2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

御無沙汰しております。

御無沙汰しております。
前回の更新から、大分、間があいてしまいました。
色々と、ご報告したい事があります。


まずは、こうちゃんです。
昨日、食欲もなく体調が悪くて入院しました。
腎不全になっても良い程の、腎臓の数値でした。
その腎臓の数値も、今日は、正常に戻り、カルシウム値はどちらかと言うと下がり過ぎのようです。
今日は、ドライフ-ドをバクバクと食べているようです。

パラディアが効いているのでしょうか。
排便困難になるからと、それでは可哀想と言う事で、リンパが大きくなるのを防ければと飲んでいる抗がん剤です。
今の所、リンパも大きくなっておらず、障害もないようで、便も良い形のまま出てきます。
今日も、念の為に入院中です。



次に、1月10日(土曜日)の夕方、迷子になった小次郎ですが、未だに見つかっておりません。
IMG_2006.jpg

ケンの家の代表が、色々な方に、声をかけてくれました。
小次郎を心配して下さり、沢山の方達が、手伝ってくれております。
近隣にお住まいの方達で、ポスタ-貼りをして下さっている方のお名前はわかりません。
寒い中、本当に有難うございます。

ワンモアフィールドさんの代表は、横浜から、3時間もかけて、何度も、捜索に来て下さっています。

ケンの家の埼玉支部のYさんも、忙しい中、捜索に行って下さってます。

私も、夜しか動けない日が多く、それでも、毎晩のように、友人たちが付き合ってくれます。

みんな、心から小次郎の事を心配しています。
皆さん、仕事をしていたり、体調の悪い犬猫を抱えていたりと、毎日、大変な中、時間を作り、捜索に来てくださいます。
小次郎を思う優しい気持ちに、感謝の気持ちでいっぱいです。

蓮田市、さいたま市・上尾市等の各市役所に、問い合わせしましたが、今日現在で事故で引き取った犬はいないそうです。
ワンモアフィールドの代表が、電車の方を聞いて下さいました。事故情報はないそうで、少しホッとしてます。

里親さまは、この間の日曜日に、小次郎が生まれて育った会社の敷地(深谷)まで、見に行って下さったそうです。


現在までに、小次郎情報はあまりなく、心配です。

飼い主さんの所に5~6件・私の所には4件の情報しかありません。
小次郎らしき犬を見たと言う、日付順に纏めてみました。
   ↓
①11日の朝9時頃に、尾山台団地の方から、踏切に向かいリ-ドを付けて歩いていたと言う情報。
 (迷子になった当日と翌日は、飼い主さんのお宅の近くでみたと言う情報が数件ありました)
人を見ると、逃げていたそうなので、確実に小次郎かと思われます。

②指扇でみたと言う情報で、皆さん、そこでポスタ-貼りにポスティングをしましたが、その後の情報はありません。

③先週初め、芝浦工業大学付近でみたと言う年配の男の方からの情報。
 (その後、芝浦工大付近、藁田島公園でも目撃情報が数件)

④日付は不明ですが、13日以降。春野中学・小学校の空き地で、黒い犬が1匹で暫く遊んでいたと言う情報。

⑤一昨日と昨日、23日(金)、3号線、蓮田氏山之内7-1ジョナサン付近でみたと言う2件の情報。
内一件の情報では、ジャパン・ジョナサン方面より、3号線を渡り、蓮田の駅の方に歩いて行ったそうです。
その付近には、飼い犬の甲斐犬が2匹いるそうですが、目撃した方は、近所の犬ではないと仰っていました。

maigotizu.jpg


どうか無事でいて欲しいです。
無事に保護出来て、ポスタ-を剥がせる、嬉しい日が来ますように・・・。

小次郎のポスタ-はこちら。
   ↓
http://itabashinoinutachi.web.fc2.com/kozirou3.pdf






さて、モカはトラアル中です。
と言っても、もう、2週間経ちます。

moka123.jpg

先住猫さんのいるご家族です。
お見合いに伺うと、ご家族の皆さん、モカを可愛いと仰って下さいました。
暫く、先住の子との相性を見て、是非、トライアルを・・と言う事で、お願いしました。

その後、先住猫さんとも、何とか上手くいっているようです。
猫の飼育にも慣れてらっしゃって、安心なご家族です。
どうぞ、モカを宜しくお願いします。



こちらは、悲しいお知らせです。
1月22日・12時45分に、レミちゃんが亡くなりました。

40911.jpg

御茶目で愛くるしい女の子でした。
何処にいるのか分からない位の沢山のお花に囲まれ、虹の橋に旅立ちました。
41145.jpg
(写真は、里親さまより)
レミちゃんは、福島でみなしご救援隊さんよりレスキュ-され、私達が引き受けた子です。
http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/blog-date-20110408.html
レスキュ-当時、もう老犬の域に入っていた子です。

里親さまのお宅で、保護当初より、ピカピカになり、何よりも若返った感じでした。

昨年、喉にメラノ-マが出来てしまい、闘病生活を送っていました。
悪性度の高い癌ですが、他に転移もなく、肺も綺麗だったそうです。
幸い、呼吸はそんなに苦しくなかったようです。

ご家族交代で、24時間の手厚い介護を受けていました。
苦しむことなく、22日のお昼過ぎ、ご家族の見守る中で、そっと息を引き取りました。
獣医師のお話しでは、癌で亡くなったと言うより、老衰だろうと仰っていたそうです。


突然、人が消た福島で、不安な気持ちでさまよったレミちゃん。
震災から、3年10か月・・。

里親さまのお宅で、先住犬のレッちゃんに恋をして・・
40913.jpg
幸せそうに、いつも寄り添っていました。

美味しいものを沢山食べて、愛情を沢山頂き、仲間たちと沢山遊び、毎日が楽しそうでした。
レミレミ、本当に幸せだったね・・・。










| 犬&猫 | 12:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT