FC2ブログ

2019年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

今日も頑張りました。

晴れた日の花粉には、随分と泣かされていますが・・・・
犬猫の敷物の洗濯物は、乾きが良くて、助かります。

pokotiritibi.jpg
洗濯物を干していると、3匹で並んで、興味津々で覗いています。


さて、プ-ちゃんは、子供に慣れる為のトレ-ニングに挑みました。
今日(14日)は、Kさんとクマちゃんも一緒に公園へ、いざ
kumanopu.jpg

少しではありますが、公園で子供たちが遊んでいる姿を静止して見る余裕も、出てきました。
そして、やはりパニック状態になってしまいます。

そう簡単に克服できるようなものではないですね。

一番苦手なのはボ-ルの音のようです。
ボ-ルが、こちら側に転がって来ようものなら・・・もう、大変です。

見ていると、可哀想になってしまいますが、少しずつ慣れてきています。
これからの幸せを考えると克服できるように、頑張って欲しいです。

一方、クマちゃんは、何事にも動じず・・・というか、「そんなことより、僕を撫でて撫でて~」と、でも言っているように、私の足にお尻をぶつけてきます。
kuma314.jpg
能天気で明るい甘ったれのクマちゃんです。
もう少しだけ、「お腹空いたよ~」とか、「お散歩、早く早く~」とか、、お口が軽いのが、直ればいいのに・・ね!

そのプ-ちゃんとクマちゃん、先月末からずっと、2頭引きで、朝晩のお散歩に行っています。
D554D625-D629-4BBC-B68A-D98F00FEC95F.jpg
昨日、今日と、2匹ともテンション高くて・・・それはそれは、大変なお散歩でした。
犬ぞりレースの訓練かと

プ-ちゃんも1頭で歩いていた時は、お散歩から帰って来ると、足の裏が真っ黒でした。
緊張で、足の裏に大汗をかいているからです。
バケツにお湯を張って、足を洗わなければならないほど真っ黒で、足を洗った後の洗面器のお湯もまっ黒になるほどでした。

そして、クマちゃんと2匹で散歩に行くようになってからは、ぴたっと、足の裏が汚れなくなりました。
1匹で歩いている時と違い、クマちゃんがいて、心強いのでしょう。

ケンタも以前は緊張してお散歩をしていたので、足裏の汗がすごかったのですが、1年が過ぎるころから汗をかかなくなりました。
kenta314.jpg

三郎もはじめはそうでしたが・・
saburoukun.jpg
ケンタと2頭でお散歩に行くようになってから、汗がなくなったそうです。

私達から見たら、何気ないお散歩ですが、プ-ちゃんや三郎君やケンタ君の初期のお散歩は怖いもので、緊張の時間だったということですよね。
子犬のころから、自然にお散歩を学び、安心感の中で歩いてきた子達とは、違うのですね。


こんな緊張を解くのが、たった2匹のお散歩であっても、「群れ」を作ることだったということなのだと、改めて、納得しました。

本当は、1匹ずつではないと、脚側で歩く訓練ができないのですが、仕方がありません。
今は、安心感の方を取っています。



群れになって歩くという事は、犬にとって本能的に持っている性質です。
ポコタや大ちゃんもそうですが、犬たちを見ていると、本当に、「群れで生きる生き物」なんだな・・とつくづく思います。
加えて言うなら、「群れ」になって歩く事は、「仲間意識」も高まるようです。

dogran.jpg


家の場合は・・・ですが、新しく来た犬たちは、まずは、私との関係を作ります。

そして家に慣れた頃に、先住の犬たちと、何回か一緒にお散歩に行きます。
勿論、その時は、家族の手を借りて、お散歩をします。

お散歩で「仲間意識」を高めた後、日中を過ごすケ-ジを置く部屋を一緒にし、時々、室内でフリ-にして遊ばせます。
tatou.jpg
人が主導権を確保していますし、お散歩で群れ意識を培い、結束力を高めることで、互いに互いを認知し付き合い方も学ぶようです。

多少の小競り合いがあったとしても、「こら!」の一言で、治まります。
これまでは、そんな感じで、犬同士のトラブルもなく、一緒に仲良く過ごせてきました。

それでも・・狭い室内、相性が悪い同士は、ある程度は注意を払います。
tatihuda.jpg
多頭飼育は簡単ではありませんが・・柴犬の多頭は、、やはり・・・それなりなのです。

よく見ていれば、相性の良しあしも判るのは犬も猫も一緒です。
人間もそうですが、相性ばかりはどうにもなりません。


人が暮らす リビングで、生活時間と空間を共有することは、躾上も、とても有意義なのことです。
pokogorogoro.jpg

今は、みんなと違う部屋にいる「くま&プ-ちゃん」も、いずれは、みんなのいるリビングに・・とは考えていますが、今はいっぱいです。
里親さんが早く決まれば、それが一番、良いことです。

保護歴が長くなってきた、ポコタくんもチビ太くん・・・
pokotibitan.jpg
君たちの赤い糸は、何処かな・・。

| | 02:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |