FC2ブログ

2018年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年04月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

足長さん募集します。

一年って早いですね・・。
昨年の今頃は、まだ元気に公園に行けたのだな・・と、4匹の写真を眺めていました。
hikarigadai.jpg
犬の一年の変化って、大きいですね。

an201803.jpg
あまり変化がないのは、この方だけかな・・・若いんですね。



さて、先日、記事にしたメスの柴犬のこと・・・・まずはお詫びです。
愚痴を書き、お騒がせしてしまい、申し訳ございませんでした。


自分の気持ちが固まりました。
時系列に書かせて頂きます。

あの柴犬を見捨てることに、私は、大きな罪悪感をもっていました。
私自身、本当に何もできないのか、、最善を尽くしたのか・・等々、自問自答しつつも、キャパを超えた活動は・・との思いもありました。

今現在、柴犬2匹をトレ-ナ-(久保木さん)にお願いしています。

その1匹は、有志が数人、費用を出して、久保木さんにお願いしています。
kakun.jpg
その子の場合、救いたいとの思いを持った人が複数いたので、話しは直ぐにまとまりました。

もう1匹は先日、費用の不安を持ちながら久保木さんにお願いした、ポコタです。
F9DE6FBD-A602-44A5-971D-D77C5B2AA118.jpg


そして今、見捨てられそうになっているこの柴犬の女の子・・。
kanagawasiba.jpg

この子は仕方がない・・と言って、見捨てるなんてやっぱりできない・・・と
そんな思いに苛まれていたとき、Oさんから連絡を頂きました。

訓練費用の募金の申し出でした。
「何とか助けたい」との想いを強くお持ちでした。

とてもありがたく思いました。
と、同時に、同じように考えている人も、いるかもしれない・・と思いました。
であるのなら・・・
「何とか救いたい」との想いを持っておられる方たちを、募ってみようと思いました。

訓練費用の「足長募金」を申し出てくださる方が何人か集まれば、救えるかもしれない。
例えば、それが揃わなくても、救うしかないと、私の中で、気持ちが固まりました。

となれば、前へ進まなければなりません。
とりあえずは、今は、彼女を引き取ることを計画しました。


昨日、知人に「この飼い主にこちらで引き取ると伝えてくれ」と頼むと、暫くして「こんなメ-ルが来た」と・・・



 ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ 

『実は、今週の始めぐらいから、エサをあげている最中に吠えて向かって来る様な状況になってしまっています。(自分が怖がっていることが伝わっているのだと思います)それ以外は、今のところ変わりは無いようです。
色々なところに相談しましたが里親様の当てもなく、手詰まりになり改めて22日木曜日に保健所様に相談に行きました。とても迷いましたが、今段階では、今度の27日(火)に引き取って頂くお話になっています。
もし可能でしたら本日、又は明日、日曜日の昼頃お電話させて頂きたいのですが、ご都合いかがでしょうか?』と・・・。

 ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ 



焦りました・・・。
保健所に、27日に引き渡しが決まってしまっていました。

早速、直接連絡を取り、保健所への引き渡しをとめ、数日、待ってくれるようにお話しました。


そして、久保木ドッグスク-ルにお預かりをお願いしました。
http://www.kuboki-ds.com/school
無理そうだったのですが、久保木さんに事情をお話ししたところ、お預かりを快諾してくださいました。
最低6か月はかかると思いますが、お願いすることにしました。


この柴犬のお世話をしていたのは、その家のご主人でした。
ご主人からのご相談だったようです。

話しを聞けば聞くほど、柴犬ではよく聞く程度の咬みつきのように思えてなりません。
咬まれたときに、押さえつけて怒ってしまったようです。

食器の下げ方の工夫も悪く、以前は室内フリーだったのが、現在は、室内でつながれて飼育されています。
お散歩で他のワンコとも遊べるし、他人に撫でてもらったりも、普通にできるそうです。
吠えるわけでもなく・・・いわゆる普通の柴犬です。

避妊は、されておりません。
以前、こちらに引き取ったときに、10歳で子宮蓄膿症になった犬がいます。
年齢を考えると、早めに避妊手術をしたいと思います。

大ざっぱに、この2日間の事を書かせていただきました。



この柴犬の「訓練費用の足長さん」を募らせて下さい。
どうぞ、ご協力をお願いします。


≪銀行名≫郵ちょ銀行  ≪口座名≫板橋の犬たち 
(他金融機関からの場合)  店番008 (普)2395478 
(郵便局からの場合)  記号10090(普)23954781

この子の足長募金の方だと判るように、お名前の前に「48」と、数字をお書きください。
よろしくお願い致します。




同時に、久保木さんのところで勉強が終わった後のお預かりさん、もちろん、里親さまも募集しております。

残された犬生を犬らしく人との楽しい時間を、彼女と共有して下さる方との出会いが一番です。
素敵な家族との出会いを切望します。

7月生まれの女の子・現在は9歳です。


Oさん、グズグズしている私の背中を押して下さりありがとうございます。
そして、心配し、心を痛めてくださった皆さま、ありがとうございます。

やっぱり「いのち」を簡単に、諦めたくはありません。
ちょっと、あがいてみます。




そして、諦めたくないもう一つの大切な「いのち」。

ボータンは低空飛行の状態ですが、頑張っています。
先生やスタッフの皆さんが名まえを呼ぶと「にゃ~」と、応えてくれているそうです。
CCD70C92-A2EA-4A88-AC49-781566CFE63E.jpg
できることは、全てやって頂いています。
楽に過ごせるように、最善を尽くして下さってます。
今朝は、下痢便ではなく、いいウンチをしたそうです。

FIPを発症すると、ほぼ助からない・・といったって、助かった子だっているわけです。
奇跡が起きることを願います。

| 犬&猫 | 19:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT