FC2ブログ

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

大変、お世話になりました。

お陰様で、無事にチャ-コが見つかりました。
皆様には、ご心配、多大なご協力とご支援を頂き、心から感謝しております。
本当に有り難うございます。





今日、正午過ぎ、飼い主さんの所へ、センタ-の方から「チャ-コに良く似た犬が、港区で保護された」との連絡が入り、飼い主さんより電話を頂きました。
「マイクロチップの入っている犬で、チャ-コに似ていると言う事で、ほぼ間違いないが、マイクロチップの番号の照会が、まだ出来ていないので、まだわからない」とおっしゃっていました。

八幡山のセンタ-の事務室に入ると、飼い主さんが手続きの最中で、マイクロチップの番号が確実にチャ-コとの事でした。

チャ-コは、「港区自然教育園」にいた所を臆病な犬ということで、犬用の捕獲器にて保護して頂いたとの事です。



八幡山のセンタ-の方に連れられて、チャ-コが出て来ました。
何が起こったのかわからないような、おかしいくらいキョトンとした顔して・・。
tya1.jpg   tya_20100820232731.jpg

「え。チャ-コよね?ねぇ、本当に貴女チャーコ?チャ-コに間違いないわよね。」
飼い主さんのその言葉につられ・・・
私も「え?チャ-コだよね。この鼻の傷、チャ-コだよね。」
「チャ-コがここにいる」と言う事に、信じられない気持ちが大きかったのでしょう。。

チャ-コの胴輪とリ-ドは取れていましたが、赤い首輪と赤いリ-ドは、付いてました。
赤いリ-ドは、汚れて、茶色のリ-ドと化してました。^^;
 
自宅に帰り、泥だらけの頭を拭いて貰っている最中も眠そうな顔、よほど疲れたのでしょうね。
 tya3.jpg tya5.jpg
飼い主さんが動くと、眠そうな目をあけて、歩く姿を目で一生懸命に追っていました。

飼い主さんは勿論の事、チャ-コ自身、ホッとした事でしょう。


チャ-コは、一回り小さく見えましたが、体重は、殆ど変わりないとの事です。


怖がりのチャ-コ、目黒区を通り過ぎて、港区にいたとは・・・。
どうして暮らしていたのか、、チャ-コに聞きたい。

チャ-コが、いなくなって45日。
無事に帰ることが出来て、本当に良かった。


ポスタ-貼り、ツイッタ-でのご協力、ブログへの転載、ダウジングや透視、目撃情報や収容動物の情報提供、昼夜捜して頂いたりと、皆様のご協力、優しいお気持ちに心から感謝しております。
チャ-コが戻れたのも、飼い主さまをはじめ、ご協力くださいました皆様のお陰です。
本当に有り難うございます。

そして、港区保健所、八幡山のセンタ-の皆様のご協力に感謝いたします。
本当に有り難うございます。



日本中の迷子の犬猫達が、みんな飼い主さんの元へ帰れますように・・。

殺処分される犬猫達がいなくなる日本に、早くなってくれますよう、強く願っております。






| | 00:31 | comments:26 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |