FC2ブログ

2019年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

みんな元気そうでした。

大ちゃんは、先週の受診から、ちょうど1週間・・・木曜日の夕方から、また少し体調が落ちてきました。
翌日の朝、小さく悲鳴をあげたので、急いで受診しました。

いつものように、夕方までお預けして、静注で脳圧を下げる薬などを入れて貰いました。

IMG_9465.jpg
お蔭さまで、帰宅してからは悲鳴も上げることなく、調子も戻ってきたようです。

大ちゃんの悲鳴の原因は、わかりません。
大ちゃんの内耳や顎関節や脳が、どにようになっているのかは、想像しかできません。
付け焼刃的な処置でしかありませんが、調子が良くなるので、症状に合わせての対症療法でやり過ごして行くしかありません。



さて、グラウンドにお邪魔した木曜日は、幸せを掴んだご報告を兼て、お世話になったポコタと、お初のプ-ちゃんの2匹も連れてお邪魔しました。
pokopukuma.jpg

1ヶ月ぶりに会ったクマちゃんは・・・いつものように、私をお尻でド突きながら「久しぶりじゃないかよ~!おい!おい!」とでも言っているようでした。
IMG_9016.jpg
相変わらず明るいクマちゃんです。

ゴンちゃんは、まだ臆病な様子は残っていましたが、以前よりも明るくなっていました。
196505gon.jpg

トレ-ナ-さんのご主人には、すっかり慣れており、心を許しているようで信頼も寄せているようです。
ゴンちゃんは、来た時は、凄く吠えていましたが、今は吠えることなんて全くなく、とても良い子で飼育しやすい子!と仰っていました。

ケージに入れられっぱなしで人との関わりを極端に制限されていただけでなく、ゴンちゃんの、本来の飼い主だった人がどのような飼育方法をしていたのかも、不安要素です。

ゴンちゃんの近くに座り、他の子達をみていると、こっそり臭いをチェックしに来ていました。
最初の頃ではあり得ない、進歩です。

gontama1.jpg
また、気が弱いようで、プ-ちゃんやポコタが近づくと、尻尾が、下に垂れてしまっていました。

ご主人が「ゴン、おいで」と呼ぶと、直ぐに近くに行きますが・・
gontama.jpg

基本的に人が怖いのか、用心深くて気が小さいのか、他の人が呼んでも来ません。
一度リ-ドを離して、グラウンドで遊ばせても、ご主人が呼ばなければ、リ-ドを付けるのも困難です。


ボタンは相変わらず、木陰でまったりしていました。

他の犬との関わりは苦手らしいです。
20195botan.jpg
自分の物・・とくに食べ物の執着が強いのがまだクリアできていないそうです。
食器や食べ残し、隠してある何か・・そんなものに不用意に手を出さない限り大丈夫だとのことでした。

可哀想だったのが・・右目です。
IMG_8994.jpg
ブヨに刺されてしまったらしく、今は腫れが引いたそうですが、刺された当初は、酷く腫れたそうです。
自然が多いので、ブヨも多いらしいです。
ボタンの周りには、ブヨ対応の蚊取り線香が3つも置いてありました。


プ―ちゃんとポコタもいたし、クマが煩かったりして、いつもより、ボタンとの時間がとれませんでした。
今度ね・・・


プ-ちゃんをみて・・・
「何だか、身体・・・に、、顔のバランスが、キュっと詰まってません?」と、トレ-ナ-さんに言われてしまいました。
IMG_9080_201905191306444a6.jpg
そうなんですよね・・。
クマちゃんと並ぶと、タヌキとキツネみたいですね(笑)

何か、バランスに問題が・・でも、写真よりも、実物の方が可愛いのがプ-ちゃんです

グラウンドでも、背中をスリスリしているポコタくん・・。
IMG_9135.jpg
ポコタの譲渡決定をとても喜んでくださいました。
そして、ポコタの表情が穏やかになったと、しきりに誉めてくださいました。
それもこれも、トレ-ナ-さんのお陰です。



お届け予定のサビちゃんの名前は「ザラメちゃん」になったと連絡を受けたので、早速、その名で呼んでます。
zarame.jpg

順調に準備も進んでいるようで、当初の予定通り、25日にお届けできそうです。

IMG_0954.jpg

マンチカンや、セサミの近況、スコマンチやスネ夫にいくら・・もちろん、カツオくんも・・・

20195manti.jpg
書きたいことは沢山あるのですが、、いつも睡魔に勝てず・・・(パソコンに向かうと、zzz)

20195nabti1.jpg
猫達のことなどは、また今度に・・・。





| 犬&猫 | 13:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |