FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

良くなりますように・・・。

お陰様で、子ニャンコ達もまる子もすっかり元気になりました。
tamadora.jpg

あの後、まる子の次に、ウチチが若干、体調が悪くなったので焦りましたが・・・
IMG_9704_20210210015228c1a.jpg
早めの投薬で、直ぐに、回復しホッとしました。

すっかり調子の戻った、まる子は・・・
IMG_9681.jpg
お転婆ぶりも復活しました。


その後は、他の猫たちも体調が悪くならず、連鎖が止まって、ホッとしています。

我が家は、やっと落ちついたと思ったら、お預けしているムムちゃんが、食が落ちたとの連絡がありました。
どうも口の中が痛いように見えるとのことで、受診させました。
AA2F0D17-2EFB-4618-86D1-3221C6091E88.jpg
ちょっと歯肉炎があるようで、注射の治療をして頂きました。
その後は、食欲も戻り、ドライフードもよく食べているようです。


さて、モモちゃんのプンプン丸は、健在ですが、遠吠えは、すっかり聞かなくなりました。
momo2021.jpg
一生懸命、「私は、ここにいるよ~」と、元飼い主さんを呼んでいたのかもしれませんね。
前のお家に帰りたくて、諦めきれずに、鳴いていたのでしょう。

最近は、諦めたのか、慣れてきたのか、モモちゃん本来の姿を覗かせてきました。

自分の思いが通らないと、余程、腹が立つようで、段ボールの破壊という、八つ当たりに走ります。
75BA8D94-3000-4D00-A622-7E827FCCF3A1.jpg
目につく、その辺にあるダンボールをビリビリにします。

書類などが入っているダンボールも、ビリビリにするので、使わないダンボールを入れておいてみました。

その、結果・・・
D892FC77-053C-44D6-B809-215EA2ADEB21.jpg
更に、破壊魔は、パワーアップしていました
自分の思いどおりになるのが普通で、「我儘という概念」ではないようです。
約10年、元飼い主さんに、我がままをいっぱい聞いてもらって、可愛がられてきたのでしょうね・・・。

桃ちゃんは、小賢しいというより、かなり賢いようです。
5A0B65DC-6051-43C0-A89F-361694CA171F.jpg
昨日も、シャンプーをしてマイクロバブルに入ったのですが、前々回より、前回・・そして、前回より、今回。
その状況を受け入れるスピードが速くて驚きます。

また、車に乗っていても「危ないから座ってて」なっど、日常の言葉かけに、ちゃんと対応して行動することも感心します。
B5926574-0F1C-4FF4-9037-79ED6904908C.jpg
この辺りも、元の飼い主さんに、いっぱい声をかけてもらって、手もかけてもらって勝ち得た学習能力なのだろうと感じました。
人の話していること、求めていることを理解するコツを知っている気がします。



一方、我儘という言葉とは全く無縁なハッピー君・・。
IMG_9652.jpg
元飼い主さんに「吠えることもない大人しい子だ」と聞いています。

それなりに、可愛がられてきたのでしょうけど、長い時は、朝8時から夜12時近くまでのお留守番・・・一人の時間も長く、我儘を言う相手さえいなかったのでしょう。

元の飼い主さんは、お散歩は気晴らしだと思っていたそうで、あまり必要がないと思い、お散歩は殆どしなかったと言っていました。パットのやわらかさや筋肉のなさが、それを物語っていました。

72DDB5C0-0CEA-4B6D-8791-70D3DC9FC8DD.jpg
今、ハッピーは、お散歩の時間が嬉しいようで、一緒に走ると本当に楽しそうにギャロプしています。

そして最近では、少し申し訳なさそうに、「ワン」と、要求吠えをするようになりました。
人に甘えたり、はしゃいだり・・・人との関わりの中でのこと、一つ一つをこれからお勉強です。

今回は早めに、先週の土曜日、ハッピーのシャンプーでした。
スペシャルで、マイクロバブルとハーブパックをして貰いました。
AE15C6E2-E25B-4460-AE22-63FF5CB98C08.jpg

ハッピーは、以前、毛をサマーカットしたことがあるらしく、毛質が悪くなっているとのことで、ハーブパックを試してみてくれました。

85BD5AF1-042D-4CC3-9859-F1A3342DDFE7.jpg
今回は、Kさんとスタッフとで、シャンプーをしてくれたので、サクサクと早く終わりました
ふわふわサラサラになりました


そして、今、チャッピー(元・チビ太)が、我が家にいます。

チャッピーは以前、私の失敗で、一度、里親さんのもとに出ましたが、戻ってきました。
出戻りのその後、シュシュママさんが預かりを申し出て下さり、楽しい日々を過ごしていました。

シュシュは、数年前に保護し、こちらから譲渡した子です。
昨年、鼻腔癌になってからも、頑張っていました。
ですが、残念なことに、先日、突然、亡くなってしまいました。
syutib.jpg

いつもと変わりなく過ごしていたようですが、眠たまま、逝ったそうです。

癌は小さくなっていて、いのちを脅かすような状態ではなかったそうでした。
老衰だったのでしょうか・・先生たちも、急で、驚いていました。

苦しまずに、逝けたのが、不幸中の幸いです。
最期まで、大切にして頂いて、シュシュも幸せでした。

とても可愛がっていたので、その心痛は、さぞかしだと思いました。

そして、そんな時によりによって、チャッピーまで体調を崩してしまいました。
ということで、体調が落ちつくまで、こちらで治療することにしました。

IMG_9639.jpg

保護当初から、心臓が悪かったチャッピーです。
すでに心肥大があり僧房弁弁膜症が解っていました。

ずっと小康状態を保ってきたのですが、このところ、心肥大が少し進んでしまいました。
当然ですが、頻繁に咳も出るようにもなってきてしまっています。

そして、先週から酷い下痢の症状になり、食欲もないので受診し、その後、我が家に来ました。
通院治療の投薬と処方食で、下痢はですぐに治ったのですが、咳が少しづつ増えていきました。

日曜休診の病院で、運悪く咳が悪化したのは土曜の夜でした。

月曜に受診した結果、心不全がかなり進行していて、肺水腫の状態になっていました。
入院し、ルートからの利尿剤の点滴と酸素吸入の治療が始まりました。
36154.jpg

火曜は、真っ白だった肺も、夕方には2分の1程、黒い所が戻ったようです。
昨日は、呼吸はまだ荒く、肩で息をしている感じでした。
今日は、昨日よりもまた改善していると、先生から連絡がありました。

長い期間、随分と頑張って来てくれたチャッピーの心臓です。
対症療法で、状況に向き合っていくしかありません。

早く、苦しくなくなって欲しいです。

36153.jpg

入院中も、人が傍に行ったりすると、喜んでウロウロしたり、立ち上がったりするので一見、元気に見えてしまいます。
そして、よく見ると、呼吸はつらそうです。

今の、この状態から少しでも回復できるのか、どこまで改善できるのか・・・希望は捨てたくありません。
短いかも知れない残された時間が、少しでも苦しくなく、例え少しであっても、楽しいと思えるような時間を過ごして欲しと願っています。

生まれてきたときから、死に向かって時を過ごすのは宿命です。
だからこそ、どう生きるか、なのでしょう。

善く産まれ、善く育ち、善く学び、善く生きて、善き死を迎える

生きていればいいということより、どう生きるか。
とう、自分に向き合い、どのように死に向き合い受け止めるのか。
まさに、私達に問われていることなのでしょうね。

| 犬&猫 | 16:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

シュシュちゃんのご冥福お祈りいたします。
眠ったまま静かに逝って苦しまずに最期を過ごせて
悲しいけれど本当に良かったですね。
またチャッピーちゃん
何度かお家を変えながらも
小さな体で大きな病気を抱えながらも
一生懸命頑張ってきましたね
皆様方の愛情で、今回もきっと乗り切って
くれると信じて祈っています。
チャッピーちゃんのお散歩の可愛い姿が
また見られますように
呼吸の苦しみがとても可哀想で心配ですが
どうか容体が持ち直してたとえ短命であっても
穏やかな楽しい日々を、少しでも長く過ごして
欲しいです。
可愛いチャッピーちゃん頑張ってね
祈っています。

| | 2021/02/11 19:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/1056-b5eb911e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT