FC2ブログ

2019年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ここ数日・・。

最近の大ちゃんは、あまり調子が良くありません。
ハァハァと、息が早くなることが多くなり、大きく口を開けてアグアグする仕草も、ますます増えてきました。

先生も手探り状態で、ステロイドを増量したり、痛み止めガパペンを使ったりしてみて下さっているのですが、目に見えるような効果は出ていません。
いったい大ちゃんに何が起こっているのか・・・なんだか、とても心配です。

今日は、お昼前から夕方まで、結構な時間、寝ていました。
寝ている姿の大ちゃんを見ていると、身体が楽だったのかな・・・と、ちょっと安心しました。
そして、こんな風に楽な状態が続いてくれればいいなぁ・・って思いました。

金曜日は、いつもの受診日・・。
5A3B7BB4-EEA8-4C83-9CD2-072499B1B7E0.jpg
いつものように午前中にお預けし、夕方、お迎えに行きました。

こんな大ちゃんですがいまだに、食欲は、衰えません。
流石です。


さて同日、金曜日に予定通り、ゴン&クマちゃんが帰ってきました。
IMG_5511.jpg

山中湖までは、とてもお迎えにはいけません。

13日に、久保木さんが、こちらに来る予定があると言うので、いつもお世話になっているOMさんの敷地をお借りし、そこでで待ち合わせをして、2匹を引き取りに行きました。

9EB70FD0-45AB-4068-9385-B8D091B47AAD.jpg
くまは、相変わらず明るく元気に飛びついてきました。

ゴンちゃんも、以前より、より一層、人懐こくなっていました。
IMG_5522.jpg
Kさんのお店にゴンちゃんを降ろして、クマを連れて帰宅しました。

自宅に着くと、車から降り、当然のように、さっさと玄関に向かったクマでした。

翌日の昨日、いっぱい楽しんで、真っ黒になって帰ってきたクマを連れ、シャンプ-に向かいました。

79BF06CC-5AE1-4A10-8F4C-043B870C9451_20190915035631cf3.jpg

健康的な2匹の汚れと抜毛と香ばしさは、なかなかの凄さでしたが・・・

FC51717A-CE80-442B-A9A3-9D858905535A.jpg

自然の中を楽しそうに走り回っている2匹の姿が目に浮かぶようでした。

当然、シャンプ-の泡は、茶色でした。
69E592D3-37D0-4646-9789-AC681D66B005.jpg

ゴシゴシ洗って、マイクロバブルにも入って、2匹共、ピッカピカになりました。

E061B249-C3E3-4137-A6DC-46D75944452E.jpg

さてさて、そろそろこの方たちの赤い糸を繋がなくては・・ですね。
プーちゃんと三郎に続かなきゃ、、です。



そして、もう一つの報告です。
前日の木曜日は、体調の悪い猫を引き取りました。

当然、うちにはおいておく場所もないので、Kさんのお店のスネさんのケ-ジに入れて貰いました。
IMG_5536.jpg
「ホ-タン」と言う名前です。

元の飼い主さんが、60代の時に譲り受けた猫です。

ところが、ひとり暮らしだった飼い主さんは、認知症を患い、症状がどんどんと進行していってしまったようです。
アルツハイマー型認知症なのでしょうか・・・
認知症が酷くなる一方で、猫を引き取る家族もいないとの事でこちらで引き取りました。

というより、選択肢がありませんでした。

そのお宅に入っていたヘルパ-さんが、兼ねてから猫のことを心配していたようです。
そして、とうとう猫が全く動かなくなり、猫の体調が悪いようだと、ケアマネさんに相談したことから、ことが動きました。

そのケアマネからの私の友人に相談の連絡が入り、友人が引き取りに行ってくれました。


友人は、引き取り、すぐに近くの病院に連れて行ってくれ、1泊の入院になりました。
375F0E5D-9979-4EBD-8E78-ACB0A847C5F6.jpg

極度の栄養失調と脱水と歯周病でした。
6歳には見えない痩せた衰弱しきった状態でした。
輸液で脱水が補正され多少元気になったので、翌日の木曜日にこちらに引き取りに行きました。

口の中の歯周病が酷く、痛くて、ご飯が食べれないようです。
ペ-スト上の物は何とか食べてくれるようなので、痩せて体力もないことから、AD缶を食べています。
ガリガリに痩せているので、もう少し、体重が増えてくれると良いです。

保護当初、一歳の時から、左目の眼球が無いのですが、原因はわかりません。
そして、いつからフ-ドが食べれなくなっていたのかも、解りません。

ヘルパ-さんが知る限りでは、フ-ドや水を切らしていないのではないかとのことでしたが、はっきりしません。

飼い主さんだった方は、すでに猫の存在も忘れてしまっていると、ケアマネさんが仰っていました。

3F06C094-F047-4581-9EBD-2AB4E5B70CF2.jpg
ホ-タンはとっても人懐こい、甘えん坊の男の子です。

また、新しい出逢いに恵まれ、幸せになって欲しいと願います。

まずは、受診して全身状態の検査と、必要な治療をしなくてはなりません。
幸せを探すのは、それからですね。


それにしても、その方も60代でホ-タンを受け入れ、70歳前半で、痴呆症が悪化し猫の世話どころか、自身の身の回りの事さえできなくなるなんて、考えもしなかったことでしょう。

病気や事故・・いつ、誰の身におるかなんて、解らないですよね。
何だか・・・とても、考えさせられました。

ここ数日、出たり入ったりしで、せわしくしていたら、この3匹が笑わせてくれました。
345D9C20-F430-4EA8-9EB1-3774973526CC_201909152247294bb.jpg
何だか、ホッコリしました。

| 犬&猫 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT