PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

避妊手術、終了。

昨年8月、家の近所のWさんが道端でうずくまっていた小さな震えるいのちを見つけました。
保護した子猫は推定生後2ヶ月位。
何があったのかは解りません。
頭の骨が複数個所骨折していて、陥没骨折もありました。
出血は3か所。

自発的にはほとんど動きません。
いいえ、動けなかったのです。
それは、目が見えず、耳は聞こえない状態だったからです。

右目は、瞼を閉じる神経が損傷した為、寝ていても開いたまま。
nyan.jpg
そんな彼女は、知り合いの病院に通院し、今では、すっかり元気になりました。
nya.jpg
治療のお陰で、完全にとは言えないと思いますが目も見え、耳も聞こえる様なったのです。
いのちの可能性ってすごいです。

現在は、保護した方のお宅で過ごしています。

もう6ヶ月過ぎ。発情が来る時期です。
麻酔で脳圧があがる事もあり、避妊手術には慎重になっていましたが、昨日、無事に避妊手術を終えました。
ホッとしました。

この子を保護してくれたWさんは、動物好きの優しい方です。
Wさんは「可哀相って言うのは簡単ですね。でも、その可哀相な子達に責任を持つのは、大変なんですね。今回の事で良くわかりました。でも、放ってはおけなかった。」と、おっしゃってました。

この子は、運よく助けられました。
車に跳ねられ死んでしまう猫は、毎日のように沢山いる事でしょう。

可哀相・・・と思う気持ちで、猫たちにご飯をあげている方、可哀相だと思う猫たちにお願いです。

ご飯をあげている猫達の避妊去勢をしていないようでしたら、
これ以上増やさない為にも、その子達の避妊・去勢手術をして、増える事を防ぎませんか。

可哀想という前に・・・行動を起こしませんか。



可哀想というより、悲惨で悲しすぎる環境から保護されたブ-タン子犬達は・・・。
bu-tan.jpg
今日も元気に「ブ-ブ-」と、文句を言ってます(笑)




 ~お知らせ~

「板橋の犬たちを助けて」のホ-ムペ-ジをリニュ-アルしました。
 アドレスも下記に変わりました。
 http://itabashinoinutachi.web.fc2.com/index.html 
今後とも、どうぞ宜しくお願いします。m(__)m


| 犬&猫 | 13:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/159-4fa332ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT