FC2ブログ

2019年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

今月は、保護猫が多い。

我が家の主のチリリンさん。
何故か、柴たちの前に行って、ゴロンとお腹を出してアピ-ルをします。

見ているこちらがハラハラすることも・・・
大ちゃんに踏まれそうになることもあるのに、懲りずにゴロンゴロンと・・。

今日も、ポコタとプ-ちゃんに遊んでほしいチリリン。
D9778E6D-C757-49A8-B8BE-B79176BCB1D5.jpg
一生懸命、ゴロゴロとアピ-ルしているのですが、2匹とも、相手にしてくれません(笑)
相手にされず、2匹とも移動してしまったので、チリリンも諦めたようです。



さてさて、明後日、土曜日はいよいよチビ太のお届けで、トライアルのスタートです。

ですから、今日は、チビ太のシャンプ-しました。
IMG_9431.jpg
抜け毛も、そんなになく、小さいのでシャンプ-もドライヤーも楽でした。


そして、もの凄い抜け毛なのが、ぷ-ちゃん・・・
IMG_9107.jpg

ブラッシングする度に、この抜け毛の量です。
425CDFCB-B0FC-4CED-BFFF-0C1B39B9D6F2.jpg

プ-ちゃんも洗っちゃおうかな~・・とも思ったのですが、腰が痛くなったので、また後日に先延ばしにしました。
最近では、人との生活やお散歩に慣れてきたようで、驚いて大慌てで逃げるという事も無くなって来ました。

昨日、リビングでフラフラしていた時に、身を低くして両足を広げ、ポコタを遊びに誘っていました。
初めて遊びに誘われたポコタ・・・「いえいえ、僕は遊びませんよ~」とそっぽを向いていたポコタでした(笑)

子どもに対するトラウマ以外は、順調に慣れてきました。
IMG_9106.jpg
本当に、可愛いプ-ちゃんです。


さて、猫たち・・・


子猫はすくすくと育っています。
28113.jpg

昨日、目も開き、毎日、着実に10g位ずつ増えています。
IMG_9414.jpg
問題なく順調に育つ、子猫くんです。


茶トラのマンチカンとサビちゃんは、避妊手術から1週間が経たたので、今日、抜糸を終えました。

サビちゃんに興味津々のカツオは、ずっとつけ回し、ほぼ、スト-カ-状態。
sabikatuo.jpg
余りにしつこくて、サビちゃんに怒られてばかりです。

茶トラのマンチカンは、顔を近づけると怖がらないのですが・・
50D9D705-139D-4BF3-B1CB-430518F70B85.jpg
人の手には何か警戒しているような素振りをしています。

どんな飼育の仕方をされていたのでしょうか・・

雄のスコマンチも、天真爛漫とはかけ離れています。
3E1D3F53-A9C1-44DE-B4F1-F020C3088DDF.jpg
触れるし、攻撃性もないのですが、緊張しているような、固まっているような居方をしています。



そして、先週の金曜日は、有刺鉄線に絡まり動けなくなっていた茶トラ君がいました。
27887.jpg
この子達が捨てられていた場所の近くなので、警察も入って貰い、無事に保護しました。

同じ場所に捨てられていた子は、この子を合わせて、全部で9匹です。

今日、この子も無事に、去勢手術が終わりました。
IMG_2297.jpg
棄てられていた場所から少し動いていたので、保護が遅れたのだと思います。

痩せていて、頑なに心を閉ざしているかのようで、日中は動かず、夜、電気を消すと、フ-ドを食べるそうです。



そして・・・先日15日に、Kさんが保護した2匹の姉妹猫です。
IMG_2296.jpg

ペット可のマンションの前に捨てられたようで、通る人、みんなが気にしていたようです。
おいで・・と言えば、寄ってきてゴロゴロと甘えてくるそうです。
小学生が、抱っこをしたりしていたそうで、人懐こい、警戒心のない猫は虐待の餌食になりやすいので、危険・・

という事で、Kさんに保護され、避妊も終えたので、これから、里親さんを探します。


虐待と言えば、この3~4カ月の子猫。
IMG_2281.jpg

何があったのかは判りませんが・・・尻尾が根元から引きちぎられていて、皮のようなものが少し垂れていること・・・
数日前はお尻が血だらけだったそうです。

一昨日、Kさんが相談を受け、昨日、捕獲しました。
現在は入院加療中です。

虐待の可能性がある以上、当然、志村警察に通報し、刑事さんも病院に来て写真を撮っていきました。
傷は、あまりにもひどいので載せられません。



先日のババァ発言の謝罪は受けましたが・・・猫が捨てられていた現場の巡回には、警察の方は、1回も来ていません。
と言うのも、猫が捨てられていた場所とその時間に、毎朝、Kさんが見張ってくれていますが、警察官を見た事が無いそうです。

そして、今朝は、はじめて現場周辺を巡回しており、周辺のことを調べていました。
昨日、写真を撮りに動物病院に来た課長代理さんに、あれから、ずっと、誰も巡回してないこと、全く、調査していないことを訴えたそうです。
今朝から、やっと、動いてくれたようで、警察の方と現場で初めて会ったようです。

これで、Kさんがババァ呼ばわりをされた甲斐があったということでしょうか・・。



飼い犬の飼育放棄にしても、捨て猫にしても、動物虐待にしても、事故にしても・・・
こんな、不幸なことが繰り返されないように願います。

ペットブ-ム、猫ブ-ムと言われ、テレビでも盛んに可愛らしい映像を流しています。
「ブ-ム」だなんて・・・こんな呼び名を、早く、返上したいものです。

| 犬&猫 | 23:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |