FC2ブログ

2019年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

柴ぁずに会いに行ってきました。

金曜の昨日は、いつも通り、大ちゃんの受診でした。

夕方、帰りの車の中で、いつもは伏せているのですが、珍しく、家に着くまで運転席の横で座っていました。
91B8A9D7-6B45-476E-9BAA-D6DBF0BFC933.jpg

先週の受診からの1週間は、昨日の朝ちょこっと嘔吐をしたくらいで、然程、体調は悪くなりませんでした。
口を大きく開けて、顎をカクカクとさせる仕草は、相変わらずでしたが、嘔吐がなかったので、今回の受診迄は、大ちゃんも少し楽だったと思います。

大ちゃんの聴力は、とっくに失われていますが、目は薄っすらと見えていました。
dai2019621.jpg

今では、殆ど見えてないのか・・・一度、方向感覚を失うと、何処にいるのかがわからなくなってしまったような仕草を見せます。
とは言え、リビングで激しく跳ねまわるので、フリ-でいる時は目が離せません。


さて、プ-ちゃん。
pu21.jpg

先日、お見合いをした方と、いろいろとやり取りをしておりました。
来月から『一時、お預かり』と言う形で、新しい環境で少し過ごしてみることになりました。

お仕事もしっかりしていて、若いご夫婦で、奥さまも穏やか方です。
プ-ちゃんには、とても良い環境なのですが、初めて犬と暮らすということで、色々とやり取りをさせて頂きました。

犬と暮らすことが、どの様なものかを、「一時お預かり」と言う形で経験して頂き、プ-ちゃんと一緒に暮らせそうでしたら、トライアルに入って頂きます。
実際に体験してみて、難しそうであると判断したら、遠慮なく、白紙にして頂こうと考えています。

来月の初旬から、お願いする予定です。


そんなプ-ちゃんを連れて、20日の木曜日、トレ-ナ-さんにお支払を兼ねて、クマちゃん達に会いに行ってきました。
kuma621.jpg

1カ月の間に、ゴンちゃんの表情は更に明るく変わっていました。
gon621.jpg

ご主人にベッタリだったゴンちゃんでしたが・・・
go620.jpg

トレ-ナ-の奥さんにも馴れてきたようです。
goku620.jpg

そして、私達にも、すんなり近づいてくるようになっていました。

「とにかく明るいクマちゃん」は、相変わらず、大喜びして、こちらに向かって吠えていましたが・・・トレ-ナ-さんが「こら、くまちゃん」と言うと、直ぐに鳴きやんでいました。

トレ-ナ-さん曰く「クマちゃん、全然鳴かないし良い子ですよ。でも、焼きもちが凄くて~、それがまた可愛いんですよ~」とニコニコして仰っていました。

「え~あんなに吠えてますよ~と冗談で言うと・・・
「最近、こんなに吠えたことないですよ。嬉しくて吠えてるんです」って、仰っていました(笑)


グラウンドで遊んでいる2匹は、生き生きとして楽しそうでした。
2019620 (1)

くまちゃんゴンちゃんと、思いっきり走り回って遊んでいたのですが・・・、
2019620 (2)

あれ?プ-ちゃんは??

と・・・マイペ-スなプ-ちゃんは、物陰で・・・
puunt.jpg
暢気に用をたしていました(笑)


ボタンは他の犬に、怒る時があるとのことで、みんなの遊ぶ姿を端っこで眺めていました。
bota621.jpg
なんか・・ポツンと1匹で、ちょっと寂しげでした。
そうは言っても、トレ-ナ-さんと遊ぶ時は、はしゃぐようで、その様子が、凄く可愛い・・と仰っていました。


今月は、クマちゃんをお迎えに行かなくては・・と、思っていたのですが・・
クマちゃんとゴンちゃんへ、チビ太の里親さま、KNさまより「折角良くなってきたので、もう少しだけお預かり頂けば・・」と、御連絡頂き、ご寄附を頂きました。
正直、自分自身の体調も悪くて、検査に行かなくてはならなかったのもあって、お二人のご厚意に甘えさせて頂き、今月もお願いする事にしました。

そして、OMさま、KⅮさま、毎月、ボタンへのご支援をありがとうございます。
お蔭さまで、ボタンの食べ物への執着も、だいぶ無くなってきたようで、「後一息かな・・・って感じです」と、トレ-ナ-さんが仰っていました。

何の手も打たずに、譲渡してしまえば、問題が起き、新しい飼い主さんもこの子達も不幸になってしまいます。
皆さまのご支援のお陰で、できる限りの準備をすることができます。

12F9C11A-682E-4ECC-BF83-055197F7C081.jpg

ミッチ-さん、KTさま、SIさま、SDさま、YKさま、毎月、ご支援をありがとうございます。
他にも、色々な方々が気にかけて下さり、応援し、ご支援を頂いているお陰で、保護っ子達が良い形で、新しい飼い主さんとの出会いのチャンスを得ることができます。

そして、必要な医療にも、かけてあげることが出来ます。
本当に、ありがとうございます。

お蔭さまで、保護したばかりの仔猫達も、食欲もあり、元気です。
tokoni.jpg
体重も、もう直ぐ500gになりそうです。

昨日の受診では、採取した毛を顕微鏡観察して頂きましたが、疥癬は見当たりませんでした。
皮膚の中には、まだ,、いるかもしれないので、来週の金曜日に、また、レボリュ-ションを付けて、終了です。
せっかく生き延びた命・・・この子達にも、幸せになって欲しいです。

| 犬&猫 | 23:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |