FC2ブログ

2020年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

濃い時間が続きました。

大ちゃんの体調は安定していて、食欲もあるので、受診間隔を開けて過ごしてます。

もちろん、老化は、ゆっくりと進んでいることは如実に感じます。
IMG_0812_202004020352494b8.jpg

それでも、サ-クルの中のお水の場所もちゃんとわかり、お水もよく飲んでます。
淡々と生きるその姿を見ると、心も和みと同時に感心してしまいます。


さて、週明けの、月曜日は、ミカちゃんの受診でした。

手術で切除した耳の傷の回復も順調で、次回は、1か月先の受診になります。
26DDFB89-690B-4C45-93F3-F1818DEBD14C.jpg
預かりをお願いしている方に可愛がられて、とても幸せそうです。



そして、先週の土曜日は、クマちゃんが、トレ-ナ-さんのお宅から自宅に帰りました。
IMGkuma.jpg

クマちゃんの髄膜腫は、切除しやすいところにあるとの説明を聞き、ご家族は、手術を受ける事を選択しました。
こちらで調べて、手術をしてくれる病院を数件伝えました。

ご家族は、人間の脳外科で獣医の資格を持つ先生を選択し、早速、土曜日に受診してくれましたが・・・・
先生自体の体調が悪く、手術も1ヶ月ほど先になるとのことでした。


ところが、翌日、お薬を内服しているにもかかわらず、癲癇発作が起きてしまいました。
ご家族も、心配でならず主治医に相談し、一番早く手術ができる病院を紹介して頂き、受診することになりました。

そして昨日、受診した所、脳腫瘍の他に、肝臓にも腫瘍が見つかりました。
その肝臓の腫瘍は、問題が大きく、緊急を要するという事で、今日手術になりました。

こちらでエコ-検査をする事になっていましたが、急遽、トレ-ナ-さんのお宅へ帰すことになったので、取りやめ、送っていきました。今更ですが、あの時の検査をしていれば、何か変わったのかな・・と、思ってしまいました。

髄膜種は、9割がた良性とは聞きましたが・・・。
どうか、肝臓からの転移でないことを願ってます。



この2週間、クマちゃんもそうですが、武蔵君の事も心配でなりませんでした。


11年半前、家族が決まり、その後、ジャカルタに引越しした武蔵君・・・
musashi.jpg
毎日楽しく、幸せに暮らしていました。

29日に12歳と3ヶ月・・・虹の橋を渡りましたとの訃報を受け取りました。

体調が悪くなってからは、度々の受診に検査に、一生懸命に武蔵君の治療に向き合って下さいました。

こちらの先生にも、画像とデ-タ-を見て頂き、アドバイスを頂いて、お伝えしました。

体調が悪く、再度、検査に行った時のデ-タ-は、黄疸が出ていて、肝臓の数値が悪くなっていました。
肝臓そのものが悪くなったのか、貧血がある為に、肝臓の数値が悪く出た、二次的なものなのか、こちらの先生が心配していました。
結局、ジャカルタの違う病院へ、転院した次の日に、なくなってしまったと・・・。
治療したくてもできないという、家族のもどかしさが、ひしひしと伝わってきて、やるせない気持ちでした。

12年間、優しい家族に大切にされて、愛されて、武蔵くんは、とても幸せな犬生でした。

むぅの日記
https://ameblo.jp/okumes-kosuken/


武蔵くん・・幸せだったね。安らかにね・・。


そして、この2匹でいっぱいいっぱいのところに届いた知らせには驚きました。

それは、チワワのラゥフィ-ちゃんが、30日のAM10時頃に息を引き取りました。というものでした。
2017年8月に、お預かり頂き、家族に迎えて下さったばかり・・・。

S__239411202.jpg

この子は、里親さんも動揺してしまうような、突然死でした。
まだ若く・・その上、持病もなく、食欲を含め、何の予兆もなかったそうです。

連絡を受けて、言葉が出ませんでした。
無責任な飼い主に放棄されたものの、優しい里親さんに出会え、これからももっと幸せに過ごすはずだったのに・・。
仲間に囲まれ、優しい家族の中、濃い幸せな3年間を過ごせました。
ありがとうございます。
ラゥフィ-ちゃん、安らかに・・・。


このところの私は、くまちゃんや体調の悪い子達の事のことで、頭がいっぱいになってしまっていました。
当然、毎日、色々な失敗をし、家の子達にも迷惑をかけてしまいました。



気持ちが重くなってしまいがちな事が多くありましたが・・
そんな中でも、我が家の保護っ子達が、明るく癒してくれました。


ゴンタくん、もの凄い寝方・・・にも癒され・・
IMG_0921.jpg

ちょっと太ったかな・・と独り言を言いながら、カメラを向けると、シャッタ-の音に・・・

9617EB71-A4B3-42BB-B58B-32D37DB15B6C.jpg
うるさいな~、と言わんばかりに・・・太々しいお顔。

早く、素敵な家族が出来ると良いね。
IMG_0872.jpg
コロナの感染拡大が、少し落ち着いたら、家族探しを開始しようね。


そのゴンタに負けていない「我が家の主」と言えば、チリリン様・・・
tiririnntuyosi.jpg

ゴンタに追いかけられると、むきになって、猫パンチで反撃し・・・
tirigon.jpg

逆に追い掛け回し、チリリンには逃げ腰のゴンタです。


チリリンもそうですが、まる子・セサミ・かつお辺りは、ゴンタを舐めているようで、全く動じません。
特に、セサミとかつおは・・・ゴンタを馬鹿にしているのかも・・・

kuurouro.jpg
流石に、20キロのクマちゃんがリビングをウロウロしていた時は、セサミ以外は、毛が逆立っていました。

周囲で何があっても、あまり動じないセサミ姉ちゃんは・・・。
相変わらず、あばれる君とぽっちゃりラブラブ夫婦は円満なのようです。

あばれる君と黒っちとで、仲良く寝ていると、割り込み・・・
sesamiyoko.jpg
しっかりとベストポジションをとるセサミ姉さんです。
sesamiyoko1.jpg


先日、私が帰宅すると、珍しく、ひじきとあばれる君が仲良く寝ていたのに、セサミが割込み・・
53B16B89-3D4A-4254-ABB9-C359C3BE8D63.jpg

凄い状態に・・・かなり・・窮屈そう・・
B9CBAC0A-2664-4341-B04B-AFF2472F2F77.jpg

ひじきも、暫く頑張っていましたが・・結局、退きました。
F6123953-46E7-406A-A077-50462DB5AD2E.jpg
ササミ姉ちゃん・・女の嫉妬は、怖い・・・(笑)


世界中が、大変なことになっている中、こうして、毎日、犬猫たちは、平和に過ごしております。

コロナ・・と言えば「猫の保護なんて、暢気にしている場合じゃないですよ」と、言われた言葉を思い出してしまう、しつこい私です。
自粛しなければいけない週末・・、夕方の犬の散歩中に、まだ、公共施設を利用していた、その猫ボラさんの姿を見ました。

逆に、暢気ですね・・と言い返したいようでした。
何だかな・・・、他人事なのか、本当に、自分事として感じてないんだな・・と思ってしまいました。

目に見えない脅威が、身近に迫っている感じがして、落ちつかない日々が続いています。
何に注意したらよいのか解らないとか、よく耳にしますが・・やはり、不要な人との接触の機会を減らすことが一番かもしれませんね。

IMG_bota.jpg

早く、コロナの感染拡大が落ち着きますように・・・。
そして、保護犬や保護ネコたちに心を寄せる余裕が、心の平和が、戻ってきますように・・・

| 犬&猫 | 18:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |