2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今度は大ちゃんが・・・。

先週土曜日、モモコは熱を出してしまいました。
DSCN1867.jpg
その日、モモコに会いましたが、元気な顔をしているように見えたのですが、耳を触ると少し熱く、歩き方も変でした。

朝から何も食べないそうで、ポトフを出してみると、ス-プだけは飲んでいました。
その日の夕方、通院したところ、白血球数が多かったそうです。

次の日の朝は、モモコの足が腫れてしまったそうで、写メが届きました。
11474.jpg
「なんか嫌な感じの腫れだね」と言うと、「膿がでそうな感じだよ」とのことでした。

日曜日でしたが、運よく、先生がいらっしゃるとのこと、Kさんが直ぐに病院へ向かい、膿んでいた部分は、切開して頂いたそうです。

それから、数日間、食欲もなかった様ですが、昨日から、白いご飯とささみのドライフ-ドをまぶしたもの等を食べるようになったそうです。

今日も食べたとのことで、少しホッとしました。




さて柴たちですが、先週末、少しの時間でしたが、公園に連れて行くことができました。
5匹一緒は無理なので、4匹と1匹・・2日間に分けて、連れて行きました。

他の子と仲良く出来ないコテツは、1匹で・・・
kttyan.jpg
ボ-ル投げをして遊びました。

そして、4匹は、公園をぐる~っと数時間歩いただけ・・・たぁくんは、一番、楽しそうでした。
チビコとアンは、右へ行ったり左へ行ったりで、凄く歩きにくく、リ-ドも絡みっぱなしでした(-_-;)
hikiriga4.jpg
チビコの老化が進んだせいか、前に公園に遊びに行った時と違い、4匹連れているのが、とても大変でした。

平日でしたが、結構人が多くて、大人も子供も走り回っていたのですが、歩いている時は尻尾も下がることなく、大ちゃんは意気揚々としていました。
hikarigadai.jpg
人や子供の声を怖がっていた大ちゃんが、キョロキョロしないなんて・・・。


その大ちゃん、今日、私が外出しようと思った矢先、急にドタバタッと倒れて、大量に嘔吐しました。

え??と思い、大ちゃんの近くに飛んで行きましたが、足がもつれ、目もぐるぐると回っていました。
眼振と嘔吐・・・チビコと同じ前庭疾患だと思い、慌てて病院に向かいました。
前庭疾患には、対症療法しかないので、点滴と吐き気止めを打って頂きました。


朝は普通に散歩し、食事して、吐く寸前まで元気だったのに・・・
チビコの時もそうですが、前庭疾患は、突然起こるので、本当に驚きます。
gennkidai.jpg
何もなかったと思うのですが、いったい、何がきっかけだったのでしょう。

帰宅すると、大ちゃんは、直ぐに横になって寝てしまいました。
心配でしたが、どうしても行かなくてはならないところがあり、私は外出しました。

帰宅後、大ちゃんをみると、ぐっすり・・・吐く様子もなく安心しました。


実は、どうしても、行かなくてはならなかったのは、自動車の修理工場でした。
大ちゃんを病院へ行く途中、脇道から出てきた車と衝突しまったからです。
相手の方が、偶然知り合いだったので、急いでいた為、こちらには怪我はないので、話しは後にしてくれるように頼み、別れました。

午前中の診療もギリギリだった為、一番、近くにある獣医さんに飛び込み、セ-フでした。
飛び込んだといっても、全く知らない病院ではなく、子猫でお世話になっていた病院です。
午前中の診療に間に合って、ホッとしました。


余談ですが、修理工場へ着く頃、保険会社から連絡がありました。
本道とはいえ、こちらも走行してるので、過失が1割あるそうです。
運よく、ゆっくり走っていたので、そんなに大事故にもならず不幸中の幸いでした。
何よりも、人や動物が巻き込まれなくて、本当によかったです。(-_-;)




| | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT