PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

現地から犬が消えた。そして・・・。

現地にいた紀州犬7匹。
行方がはっきりしない。
あの馬鹿が、恐れから、慌てふためいて、ある人に拝み倒して、置いて来たらしい。

その人からしてみれば、迷惑千万。
半ば、怒っている。
知り合いや親戚に引き渡したとしか教えてくれない。

実際、大切に管理してくれる人の手に委ねられたのであれば問題はないのだが・・・。
事実の確認ができないのが、口惜しい。
所有権の問題もあり、難しそうだ。

一応、志村署には所在の確認をお願いしたが、それを私達に教える義務はない。
教えてくれれば・・ありがたいのだけれど。

この活動はたくさんの方々に支えられ継続してきているが、中心になって進めているのがIさん、そして私K。
いろいろと動きがいいのは、Iさん。
行政担当が、K。
頭脳はIさん。ことば・現象におとすのがKの私って感じかな・・。
2人の活動、二つの車輪で活動していたのだから、車輪の片方の具合は致命的。

I さん。
数ヶ月前に愛犬のゴールデンのムクを看取った。
やっと最近、「心ここにあらず」という状況を抜けつつあったのに・・・

今度はメイちゃん。
先週、足の腫瘍の切除手術をしたのだが、病理検査の結果、悪性とのこと。
言葉がない。
負けず嫌いの彼女のことだから・・・。

最近は、心配な程、猫ボラさんの手伝いで走り回り、そして、疲れ果てていた。
あまり無理をしないでと言っても・・簡単に聞く人でもない。
とはいえ、少しは自重しようかと言っていたのだが・・・。

こんなことを私が書いたと知ったら・・怒るかも・・。
「すこーし、愛して。ながーく、愛して」っていうCMがあったっけ。
あまり気負わず、無理せず、に、いきたいね。
頂いたいのちと身体。
無理せず、きちんと日々に向き合い、自らをいじめたりしないような活動形態にしないと続かなくもの。

すでに4年が過ぎ、やっとあいつの逮捕にまで行けそうな気配。
深呼吸の時間をとって。
脇を甘くしないよう、地に足をつけてじっくりいこう。
ここまできて、焦っても仕方が無い。

| 板橋の犬屋敷 | 18:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/184-3d8dd528

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT