FC2ブログ

2020年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

みんな幸せにならなきゃ。

大ちゃんは、22日、月曜日に受診しようかと思っていたのですが・・・
すごく、調子が良いので、もう少し先に延ばしました。

23576.jpg

なぜかというと、食欲旺盛で、私の手まで、食べる勢いなのです。
「大ちゃん、これね、、ご飯じゃなくて手だから・・」と、大ちゃんの口に挟まれた手を引っこ抜きました(笑)

サ-クルの中でも、部屋の中でも、小さくくるくると回っては倒れ(休み?)・・
そして、起き上がり、また、くるくると歩き出すを繰り返しています。
お水のある場所も、わかっていて、途中でちゃんと水分補給も忘れません。

快眠・快食・快便・・・・くるくる歩いているのも、いい運動になっているようです。



日曜日は、フクちゃん(元・くまちゃん)が遊びに来てくれました。

23670236-F158-4E6E-A40A-5DB3D692C6D1.jpg

先日、近況の写真を頂いて、ずいぶん、穏やかな顔になったな~と思っていました。
そして、久しぶりに会ったフクちゃんは、やっぱり、写真通りに幸せそうな穏やかな顔をしていました。

半年ぶりの我が家ではありますが、「はいはい、このお家ね!」というような感じで・・・
D38DE8ED-C358-4237-8151-592C767156E0.jpg
楽しんでくれていました。

色々と、エピソ-ドをお聞きしていると、徐々に、我儘も出てきているようです。
フクちゃんにとっては「安心できる僕のお家・・(`・∀・´)エッヘン!!」になってきているのでしょうね。

そして、久しぶりに会った2匹でしたが・・
C8AF6AE2-F953-4FC2-8404-B1890F087825.jpg
楽しそうに、絡み合ってはしゃいでいました。

ゴンタ君・・いつもは食べない歯磨きおやつなのですが・・・フクちゃんにあげると、
4F609735-7A10-4800-97A6-2C499E3FC263.jpg

僕も・・・と、ぼりぼりと食べていました。
2DA8D55B-FEBC-4EE4-84F9-1C6BB53114DB.jpg

普段は、絶対に食べないのに・・・「犬、あるあるですね~」なんて、話していました。


「フクが、帰りたくない、って言ったらどうしようっか!置いていく~(笑)」なんて、冗談を言っていた、パパ&ママさん。
そんな事、ある訳がない。
「ここに置いていかれたら、大変~」と思っているに違いないのに・・(笑)

BAA5A1EB-9B8C-46E2-94A3-AE8EA8ACD78F.jpg

案の定、帰りに、駐車場から車が出ると、フクちゃんは、運転席のママさんを覗き込み「ヒ~ンヒ~ン」と鼻を鳴らしていました。
そして、「さぁ・・・帰るよ」と言わんばかりに、車に乗り込んだフクちゃんの安心しきった顔・・、本当に嬉しく思いました。


と、同時に、またまた、ゴンの幸せ探しに、プレッシャ-がかかってしまった(笑)
IMG_2534.jpg
頑張らないと・・。

そして、次の日・・・歯磨きガムをあげると、やはり、見向きもしないゴンタでした。
IMG_2517.jpg
何なんだかな~。




さて、入院中のチャトラの子猫くん・・・
S__53764100.jpg
「もずく」と名付けました。


昨日も、もずくに会ってきました。
酸素室の中に、小さくたたまれたフェイスタオルの上に、寝ていました。


肺炎は、一向に良くならずに苦しそうです。
40度前後の高熱が続き、肺のレントゲンは、まだ、真っ白でした。

先生は、FIPの疑いを持ってはいるものの、レントゲン所見と発熱がある他は、症状がないため、悩んでいました。

細菌感染なら、抗生物質にもっと反応するはずなのに・・・。
まったく熱も下がらず、肺も白いままで、効果がありません。

口内炎があるし、カリシウィルスによる肺炎にしても、熱が続き過ぎているそうです。
ウィルス感染によるもの、FIPにしても、白血球数が高いのも合点がいかないとのことでした。

念のため、22日、月曜日には、FIPの検査は出しましたが、今週末になるそうです。

昨日、メロペネムという強い抗生物質を昨日から使い始めたそうです。
とにかく、元気になってほしい。


酸素室のもずくの様子を見ていると、おもむろに起きてフ-ドを食べ始めました。
口の中も痛いだろうし、怠さも半端なものではないだろうに・・・。


生きるためは、食べるしかない・・・
だから、もずくは、食べている。
ただたた、生きようとしている姿でした。

こんな身体の状況でも、生きることしか考えていない。
もずくは、偉い。

四の五の言わずに、生きるために、一生懸命食べている「もずく」を見て、私達があきらめてはいけないと、改めて思いました。

2週間前までは、お母さんや兄妹といたのに、1匹の今は、寂しいのでしょう。
兄妹は、元気に跳ねていた姿を近所の方が、確認し、教えててくれました。

もずくは、とても人懐こく、酸素室に手を入れて撫でてあげると、喉を鳴らします。

人の姿を見て、目が合うと、あの小さな体で、必死に生きようと、鳴いて何かを訴えているようで・・・
S__53764102.jpg

何もしてやれない、この状況が、もどかしくなりました。

苦しそうに寝ているのを見ているのは切ない・・・

どうか、良くなって欲しい。
生きようと必死に食べている、もずくの頑張りが、報われてほしい・・・。

元気になって、仔猫らしく走り回っている姿を見せて欲しい。

頑張れ、もずく。

| 犬&猫 | 23:55 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT