FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チビ太・にゃお助&ひじきの幸せ

新型コロナウィルスの感染拡大が治まらない今、気持ちが荒みそうなことも多く、世間では、夫婦げんかも増えているそうで・・
人のイライラなどの心情は互いに、伝染するものですよね。

もらい笑いのように・・・どうせなら、楽しいエネルギ-が伝搬してほしいです。

こんな時に心を和ませてくれるのは、やはり、無垢な心を持った動物たちなのでしょうか。
テレビでも、可愛い動物の動画が流れているのを観ると、ホッとし心が和みます。


さて、大ちゃんの趣味のペットシーツ破り。
病院でも、ペットシ-ツをビリビリにして、看護師さん達を困らせていた大ちゃんです。

IMG_0866.jpg

サ-クルの中でも、毛布の下のペットシ-ツを引っ張り出しては、ビリビリにし、ポリマ-樹脂や紙と戦っています。
もう、視力は失ってるはずの大ちゃんですが、ちゃんと、毛布から出ている端っこのペットシ-ツを探し当てて、ビリビリに・・・。

4C808C26-E13A-44A2-8169-78A8A98270F1.jpg

そんな大ちゃんの口には、細長く切れたペットシ-ツが垂れ下がっている時があり、「え!口から何かが出てるの?」と思い、慌てることもしばしばあり・・・

嘔吐でもして、何かが垂れ下がっているのか??と、慌てて近くまで行くと「あ・・ペットシ-ツか・・」と思い、ホッとして、口から、取ります。
IMG_0967.jpg

本当に器用に毛布をめくって、ペットシ-ツを咥えて、ビリビリにする姿を見ると、ボケてはいないんだな・・と、大ちゃんの逞しさに感心します。


そして、何とな~く、良いコンビになっているチリリンとゴンタ君。

それぞれの場所で、リビングで寛いでいたのですが、外からの物音がしたのか・・・
tirigon_20200407013611ce8.jpg

急に立ち上がり、裏の公園が見える窓に、2匹ですっ飛んで行きました。
tirigon3.jpg

何だか、その後姿が、微笑ましいと言うか‥面白かったので、思わずカメラを向けました。
暫く、食い入るように、2匹で外を見ていました。

tirigon2.jpg
いったい、何が見えたのでしょうか・・・。


そして・・・すっかり、ご報告が遅くなりましたが・・

チビ太は、現在、シュシュのお家で過ごしています。
先月、その里親さんがシュシュと一緒に、我が家に遊びに来てくれ、その日に家まで送っていきました。

syutib.jpg

シュシュの里親さんは、以前より、保護犬の預かりをしてくださってました。
多頭飼育崩壊から引き取った、プリンの里親さんでもあります。

プリンは、元々、近親交配だったせいか、若くして心臓が悪くなってしまい、ずっと投薬をしておりました。
IMG_6768_202004081905285c6.jpg
そして、昨年3月に、亡くなってしまいました。

お薬を飲ませたりすることは勿論、犬の扱いにも慣れているので安心です。

毎月の通院には、これまで受診していた病院へ、私が連れて行きます。
シュシュの里親さんも、歩いて直ぐの所に、かかりつけの動物病院があります。
そして、その先生は、私たちが受診している先生のお友達で、今も付き合いがある為、急に何かあった時は、そちらで診て頂けるので安心です。

シュシュのお宅で過ごすようになり、数日たちますが、すっかり馴れたそうで、今では、我が家のように過ごしているようです。
67563.jpg
名前もチビタで、あまりいいことがなかったし・・・シュシュの飼い主さんの希望もあり「チャッピー」に改名しました。

これから、チャッピ-という名前が出てきたら、旧姓、チビタのことです
よろしくお願いします
その方は、心臓の悪い子の体調のこともよく解っており、日々の体調の変化にも、敏速に気付き、連絡をくれるので安心です。



そして、嬉しいことに、にゃお助とひじきの家族も決まりました。
hizi20204.jpg

近所に住んでいる知り合いなので、安心です。
nyao20204.jpg

2週間前に、ご夫婦でお見合いに来てもらい、先週、お届けをしました。
我が家より、徒歩で5分くらいのお宅です。

慣れるまでの数日間、取りあえずは、三段ケ-ジに入れて貰い、徐々に、リビングで馴らして、そのリビングから出さないようお願いしてきました。
2BDEEE47-AB56-4546-ADD9-ED4C2A829372.png

トライアルが終わるまでに、玄関からの脱走防止の対策をして貰います。
脱走には、十分に気を付けてね…とお願してきました。

にゃお助は、リラックスしているようですが、ひじきは、まだ緊張しているそうです。

にゃお助は、初日から、バクバクとご飯を食べたそうですが、緊張しているひじきは、目の前に、ご飯を持って行かないと食べなかったそうです。
まぁ・・緊張していると言いつつ、ひじきも、しっかり食べるというのが、らしい、感じがします。

中学生と高校生の息子さん達が、猫好きで、2匹を構ってくれているようです。
ひじきも早く慣れてくれますように・・。



同じくらいの月齢の同級生感覚の3匹で、いつも仲良く遊んでいた・・まる子。
IMG_0926.jpg

突然、2匹ともいなくなってしまったので・・・まる子ちゃん、なんだか、とっても、寂しそうでした。

大人の猫たちは構ってもくれません。
29865F94-C16C-4A58-AC90-BD4D8037C462.jpg
今も、膝に座って、画面を見ているまる子ちゃんです。

夜は、私にピッタリくっ付いて寝ています。
marumaru (2)
まる子も、素敵な家族が出来るといいね。
そして、幸せにならなきゃぁ~だね。


コロナのニュ-スで気持ちが疲弊してきそうな毎日が続いています。
飼い主さんが感染してしまったら、そのお宅の動物も困ります。
どうぞ、皆さまも家から出ることは最小限にとどめ、健康管理をお願い致します。

| 犬&猫 | 19:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/1001-0a56c0fe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT