PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

犬の幸せって?

ブログを放置していました・・・
更新してくれてサンキュ
前のページに Kさんが、我が家の犬の事を書いてくれていたので、甘えて私ごとを・・。



「癌」・・・その音の響きを聞くと、現実逃避で、私は眠くなってしまいます。

ゴンタも癌でした。5年前のことでした。
20041212201712_0009.jpg

人にも犬猫にも、とてもとても優しいゴンタ。
もめ事を上手に回避したり、穏やかな空間を作る子でした。
DSC06126.jpg
我が家の犬たちは勿論、保護した子達も、みんなゴンタが大好きでした。
掛かりつけの病院でも、ゴンタは人気者でした。

保護され我が家に来たゴンタは、ガリガリに痩せていました。
去勢はされていないのに・・声帯はとられていた。
繁殖業者の匂いがしました。

ある日、ゴンタの足に触れた固いグリグリ・・・。
最期は肺転移の呼吸困難・・。
手術に抗がん剤に、出来ることは何でもやりました。
肺に転移したと分かってから1年後、ゴンタは虹の橋へ・・・。

そして、昨年末は愛犬ムクが癌で虹の橋へ・・・。

今度は、メイちゃん。
みんな癌。

なぜなのかな・・・。


メイ子は、4年前に迷子になっていました。
IMG_3920.jpg
忘れもしない、犬屋敷の騒動の最中でした。
結局、飼い主は家の近所の方でした。
そして、「要らない」との返事。
5年近く飼っていたのに・・・要らないって何?
不快と腹立ち、怒りがこみ上げ、とても可哀想で切なかった。


保護した当初、近隣の犬を飼っているお宅に聞き回ったが、みんな知らなかった。
玄関横につながれて、5年間、散歩もしていなかった。
みんな知らないはずだ。

ネットでの里親募集、何度か里親会にも参加させて頂いた。
結局、問い合わせもなく・・・。

散歩中、拾い食いの癖があり、煙草やガムなども食べてしまう。
気をつけていても、一瞬で口に入れてしまう為、下痢になってしまう。
保護した当初は、頭の毛ボサボサのまま、夜中や明け方、何回トイレに出したことか・・。
最近は殆どなくなった。

メイコちゃん、癌なんかに負けないで頑張ろうね。
出来ることは、何でもするからさ。


考えてしまう。

我が家にいた子たちは、幸せだったのだろうか?
今、我が家にいる子たちは、幸せなのだろうか?

そもそも・・・犬の幸せって何だろう・・・。

考えてしまう。。

| 未分類 | 14:35 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは

itabashinoinuさん、こんばんは。
メイちゃん、辛いですね。
癌の治療は人間でも苦しいことですからね。
口のきけない動物達のためになっているのか、悩んでしまいますよね。
人間の治療だってこれでよかったってなかなか言えないものです。
でも、大事に思ってくれる人のそばで最後に過ごせたら動物達は幸せなのかもしれません。
ちゅちゅを亡くした時はウチの子じゃなかったらもっと長生きできたんじゃないか、もっと幸せだったんじゃないかなんて思いましたけれどね。

地震怖かったですね。
動物達も怖がっていたでしょう?
どうぞお気をつけて過ごしてくださいね。

| sakiko | 2011/03/12 23:50 | URL |

はじめまして

我が家のワンコは14歳です。
生後1日くらいで捨てられてました。
目も開いてない、ヘソの緒もついたまま段ボールに一匹だけ……。
哺乳瓶でミルクあげて濡れティッシュでお尻ポンポンしてたのがまるで昨日のように思い出せます。


今は、間もなくやってくるであろうお別れを覚悟しながら、老いたワンコと過ごしてます。

私も考えるときがあります。
『この子は幸せだったかな?』

だけど、この子に出会って私は幸せでした。

だから、私はこの子に私が出来る限りのことをして上げようと思います。

この子とお別れした時に、後悔や悲しみの涙よりも、ありがとうの涙を流せるように。

| 伽羅 | 2011/03/13 06:55 | URL |

メイちゃんって 大きいけどとっても大人しくランゾウさんの里親会にも参加していた子ですよね?
メイちゃん癌ですか。。。。辛いですね・・・・
見た目は大きく怖く見えたけど とっても優しく良い子だったのを覚えてます

確かに我が家のようにショップで買ってきてしまった場合
「この子はうちに来て幸せだったのだろうか?」
「次に見に来た人の所に行っていた方が幸せだったかも」と
思うことは多々ありますが
Iさんたちのようにたくさんの子を保護し里親を探し
見つからない&里子に出せない子は自ら親になってるのに
何を弱音を吐いているんですか!!
暖かい部屋で毎日ご飯を食べお散歩に行く・・・・・
普通は当たり前のことだけど知らなかった子達が
初めて人間の愛を知り
顔がドンドン穏やかになっていった
それが答えです!!!!



| 小鉄&斗和 | 2011/03/13 16:03 | URL | ≫ EDIT

sakiko様

こんばんは。
今度は、メイちゃん。まさか・・という思いです。
治療も、色々と悩んでしまいます。
QOLを損なわないよう、痛みや苦しさは、出来るだけ軽減してあげたいものです。

大事に思ってくれる人のそばで最後に過ごせたら動物たちは幸せなのかも>>そうかもしれません。
忙しくて、犬たちに時間をかけてあげられない時に、家の子じゃなかったら、もっと幸せだったかもしれない・・・なんて思ってしまいます。まあ、そのようなことを言っていても仕方がないので、今、目の前の現実に向き合いたいと思います。

いつも有難うございます。




| itabashinoinutati | 2011/03/19 19:20 | URL |

伽羅さま

はじめまして。

伽羅さんのワンちゃん14歳ですか。
きっと、幸せだから長生きしているんですね。

私も今いる子達、亡くなった子達と過ごせて幸せです。
そして、願うのは家の子たちも幸せだと思ってくれていたなら・・・と思います。
人間も犬も生きている限り、死と向きあうのは宿命なのでしょうね。

コメント有難うございます。

| itabashinoinutati | 2011/03/19 21:43 | URL |

小鉄&斗和ママ様

こんばんは。

そうです。ランゾウさんの里親会に参加させて頂いたメイちゃんです。
やさしくて穏やかな女の子なのに、見た目が怖いと言われるんですよね~。
ボランティアさんには、可愛い~と言われるんですが。。募集に掲載してもお問い合わせもなく・・・。
家のコテツなんて、と~っても可愛い顔しているのに、素晴らしくギャングe-277

気落ちしている暇など無いのだと、現実を受け止めています。
これから、メイちゃんの治療に付き合いつつ、いのちと向き合って行きたいと思います。

いつも有難うございます。

| itabashinoinutati | 2011/03/19 22:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/183-637aa34c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT