PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

板橋の犬屋敷。

チャ-コが迷子になり、みなさまに、大変ご心配をおかけしました。そして、ご協力、温かいお気持ち、本当にありがとうございます。
その後のチャ-コは、よく眠り、ボォ~っとしているとの事。
「散歩に行くよ」と言っても「え~十分散歩はしたから」と、行きたがらなかったそうです。
よほど疲れたのでしょうね。。
無事でよかった。お世話になりました。




チャ-コがうまれた板橋の犬屋敷は、今・・・。


今、現地には、何処からか、送られてきたとメスのビ-グル。
IMG_0167.jpg
何故ビ-グルがいるのかを聞いてみたところ、
「今度は、紀州犬とビ-グルをかけてみようかと思っているんだ」と、しゃ-しゃ-と答える。

そして、汚い不衛生な建物の2階には、オスとメスの2匹。
IMG_0164.jpg
保健所に、前から見えないように蓋をしろと言われたから、窓にシャッターをつけたと。
IMG_0156.jpg

汚い、とても汚い2階です。
P1020935.jpg
不衛生な上、暑い2階に2匹の犬達。


そして、去年何処からか持って来た8才のオス犬。
IMG_0161.jpg
ビ-グルとかかり、子供が出来るのを待っていると言ってました。

そして、いちご・しおりの母犬の姉妹犬。
IMG_0150.jpg
いちご・しおりの母犬は、五月蝿いからどこかへ渡したそう。
この子は、おとなしく性格が良いので、今度はこの犬の子供を取るとの事。


弟の会社の埼玉県川口市の敷地にも、オスとメスの2匹。
そして、有料の施設に数頭預かってもらっていると。
犬屋敷の繁殖者所有の犬は、いったい何頭いるんだろう。。




犬屋敷の繁殖者は、平成19年8月に板橋区保健所より「化製場条例違反の告発」され、平成20年2月に受理され、同年4月に裁判が、始まりました。
そして、同年6月、「懲役6ヶ月、執行猶予3年」の判決が下り、今年で3年、執行猶予が終わりました。

判決が出る前「犬はもう飼わない・きちんと働く・繁殖はしない」と裁判官に、泣きながら約束していました。
そんな約束守られることは、ありませんでした。

執行猶予の間、規模さえ小さくなりましたが、繁殖は繰り返されていました。
そして、何処からともなく来た成犬達。


この数年間、現地には新しい沢山の「いのち」が、入れかわり立ちかわり、新しく産まれました。

そして、可能な限り、現地より引き出し、里親さんをさがしてきました。

この行動は結果として、現地のあの男を助けていることにもなります。
そう思っていても、そこにある「いのち」を放っておけない・・・。


現地を放置していれば、すぐに数が増え、その犬たちは散歩もなく、ストレスを溜め喧嘩し、吠え続け、そして、あの汚物とゴミの中には、子犬がいっぱい生まれ、適当な所に渡され、そして、いのちをなくします。

犬には、病気や寄生虫が蔓延し、行政に苦情の電話がなりはじめることでしょう。
何より、犠牲になるいのちが、たくさん現地に溢れることでしょう。

法律は、何も機能していません。
動物愛護法は、いのちに関わる法でありながら、警察は内容についての理解が進んでいません。





平成19年、私達は、現地に足を踏み入れました。

「犬屋敷の主人が、テレビ局のカメラマンに暴力を振るい、留置された。現地の犬達が餓死してしまう」との連絡を知人から受けて、板橋区に住んでいたので、ただ単に給餌をするため、現地に入りました。

そこで沢山の子犬達を見つけ、放っておけず、保護したのが始まり。
当時、現地に子犬17匹、成犬21匹。

そして、ただ酷かった現地と犬、そして行政、そして、あの男に向かい合っていました。

この数年、現地からは目を離せませんでした。
目を離せば直ぐに、現地には、着実に犬は増えていくからです。

告発された当初、区議や区長に訴え、行政も介入してくれましたが、日がたつにつれ、世間の記憶も薄れ、行政もこちらからお願いしない限り、動かなくなりました。

今年初め、子犬が産まれたので、保健所に訴えた所、職員Kさんは「彼は、犯罪者ではありませんので」との答えを返してくる始末、志村署の生活安全課Aさんに訴え、現地へ行ってもらいました。



どうすればいいのか。何か、対処法で効果的なものはないでしょうか。。
何か、知恵を与えてください。

個人の繁殖、規制する法律はありません。
毎年、子犬が産まれていても、おとがめ無し。
犬を売った証拠がなければ、法律でも裁けない。


何かよい手段は、ないものでしょうか。
現地で繁殖が、繰り返されないようにする、何か良い方法・・。

教えて欲しい。

| 板橋の犬屋敷 | 00:52 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ごめんなさい。何も答えられない。
考えても何も出てこない。
溜息ばかり。。。
でも傍で見ているIさんには、見て見ぬふりは
できないですよね。
何か考えないといけない。どうしよう。。

それにしても、板橋保健所、何言ってんの?
前から見えないように蓋をしろ って、何?
見えなくするのではなく、きちんとした飼育を
指導しなくてどうするの!
外から見えても大丈夫な飼育をさせてよ。
繁殖を止めさせてよ。
だいじょうぶか?板橋~

Iさん、長い長い活動、ありがとうございます。そしてお疲れ様です。

3年間の執行猶予なんて、大して意味が無かったのでしょうか。
Tにとって、あの裁判は何事も無かったように
忘れてしまえる程度だったのですね。
こちらのブログでも、Kさんのブログでも暫くTの動向がありませんでしたので、
今は静かにしていると思っていました。
やはり発信して頂く事は大事だと思いました。
少しずつでも情報を提起して頂き、この現場は
まだ問題山積なのだと広めていきませんか。
板橋のしょうもない役人が、少しはこのHPを
見て脅威を感じるように。

| YOSIE | 2010/08/27 11:24 | URL |

お疲れさまです。

深く、読ませていただきました。
しばし考えさせて頂きます。
情報を発信してくれてありがとう。

| 通りすがり | 2010/08/27 21:07 | URL |

YOSIE様

お世話になっております。

確かに、判決の出た年は、繁殖を控えてました。
しかし、山代犬やクマ、他の犬を何処からか持って来る事はやめず、段々と成犬も増えてきました。
判決の出た翌年、直ぐに川口市の敷地で子犬が生まれました。
今も尚、前のように、数等の犬達が一気に産まないように気をつけている様ですが、繁殖は止める気配は、見受けられません。それどころか、こらから勢いが増しそうな気がします。

東京都にも、ブログに書いたような内容の事を相談しました。
前向きに検討してくれ、板橋区とも連絡を取ってみると言っていました。
個人の繁殖、罰する法律が無いんですね。

動愛法が「努めなくてはならない」から「しなくてはいけない」に変わってくれればと思います。
そろそろ現地に、又、子犬が産まれると思います。
もう、溜め息しか出ません。
また、現地の様子をお知らせします。

いつも有り難うございます。




化製場条例違反の罪なので、繁殖にはおとがめ無しです。

| itabashinoinutati | 2010/08/28 17:27 | URL |

通りすがり様

有り難うございます。

現地に犬が増えていくのを見ているのが、嫌になります。
何か良い案がございましたら、教えて下さい。
宜しくお願いします。

| itabashinoinutati | 2010/08/28 17:31 | URL |

記事にさせていただきました。

| よし | 2010/08/29 19:39 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。。
私は正丸峠の件でこちらのブログにお邪魔するようになりました。
なので、板橋の犬屋敷のことはうっすらとしか知らず、、、
今回そちらのHPも含め、初めてきちんと読ませて頂きました。。

シシイヌとして繁殖されているこの子達、、
それだけでも許せないのに、猫を襲わせて食べさせる、、という
信じ難い発言にも、、憤りを抑え切れない想いでした。。

この男にどうしたら繁殖をやめさせることが出来るのか。。

1週間前にこの記事を読ませて頂いてからずっとずっと考えていましたが、
…答えは出ないままです。。

だけど、、ここで今も繁殖が繰り返され、罪のない不幸な命が
生み出されていることを1人でも多くの方に知って頂き、何か
手立てがないかご意見を頂けたら、、、
そう思うので、微力ですが転載させて頂きたいと思います。。

無責任な繁殖や飼い方で身体的に不自由を強いられている子、
心に大きなキズを負った子、、
そして、餓死やパルボなどで命を落とした子、、
同じような目に遭う子がこれ以上増えない為にも何か良い方法が
見つかれば、、、と心から願います。。

| ぷるーん。 | 2010/09/06 13:05 | URL | ≫ EDIT

よし様

お返事遅くなりました。
記事にしてくださり、有り難うございます。

| itabashinoinutati | 2010/09/08 22:33 | URL |

ぷるーん様

お世話になっております。
いつも有り難うございます。

私達が関わる1年くらい前に、いくつか団体さん、NPO団体さんも介入していたようです。
犬屋敷の主人、とてもおかしい言動や行動をするので、相手にするのも疲れてしまうのでしょうね。
その当初から、アスカママが現地に関わったのですが、「不要な犬をボランティアに押し付ける」と言ってました。今は、あまりそういう事もありませんが、何処からか持って来ては、良く鳴く犬だと苦情が出るからと、仲間内の誰かに渡しています。犬は、物扱いです。

私も繁殖者とは、犬絡みでよく大喧嘩になるので、疲れます。
このまま放置しておけば、元の沢山の犬達がいる犬屋敷に戻ると思います。
先週、何処からか6ヶ月の紀州犬を持ってきてました。その子をどうするのか・・・。溜め息しか出ません。
奴に、二度と繁殖が出来ないよう、どうにかしたいです。
何か良い方法は無いものでしょうか。

コメント

| itabashinoinutati | 2010/09/08 23:11 | URL |

こんにちは。。
何とかしたい、、という想いが先走り、
記事が支離滅裂になる。。という作業を繰り返し…
書いては消し、書いては消し、、、
やっと記事が書き上がり、本日UPさせて頂きました。
本当に遅くなり、申し訳ありません。。
(もしも宜しかったら記事をチェックして下さい。私の記事内で問題のある箇所は訂正・削除を入れますので)

何か解決策に対する助言を頂けたら、必ずご報告させて頂きます。

この男に繁殖をさせない方法、見つけ出したいです。。

| ぷるーん。 | 2010/09/12 11:39 | URL | ≫ EDIT

メールご連絡ありがとうございました。
ぷるーん。さんの記事を見て考えていたのですが、法律家の方に頼むのがいいのかと・・・
しかも無料相談ってできないかなっと考えてました。
財団法人 神奈川県動物愛護協会のシンポジウムで動物取扱業についての討論などがあります。ヒントがあるかもしれないです。参加申請中ですが、寝ないでしっかり聞いてきます。

| むぅむぅ | 2010/09/14 15:27 | URL |

ぷるーん様

お世話になっております。
お返事遅くなってしまい、ごめんなさい。
記事にしてくださり、有り難うございます。

板橋の犬屋敷の主人は、口を開くと繁殖の話で、うんざりしてきます。
どうしたら、無駄な繁殖を止めさせられるのでしょうか。
法律は、繁殖者の見方なのでしょうか。
何か良い解決策がございましたら、どうぞ宜しくお願いします。

いつも有り難うございます。 

| itabashinoinutati | 2010/09/18 17:49 | URL |

むぅむぅ様

お世話になっております。
メ-ル有り難うございました。

何人かの弁護士さんに、相談したりしました。
なかなか難しいそうです。
神奈川県動物愛護協会のシンポジウムで、良いお話が聞けましたら、是非、教えて下さいね。
宜しくお願いします。

いつも有り難うございます。

| itabashinoinutati | 2010/09/18 18:13 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/137-2aec819c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT