| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今度は大ちゃんが・・・。

先週土曜日、モモコは熱を出してしまいました。
DSCN1867.jpg
その日、モモコに会いましたが、元気な顔をしているように見えたのですが、耳を触ると少し熱く、歩き方も変でした。

朝から何も食べないそうで、ポトフを出してみると、ス-プだけは飲んでいました。
その日の夕方、通院したところ、白血球数が多かったそうです。

次の日の朝は、モモコの足が腫れてしまったそうで、写メが届きました。
11474.jpg
「なんか嫌な感じの腫れだね」と言うと、「膿がでそうな感じだよ」とのことでした。

日曜日でしたが、運よく、先生がいらっしゃるとのこと、Kさんが直ぐに病院へ向かい、膿んでいた部分は、切開して頂いたそうです。

それから、数日間、食欲もなかった様ですが、昨日から、白いご飯とささみのドライフ-ドをまぶしたもの等を食べるようになったそうです。

今日も食べたとのことで、少しホッとしました。




さて柴たちですが、先週末、少しの時間でしたが、公園に連れて行くことができました。
5匹一緒は無理なので、4匹と1匹・・2日間に分けて、連れて行きました。

他の子と仲良く出来ないコテツは、1匹で・・・
kttyan.jpg
ボ-ル投げをして遊びました。

そして、4匹は、公園をぐる~っと数時間歩いただけ・・・たぁくんは、一番、楽しそうでした。
チビコとアンは、右へ行ったり左へ行ったりで、凄く歩きにくく、リ-ドも絡みっぱなしでした(-_-;)
hikiriga4.jpg
チビコの老化が進んだせいか、前に公園に遊びに行った時と違い、4匹連れているのが、とても大変でした。

平日でしたが、結構人が多くて、大人も子供も走り回っていたのですが、歩いている時は尻尾も下がることなく、大ちゃんは意気揚々としていました。
hikarigadai.jpg
人や子供の声を怖がっていた大ちゃんが、キョロキョロしないなんて・・・。


その大ちゃん、今日、私が外出しようと思った矢先、急にドタバタッと倒れて、大量に嘔吐しました。

え??と思い、大ちゃんの近くに飛んで行きましたが、足がもつれ、目もぐるぐると回っていました。
眼振と嘔吐・・・チビコと同じ前庭疾患だと思い、慌てて病院に向かいました。
前庭疾患には、対症療法しかないので、点滴と吐き気止めを打って頂きました。


朝は普通に散歩し、食事して、吐く寸前まで元気だったのに・・・
チビコの時もそうですが、前庭疾患は、突然起こるので、本当に驚きます。
gennkidai.jpg
何もなかったと思うのですが、いったい、何がきっかけだったのでしょう。

帰宅すると、大ちゃんは、直ぐに横になって寝てしまいました。
心配でしたが、どうしても行かなくてはならないところがあり、私は外出しました。

帰宅後、大ちゃんをみると、ぐっすり・・・吐く様子もなく安心しました。


実は、どうしても、行かなくてはならなかったのは、自動車の修理工場でした。
大ちゃんを病院へ行く途中、脇道から出てきた車と衝突しまったからです。
相手の方が、偶然知り合いだったので、急いでいた為、こちらには怪我はないので、話しは後にしてくれるように頼み、別れました。

午前中の診療もギリギリだった為、一番、近くにある獣医さんに飛び込み、セ-フでした。
飛び込んだといっても、全く知らない病院ではなく、子猫でお世話になっていた病院です。
午前中の診療に間に合って、ホッとしました。


余談ですが、修理工場へ着く頃、保険会社から連絡がありました。
本道とはいえ、こちらも走行してるので、過失が1割あるそうです。
運よく、ゆっくり走っていたので、そんなに大事故にもならず不幸中の幸いでした。
何よりも、人や動物が巻き込まれなくて、本当によかったです。(-_-;)




| | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モモコ、緊急手術をしました。

今日、夕方、脾臓が破裂して、モモコは緊急手術をしました。



お蔭さまで、手術は無事に終わりました。
今夜は先生が病院に泊まり、付きっきりで診てくださるそうです。


定期検査では、脾臓・心臓・肺とチェックして頂いていました。
脾臓に出来たその腫瘍は、肝臓の陰になっていて、エコ-では見えない場所にありました。

その部分が破裂して、出血したなんて・・・

輸血に、知り合いのワンコが来てくれました。
urityan.jpg
(手術が終わるまで居てくれて、ありがとう)

腹腔内には、1ℓ以上の出血があったそうです。
今回は、腹腔内の出血をろ過したもので、足りたようです。


先週の通院では、腸炎の原因である「リンパ管拡張症」も、免疫不全がベ-スにあるということで、ステロイドが出ました。
そして、服用してからは、劇的に改善したようで、食欲も便の状態も、今までになく良好でした。

それが、今朝は、明らかに体調不良でした。
momoko125.jpg

今日は、13時にモモコの車椅子を作成するための予約をした日でした。
朝から体調が悪く元気がなかったのですが、帰りに病院へ寄ろうということで、車椅子の作成に向かいました。

結果、腸炎だろう・・という思い込みが、モモコに、とても辛い思いをさせてしまうことになりました。

転移もないと思い込んでいたので、、まさか、お腹の中でそんな事が起っていたとは、全く思いもしませんでした。
採寸だけで、後は車で寝ていればいいから・・と簡単に考えていましたが、甘かった。

DSCN0383.jpg

モモコ、辛かっただろうな・・・ごめんね。



他の臓器から出血していなければ、おそらく大丈夫だろうと仰っていましたが、今夜から明日が山ということでした。

どうか、元気になってくれますように・・。
モモコが車椅子に乗って、元気に歩いてくれる姿がみたいです。


ごめんね、モモコ。
お願いだから、もう少しだけ頑張ってね。

| | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年も、お世話になりました。

今年も、残すところ30分を切りました。

一昨日の夜、やっと、大ちゃんのシャンプ-も終えました。
2016sibaz.jpg
柴ずは、5匹とも無事に洗犬完了です。


相変わらず、今年も慌ただしい大晦日、そして1年でした。
今年もまた、皆さまに応援、ご支援をいただき、たくさん助けて頂きました。

今年は、1月10日に、こうちゃんが亡くなり、7月にモモコの断脚、チビ・たぁくんとコテツの手術と続きました。
正直、今年は、心が折れそうなことが、多かったような気がします。
そんな時、皆さまからの応援にご支援、優しいお言葉に励まされ、どれだけ心強かったことか・・・。

2016momo.jpg

ワンニャンたちも、皆さまからの応援と優しさを頂いて、穏やな日々を過ごすことができました。
今年もまた、素敵なご縁と、温かいお気持ちを頂き、感謝の1年でした。

こんな拙いブログを気に留めてくださり、応援くださった皆さま、本当にありがとうございます。
2016an.jpg
今年も、大変お世話になりました。

来る年が、幸多き一年でありますようお祈りいたしております。
どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。

| | 23:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

心配が続きます。

まだ、チビコの首は傾いていますが、先週から、4匹の散歩が復活しました。

55469.jpg

折角、4匹で、散歩に行けるようになったのですが、ここ最近、雨の日多くて、お散歩もお休みの多いアンです。

今朝のお散歩も、お留守番でした。
IMG_3340.jpg
ド-ム型ベットに、上手く入れなかった時は、中途半端に、こんな格好でふて寝していますzzz


お蔭さまで、手術から2週間経った今週火曜日、チビコとタァくんの抜糸も終わりました。


そして、チビコの検査結果も出ました。
IMG_3901.jpg

肥満細胞腫のグレ-ドはⅡで、キウぺル・グレ-ドは、低グレ-ドした。
C-Kit遺伝子変異検査は陰性でした。

何のこっちゃ、あまりわかりませんが、そんなに質の悪い癌ではないようです。
暫くステロイドの投与で経過を見ることになりました。


たぁくんの鼻血も、時々、クシャミと一緒に出るくらいで、すっかり止まりました。
顔の傷は、全然わかりません。

IMG_3857.jpg
お散歩の時は、走るし、はしゃぐし、元気いっぱいで、嬉しくなります。

もう少し経ってから、パラディアを服用するかどうか、ゆっくりと決めていくそうです。


良かった!!

と思っていたのですが・・・

更に更に・・・どういうわけか、悪いことは続きます。


家には、4匹の柴犬の他に、あまり登場しない「コテツ」という柴犬がいます。
IMG_5526.jpg
コテツは、10年前に保護した子で、先月で11歳になりました。

コテツの左肩のちょっと下に、前にはなかったイボ状の黒子のようなものを見つけました。
55196.jpg
受診したところ、メラノ-マの細胞も出ているそうで、急に大きくなったこともあり、明日の金曜日、手術することになりました。



コテツは、人も犬も咬んでしまうので、私の部屋で過ごしています。

kottyan.jpg

スイッチが入ると、何もわらなくなってしまい、人や犬は勿論、自分のシッポも咬んでしまいます。
人や犬に対しては、唸りもせず顔色も変えず、いきなり咬みます。



コテツは、10年前に、近所の方から「保護してくれ」と頼まれた柴犬です。
庭の犬小屋に繋がれっ放し、散歩もなくて、飼い主さんも飼育できないとのことで、可哀想だから・・・と、お願いされました。

会いに行くと、散歩もないどころか、フードもタイマ-で出てくるようになっていました。
雨が降ると、フードが水浸し、ふやけてしまって、とても食べらません。
そして、電灯もないので、夜になると、何も見えない真っ暗な庭です。


そのお宅の庭で飼われたのは、生後7か月くらいの時からだったそうです。
私が引き取るまで、2ヶ月程、そこで過ごしていました。

元々は、老夫婦とマンション暮らしだったそうです。
御主人が亡くなり、娘の家で暮らす為、コテツが生後6か月くらいの頃に、手放されたそうです。

数万円のお礼と共に、コテツは、飼い主のかかりつけ動物病院に引き取られました。

その後、その獣医さんの知り合いだったお宅に引き取られました。
散歩もせず、庭の犬小屋に、繋がれっぱなしにしていたお宅です。

まぁ、無理もありません。
お会いしてみたら、飼い主さんは、足の悪いお祖父さんでした。

獣医さんからは「血統の良い犬だよ。買ったら高いけど、3万で良いよ」と言われたそうです。
そして、犬を連れて来て、庭先に繋いで帰ったそうです。

お祖父さんは「足が悪いから、散歩に行けないし、もう飼えないよ」と、言っていました。
保護するしかないと思い、連れて帰ったものの、当初、仕事の関係で、家では預かることができませんでした。
知人に話をすると、預かってくれるとのことで、里親さんも決めてくれました。

そうはいっても、柴犬の男の子・・・、自分で預からなかったLこともあり、犬の様子がわからず、心配でした。
念の為、里親さんお宅に近い、知り合いの訓練士さんに、暫くの間、犬を見に行ってくれるように頼みました。


トレ-ナ-さんは「純粋で無垢な子なので、大丈夫でしょう」とのことでした。
が、結局、里親さんを咬んでしまい、私が引き取りました。


その後、久保木ドッグスク-ルで、トレ-ニングをして頂いたり、沢山遊び、運動させて、信頼関係も築くことが出きましました。
随分時間を要しましたが、今では、身体の何処でも触れるようになりました。
とても大切な可愛い息子ちゃんです。

55468.jpg

黒いイボ状のものが、急に大きくなったので不安です。
どうか、悪性黒色腫でありませんように・・・。


猫達の事を書きたかったのですが、もっと長くなりそうなので、、また明日。。

| | 12:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幸せなお便りと、たぁくん。

たぁくんは、一昨年の暮れ辺りから時々、左前足を痛がることがありました。

taa864.jpg
そんな時は、お散歩でもビッコをひいて歩いていました。

痛みが酷そうなときには、骨の触診やレントゲンを撮ったりしたのですが、毎回、異常がなしとのことでした。
保護前の怪我か何かで、神経の方がおかしいのか・・と、、思っていました。


このところ、また、ビッコが酷くなってきて、左前足を上げて「ひぃ~ん」と声を頻繁にあげるようになりました。
念の為、またレントゲンを撮って頂きました。

ta910.jpg

今回の結果も、特に目立った異常はないのですが、関節という関節が、すり減っているそうです。
軟骨の部分の詳しいおとは、レントゲンでは写らないようですが、相当、関節は痛いそうです。


痛み止めを飲むよりも、アンチノ-ルというサプリメントが良いとのことです。
anntino.jpg

サプリとはいえど凄く効き目があり、世界各地で文献データとして、良い結果が出ているそうです。

毎月、定期購入が出来るようで、申し込みました。
どうか、これで痛みが取れますように。




さて、タケル君から、嬉しいお便りを頂きました。

家族一緒に、色々なところへお出かけてしているようです。
ご実家にホ-ムセンタ-・お気に入りの公園もあるそうで、ドッグランにもデビュ-したそうです。
take1.jpg
とても楽しそう♪

ドッグランでは、シェパ-ドに追いかけられて、必死だったそうです。
take3.jpg
本当・・必死の形相ですね(笑)


「色々なところに遊びに連れて行って貰って、いいな・・」
 と、家の柴ズが言いそうです。

「君たちも乗るかい?」と、聞こえて来そうなこの余裕な顔・・(笑)
微笑ましい。
take_20160518015829356.jpg

生まれてから2年間、ショップの狭いケ-ジの中から外に出ることが殆どない生活を強いられてきました。
当然、環境に適応するために、学習しなくてはならない大切な時期も奪われました。
人と暮らし始めてからの起ることのすべてが、タケル君にとっては、初めての経験です。

今、幸せいっぱいのタケル君の瞳は、キラキラしています。

そんな幸せな顔をみているだけで、心が和みます。
takeru_2016051801583488a.jpg

幸せのお裾分け・・こちらまで、ワクワクと幸せ気分になります。
これからの犬生が楽しみだね幸せだね・・タケルくん♪




そして、レオ君からも、お便りを頂きました。
早いもので、新しい家族のもとで暮らし、もう一年が経ちます。

「今日、トリミングに行ってきたので、可愛くなった姿を・・」と、写真を下さいました。
1462864868967_20160510165917.jpg

相変わらずパワー全開の上、今では、お座り・待て・お手・お代わりもパーフェクトなようです。

御主人が帰宅した時だけ、姿勢を低くして唸るようで、男の人に何かトラウマでもあるのでしょうか。
KIMG0355_20160510165956.jpg
どうしてなのでしょう。
駄目だよ!こんなに可愛がって貰ってるのに・・・。

雨の中、住宅街でもない地域をびしょ濡れで歩いていた、小さな身体のレオ君。
きっと、今の家族に出逢う為に、雨の中、一生懸命歩いてたんだね。

幸せなワンコのニコニコ顔は、嬉しいですね


| | 03:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT