FC2ブログ

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大ちゃんも頑張ってます。

大ちゃんは、食欲にムラはあるものの頑張って食べています。

58FF1BA9-F8C1-4B06-8790-6E3D635B0384.jpg
薬はウエットで包んであげて、ドライフ-ドは、ふやかしてス-プをかけて食べさせています。
その薬を包むウエットも、選り好みするようになってきました。

今のところ、ふやかしたドライフ-ドに、ス-プをかけると、少しは残しますが、まぁまぁ食べてくれます。
その残りが欲しくて、ヒンヒン言いながら、隣で待機しているゴンちゃんです。

S__211599364.jpg
鶏肉とカボチャのポタ-ジュは、すぐに飽きてしまい、食べなくなりました。美味しそうなんですけどね。
タ-キ-と鶏肉のス-プは、まだ食べてくれます。

食欲が落ちているからでしょうが、なかなか難しいです。

先日、大ちゃんはシャンプ-をして、マイクロバブルに入れて貰いました。
C8FDC4D1-3D1D-45D3-A4FE-35B34BC21B79.jpg
気持ちよさそうに、寝ながら、マイクロバブルのお風呂に入り・・・・

そして寝ながら、ドライヤ-をしました。
B02F5AF8-C86E-4644-8EC0-1A43C8E21EE9.jpg

温泉効果のようなものでしょうか・・・
その日は、血行が良くなったのか、跳ねて遊び、暫く、調子よく動いていました。

このところ、大ちゃんの尿の色が、少し濃くなってきたような気がします。
水が上手く飲めなくなってきているのでしょうか・・・。
先生と相談して、自宅での皮下点滴を始めました。

今日は、いつもの受診で、静脈のル-トから点滴をして貰っています。


大ちゃんが食べなくなっってしまったカボチャのポタージュ・・・。
5袋程残ってしまったので、クマ&ゴンちゃんのフ-ドにかけてあげました。

gongon.jpg
ゴンちゃんは、嬉しそうに、物凄い勢いで食べていました。

クマちゃんは、あまり好きではないのか‥食があまり進まないと思っていたら・・・・
どうやら、体調に問題があったようです。

ん?食欲低下したかな・・と思っていたら、嘔吐までしたので、火曜日に受診させました。

血液検査、エコ-にレントゲン検査をしました。
レントゲンでは、胃腸の中の停滞物があり、エコ-をとった所、腸が全く動いていない状態でした。
ED6E645A-36E1-404D-8BBC-B263A4D1A9C7.jpg
胃腸炎でしょう・・との事で、胃腸を動かす注射を打って頂き、帰宅しました。

その日は、絶食し、次の日からは、フ-ドをふやかしス-プをかけてたら、ペロッと食べました。

今は、「何かありましたか?」てな感じで、今まで以上に、元気いっぱいでございます。
kumachyan.jpg
最近、クマちゃんは、このベットがお気に入りのようです。

思うに・・・きっと、単純に、おやつの食べ過ぎのような気が・・・。
ともあれ、元から健康なくまちゃん、流石に、回復は早くて良かったです。


さて・・ひじきも、避妊手術が終わりました。
黄色い術後服が似合ってます。
IMG_7945.jpg
そろそろ、家族探しを始めないとね・・。

同じ月齢のまる子の最近のマイブ-ムは、大ちゃんと遊ぶことです。
marukodayo.jpg

目も見えず、耳も聞こえない大ちゃんは、サークルの中で、グルグル回ったり、時々、跳ねたりもしています。

その動きに、興味津々のまる子。
大ちゃんの前で、ひっくり返ったり、大ちゃんが動き出したら、逃げたりと・・・
IMG_7621maru.jpg
大ちゃんと鬼ごっこをやっているとでも思っているのでしょうか・・・
「鬼さんこちら・・」と、言っているような感じです。

まる子・・・大ちゃんは全然わかってないと思うよ。

まる子も近々、手術予定です。


そして、にゃお助・・・
nyaosuke.jpg

先日、呼吸器の専門病院で診ていただきましたが、全くわからないとのことでした。
いつも診ていただいている先生と、何も変わりませんでした。

日獣へ行って、MRIとCTと鼻の内視鏡を見て貰って現状を診断してもらい、治療法があるかを検討してもらい、可能なら、そのまま治療してもらうことを提案されました。

費用を考えたら、日獣で治療してもらうなんて、無理なことです。

右の鼻腔の内腔が狭窄していて、空気の流れが極端に悪くなっているため、呼吸の度にチーチーという音が出てしまう状態です。
もちろん、異常であることに違いはありません。

しかし、呼吸は左の鼻でもできているし、生存を脅かすものでもないわけです。

もちろん、里親さん探しでは、かなり、不利ではあります。
健康上、問題のない子を求めるのは当然なことですから・・。

でも・・少ない医療費を、そこに持っていける余裕はありません。

にゃお助は、とっても元気ないたずらっ子です。
nyaosuke1.jpg
病院でも性格の良さを褒められました。
ちょっと、甘ったれが過ぎて、1本だけ髭が白い悪戯っ子ではありますが、こんな「にゃお助」がいい!といって下さる方との出会いがあるかもしれない。

こちらの勝手な価値観で、にゃお助の出会いのチャンスを摘み取ることはできません。
にゃお助の里親さん探しも始めようと思います。

| 犬&猫 | 15:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT