2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

なんか、続くな・・・。

裏の公園の桜の木が、知らないうちに剪定されていて・・
2563.jpg
今年は、寂しいものでした。


モモコですが、体調に波がありますが、今日は穏やかでした。

一昨日は、体調が悪そうで、尻尾も振ることも泣く、首もあげずに、うつろな瞳をしていました。
勿論、食欲もなく、その夜は、どこか痛かったのか、何回か鳴いたそうです。

打って変わって、昨日・今日は、顔つきもよく、尻尾も振っていました。

92680.jpg
昨日の夕方は、少し味の付いたワンコ用の鶏肉も食べたし、昼過ぎには、卵の黄身も食べたそうです。

92678.jpg
顔もあげて、キョロキョロしていました。

92676.jpg
暫くすると、疲れたようで、ハァハァしていましたが、直ぐに落ち着いていました。


今日は、昨日食べた卵の黄身には見向きもせず、夜、少し、昨日と同じ鶏肉を食べたそうです。
一進一退を繰り返し、小康状態を保っているモモコです。

今日の午前中、留守番をしている時、モモコは気持ちよさそうにスヤスヤと寝ていました。
何か夢でも見ているのでしょうか・・手足を小さくピクピクと動かしていました。
痛みもないようでした。
モモコの穏やかな寝顔を見ていたら、なんか昔を思い出してしまいました。

  
7年前に、血管肉腫で看取ったムクです。
右心房にあった腫瘍に気づかず、急に心タンポナーデになり、後、1週間のいのちかも・・と言われました。

突然きた「別れ」というものを受け入れることができずにいました。

それから2ヶ月、ムクは頑張ってくれました。
それは、覚悟が出来ていない私に、ムクがくれた時間のように思えます。

ほんの少しの間、驚くほど回復し、川に出かけるという、最期の思い出作りまで出来ました。
そろそろ・・になった時には、ただ寄り添うことしかできませんでしたが、残りのいのちと向き合う事ができました。
本当に、かけがえのない、ありがたい時間でした。


脾臓が破裂した日、危ないかもしれないと言われたモモコ。
その後、回復し、楽しそうに散歩までできるようになりました。

モモコは、今、大切な時間を生きています。
皆さまからの柔らかな温かい光に、ほんわり包まれて生きているように思えます。

調子のいい時には、とても良い表情のモモコです。
iiokao.jpg

今日は、しっぽを振っていました。
明日も、どうか穏やかに過ごせますように・・。



さて我が家です。

お蔭さまで、大ちゃんは、すっかり元に戻りました。
IMG_2389.jpg
相変わらず、耳は聞こえないものの、とても元気です。


たぁくんは、食欲も戻らず、お散歩もノロノロです。
ta413.jpg
それでも、トッピングをしなくても、3回に1度は、食べるようになりました。
左前足を上げて鳴くことはなくなったので、痛みもないようです。


が・・今度は、まさかのチビコが、日曜日の夜、急に食べなくなってしまいました。
どうしてなんだろう・・・体調不良は続きます。

検査をしましたが、腎臓の数値も、極端に悪化していることもなく、肝臓には、少し胆泥は溜まっているものの、年相応とのことです。
IMG_2629.jpg
考えられることは、脳腫瘍など、脳の中で何かが起きているのではないかとのことでした。
食欲が出るようなお薬を処方して頂き、暫く、様子をみることになりました。


そして昨日、アンは一日、下痢便でした。
ann314.jpg

食べ過ぎです。
一昨日、トッピングの鶏肉を食べたのに、チビコの残したご飯まで、チャチャチャと盗み食い・・・
ムチムチしてきたのに、また、パワ-アップしちゃうよ。

いきなり、狂ったように毛布を鼻先で端に丸めて、ズボッと、潜っていました。
an314.jpg
変なの・・。



先日、嬉しいお便りをいただきました。
久しぶりの茶トラン改め「ぶん太君」からです。

一番、年下だったぶん太君に、弟分ができたそうです。
昨年末に、近所の方から頼まれて、仔猫を保護したそうです。

DSC_0215_2017041402345573b.jpg
なんと、ぶん太君が仔猫を咥えて歩くようになったそうです。

そして、今も良いお兄ちゃんをしているそうです。
DSC_0245_20170414023456b4e.jpg
「ぶんちゃんは、家族を癒してくれる存在です」と、仰っていました。
幸せですね。


そして、サァちゃんからもお便りをいただきました。

新しい家族の元へ旅立ち、1年が経ちました。
最近は、やんちゃな顔も覗かせてくれるようになったそうです。

雪で遊んだ時の写真を頂きました。
IMG_3057_20170414023459ff8.jpg
明るくなったなぁ・・・。


保護前、ずっと我慢を強いられて生活しなければならない環境にいたサァちゃんです。
安心と安全との引き換えに「いい子でいなければ・・・」と、そぉっと過ごしてきたのでしょう。
喜怒哀楽があまりない子でした。

ご家族の愛情が、サァちゃんの頑なな心をとかしてくれたようです。
IMG_3056_20170414023458856.jpg
これからずっと、温かな優しい家族に囲まれて、穏やかな時を過ごしてね。

| 未分類 | 12:50 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |