FC2ブログ

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

犬の幸せって?

ブログを放置していました・・・
更新してくれてサンキュ
前のページに Kさんが、我が家の犬の事を書いてくれていたので、甘えて私ごとを・・。



「癌」・・・その音の響きを聞くと、現実逃避で、私は眠くなってしまいます。

ゴンタも癌でした。5年前のことでした。
20041212201712_0009.jpg

人にも犬猫にも、とてもとても優しいゴンタ。
もめ事を上手に回避したり、穏やかな空間を作る子でした。
DSC06126.jpg
我が家の犬たちは勿論、保護した子達も、みんなゴンタが大好きでした。
掛かりつけの病院でも、ゴンタは人気者でした。

保護され我が家に来たゴンタは、ガリガリに痩せていました。
去勢はされていないのに・・声帯はとられていた。
繁殖業者の匂いがしました。

ある日、ゴンタの足に触れた固いグリグリ・・・。
最期は肺転移の呼吸困難・・。
手術に抗がん剤に、出来ることは何でもやりました。
肺に転移したと分かってから1年後、ゴンタは虹の橋へ・・・。

そして、昨年末は愛犬ムクが癌で虹の橋へ・・・。

今度は、メイちゃん。
みんな癌。

なぜなのかな・・・。


メイ子は、4年前に迷子になっていました。
IMG_3920.jpg
忘れもしない、犬屋敷の騒動の最中でした。
結局、飼い主は家の近所の方でした。
そして、「要らない」との返事。
5年近く飼っていたのに・・・要らないって何?
不快と腹立ち、怒りがこみ上げ、とても可哀想で切なかった。


保護した当初、近隣の犬を飼っているお宅に聞き回ったが、みんな知らなかった。
玄関横につながれて、5年間、散歩もしていなかった。
みんな知らないはずだ。

ネットでの里親募集、何度か里親会にも参加させて頂いた。
結局、問い合わせもなく・・・。

散歩中、拾い食いの癖があり、煙草やガムなども食べてしまう。
気をつけていても、一瞬で口に入れてしまう為、下痢になってしまう。
保護した当初は、頭の毛ボサボサのまま、夜中や明け方、何回トイレに出したことか・・。
最近は殆どなくなった。

メイコちゃん、癌なんかに負けないで頑張ろうね。
出来ることは、何でもするからさ。


考えてしまう。

我が家にいた子たちは、幸せだったのだろうか?
今、我が家にいる子たちは、幸せなのだろうか?

そもそも・・・犬の幸せって何だろう・・・。

考えてしまう。。

| 未分類 | 14:35 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |