FC2ブログ

2019年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

この1週間のご報告!

御無沙汰しております。
ここ1週間程、ちょっと忙しく、いつも以上に、睡魔に勝てずに、ご報告が遅くなりました。

ゴンちゃんは、今週から、我が家で過ごしています。
IMG_6172.jpg

ということで、2匹一緒に散歩に行っています。
クマちゃんは、相変わらず、お尻でド突くのでプーちゃん同様に、ゴンちゃんが迷惑そうです。

FEEBD44C-01E9-42D3-8801-1690CAAE36A7.jpg

そして、2匹とも他の犬に吠えられようと、我、関せず、マイペースで歩いています。

が、しかし・・問題が・・
外の猫に、異常に反応するのです。
というか、ゴンちゃんは、鳩にも、風で動くゴミにも反応します。
IMG_6190.jpg
お散歩のスタートは大はしゃぎでクルクル回るし・・。
年齢は比較的若いのかもしれませんね。

とても元気な仲の良い2匹です。
IMG_6163_2019100502573905d.jpg
良いご縁がありますように・・。


さて、大ちゃんは、金曜日に、いつもの受診でした。
1C96DE47-CF2E-4DA3-9BF0-85020CB9840C.jpg
病院ではこんな感じで過ごしています。

口を大きく開けて、もがくような仕草が増えてきたように感じています。

痛み止めも効かなくなってきたのでしょうか・・それとも、痛みとは関係ないのでしょうか。
私としては、見守るだけしかないというのも、歯がゆいものです。

IMG_6221_201910060024343a3.jpg

あり難いことに、食欲は変わらずあるので、本当に、よく食べています。
この先も、この食欲が落ちずに大ちゃんらしさを失わずに暮らせるいことを願います。


そして、ホ-タンは、先月の24日に緊急入院し、大ちゃんの通院日、4日の金曜日に退院しました。
7206.jpg

抗生剤の服用で、口腔内の状況も少し改善され、食べるようになっていたのですが、また、急に食べられなくなってしまいました。
2週間効く抗生剤を打ったのですが・・・効果はなく、体力の低下を食い止めるためにも入院が必要となりました。

口腔内の状態も良くないのですが、食べられないのは、発熱が原因だったとの事でした。

検査をした所、発症しにくいタイプのエイズでしたが、エイズキャリアのホ-タンです。
今は、熱こそ下がったのですが、貧血の改善もなく、かなり痩せて衰弱しているのに、まだあまり食べれないので、入院加療が必要でした。

今月2日に、抜歯の手術をしました。
犬歯以外の歯はなくなりました。
7207.jpg

喉の奥の炎症がひどく、自力で治癒させることができないのは体力の低下とエイズキャリアのせいかもしれません。
慢性鼻炎もあり、のどの炎症は鼻炎の影響もあるかもしれないとのことでした。

食べられなくてはどうにもならないので、ステロイドを注射したそうです。
ステロイドは「もろ刃の刃」
副作用が怖いことは、今年、1月に亡くなったぐぅちゃんで経験しています。

結果、食欲は戻り、よく食べるようになりました。
喉の炎症も治まり、抜歯もしたので、このまま食欲が衰えないことを願ってます。

飼い主さんが、痴呆症になってからは、その環境の中で、必死に生きぬいたホ-タンです。
IMG_5535.jpg
その期間がどれくらいだったのかは知りませんが、失われた体力は大きいものだったようです。

食べられなくなり、脱水も酷く動けなくなって保護されたホータンです。
何とか体重を増やし、貧血を改善させ、体力も持ち直して頑張ってほしいです。

幼猫のころに片目を失って、エイズキャリアになり、慢性鼻炎と歯周病の治療をしてもらえずに命の危機に・・・。

とっても甘えん坊で人が大好きでベタベタな男の子です。
まだシニアではない年齢。
これからは、幸せにならなくっちゃぁね。

4日、金曜日は、ホ-タンの退院、いつもの大ちゃんの受診・・
IMG_6326.jpg

ぴ-助、にゃお助の去勢手術でした。

IMG_6319.jpg

そして、まる子も三回目のワクチン接種でした。
IMG_5845.jpg

お会計時に、目が飛び出ました。
一般のサラリーマンの初任給位の支払い・・・一瞬、息が止まりました



さて、長期の里帰り状態だったチビ太君。
お陰様で心臓は悪いなりに安定してきたということで、先月末に無事にお家に帰りました。
IMG_5348.jpg
こちらの病院へ通院して下さるとのことで、早速、来月の受診の予約を入れて頂きました。

余り興奮しないよう、一緒に少し外でお散歩をして、そのまま車へ乗って帰りました。
帰宅後、興奮がMaxになるので、2日間位は、いつも以上にテンションを下げて接して頂くようにお願いしました。

心臓の弁膜症と心肥大があって、投薬治療は必須です。

そして、安静も必要ではありますが、せっかく生きていることを許され生かされているのです。
帰宅後は、たっぷりと甘えているようです。
生きているこの時間を少しでも楽しんでほしいと願います。


さてさて、先月終わりの日曜日には、がっちゃんのお見合いでした。

撫でられるし、ご飯の時はすりすりしてくるがっちゃんですが、人見知りがあるので、がっちゃんはケ-ジ越しで会って頂きました。
他の猫たちが、苦手なようなので、1匹で過ごすと、がっちゃん自身も落ち着くと思います。

gacya_2019100503444366d.jpg
1匹で向き合って頂ければ、必ず、馴れてくれるはずです。

里親さまは、ご夫婦だけの落ち着いた環境なので、きっと、ゆったりと過ごせることと思います。
ずっとワンコを飼育してたそうで、猫の飼育は初めてとのこと・・・
がっちゃんと気長に向き合って下さるとのことで、6日からトライアルに入ることになりました。


今日(5日)は、ポッチとたまのお届けで、2匹もトライアルに入りました。

この兄妹は、子猫なので活発ですが、それでもマイペ-スでおっとりさんの人懐こい子たちです。
トライアルは、きっとうまくいくと思います。
IMG_5924.jpg
セサミ姉ちゃん、今迄、2匹のお世話ご苦労様でした。
ありがとうね

| 犬&猫 | 00:26 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |