2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

先週のことと、家族募集。

このお尻の方・・・
annketu.jpg

やる気がない時は・・・
annneru_201706120600434e6.jpg

ちゃんと乗らずに、ベットから足を投げ出して、寝ています。
anneru.jpg




さて、先週・・・
6日の夜、敷地内を「仔猫がちょろちょろしていて、先に連れて行った子猫の兄妹だな・・」と、犬屋敷の主人から連絡がありました。

翌朝、Kさんが見に行ったところ、親子でいることが分りました。
親猫が直ぐに捕獲器に入ったそうです。
仔猫から捕まえたかったのですが、空腹だったのか、捕獲器を置くとすぐに母猫が入ってしまったとのことでした。

結局、子猫はその日、暗くなるまで粘りましたが、捕まえることはできませんでした。
母猫は、早速、避妊手術を済ましたが、仔猫を保護するまではリリースできないので、病院に置いて頂きました。


水・木・金の3日間、仔猫の捕獲のことだけで終わってしまいました。
今回の仔猫の捕獲は大変でした。

キジシロの男の子は、早くに保護できたのですが、三毛の子猫がなかなか捕まりませんでした。
試行錯誤の末、母猫を返す前日、やっと三毛を保護することが出来ました。
2FBC603D-0C24-4EE5-851E-3AE725B30887.jpg

水・木・金の、たかが3日間でしたが、事故がおきないか、脱水になっていないか、衰弱していないか・・
心配ばかりで、夜も眠れず、現地に通い、気持ちばかり焦って過ごしていました。

ハラハラしていて、凄く長く感じた3日間でした。
お陰様で、無事に保護できて本当に良かった。

10年前には、40頭近い紀州犬で奮闘した「板橋の犬屋敷」です。

まさか10年後に、また、Kさんと2人で、犬屋敷で仔猫の捕獲に奮闘するなんて・・・想像できなかったことです。

あ~あれから10年経ったんだな・・と、犬がいない敷地の中で、なんか不思議な感覚でした。
10年という時は過ぎても変わらなかったことありました。

・・・それは、犬屋敷の主人の馬鹿さ加減でした(-_-;)


さて、三毛の子猫は、流石に最後まで捕獲できなかっただけあって、かなりのしっかり者です。
まだシャ-シャ-と警戒しています。

男の子は、おっとりした甘えん坊さんで、ゴロゴロいって甘えます。
6DD3CB55-6193-4C8C-B9AD-92356E817956.jpg

身体も三毛は一番大きくしっかりしていて、キジシロはちょっと小さめです。



その三毛ちゃんが保護できた日に、、
以前から、お世話になっている動物病院からの連絡で、ミルク飲みっ子が一匹、増えました。
IMG_8371.jpg

保護した方が小さすぎて育てられないとの事で、預かりました。
保護した方は、病院の患者さんです。
一人で食べられるようになったら、その方か院長が家族に迎え入れてくれるそうです。



さて、白血病の疑いがある3匹。
遺伝子検査の結果は、陰性でした。
IMG_8927_20170611231620737.jpg IMG_8906.jpg IMG_8916.jpg
ひとまずホッとしたのですが、白血病は、エイズの遺伝子検査とは違い、遺伝子検査で確定とはなりません。
数週間後、今度は簡易検査で陰性を確認してから、家族探しを始めます。


鼻の手術をした茶々ちゃんも、歯周病と口内炎が酷いので、6日に1泊の入院で、抜歯をしました。
すっかり、きれいな顔になっていました。

早い時期の抜歯とは・・・ちょっと、予定外の出費だったので、焦りました。
病気のシニア組と幼い仔猫で、医療費がかさみます。



そして、大ちゃん・・・
dai1706.jpg

今回の前庭疾患の症状はかなりひどい様子です。
なかなか回復せず、心配です。
眼振は止まりましたが、顔が傾き、まだ若干、ふらついています。
MRIの検査を強く勧められましたが、医療費が追い付かないので、もう少し先になりそうです。

ごめんね、大ちゃん・・・


さてさて、4匹、無事に兄妹も揃い、ミルクの子達も無事に育ったので、やっと気持ちが落ち着きました。
これから、本腰を入れてみんなの幸せ探しです。

犬屋敷で、はじめに壁を壊して保護した、三毛ちゃんとキジシロ君。
IMG_8871_20170611231615d61.jpg
保護して1カ月・・ということは・・そろそろ、生後2ヶ月。

エイズ・白血病の検査は陰性でした。
ワクチンは、10日くらいしたら接種の予定です。


そして、カラスに狙われていた女の子。
IMG_8848.jpg

エイズ・白血病(陰性)
1ヶ月半位、あと半月ほどしたら、ワクチン接種予定です。


こちら、アメショ-のショウ君も、理解ある家族との出会いを求めて、里親様募集中です。
IMG_3349.jpg
血統書こそありませんが、アメショーです。

じゃれる程度ですが、急に噛むことがあるので、少しの間様子を見ていました。

たしかに・・
身体が大きく、急に噛んでじゃれるので、猫に慣れていない人はびっくりしてしまうかと思います。

嚙んだ瞬間に「痛いでしょ、駄目」と強く言うと、「ごめんなさい~」と言っているような顔をしてやめます。
信頼関係が出きると、全く違う、可愛い顔を覗かせてくれるようになりました。
時間が必要なタイプです。

あまりしつこく構われるのは嫌いな癖に、甘ったれさんで淋しがり屋です。
IMG_6261.jpg

ほど良い距離を保って、人の傍にいるのが好きなようです。
ちょっと、気難しい性格かもしれません。

道で歩いているところを保護されました。
その後、ポスタ-等で飼い主さんを探したのですが、見つからなかったそうです。

猫は、迷子になってから暫くは、そんな長距離にはいかないはずです。
アメショ-の迷子で、探さないなんて・・・もしかしたら、捨てられてしまったのかもしれません。

IMG_7543.jpg

他の猫が苦手なようで、仲良くすることができないため、多頭飼育には向きません。
1匹で、可愛がって下さる方からのお問い合わせをお待ちしています。
良い縁がありますように・・・。



まだ、書きたい事があったのですが・・・。
また長くなってしまったので、今度は、早めに更新しますm(__)m



| 未分類 | 19:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |