FC2ブログ

2020年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大ちゃんの体調と2匹の正式譲渡

ちょっと焦った先週の大ちゃんの受診・・。

dai2020424.jpg
気が付けば・・・もう1週間が経っていました。

大ちゃんは、18日に、いつもと同じ静脈からの点滴をしていただきました。
その後、前より少ない量ではありますが、お蔭さまで、ご飯は食べてくれるようになり、お水も自力で飲んでくれるようになりました。

daimizu.jpg

確かに、この1週間の大ちゃんは、以前とは明らかに違います。
寝ている時間が増え、足元のふらつきも目立ちます。

とはいえ、ご飯の時に、ちゃんと口を開ける大ちゃんを見て、よかった・・と、ホッとしています。


先生のお話しでは、自力でお水は飲めてはいますが、脳圧を上げない為の薬の作用で、尿量が多いので、今の飲水量は追いついていないとのことで、自宅で、皮下点滴での水分補給のフォロ-が必要とのことです。

あの日、激しくなっていた眼振も、受診後は以前くらいに治まりました。
内耳炎が原因なのでしょうが・・脳で、何かが起こっていることは確かだそうです。
内耳と脳は隣り合わせですから・・・怖いです。

今更、麻酔をかけてMRIを撮れるわけでもなく、また、何か、わかった所で、治療も出来ないので仕方ありません。

また、頻繁に受診するのは、医療費が大変で、今の私達の財政では、たしかに厳しいものがあります。
が、何よりも、大ちゃんは、長期にわたり静脈点滴をしてきたので、留置針を入れられる血管も少なくなりました。
いざと言う時の為に、血管を大事に取っておくことも必要かもしれません。

S__245161986.jpg

お陰様で、昨日は、ペットシ-ツをビリビリにする元気も出てきました。
ムキになって、毛布をめくりあげ、ペットシ-ツをビリビリにしていました。
また、いつ体調が変わるのか解りませんが、必要に応じて病院での処置をしていただきます。

犬の一年は、人間にとっての4~5年と言われています。
3カ月で私達の感覚の1年分の加齢の感覚なんて・・・
悲しいことですが、一昨年より去年、去年より今年と・・・段々と、老化が進んでいくのは仕方のないことです。


そんな大ちゃんを部屋で歩かせようと、サ-クルから出すと、何故か、ゴンタが、私の足やお尻や手を小さくガチガチと噛み、私の周りを飛び跳ね周ります。

gontobu.jpg

「ちょっと邪魔だから」と声をかけると、余計に嬉しくなっちゃうみたいです。
何とも賑やかで、我儘な可愛いゴンタです。


そして、八王子のトレ-ナ-さんから電話がありました。

肝臓の腫瘍を切除した、くまちゃんでしたが、19日、脳腫瘍の手術も、無事に終わったそうです。
ここまでして下さった飼い主さんに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
kuma204.jpg

待っている飼い主さんのために、元気になってくれますようにと心から願ってます。


そして、ボタンさんは・・・。
甲状腺低下症の治療が進み、低下症の症状が改善したそうです。

IMG_0651.jpg

日常生活の中で、イライラしている素振りもなくなったそうです。
以前は難しかった食器の上げ下げも、前のようにピリピリした感じもなくなり、すんなりと出来るとのことでした。

穏やかな表情になり、とても良い感じだと聞き、嬉しくなりました。
そんなボタンに会いに行きたいのですが、コロナウイルスが落ち着くまでは、行けません。




さて、にゃお助とひじきは、正式譲渡となりました。
相変わらず、悪戯のにゃお助は、台所を徘徊して、物色しているようです。
S__91865096.jpg

先日は、お兄ちゃんの食べかけのパンを咥えて、2階まで逃げたとか・・・(笑)
ひじきも、猫じゃらしでよく遊んでいるようで、何とか、2匹はうまく行っているようです。

一方、仲良し2匹が居なくなってしまった、まる子ちゃん・・
私の後を付いて回り、いちいち作業の邪魔をしたり、お腹の上で寝たり、チリリンやカツオに甘えに行ったり・・・

marukokatu.jpg

一昨日も、ウチチが体調を崩し、病院に急ごうとしたとき・・・キャリーの中に先に入っていて、私に追い出されました。
遊び相手がいなくて、とっても、寂しそうです。

最近は、よくお腹の上で寝ています。
そんなまる子を、アプリで喋らせて、ちょっと遊んでみました。




我が家の近くの病院でも、院内感染がおきたとニュースが伝えています。
すぐそこまで、迫ってきていると感じるコロナウィルス。
ところが、近所を見渡すと、相変わらず、まだ危機感はなさそうです。

我が家では臨戦態勢、継続中です。

外出自粛で、体調管理も大変になってきているようです。
飼い主さんの健康は動物にとって最重要課題です。

どうぞ、睡眠不足や過労や低体温は避けて、免疫を下げないようにお願い致します。
先は見えませんが、選択肢はありません。

会って話すことは出来なくても、電話をかけあって、日常のたわいもない会話し、笑うのも良いかと思います。
そして、引き続き、感染予防の外出自粛、頑張りましょう

| 犬&猫 | 16:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT