FC2ブログ

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

アンの治療へ・・お願い。

アンの治療に、光が差しました。

今日、病院を探していて下さった先生から、武蔵野市にある「日本獣医生命科学大学付属動物医療センター」で、手術が可能だとの回答を得たとの連絡がありました。

ステロイドで、反応が出ているので、神経は生きているとの事。

まだ、生きている神経を圧迫している骨は削り、不安定な所はボーンセメントなどで固定を試み、椎間板などの欠落している所には「再生医療」を施すそうです。

素人の私達には、よく理解できません。
でも、このままでは確実に神経症状の進行は止められず、麻痺が拡大するだけだそうです。
でも、この治療をすることで、麻痺を食い止め、自力で歩ける可能性もあるそうです。

費用は、最低でも50万円だそうです。
治療費は、かなり安くして頂いているようです。

先日のMRI・CT検査も、来月の支払いになってます。
今の持ち出しの保護活動の中、50万は、決して楽な出費ではありません。

しかし、アンの病状は待ってくれません。
経済状態を理由に、見捨てるなんてできません。
来週にでも手術できるように進みたいと思います。

借りてでも、手術費は作りたいと思いますが、アンへの手術費を助けて頂けないでしょうか。
anngannbare.jpg 
まだ、乳歯が残る1歳前後の柴犬です。

アンは、林の中に棄てられていていました。
下半身不随の状態にあり、症状は進行すると予測されています。
手術により、今以上の機能の維持・回復が見込まれています。

健気に生きているアンです。
どうか助けてください。
ご協力を宜しくお願い致しますm(__)m

~募金のお願い~
アンへの手術費のご協力をお願い致します。

  【振込先】
 ≪銀行名≫郵ちょ銀行 
 ≪口座名≫板橋の犬たち
 (他金融機関からの場合)店番008 (普)2395478 
 (郵便局からの場合)  記号10090(普)23954781


| アン | 18:49 | comments:25 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |