かに静かに眠るようにあちらへ逝きました」とのご連絡をいただきました。
昨年夏頃より、少し体調を崩しており、度々、様子のご連絡下さっていました。

63.jpg
賢ちゃんは「山代犬」という地犬で、犬屋敷から引き取った子です。

(経緯はこちら↓)
http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/blog-entry-6.html

彼は、今の幸せを掴む為に、3回、車に飛び乗りました。

一度目は・・・犬屋敷の主人に山に棄てられそうになった時・・車から離れず軽トラの後ろに飛び乗り、板橋まで付いてきました。

二度目は・・この子を保護出来たら・・と思い、現地へ出向いた時、車の後部ドアを開けると、何処からともなく来て、自らヒョイと飛び乗りました。

そして、今度は里親さまが、車のドアを開けると、先住犬を差し置いて、ヒョイと飛び乗り、後部座席の真ん中にドヤ顔で座ってました。そして、Oさま、ご家族の一員となりました。

賢ちゃんは、自身の犬生を自ら選び、幸せを掴んだように思います。
本来なら猟犬として使われて、物のように扱われる犬生だったのでしょう。

優しい家族に囲まれて、毎日、笑顔いっぱい楽しく暮らしていた賢ちゃん・・・明るくて、陽気な子でした。

里親さまも、保護犬を飼うということ、里親になるということは、賢ちゃんが初めてでした。
賢を迎えて下さった後も、被災地から保護したG・レトリバ-のレミちゃん、飼育放棄のラブラド-ルのクロタンを迎え入れて下さいました。
87361.jpg

メ-ルに想い出が詰まった写真をたくさん頂きました。
87357.jpg

「初めての里子犬が賢です。キャラが強すぎて笑えちゃいますね。大変なこともあったけれど、人間の一工夫でクリアできます。こうして、うちも譲渡犬がいいです、とおっしゃってくださって、お隣さんも初めての里子犬、海くんとクリちゃんが誕生しました!最初、不安なのは皆さん同じなので…譲渡、里親の連鎖の後押しができたら嬉しいです。」と、娘さんよりメールを頂きました。

ワンコ達から、幸せを貰う方が多いと仰って下さいました。

そして、「いつも笑っていました。幸せだったかな・・・・幸せだったと思いたいです。」と・・・・
87152.jpg

賢ちゃんは、とっても幸せでした。ありがとうございます。


[広告] VPS

賢ちゃん、安らかに・・・。。



色々な経緯を経て、保護された犬猫達・・・

一度は、瞳の輝きを失った犬猫たちも・・・

環境が変わり、人の関わり次第で、その瞳に輝きを取り戻します。
彼らにも感情があり、意思もあるということです。

私達、人間のかかわり方しだいで、彼らの一生が変わります。
これからも肝に銘じて、彼らに関わっていきたいと思います。


| | 03:22 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たぁくんとのお別れは、突然でした。

昨日は、朝から、美味しいものも食べて、いつもと差ほど変わらない様子で過ごしていたのに・・・



今朝、突然、そのときがやってきました。



朝、急に便の臭いがしたので、ふと見ると、たぁくんのサ-クルの中が、おトイレ状態でした。
「あ・・たぁくん、昨日は、食べ過ぎちゃったかな・・」なんて言いながら、汚れた毛布を持ち、たぁ君と、外へとおトイレに出ました。

ちょっと待ってね・・と、お布団を変えに部屋に戻り、直ぐに、外に出てみると、たぁ君は、伏せていました。
お腹が痛いのか、体調が悪いのか・・・「家に入ろう」と促しました。

それでも、トボトボと家の前を歩き出したので、お腹が痛くて、また催したのかと思いました。
が、5歩程進むと、急に後ろ脚がプルプルと震えだし、倒れそうな感じがしました。

急いで抱っこをし、部屋に戻り毛布の上に乗せると、目を開けたまま横たわっていました。
暫くすると、ハァハァと息が荒くなり、みるみるうちに舌の色が白くなってきました。

確か、治療が上手くいって、余命半年って・・・
一昨日の診察で、胸のレントゲンもエコ-も血液検査もしたし・・・状態は変わってなかったし・・・
何で?何が起こっているの???


一瞬、何が起こったのか・・頭が真っ白になりました。


下顎呼吸になってしまい、あ・・もう駄目だ・・と思った直後に、たぁくんは息を引き取りました。
息が荒くなってから、15分後・・8時33分でした。
IMG_2635.jpg
寝ているようで、今にも目を開けそうな気がしました。


たぁくんにとっては理想的な逝き方だったのかもしれません。


前日まで、美味しいものを食べました。
IMG_2303_201801212345105c0.jpg

OMさんに頂いた、犬用の肉まんあんまん・・お肉に・・・
夜ご飯はタ-キ-ス-プを混ぜると、お皿までなめてピカピカでした。

513B4BA5-CAD2-409B-886A-15794FE8FE44.jpg
昨日の朝は、元気よく歩いていました。


心配していた呼吸困難もなく、激しい痛みに襲われることもなく、フッ・・と意識が遠のいていきました。
苦しい辛い時間は、限りなく少なくて済んだのかもしれません。



保護当時、交通事故のような怪我と骨折があり・・何より、フィラリア症に感染していて、長く治療をしました。

一時は、肺塞栓によるショック状態になり、そのあとは肺炎に・・・
そのうちに、甲状腺機能低下症になり、チラージンを服用することになり、内服薬とは縁が切れない数年間でした。

宇宙犬かと思うほど、不思議なたぁくんでした。
ぼぉ~としていて、とっても可愛い可愛い子でした。
IMG_1961.jpg
お散歩で会うお爺さんにも報告しなければなりません。


苦しまずに、こうちゃんやモモコやフクちゃん達のところに行けたのは、それはそれで良かったと思います。
贅沢を言えば、もう少しだけ、たぁくんの笑っている顔を見ていたかった。


皆さまの応援、ご支援のお陰で、後悔することなく、必要な検査も治療もできました。
IMG_2640.jpg
本当に、本当に、ありがとうございました。

| | 23:56 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT