2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

犬の為にも健康で!

里親募集をお願いされたゴ-ルデンレトリバ-のライル君、5歳
        rairru1.jpg
    2日前、お宅を訪問してきました。 
 お父さんが交通事故に会い、脳出血を起こし体が少し不自由になってしまったのです。ライル君のご家族とお話していると、「ラッキ-」というハスキ-のmix犬の事を思い出しました。






       一年以上も前の事。
私は、「ラッキ-」という犬の最期に立ち会いました。

知り合いのペットサロンの前に建つ会社。
そこの社長宅で飼われていたハスキ-Mix犬が「ラッキ-」です。

ラッキ-は、生後6ヶ月の頃、何処かの団体さんからお母さんが貰い受けた子です。
お母さんと一緒に訓練を受けたり、可愛いリボンをつけてもらったりと、目の中に入れても痛くない程可愛いがられ、とても大切に大事にされていました。


あんなに優しかった髪の長い綺麗なお母さん、ラッキ-にいつも笑顔を向けてくれたお母さん。

久しぶりに帰ってきたお母さんは、全く表情も変わり、髪も短くなり、そして、ラッキ-に微笑む事もなく「きゃ~、、この大きい犬、怖いわ。嫌よ」と・・・。

ラッキ-は、何が起こったか理解できなかったでしょう。辛かったでしょう。

お母さんは、脳出血の後遺症で家族もラッキ-の事も忘れてしまったのです。



それからのラッキ-の生活は、一転しました。

お母さんが転倒したら危ないから、ラッキ-の居る場所も室内から玄関脇へと移動されました。
大きなお宅だったので、玄関脇から裏の方へと歩いていくスペ-スはありましたが、そこでおトイレもすますようにな生活になりました。


そして数年後、具合の悪くなったラッキ-。
ある日私は、病院へ連れて行ってと頼まれ、飼い主宅まで迎えに行きました。
ラッキ-は、グッタリして立つ事も出来ません。
「え?この状態じゃ病院までもたないんじゃないですか?」と、主に言うと「いいから、病院へ連れて行ってくれ。」と・・。私の車の後部席にラッキ-を乗せ、診察時間も終わっている病院へと向いました。

病院の方に手伝ってもらい、待合室の椅子までは行きましたが、もう限界でした。

「先生、来て下さい。様子がおかしいです。」と叫ぶと、先生がラッキ-を脇に抱きかかえて診察室へ・・。心臓マッサ-ジに点滴、、でもラッキ-は虹の橋を渡りました。

その後、飼い主の会社の前に建つ「ペットサロン」に,ラッキ-を連れて帰りました。
迎えに来てくれと、自宅に連絡しましたが、「お店から埋葬してくれ」と・・・。息子さんだけは、ペットサロンへ、ラッキ-にと花を持ってきました。勿論、体の不自由なお母さんは、会いに来ません。
結局、家にも連れていってもらえず、埋葬されました。


お母さんの病気後、一度も触れてもらう事もなく虹の橋に旅立ちました。
ラッキ-は、微笑んで頭を撫でてくれるお母さんを虹の橋のたもとで、ずっと待っているのでしょうね。

お母さんだって、病気になりたくなかったでしょう。。
家族の皆がラッキ-を大切に思っていてくれたら、もっと幸せでいられたのでしょう。




ラッキ-の最期に立会い、色々な事を考えさせられました。
改めて、家にいる犬達の為にも健康でいなくては・・・と、強く思いました。






ライル君は、もう少しきちんと躾をすれば、飼い続けることも可能ではないかと思いもあり、訪問しましたが・・・。
ライル君には、ラッキ-のような犬生を送って欲しくありません。

    未だ5歳。余生、幸せに暮らして欲しいので、里親募集する事にしました。


  ライル君の一時預かりさんを募集しています!   



| | 01:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT