| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

幸せ便り・・と、老い。

アンさんの夜の散歩は、早い早い・・・
339917E9-0093-42B4-AB5A-65B169129E3B.jpg
一生懸命に、ただ、ひたすら歩いています。

時間がある時は、日中もお散歩に出るのですが、1匹でのお散歩であれは、頑張って、チャカチャカ歩きます。

帰宅後、車椅子から体を抱き上げても、空中を蹴って、ひたすら歩いています(笑)
[広告] VPS


玄関で足を拭いている時に、「今日も、頑張ったね。偉かったね」と撫でると、鼻息荒く、「どや顔」をする可愛いアンです。


さて、昨日は、チビコと茶トラ君を受診に連れて行きました。
A243F8E9-0C2E-416E-9340-CFA5D9D06D33.jpg
チビコは、膀胱炎になってしまいました。
紙おむつが原因です・・気を付けないと・・と反省。

大腸菌が入った可能性が大きいとの事です。
ここ1ヶ月で、2回程、オムツでウンチをしてしまったことがあります。
数日前の夕方に、帰宅すると、チビコの周りが凄いことになっていた・・あの時だと・・・。

チビコはクルクル回るので、オムツのしっぽを通す穴の部分から便が漏れて、遠心力で飛び散ります。
それを踏んで、床は凄いことになっているのです。
オムツに便が少し残り、そのせいで、大腸菌が尿道から入ってしまったのだと思います。

散歩の前に、家の外につなげて、ほんの50メ-トル先の集積場にごみを捨てに行ってきただけなのに・・・
D81CF992-C73C-4440-A968-A61CE897C395.jpg
こんなになっています。

痴呆症の老犬と一緒にいると、「どうして、こんなことになっちゃうんだろう・・」と思う事ばかりです。
故に、事故も多いです。
連れて歩くわけにもいかないし・・なかなか難しいです。


茶トラ君も、1回目のワクチン接種が終りました。
8EA1DEEC-33A1-4C3D-B96F-D0D63EE088CB.jpg
ワクチンを打った瞬間、大騒ぎで叫んでいました(笑)

飢餓状態から脱出したようで、ご飯に少し我が儘を言うようになりました。
直ぐにお腹を出す、可愛いチャトラ君です。
IMG_8880.jpg
幸せになりますように。。


さて、幸せ便りを頂きましたが、御紹介できずに溜まってしまいました。

まずは、とき君。
61458_20171011001706c07.jpg
無事に去勢手術が終わったそうです。

先住さんが優しい子なので、弟分として、とても可愛がって貰っているようです。
61456_20171011001705aa1.jpg
とても仲が良いようで、嬉しいです。
お兄ちゃん達と一緒で、寂しくないね。


そして、とき君の兄妹猫のラムちゃんも、元気に暮らしているようです。
毎日、家中をはしりまわっているそうです。
4396_20171011032503601.jpg
近々、避妊手術予定とのこと、よろしくお願いします。


そして、さくらちゃん。
621148DA-CF12-43FB-A7E4-AB08E09E7B43.jpg
頭の良い子で、我が家でもドアノブに飛びついて、ドアを開けてしまう子でした。
案の定、里親さんのお宅でも、ドアをすんなりと開けてしまったそうで、直ぐに工夫して下さいました。
娘のように可愛がって頂いて、本当に幸せそうです。


昨年の夏に、里親さんが決まったチャトラの子達。
茶々くんとマロンくん。
tyatyatomaron[
早いもので、もう一年が経ったのですね。

2にゃんとも食欲旺盛とのことです。
tyatyamaro.jpg
おもちゃで遊んでもすぐ寝転ぶそうで・・・ちょっと太ったかな、、と仰っていました。
カロリーと栄養のバランスを考慮して、少しヘルシーな食事に切り替えようと思っているそうです。
茶々くんとマロンくん、幸せだね。


今年3月に、家族が決まったフジ子ちゃん。
猫猫座さんにお預かり頂いたニャンコです。

すっかり馴れて、今は家主のようだとの事です。
IMG_4628_20171011002659972.jpg
突然、近所の餌をあげているお宅に現れた人懐こいフジ子ちゃん。


嬉しいことに、6年前に、幸せを掴んだヴィちゃんからも、お便りをいただきました。
_20170602_045420.jpg
引越しをしたそうですが、直ぐにその新しい環境にも慣れたそうです。
2階の窓から、お父さんが帰宅する姿を見ると、急いで下に降り、玄関で待っていて、飛びついて来るそうです。

Screenshot_2017-06-14-23-30-42.png
お父さんが大好きなヴィちゃん、先住のク-ちゃんとも仲良しで、こちらも、とても幸せそうです。


そして、ワンコのモモちゃん。
モモちゃんも、先住の柴犬のこてつ君と仲良くしているようです。
IMG_1328.jpg
家のコテツと違い、優しい柴ちゃんで良かったね~♪

旅行に連れて行ってもらったりして・・本当に幸せそうです。

繁殖場で、長い間辛い生活を強いられてきたモモちゃん。
今、毎日を、とっても穏やかな気落ちで過ごしていることしょう。
幸せで、嬉しいね♪


あの時・・モモちゃんのいた繁殖場は潰れたので、そこにいた犬達を保護することができました。

日本の動物愛護と管理の法律は抜け道だらけです。
モモちゃんがいたような、動物虐待としか言えないような繁殖場が、日本中のあちらこちらに、沢山あるという悲しい現実。

そして、何の指導もされず、改善もないままに、動物取扱業の申請が受理され、更新されているという事実。
こんな異常な行政の職務が 平然と行われているのです。

行政は手が足りないと言います。動物より人だという方たちも、多くおります。

「動物の愛護と管理の法律」は、れっきとした日本国憲法なのに・・・。
きちんと順守していれば・・・不幸な動物もこんなにはいないはず。
せっかくの法律でも、ざる法だから・・ほぼ機能していないのが現状なのです。。


もう、高齢になって一線を退いたボランティアさんが「あそこもここもTNRしたのよ。マンションが一軒かえる位のお金を使ったわ」とよく言っていました。
そして・・その、あそこもここも、また、いつのまにか猫が増え、次の世代のボランティアさんが、自費や助成金を使って、TNRをしています。

放置して無秩序な餌やりを続けたら猫は増える一方です。
かといって、TNRをやっていても、里親募集のサイトの掲載の数が全く減らないという事実。

エンドレスの保護活動・・・・・おかしなことです。
今後も、次の世代のボランティアさんが、同じ場所のTNRをするのでしょうか・・・。

犬には狂犬病予防法や登録義務がありますが、猫に関しては全くの無法地帯。
多頭飼育からの多頭崩壊も最近は良く聞きます。
猫の飼育にも、多頭崩壊とならないように、何らかの義務や規制を課すべなのではないでしょうか。


動物愛護と管理の法律は、議員立法です。
愛護法も、5年ごとに改正されているのです。

ところが、どうでしょう・・
パブコメを出したところで、チョロチョロっと変わるだけで、根本的なところは何も変わっていません。

理念法と規制法がごちゃ混ぜで、罰則も極めて緩く、努力義務という言葉が躍る。
そんな法律改正が、なぜ、進まないのでしょう。


法律を改定してくれるはずの国会議員。
その議員を選ぶのは、国民です。

総選挙真っただ中の今、私達の意思を投票行動に示すときです。

ペットショップなるものがなくなれば、犬猫の生産工場のような繁殖場もいらなくなります。

そもそも、ペットショップなるものがあることが、当然になっている日本がおかしいと、国民に知ってほしいです。
ゼロというなら、ペットショップもゼロにしてほしい・・・


話題になっている政党が、国政選挙の公約として、総選挙の公約として、動物のことに触れました。
12の「0」として、殺死処分ゼロを公約に入れ、公表したのです。
都知事選でもその公約をいれていましたが、国政にも持ち込んでくれたことに、私としては、嬉しい驚きです。

ちょっと、不安なのは「花粉症ゼロ」も同列にあがっていること・・。
花粉症ゼロって、できるものなのか??と、考えてしまいましたが、希望の道しるべだそうです。

1原発 2隠ぺい 3企業団体献金 4待機児童 5受動喫煙 6満員電車 7殺死処分 8フードロス 9ブラック企業 10花粉症 11移動困難者 12電柱

何だかいろいろごちゃごちゃしており、原発と満員電車や花粉症が同列とは考えにくく、ちょっと・・何ですが・・
確かに、具体的に何をするのか、どうしたら実現できるのかなど、何も示されてはいませんが・・・
問題だとして取り上げてくれた中に入っていただけでも、これまでとは違うと思いました。

これまでに、国政選挙の公約に、殺死処分ゼロを掲げてくれた党があったのかしら??
5年ごとの改正も、しがらみだらけの国会議員では、進まないのかもしれません。

動物を営利目的にしているところは、政治献金もしているでしょうし、官僚の天下り先きにもなっている現実があります。
法律が変わらないのは、動物を利用する側に、政治家が加担しているからなのでしょうか。

これも、しがらみ・・・なのでしょうか。

動物愛護の側は、西欧のような「まとまり」もなければ、力もなく、お金もない。

異常性や違法の疑いを、行政に訴えると、煙たがれ、訴えているこちらの方がおかしい人扱いされてしまうのが現状なのです。

むなしくなります。

難しいことも色々あるのでしょうが、動物愛護の法律を進化させてくれそうな、希望が持てそうな公約に、期待したいです。

しがらみのない政治とも言っているので、今後の「動物愛護と管理の法律の改正」にも期待したいところです。



今日は、大ちゃんのオトスコ-プの日でした。
今後、どうして良いのやら・・・悩みます。
その話しは、また後日に。。

| 犬&猫 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

避妊も終わりました。

今朝も、カラッとしていて、日陰は涼しく、気持ちのいい散歩日和でしした

散歩中に、いつも「たぁ君」に、声をかけてくれる、お爺さん。
座って盆栽を見ているのですが、柴~ズ達が通ると、立ち上がって声をかけてくれます。
ozisannto.jpg
特に、たぁくんが気になるようで、「まぁ君、今日も遅いなぁ~~頑張れ」と・・・
何故か「まぁ君」と呼ばれる「たぁ君」でした(笑)

ある日「この子は、たぁ君だよ」と伝えると「そっか、そっか、お前さんは、たぁ君か!」と、言っていましたが・・・
次の日「まぁ君、今日も一番ビリだな~頑張れ」と、、はやり「まぁ君」でした(笑)

ohanasitalakun.jpg

それが・・・・・・・
「おっ、どうした。今日は凄いな・・一番じゃないか、たぁ君」と、先頭を歩いていた姿をみて驚いていました。
こちらは、「たぁ君」と呼んだ、お爺さんに驚きました

それから暫くは「たぁ君頑張れ~」と、応援してくれていましたが、、
何時の頃からか、また、まぁ君に戻っていました(笑)

お爺さん、ここ半月程、姿がみえないので、ちょっと心配です。
体調を崩してしまったのでしょうか・・・心なしか、、たぁくんも寂しそうです。
また、元気な声で「まぁ君」と呼んでほしいです。

そのたぁくんは、今週に入って、ご飯を残すことが多くなりました。
178.jpg

血液検査もエコーでも異常はないし、やはり、パラディアの副作用なのでしょうか。
パラディアの副作用は、こうちゃんもモモコも下痢が多く大変でした。
たぁくんは下痢はありませんが、食欲にむらがあります。
ペリアクチンやモサプリドを服用し、1時間半ほど経つと、食べだす日もあります。

大袈裟男のたぁ君は、相変わらずです。
お散歩から帰ったあとに、足を拭くだけでも、ヒャ-ンとかギャ-ンとか、大騒ぎする日もあります。
食欲がないのも、ちょっとお腹が痛いとか・・・なんせ、大袈裟なので、わかりません(-_-;)


大ちゃんのオトスコ-プは、12日、いよいよ明日です。
色々あって、うっかり忘れそうなので「大ちゃんは、朝ごはん抜きです」の張り紙をしました。


さて、より一層、大きくなってきた、未だに、ご縁のない子猫のジャイアン。
g55.jpg
赤い糸はいずこに・・・??

相変わらず、本当に仲の良い2匹です。
IMG_8045.jpg

悪戯するのも一緒。
IMG_8118.jpg

お腹が空いたの大合唱も催促も、当然、一緒です。
F6B51397-37AB-47C7-8CEE-07AD1408C8ED.jpg

赤い糸が見つからないあばれる君と一緒にいる姿を見ていると焦りそうになりますが、焦りは禁物。
きっと、きっと、出会いが待っているはずです。




さて、先週土曜日は、白血病キャリアの女の子2匹の避妊手術と、ぐぅちゃん、チビコの通院でした。
sannitituuin.jpg

ぐぅちゃんは、また食べなくなってきたので、消炎剤を打って頂きました。
tuuinnguu.jpg

口の中の状態が悪くなってくると、途端に食べ無くなります。
いずれは、全部抜歯しなくては、ならないのでしょうか・・・。

チビコは、腰が痛くて、自宅での皮下点滴がシンドイ??(面倒)なので、病院でお願いしました。
tibitihou.jpg
なんせ、痴呆が酷くなってきたら、余計に暴れるもので・・・。


そして、お蔭さまで、キャリアっ子2匹の避妊手術を無事に終えました。
IMG_8077.jpg

一時期、免疫力が低下することは避けられず、ちょっと心配でした。
IMG_8085.jpg
が、今日も元気に飛び跳ねていました。

天真爛漫な人懐こい子達です。
お腹、ちょっと痛いぞ・・くらいは感じているでしょうが、よく食べて元気いっぱいなので、ホッとしてます。

男の子は、近々、去勢手術を予定しています。

kyasann.jpg
みんな、白血病ウイルルスなんかに負けないで、元気で長生きして欲しいです。




こちらは、ジャイアン兄ちゃんに似ているけど、KTさんよりお預かりした、新入りのキジシロ君です。
kthogokko.jpg

こちらもヤンチャ君です。
IMG_8176.jpg
そろそろ、里親さんを募集開始です。



| 犬&猫 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お散歩と居残り組。

降っても降っても、まだ止まない雨に、レインコートの出番も多く、がっくりしてしまいます。
お日さまが懐かしいです。

雨降りの日は、お散歩を中止にせざるを得ない、お転婆アンさん。
大ちゃんと2匹の時は、元気よく足を動かして歩きますが、、
daradara.jpg
たぁ君が一緒だと、ゆっくりのお散歩になってしまうからなのか、全くやる気のない歩き方です。

後足を動かさず、ザァ~ザァ~と引きずって歩くので、靴の消耗も激しいです。
annnokutu.jpg

元々、消耗品ではあるのですが、歩くことを前提にしているものであって、アスファルトに引きずるなんて使用方法はないですから・・・摩擦で破けるし、知らない間に脱げてなくなるし・・・(-_-;)

たぁ君のグズグズ歩きの影響は、こんな所にも出てくるのでありました。
ameta.jpg

そんな、たぁ君ですが、チラーヂンを減量してからは、少し体調もよさそうで、朝は、3匹で、何とか歩けています。
しかし、夜は、散歩の距離も長いので、一緒は無理のようです。

ということで、夜のお散歩は、たぁ君もチビばぁちゃん同様、一匹でのお散歩です。
みんなと仲良く出来ないコテツは、元々、1匹でのお散歩なので、夜は4グループに分かれ、少々、時間もかかります。
それでも、夜のお散歩は、出来る限り母が手伝ってくれるので助かってますm(__)m



さて・・ニャンコ。
アメショのアポロン君とミケのラムちゃんも、トライアル期間を終えました。
2匹とも、ご家族には、すっかり馴れたそうです。

動物好きのご家族に迎え入れて頂いて・・
811.jpg
アポロン君も、、

ラムちゃんも、、
344.jpg
とっても幸せそうです。
よかった。。幸せにね~♪


居残り組のおチビさんも、2匹に続いて、頑張ろう・・。
kizisiro17.jpg

優しい兄ちゃんと一緒だけど、キミも、、優しい兄ちゃんも、幸せにならないと・・。
anikito.jpg

あばれる君も、弟分のような、おチビさんも赤い糸は・・いずこに・・??
きっと、大丈夫、、大丈夫、、キミたちの幸せの赤い糸も優しい家族と繋がってるよ!!ね。。




さてさて・・先週は、訳ありの小型犬を引き取りました。
直ぐにお預かり頂くお宅に移動する予定でしたが、問題があり、Kさんのお店に預かって頂きました。

この子の様子に違和感を感じて、間に入った方に直接連絡をして、この子の経緯をお聞きしました。

詳しく話をお聞きして、この子の様子全てに、納得がいきました。
人の手を怖がり、音に敏感で、上目遣いで人をジィ~っと見ること・・・そして無表情なこと・・。

今週初め、月曜日に去勢を終えたので、明日、お預かり頂く方のお宅に移動します。
この子のお話は、長くなりそうなので、また・・・。

| 犬&猫 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みんな頑張ってます。

先日の猛暑日の暑さは、異常でしたね。
この日、さすがに、柴~ずの舌も、ここまで伸びるか、、というくらい、長~く延びていました。

打って変わって、ここ数日涼しくて、朝晩の散歩がとても楽でした。

さてさて、チビコおばぁちゃんの痴呆の症状が進み、4匹一緒の散歩も難しくなりました。
グルグル回ったり、左右へと向きを変えて歩くチビコの散歩は、単独でも大変です。

最近はチビコを除いた3匹の散歩なのですが・・・
この3~4日、食欲減退気味のたぁくんは、これまでより 一層歩くのが遅くなり・・
osotu.jpg
今朝も・・・
yorimitita.jpg
みんなを待たせて、寄り道をするマイペ-スなたぁくんです。

大ちゃんものんびりで、アンは暴走するし・・
daansanpo.jpg
3匹にしても、何とも、歩きにくい散歩です。



先日の火曜日は、そんなチビコとたぁくんを受診させました。

tibitalatuuin.jpg

たぁくんは、、
nobita_2017081300295512d.jpg
血液検査の結果、T4が高くなっていたので、チラ-ヂンを減量することになりました。

薬の量が合っていなくて、息が上がったりしていたようです。
内分泌系の病気って、厄介ですね。


チビコは腎臓の数値が高くなっており、皮下点滴を定期的にすることになりました。
tibituin.jpg
痴呆症の症状と腎機能低下の症状・・・これまた、なかなか厄介です。


その通院に急遽、ウチチも連れて行きました。
ウチチは、以前TNRした子で、交通事故で倒れていたとKさんに連絡があり、保護した子です。
utitinaotta.jpg
事故で頭を強打していて、視力障害と、後足の運動障害と舌をうまく動かせない後遺症が残りました。
脳の障害は重症で、リリースは不可能で、退院後は、ずっと我が家で過ごしていました。

ドライフードや固形のものを食べることができず、パテのタイプのウエットしか食べることができません。
そして、ウチチは、運動こそ思うようにできないようですが、食べることが大好きで、お腹が空いたと鳴いて催促をし、ご飯の時は右往左往して喜ぶ子です。
ゴロゴロ喉を鳴らしたりして、人との生活も順調に受け入れていました。

そんなウチチが、日曜日の夜、少しだけご飯を残していました。
おかしいな・・・と思っていた所、トイレには下痢っぽい便がありました。
2日後の火曜日の朝は、全くご飯を食べなくなりました。

家に来てから、初めての体調不良です。

診ていただいたところ、一過性のものかもしれないと、下痢止め等を注射して頂き、帰宅しました。
その夜は、全く食べず、心配でしたが、次の日の朝から食欲が復活しました。
下痢も止まり、今ではすっかり元に戻りました。
ウチチは一安心です。



そして、健康な元気組。
yapnakayosi.jpg

相変わらず、仲の良い2匹です。
あばれる兄ちゃん、おチビさんに、しっかり悪戯も教えてくれます。

tibianikito.jpg
というか、教えなくていいことばかり教えているように見えるのですが・・・良いコンビです。



お蔭さまで、白血病キャリア組の子猫達も元気です。
IMG_7025.jpg

この3匹は人が大好きで、人見知りもありません。

IMG_7046.jpg

誰かが来ると、窓から外を覗いています。
gunndan.jpg

仔猫らしい愛らしい性格で、あどけない表情で甘えてきます。
IMG_7071.jpg

白血病キャリアでさえなければ、里親さんもすぐに決まっていただろうに・・・
与えられた運命というのか・・試練というものなのか、、こんなに無垢で元気にはしゃいでいる3匹を見ていると、ちょっと切なくなります。

どうか、素敵なご縁が、この子達にも待ってくれますようにと願わずにはいられません。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この子達を助け下さった個人のボランティアさんが、ブログ立ちあげて、経緯を書いて下さいました。
http://ameblo.jp/baabanoouchi/
インタ-ネットは苦手だと仰ってましたが、娘さんに聞きながら頑張ったと仰ってました。

猫のお世話をしている方は、たくさん猫をお世話している上、今回、白血病キャリアの子もたくさん保護して下さいました。
家事にお仕事にお世話にと、頑張ってらっしゃいます。

欲しいものリストも記載されています。
tibitibichan.jpg
皆さま、多頭崩壊の子たちに、どうか、ご支援に応援をよろしくお願い致します。

※Yさま、先日は、この子達の為にフ-ドのご支援を有難うございました。

| 犬&猫 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あばれる君とおチビさん

最近、この方・・・
andebu1.jpg
丸くなってきたような気がします。

ご飯の量は変わっていないのですが・・・
andebu.jpg
たぁくんの食欲不振の為のトッピング・・それ目当てに張り付き、ちょっと頂くお裾分けのせいかしら・・💦



日曜日は、先々週の大ちゃんに続き、チビコを洗って貰いました。
先日、ちょっとブラッシングしただけで、この抜け毛の量です。
nukege.jpg

痴呆なのか、脳腫瘍なのか解りませんが、脳障害のような症状が進んでいるチビコです。
私ひとりでは洗うのはもう無理です。

A9F5B32B-C608-42BC-8CA7-467073380758.jpg
だいぶ汚れていたようで、すっかり綺麗になりました。
大ちゃんとチビコと2週続けて綺麗にして貰って、助かりましたm(__)m


さて、大ちゃんの耳が気になっていたので、先週の金曜日に受診してきました。
前回の受診から、だいぶ日にちが経ってしまい・・まずかったかも・・と考えながらの受診でした。
daimimi.jpg

左耳の汚れが酷かったのですが、汚れが出た分、耳の穴は通っていたそうです。
右耳は、汚れで塞がっていて、洗っても汚れが、出てこない程で・・つまり、閉塞してしまっていました。( ;∀;)

両耳とも塞がってしまっては大変です。
今月の終わりに、再度、全身麻酔をかけてオトスコ-プで耳掃除をして頂きます。



そして、翌日の土曜日は、ぐぅちゃんです。
また、最近、ご飯を残すようになってきたので、早めに、受診しました。
guutyan_20170808041632c89.jpg
口内炎は、あまり酷くはなかったのですが、左の犬歯の付け根が真っ赤でした。
抗菌剤の注射を打って頂いて帰宅・・・夕食も残したのですが、何とか少しは食べているので大丈夫そうです。


私としては、食べないし、体重減少もあるチリリンも気がかりです。
tirir.jpg
はっきりした原因が特定できずに、胃のお薬を内服しています。
食べてくれるキャットフードも少なく、悩みの種です。



あばれる君2号・・・公園で蹴り上げられて保護した、あばれる君1号と同じ場所から保護したハチワレ君です。
初代、あばれる君は、素敵なご家族との出会いに恵まれ、今は幸せに暮らしています。
abarer2.jpg

2号くんは人懐っこいし、可愛い性格なのですが、右目の視力を失っているハンデがあるからか、なかなかご縁に恵まれずに、長く保護っこ生活をしています。


犬屋敷からの保護っ子の居残り組のキジシロのおチビさん。
この子はハチワレのお兄ちゃん、「あばれるくん2号」にべったりです。
2naka.jpg

あばれる君が四肢を伸ばして、ごろ~んと横になると、すぐその横に来て、全く同じような寝方でごろ~んとなります。
何でもあばれる君の真似ばかりする、真似っ子のおチビちゃんです。

やんちゃ坊主のおチビさんは、気の強い、ぐぅちゃんとお母ちゃんに、ちょっと近寄るだけで、怒られて猫パンチをされます。
guoka.jpg

特に、母ちゃんには、怒られて追いかけられたりするのですが、直ぐにおあばれる君のもとに走り寄り、陰に隠れるのです。
すると・・お兄ちゃんは、「弟に何するんだ~~」とでも言っているかのように、お母ちゃんに反撃します。

おチビさんが、お母ちゃんに怒られて、助けを求めて・・
今度は、あばれる君が、お母ちゃんを追いかけるという流れができてしまい、毎日、走り回っています。

いつも「お兄ちゃん、お兄ちゃん」とくっついて回ってまわるおチビさん。
余程、頼もしい様子で、頼られるあばれる君もご満悦なようすです。

微笑ましくて、可愛い2匹の様子、見せたいようですが、動画で取りきれません。
あしからず・・・

こんなにも相性が良くて、べったりになる2匹は微笑ましいです。
IMG_6532.jpg

相性がいい悪いは人がどうこうできるものではありません。
IMG_6604.jpg

里親さんとの出会いやご縁というものも、人の力の及ばない何かの力だと、常々感じています。

流れとか、ご縁とか、タイミングというか・・
そういうものを大切にしたい・・と、いつも思っています。


チビコは何度も里親募集を試みました。
が、上手くいかず・・・帰ってくると、「そうそう、ここが私のお家で~す」みたいに、ルンルンして玄関を入るのです。
こんなに、縁がないなんて・・この子は、ここにいるのかな~と、感じました。

Kさんの所に昔いた、シェパードも子犬のころ、病気で死にかけ「もし助かったら、うちの子にするから、生きるかどうか、自分で決めなさい」と言った、翌日から回復に向かったそうです。


こんなそんなで、皆さまの応援やご支援を受け、何とか続けている私達の活動ですが、人智の及ばない何かに畏敬の念が沸き上がることが、本当に多いのです。

無宗教な私ですが「お陰様で」という想いは、これからも大切にしたいと思っています。



保護っこ達と新しい家族との出会いは、私達なんかに画策できるものでもなく、焦らずに、そのときを待つしかありません。
募集を出したり、健康管理をしたり、しつけたりする作業、ご縁を結ぶ、ちょっとしたお手伝いのようなものです。
私にできることは、限られています。


そして・・
里親募集中の子達に素敵な縁があるように、願っております。

IMG_1057.jpg
あばれる君2号もまだ1歳です。

ちび猫に、あばれる2号も里親募集中です。
仲の良い2匹を見ていると・・できることなら、同じお家に・・・と、願ってしまいます。

| 犬&猫 | 13:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT