FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

心配な、チャッピーとまる子。

モモちゃん・・そろそろ落ち着いてくるかな!との期待は、みごとに裏切られ・・
momosoto.jpg
我儘ちゃん&プンプン丸は続いてます。

この間は、ちょっとご飯の時間が遅くなったら、また段ボールの破壊に走ってました(笑)
FE5272D1-36FE-40A1-A0C7-4648C6951EA4.jpg
空腹が一番、ムカつくらしいです。
まぁ・・エリカさま・・?になっちゃう気持ちは、理解できます。

とはいっても、我が家に来て2カ月。
さすがに、我が家の生活のリズムには慣れたようで、夜は、ぐっすりと寝てくれるようになりました。


チャッピーは、先週の金曜日に、退院しました。
肺の白い部分は、若干残っているものの、最悪の時に比べたら、大分改善されたということです。
tibicyap.jpg

退院1週間後に受診をすることになっていましたが、帰宅後、咳が多かったので、月曜日に、レントゲンを撮ってもらいました。
肺全体は、退院時とはさほど変化はなく、若干、白い影はありました。
肥大した心臓は、胸の中央にドーンと写っていました。

今回の状態の悪化は腱索が切れたものでないと良いです。
弁膜症も含め、手術という選択肢はあるとのことでしたが、費用がとても高額で、その余力はありません。
資金力の脆弱さは、何ともしようがありません。
tibicty.jpg

人間の方でも、医学の発展は目覚ましいものがあり、様々な治療方法が出ていますが・・・先進治療は、保険適応ではなかったりして・・いのちはお金で買う時代ですね。


チャッピーは、入院中から、食にムラがあったようです。
帰宅後も、食べたり食べなかったりしていますが、まぁまぁの量は食べています。
循環器の異常は、胃腸にも影響しますから、無理はできません。

心臓への負荷を軽減させるために、酸素は、あった方が良いとのことで、用意してから退院させました。
夜寝る時は、酸素を入れたハウスで寝ています。
tibitasannso.jpg
食後や散歩の後も、もちろん、酸素室です。
咳が多い時は、酸素を流して充てると、落ち着いています。
なんだか・・このまま騙し騙し、毎日を過ごしていくしかないのが、見ているのも辛いです。



チャッピーを受診させた、月曜日・・・
まる子がまた、発熱し、一緒に受診しました。
marunetu.jpg

前回のカリシは、すっかり良くなったと思ったのですが…
ぶり返したのか、根底に何かがあっての発熱なのか・・なんとも心配です。

marutaityouwaru.jpg
熱が上がったり下がったり、食欲が戻らなかったり・・・猫のFIPが一番心配です。

とりあえず、抗生剤とインターフェロンの注射などで対処していますが・・・
最悪を考えてしまう癖が私を襲ってきます。

今日も、受診して、皮下点滴とインターフェロンの注射をしてきました。
脱水が酷いので、この数日間は、毎日、病院に通うようです。
marutaityou.jpg
安静の為、今は、ケージの中で管理しています。
一番の悪戯っ子がいないので、何だか、静かなリビングです。

| 未分類 | 23:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

チャッピーちゃんに続き、元気なまる子ちゃんまで
心配ですね。
今年は本当に温暖差が激しく人でも体調を崩す気候でしたから
持病を持っている小さな犬猫達にとっては負担が大きかったのかもしれませんね。
チャッピーちゃんは気のせいか一回り小さくなったような気がします…小さな体で一生懸命頑張っているのでしょうね…今は大好きなIさんのそばにいられて嬉しいのと安心でいっぱいだと思います。
だからきっと元気を取り戻してくれると信じ祈っております。
まる子ちゃんも早く元気になってくれますように!
明るいまる子ちゃんの復活まっています❤


| | 2021/02/20 23:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/1057-eed1670f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT