FC2ブログ

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ショックなこと。

あまりに切ない事実が判明した日。

今日、現地と連絡が取れた。
板橋区に残った成犬7頭と、川口市の成犬1頭の所在がわかった。

2頭は、元々の飼い主の住む「三重県」と「茨城県」に返し、後の6頭は「山梨県韮崎」のY氏へ渡したそうだ。
タダでは引き取ってくれないと、1頭に2万ずつ付けて、どうにかしてくれと・・・。
まるで粗大ゴミのような扱いだ。



そして、母犬「ビ-ちゃん」は、フィラリア強陽性だった。

いつショックを起こしても不思議はないのだろう・・。
DSCF0828.jpg
心臓に負担がかかる出産。
フィラリアであったら、健康な子よりリスクが高い。
無事に出産を終えて良かった。

現地のあの汚さから保護した子には、回虫・条虫・便虫・鉤中は覚悟している。
まさかフィラリアなんて・・・。

フィラリア感染の犬を交配に使うなんて、考えられない。
獣医師も「聞いたことが無い」と言っていた。
猟犬には当たり前なんだろうか?


4年前は、現地より引き出した子犬が15頭、パルボ感染。
吐血に下血・・治療、1匹だけ救えなかったシジミ。
しじみ2
短かったシジミの一生、何の為に生まれてきたのかと、悲しくなったのを思い出す。


あいつは、動物愛護法の適応は受けない・・・凄く、理不尽!


人は、厚生労働省。
動物の酪農関係は農林水産省。
動物愛護法は、環境省。


縦割り行政の弊害も出るわけだ。




ビ-ちゃん親子は、何も知らずに寝ている。
rin2.jpg

保護できなかった他の子達は、どうしているのだろう。
自分達の力のなさ。ごめんね・・・と謝るしか出来ない。




動物って、人も動物だよね?





 ~お知らせ~

「板橋の犬たちを助けて」のホ-ムペ-ジをリニュ-アルしました。
 アドレスも下記に変わりました。
 http://itabashinoinutachi.web.fc2.com/index.html 
今後とも、どうぞ宜しくお願いします。m(__)m


| | 23:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |