2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あばれる君とおチビさん

最近、この方・・・
andebu1.jpg
丸くなってきたような気がします。

ご飯の量は変わっていないのですが・・・
andebu.jpg
たぁくんの食欲不振の為のトッピング・・それ目当てに張り付き、ちょっと頂くお裾分けのせいかしら・・💦



日曜日は、先々週の大ちゃんに続き、チビコを洗って貰いました。
先日、ちょっとブラッシングしただけで、この抜け毛の量です。
nukege.jpg

痴呆なのか、脳腫瘍なのか解りませんが、脳障害のような症状が進んでいるチビコです。
私ひとりでは洗うのはもう無理です。

A9F5B32B-C608-42BC-8CA7-467073380758.jpg
だいぶ汚れていたようで、すっかり綺麗になりました。
大ちゃんとチビコと2週続けて綺麗にして貰って、助かりましたm(__)m


さて、大ちゃんの耳が気になっていたので、先週の金曜日に受診してきました。
前回の受診から、だいぶ日にちが経ってしまい・・まずかったかも・・と考えながらの受診でした。
daimimi.jpg

左耳の汚れが酷かったのですが、汚れが出た分、耳の穴は通っていたそうです。
右耳は、汚れで塞がっていて、洗っても汚れが、出てこない程で・・つまり、閉塞してしまっていました。( ;∀;)

両耳とも塞がってしまっては大変です。
今月の終わりに、再度、全身麻酔をかけてオトスコ-プで耳掃除をして頂きます。



そして、翌日の土曜日は、ぐぅちゃんです。
また、最近、ご飯を残すようになってきたので、早めに、受診しました。
guutyan_20170808041632c89.jpg
口内炎は、あまり酷くはなかったのですが、左の犬歯の付け根が真っ赤でした。
抗菌剤の注射を打って頂いて帰宅・・・夕食も残したのですが、何とか少しは食べているので大丈夫そうです。


私としては、食べないし、体重減少もあるチリリンも気がかりです。
tirir.jpg
はっきりした原因が特定できずに、胃のお薬を内服しています。
食べてくれるキャットフードも少なく、悩みの種です。



あばれる君2号・・・公園で蹴り上げられて保護した、あばれる君1号と同じ場所から保護したハチワレ君です。
初代、あばれる君は、素敵なご家族との出会いに恵まれ、今は幸せに暮らしています。
abarer2.jpg

2号くんは人懐っこいし、可愛い性格なのですが、右目の視力を失っているハンデがあるからか、なかなかご縁に恵まれずに、長く保護っこ生活をしています。


犬屋敷からの保護っ子の居残り組のキジシロのおチビさん。
この子はハチワレのお兄ちゃん、「あばれるくん2号」にべったりです。
2naka.jpg

あばれる君が四肢を伸ばして、ごろ~んと横になると、すぐその横に来て、全く同じような寝方でごろ~んとなります。
何でもあばれる君の真似ばかりする、真似っ子のおチビちゃんです。

やんちゃ坊主のおチビさんは、気の強い、ぐぅちゃんとお母ちゃんに、ちょっと近寄るだけで、怒られて猫パンチをされます。
guoka.jpg

特に、母ちゃんには、怒られて追いかけられたりするのですが、直ぐにおあばれる君のもとに走り寄り、陰に隠れるのです。
すると・・お兄ちゃんは、「弟に何するんだ~~」とでも言っているかのように、お母ちゃんに反撃します。

おチビさんが、お母ちゃんに怒られて、助けを求めて・・
今度は、あばれる君が、お母ちゃんを追いかけるという流れができてしまい、毎日、走り回っています。

いつも「お兄ちゃん、お兄ちゃん」とくっついて回ってまわるおチビさん。
余程、頼もしい様子で、頼られるあばれる君もご満悦なようすです。

微笑ましくて、可愛い2匹の様子、見せたいようですが、動画で取りきれません。
あしからず・・・

こんなにも相性が良くて、べったりになる2匹は微笑ましいです。
IMG_6532.jpg

相性がいい悪いは人がどうこうできるものではありません。
IMG_6604.jpg

里親さんとの出会いやご縁というものも、人の力の及ばない何かの力だと、常々感じています。

流れとか、ご縁とか、タイミングというか・・
そういうものを大切にしたい・・と、いつも思っています。


チビコは何度も里親募集を試みました。
が、上手くいかず・・・帰ってくると、「そうそう、ここが私のお家で~す」みたいに、ルンルンして玄関を入るのです。
こんなに、縁がないなんて・・この子は、ここにいるのかな~と、感じました。

Kさんの所に昔いた、シェパードも子犬のころ、病気で死にかけ「もし助かったら、うちの子にするから、生きるかどうか、自分で決めなさい」と言った、翌日から回復に向かったそうです。


こんなそんなで、皆さまの応援やご支援を受け、何とか続けている私達の活動ですが、人智の及ばない何かに畏敬の念が沸き上がることが、本当に多いのです。

無宗教な私ですが「お陰様で」という想いは、これからも大切にしたいと思っています。



保護っこ達と新しい家族との出会いは、私達なんかに画策できるものでもなく、焦らずに、そのときを待つしかありません。
募集を出したり、健康管理をしたり、しつけたりする作業、ご縁を結ぶ、ちょっとしたお手伝いのようなものです。
私にできることは、限られています。


そして・・
里親募集中の子達に素敵な縁があるように、願っております。

IMG_1057.jpg
あばれる君2号もまだ1歳です。

ちび猫に、あばれる2号も里親募集中です。
仲の良い2匹を見ていると・・できることなら、同じお家に・・・と、願ってしまいます。

| 犬&猫 | 13:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |