| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

思い返すと。

犬屋敷の裁判が終わり、控訴もされず、刑が確定したとの通知が来ました。
検事さんからの電話も頂きました。

今、あいつは塀の中、何を考えて過ごしているんだろうか??

「これで終わりではないかも知れないけどさ、なんか、4年前を思い出すね~。」なんて、話してました。

そう、右も左もわからないまま現地に入った4年前。

きっかけは、個人のボランティアさんから犬屋敷の現状を聞いたことでした。
関わっていたのが、埼玉県在住の個人のボランティアさんでした。

「板橋区民なので、出来ることがあったら言って下さいね。」と話した矢先、犬屋敷主人がテレビ局の人に暴力を振るい、傷害容疑で逮捕されたとの一報でした。
そして、それは現地の40頭前後の犬が放置されるということに他なりませんでした。

「現地の犬たちが餓死してしまうから餌を上げてくれないか」とのお話しがきました。
勿論、承諾しました。


現状を知る為に、犬屋敷と関わりのあった団体さんやボランティアさんに連絡をして、話を聞きました。
現地に関わったことのある、東京のNPO団体さんのある代表の方のお話しを聞きました。

「板橋の犬屋敷犬達は、DNAでひきこもりとか臆病という性質が遺伝しているのよ。だから、あそこで繁殖された子は、子犬の頃に問題がなくても、1歳になると、みんな問題が出てくる。」と仰いました。
4年前、あの騒動の最中、そうアドバイスとして私たちに進言して下さったのです。


「あ~、、そんなことがあったよね。あの時は、大変そう。。どうしようか~~。でも、そういわれても、餓死する子達を見捨てることもできないし・・・。」
「まぁいっか!どうにかなるだろう、、なんて言いつつ2人で犬屋敷に関わり続けたのも、随分と昔のような気がするね。」
なんて、話していました。

思い起こせば、当時、現在の私たちは想像もしていませんでした。

「でも良かったよね!当時、保護した子犬達の多くは、すてきな出会いに恵まれ、家族の愛情を頂いて幸せそだもんね」と・・・。


そうそう、DNAではなく、犬屋敷で産まれ、敷地から保護するのが遅く3ヶ月以上あの土地で過ごすと、引きこもりになる傾向があるんです。

現に、極度の引きこもりの1歳位の子もいました。
アイちゃん。
犬屋敷の田中くん「あいつは、懐きっこない。無理だ」と言い切っていました。
ai1[1]
今では、すっかり幸せ家族の一員。
凄~く、幸せに暮らしているんです。
愛情ですよね



過去、現地から脱走をし、咬み付き事件を起こした犬は確かにいました。
でも、その子達は、違う所で繁殖されてきた子が多かった。

あの環境下で、散歩もない飼育方法。
ストレスは溜まりにたまっていたことでしょう。
咬んでしまった犬も、私には被害者に思えてなりません。


しかも、何とあの男は、基本、犬が怖いのです。
穏やかな、大人しい子が好きです。
だから、チャ-コとか、コウちゃん、ナナ子など、穏やかな犬が大好きです。

そして、怖い犬とか、問題を起こした犬は、基本、どこかに移動してしまいます。
以前、動愛センタ-にも自ら持っていきました。

言い換えれば、現地に長くいる犬は、大人しく、やつが触れる犬ということだったんです。


「犬屋敷の犬達は猫を食べ、共食いをする」
「必ず引きこもりになり、人になつかない」
そして
「頭が良くて、計算高い男」
ところが・・・
当時、言われたことも忘れてしまう程、板橋の現地の現状と犬たちの様子は違いました。

過去、埼玉県川口市で餓死事件を起こした頃の犬達は、全く人が関わることもない飼育状態だったので、人には懐かない子ばかりだったようです。
引き取った団体さまは、大変な苦労をされた事と思います。




大きくて、怖そうなコウちゃん。
あの現地にポツリといたら、触れない子だと思うでしょう。
koutyan_20110729002902.jpg
実は、小心者で優しい子であったのでした


そして、モモ子も現地では、こんな恐そうな顔
momo.jpg
実際は、こんなに可愛い子です
momoko_20110126233915.jpg
モモコに幸せあれ!(願)

| 板橋の犬屋敷 | 01:01 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

判決。

本日、7月6日(水)16時30分、
田中被告に、懲役10か月の実刑判決が、下りました。



田中被告は、頭を少し下げ気味で立ってましたが「懲役10ヶ月」と言われた途端、ガクッと頭を90度、、、項垂れました。

そして、実刑判決の主文に理由が述べられると、左手を腰に当て、裁判官の顔を見たり頭を項垂れたりと、繰り返していました。
アイツは「困った」と思う時に、左手を腰に当てる癖があります。

想像外だったようですね。
田中被告は、もう少し、短い刑だと思っていたようでした。

裁判官は、再犯の可能性をきちんと判断して下さっていました。

近隣の方々に対する騒音、悪臭の迷惑、公衆衛生上の問題、子供を含む咬みつく事故。
施設の不備などにたいしての再三にわたる行政の指導もきかず、平成20年に続き、今年の再犯。
前回の裁判で、反省したもう犬は飼わないと述べていたのに、全く反省していない様子、等々の事をおっしゃっていた裁判官でした。

検事さんの求刑が懲役1年でしたが、本人が反省して現地を駐車場にすると言っていることを加味して、2か月を引いたそうです。


そして、手錠をかけられ、腰ひもをまかれて退室する前に、弁護士に視線を送ってました。
「何だよ。10ヶ月になっちゃったじゃないかよ」とでも言いたかったのでしょうか。
弁護士を不満気に見ていたのが、とても印象的でした。


今日から、14日以内に、控訴手続きをしなければ確定との事。
控訴はしないかと思います。



お世話になった皆様に、心から感謝しております。
有難うございます。m(__)m



犠牲になった犬達の苦しみを思うと、短すぎる判決ですが・・・
化成場条例違反の最高刑は、懲役1年ですからしょうがないのでしょう。

これで、田中被告も懲り、犠牲になる「いのち」が、二度と作られないように願っています。


そして、今後、動物愛護法を機能する法律に改定し、化成場条例などという古い法律にこじつけなくても、きちんとした法律に照らした裁判ができるようになることを祈念します。


| 板橋の犬屋敷 | 22:59 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日、2回目の裁判。

東京地方裁判所、810法廷。
Am11時00分、田中容疑者第二回目の裁判が開廷。

SAIBAN.jpg

傍聴席は、閑散といていました。


3年前の裁判では、裁判長の両隣、書記の方も沢山いたはず。
今回は、裁判長一人しかいない。
書記のような方も一人。

そして、検事さんが一人。
弁護人が二人。

1回目の裁判もそうですが、今日の2回目の裁判も。
なぜか、今回の裁判の、寂しいこと・・。
そして、何とも緊張感がない。
「犬の事なんかどうでも良いじゃないか!」と、言わんばかりの裁判に思えたのは、私達だけだろうか?



前回の裁判は、弁護士や田中被告が、「犬がすきだった」「頼まれたから 断れなかった」「敷地を駐車場にするから、もう犬は飼えない」等々・・で終わった。
TANAKA.jpg



今回は、検事さんの質問より始まりました。

検事さんが、田中被告側の信憑性の疑わしさを突きました。

田中被告本人も言葉に詰まったりしていた。
それどころか・・・

田中被告は、「猪犬というものは・・・私の見解としましては・・・等々」
余計なことを言い過ぎ!

検事さんや裁判長に
「それは、いいです」
「あっ、もういいです」
などと、静止されることも、しばしば・・・。


前回、犬が好きで、犬を放っておけないから飼った・・反省している。
「今回の反省として、動物たちの為に、動物福祉協会へ震災の犬たちへの募金を20万円した」とか、「犬を好きだったから放っておけなかった」とかいうことをやたら主張していたていた弁護人でした。


今回の最後の弁護人の意見。

「動物愛護とか、前回の裁判以前の彼の行動など、いろいろ話を広げても、しょうがない。これは決められた頭数以上の犬を、無許可で飼育していたという化成場条例違反の裁判でしかない。」
「前回の裁判以後、10頭にならないよう気をつけていたけど、たまたま、人に頼まれて譲り受けたビーグルが出産し、13頭になってしまった。その時期をボランティアに付かれて、告発されてしまった。実際、前回の裁判以後、頭数に気をつけて犬を飼育していた。裁判以後、保健所への近隣からの苦情は出ていない・・・等々」と言うような事を述べていた。


弁護人が言いたかった事。
「10匹以内の犬の飼育に留めて飼育して飼っていたのに、たまたま子犬がいたのが見つかっただけ。。彼は、化成場条例に引っかからない程度に犬を飼っていたのに、今回は、運が悪く子犬がいたところを見つかっただけ。もう少し遅ければ、その仔犬だって、他人に渡されいなくなっていた。大した事じゃないでしょう。」という事ですね。



あ~あ。何をおっしゃいますかね。
前回は「もう二度と、犬は飼わない」と、約束をして情状酌量になったはず。

前回の判決後,繁殖は裁判以降4回目なのですよ。
つまり、犯罪を隠そうとしている犯罪者の隙を付けなかった、行政の怠慢と言いたかったの?



そして、田中容疑者、何を言い出すかと思えば。。

「猪犬は止めて、これからはレース鳩にします。私も人生もう一花咲かせたいもので・・・」と。

なんのこっちゃ?

ちょっと、待って下さいな。
鳩だって「いのち」あるものですよ。
化成場条例にかからなければいいという大きな勘違い。
鳩に専念するから犬は止めますって。。



今回の田中容疑者の発言を聞いて思いました。

弁護人、アイツの勘違いを助長してどうするの・・・と。

犬ごときで、大した裁判じゃないと思っているのでしょうか?
ただの化成場条例違反ではなく、もっと根深いということを理解していないのでしょうか?

私達には、理解不能でした。


動物愛護法の不整備が、こんな傍若無人な発言を許してしまうのよね。


明後日、
7月6日(水)16時30分。
東京地方裁判所・532号法廷で、判決が出ます。








マ-ブルの預かりさまが、ブログを作ってくださいました。

「マ-ブルの預かり日記」
http://ameblo.jp/mommoko/

是非、ご覧下さいネ。


家族募集中です♪

| 板橋の犬屋敷 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の裁判

本日、Am10時00分。
田中被告が入廷してきました。
少し痩せ、返って健康的な体型になってきているように見えました。

裁判が始まり、こちらの証人尋問が終わると、今度は、被告人への質問でした。

「前回の裁判後、何故犬を入れたのですか」との弁護士からの質問に・・・。

「以前、I澤氏にあげた犬が懐かなくて、保健所に持っていくと言うので、私がつくった犬ですから、殺されちゃーたまんないと思いまして、引き取りました」そして「それと、以前、私の犬を貰ってくれたりと、世話になった人から頼まれたりして断れないかった」

そんな風に、小さな声でぼそぼそと質問に答えていました。

だから犬を引き取ったと・・・・??
3年前の裁判で、「もう二度と犬を飼わない」と約束したのに??
だったら、今回もまた、世話になった人とかで、断れない人に頼まれたら、犬を飼い始めるということになるのでしょうね。

犬の医療の質問をされると・・。
北区浮間舟渡にある動物病院で、適正な医療を受けさせていたとも言っていた。


こうちゃんは、何故??今、左目も見えず、こんな状態なのかしら?
みんなお腹に寄生虫がいるのは何故?
怪我して耳から血を流していた子がいても、2階から落ちて足を引きずっていた子も「こんなもん大丈夫なんだよ」と放置していた人は何処のどなただったかしら?



「二度と犬を飼いません。猪犬の世界から足を洗います。本当に反省しています。」
今回も、もう犬を飼わないから許してくれと言い放つ。

何故犬を飼うんですか?の質問には、犬が好きだからと・・。

数年前の餌箱の中、ゲ-ジの中、土の上で餓死した犬たち、そう、こうちゃんに似ていた、あの子の顏も脳裏をよぎりました。
犬が好きだから、飼っていたと・・・よくも言えるものだ。


前回、同じことを言い、涙して反省していると言っていました。
そして、舌の根も乾かぬうちに繁殖にむけて動き始めました。


空々しく響く彼の声は、とても意味を見出せませんでした。
嘘だらけの言い分に聞こえたのは、私たちだけではないと信じたいです。


田中被告は、家に帰ったら敷地を綺麗に片付け、貸し駐車場にするという。
その話の最中、田中被告は何を思ったか、少し声を荒げ「ボランティアには世話にならない」と、強い口調ではっきりと言ってました。
へ?私達は片付けなんて手伝う気は、無いのに何言ってるのだろうか??

今日の態度は「お前らが言いつけたから俺は捕まった」と言いた気でした。
私たちに、対する怒りがこみ上げているようでした。

田中被告は、悪びれる事もなく「成犬のオスは難しいけど、仔犬だったら簡単に10や20なら1週間あれば、すぐさばける」そう言い放っていました。
お前らが勝手に里親探しをしているんだろう・・と気持ちなのでしょうか?

10や20の仔犬なら、簡単に1週間でさばけるだと??実際は、子犬が余ってどうすることも出来なく、過去に動物保護団体さんや、個人ボランティアさんに成犬だけでなく仔犬も押し付けたり、仔犬は現地に残り成犬になっている子達が沢山いたという事実があるのに!!

弁護士は「今回の逮捕によって、ニュ-ス、報道で、実名と顔が出され、田中氏は社会的な制裁を十分受たと思う」と言っておりました。
実際、社会的制裁を受けたのは、年を老いた母親や兄弟だと、私達は思います。



時間がなくなり、次回の裁判へと持ち越されました。

次回、7月4日(月)Am11時より第2回目の公判です。
検事の質問から始まります。
田中被告の言葉が嘘に聞こえたのは、検事さんも同じだと思います。
次回、田中氏が言った今日の嘘を暴いてくれる事と信じています。






そもそも、動物愛護法ではなく化成条例違反での立件事態に無理があることは、検事も弁護士も裁判官も知っているのに。
化成場条例という過去の遺物みたいな法律で裁判官に訴えなくてはならない。
動物の「いのち」とか、感情論や価値観が付け入る隙もない裁判。

拘留されたとしても、出てきたら「いたちごっこのはじまり」との不安は拭いきれない。

そして、今回の告発、証言の結果、私たちは、犬屋敷を見張っていくこともできなくなった。

今回をもって本当に止めてもらわないと、哀れな犬が不幸な可哀想な犬が、もっと溢れてしまう。
あの惨状を繰り返すなんて、あってはいけないこと。

放置され餓死や脱水で亡くなった動物たちも、日本人の意識の低さが作った議員立法。
動物愛護法の不備が起因しているように思うのは、私たちだけだろうか。

正丸峠の遺体遺棄事件も動物の「いのち」の尊厳を無視したことから始まったように思えてならない。
人だけが持っている埋葬するという文化。
大切な家族として、動物たちを埋葬してあげたいと思う人たちの心を踏みにじった事件でした。
人間の「いのち」だけが「いのち」と思っているので、人間以外の遺体は物だという理解なのです。

小さい時に、金魚が死んだと土に埋め、お墓を作っていたその心は、成長につれ、何処に行ってしまうのでしょうか。

そして、田中が氷山の一角と、誰もが不安に思っている。
法は、被疑者を守るためのものかのように、思ってしまう。
法が整備されていない、未熟ゆえの悲劇が繰り返されるのは・・・忍びない。


「いのち」の教育は、教育の原点であり、国民の生活の保障の求める原点と思っています。
「いのち」頂かないと生きてはいけない地球上で生きるものの宿命。
だからこそ、「いのち」に対する敬意が必要であり、それをないがしろにして、人の「いのち」のみを特別視して扱うのは、間違っている。
私たちは、そう思っている。




適正な判決が下されることを、心から願っています。
そして、大切なことは、動物愛護法が適正に改正されることです。


| 板橋の犬屋敷 | 23:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

現地から犬が消えた。そして・・・。

現地にいた紀州犬7匹。
行方がはっきりしない。
あの馬鹿が、恐れから、慌てふためいて、ある人に拝み倒して、置いて来たらしい。

その人からしてみれば、迷惑千万。
半ば、怒っている。
知り合いや親戚に引き渡したとしか教えてくれない。

実際、大切に管理してくれる人の手に委ねられたのであれば問題はないのだが・・・。
事実の確認ができないのが、口惜しい。
所有権の問題もあり、難しそうだ。

一応、志村署には所在の確認をお願いしたが、それを私達に教える義務はない。
教えてくれれば・・ありがたいのだけれど。

この活動はたくさんの方々に支えられ継続してきているが、中心になって進めているのがIさん、そして私K。
いろいろと動きがいいのは、Iさん。
行政担当が、K。
頭脳はIさん。ことば・現象におとすのがKの私って感じかな・・。
2人の活動、二つの車輪で活動していたのだから、車輪の片方の具合は致命的。

I さん。
数ヶ月前に愛犬のゴールデンのムクを看取った。
やっと最近、「心ここにあらず」という状況を抜けつつあったのに・・・

今度はメイちゃん。
先週、足の腫瘍の切除手術をしたのだが、病理検査の結果、悪性とのこと。
言葉がない。
負けず嫌いの彼女のことだから・・・。

最近は、心配な程、猫ボラさんの手伝いで走り回り、そして、疲れ果てていた。
あまり無理をしないでと言っても・・簡単に聞く人でもない。
とはいえ、少しは自重しようかと言っていたのだが・・・。

こんなことを私が書いたと知ったら・・怒るかも・・。
「すこーし、愛して。ながーく、愛して」っていうCMがあったっけ。
あまり気負わず、無理せず、に、いきたいね。
頂いたいのちと身体。
無理せず、きちんと日々に向き合い、自らをいじめたりしないような活動形態にしないと続かなくもの。

すでに4年が過ぎ、やっとあいつの逮捕にまで行けそうな気配。
深呼吸の時間をとって。
脇を甘くしないよう、地に足をつけてじっくりいこう。
ここまできて、焦っても仕方が無い。

| 板橋の犬屋敷 | 18:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT