FC2ブログ

2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ご縁を待っている子達。

コメントを頂いたままになってしまって、お返事もせずに、すみません。
アンさんへ、優しい言葉とお気持ち、そして応援をありがとうございます。
今、あんさんは、とても幸せそうで、私としては、本当に嬉しく思います。

私は、不覚にも、お届けの翌日から、体調を崩してしまいました
気が緩んでしまったのかも知れないですね。
何かだるくて、左側の顔・脇の下あたりに、ヒリヒリとした感じの痛みがあり、おかしいな・・と、思っていました。
何としたことか・・どうも帯状疱疹だったらしく・・・
お陰様で、初期の段階で抗ウイルス薬を服用したので、まだ、だるさは残っているものの帯状疱疹自体は軽く済んだようです。


そんなこんなをしているうちに、早いもので、アンをお届けしてから5日が経ちました。

外出先から帰宅すると、窓の下に並んでいた車椅子も無く、カ-テンから外を覗くアンの姿もないので、なんか不思議な感じです。
566A364F-AB8E-4573-AC13-17E3C77E3B5D.jpg

いまだに「オムツをかえなくては・・・」と言いながら、姿を探してしまう事もあり「あ!いないんだった。」と、思うことが度々あります。
身体の動きが習慣化してしまっているようで、もう5日も経つというのに・・
まだ今の状況に身体が慣れていないようです。
4年半という月日は、それなり・・ですね。


一方、アンが居なくなって、全く変わらないのは、お爺ちゃん犬の大ちゃん。
マイペ-スで、耳は全く聞こえないものの、相変わらず元気に、ピョンピョン跳ねています。
20191dai.jpg
かと思えば、ピタっと暫く止まって、人形のように固まってます(笑)

大ちゃんの世界は、はかり知れません・・・。

食欲は変わらず、食いしん坊さんなので、miw@さんに頂いた、お菓子を大喜びで、美味しそうにパクパク食べています。
daiokasi.jpg
miw@さん、大ちゃんに優しいお気持ちをありがとうございます。


そして、アンが居なくなってから豹変したのは、この方・・ポコタくん。
IMG_6327.jpg
以前は、はしゃぎすぎると、アンに怒られていたポコタは・・。

お目付け役がいなくなり、怒られることがなくなり、これこそ「水を得た魚のよう・・」とでも言うのでしょうか・・・
まぁ、はしゃぐはしゃぐ・・・思いっきり、はっちゃけています(^^;
IMG_6280.jpg
それでも「ポコタ、静かにして!しぃ~っ」と言うと、静かになります。

保護当初、分離不安気味で、人が居なくなると、ずっと吠え続けていたポコタ。
トレ-ナ-さんのお蔭で、信じられないほど、すっかり落ち着いてくれました。
IMG_5957.jpg
朗らかで、素直な可愛い男の子です

そんなポコタくんは、なかなか賢い一面も見せています。
大ちゃんが、排泄をもよおしている時や失敗してしまった時・・「くぅ~ん、うぉん」と、小さく鳴いて、知らせてくれます。
そんな時、大ちゃんが排泄を済ませて戻ったり、失敗したものを片付けると、落ち着いて伏せます。
最初は偶然かともいましたが、そうでは無かったようです。ポコタ、、偉いぞ!


そして、カツオくんも・・アンんがいなくなってから・・
IMG_6350.jpg

アンの代わりなのか、気付けば、いつも私の足元にいます。
歩くところ行く所、チョコチョコと私にくっついて回ります。

座れば膝に・・横になると、腕の中に入って来てべったり甘えて寝ています。
DDFBCF21-702D-4C94-9ACD-038FA7D1A5CA.jpg
かなり、甘えん坊過ぎなカツオくんです。


で・・・アンが居なくなって、車椅子で轢かれることなく、大ちゃん達との落ち着いたお散歩ができると思っていたチビ太は・・・
tibitibita.jpg
アンが居なくなった日曜日の夜から来た、予定外の居候くんとお散歩です。

この居候くんが、若くて元気なので、右へ左へのお散歩で、チビ太もなんだか落ち着きません。
IMG_6304.jpg
毎日1回、お散歩が減ると思ったのに・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ・・1週間の居候くんです。


チビ太もポコタもカツオも、アンのように幸せを掴み、早く、優しい家族ができますように・・・



体調が悪いのは、ぐぅちゃん。
今週の初めから入院しています。

gugu2019.jpg
腎臓の数値もさらに悪くなっているようです。

皮下点滴では、追いつかないようなので、ル-トからの点滴をお願いしました。
鼻もつまっているようで、ネブライザ-吸入にインタ-フェロンに投薬をして頂いています。
昨日は、ル-トの管を3回も噛み千切ってしまったようです。

どうにか、食欲が戻って、元気になって帰宅して欲しいです。


アンさんが保護っこを卒業できて、今は新しい時間の流れになっています。


トレ-ナ-さんにお預かり頂いているボタンと・・
bota2019.jpg

そして、カ-クンもいます。
ka2019.jpg

猫猫座さんにお預かり頂いているセサミちゃん。
sesa2019.jpg


ケンタもフィラリア症の後遺症の慢性気管支炎の悪化もあります。
ken2019.jpg

お預かり頂いているミケちゃんも、まだ、家族が決まっていません。
IMG_4201.jpg

のんびりしている場合ではないですね。


明日は、自分の子供が産まれたから、犬は要らなくなったと放棄されたワンコの募集の為の写真を撮りに行ってきます。
チワワ×ダックスフンドのミックスだそうです。
mixkun.jpg
現在は、お預かり下さっている方のお宅で、暮らしています。
そのお宅も、事情があり、犬をずっと飼育する事ができないので、早急に、新しい飼い主さんを探さないとなりません。

本当に・・・お願いだから、最期まで一緒に暮らせないのだったら、買わないで!飼わないで!欲しい。

保護を必要とする動物がいなくなる日は来ないのかしら・・・
せめて・・ペットとして扱われる動物達が、人間の手で放棄されたり虐待されたりすることを防げないものだろうか。
愚かな人間がいる以上、法整備は必要不可欠に思えます。


みんな、幸せになぁれ・・・
どうか、この子達にも、アンさんのような、素敵なご縁がありますように・・・

| 未分類 | 19:45 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |