PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゴンちゃん。

ゴンちゃんは、18歳。
初めて会ったのは、先月、5月の初めのこと。

叔母から「近所の人なんだけど、引っ越すからって、犬を保健所に渡すんだって言ってるのよ。保健所ってどうなのよ。可愛そうよね。」との話でした。


ペットショップで購入した犬猫、のら猫、棄て犬猫、迷子犬・・・様々な出逢いがあるでしょう。
家族に迎えて過ごしてきた子達なら、最期のその時まで、一緒に過ごして欲しい。
住居を移らなければならない時、環境を選択できる状態なら、せめてペットを飼育できる引越し先を選んで欲しい。


叔母からの話で、気になって、会いにいったゴンちゃん。
IMG_6499.jpg
ゴンちゃんの身体には、あちらこちらにシコリができており、肛門も潰瘍で爛れ、常時出血していました。
IMG_6521.jpg
足取り・・ヨタヨタ。。
癌ではないかと思うシコリ。
この先、そんなに長く生きられないのではないか・・・。

飼い主さんは、定年。
社宅なので、引っ越すとの事、息子さん達と一緒に暮らすそうです。
新しい住居は、分譲でペット飼育不可のマンション。
いけないことですが、そこでは犬を飼っている方もいるそうです。

この先、何年も一緒に暮らせる状態ではないようなゴンちゃん。
無駄吠えする訳でもなく、長い散歩もできるわけでもなく・・
いけない事でも、そこで一緒に暮らしていけるのではないかと、その工夫などもお話しました。


保健所では、どういう状態で最期を迎えるのかも説明しました。
渡す選択をするならば、せめて自分たちの責任で、病院での安楽死、家族の腕の中で最期を看取ってくださいと、お願いしました。

結局、両方とも理解されないまま、6月5日、引越しの日を迎えました。


そして今、ここにゴンちゃんがいます。
放っておく事は、できませんでした。


昨日の夜、ゴンチャンと散歩していたら、急に涙が出てきました。
一生懸命歩いている姿の健気さに・・・。
環境の変化の中、18歳のゴンちゃんは、どれだけ不安なのか、思い計ることは出来ません。

家で過ごす初めての夜は、不安で仁王立ちしていました。
お布団も初めてなのか、避けて寝ていました。


今は、あきらめたのか、安心したのかはわかりません。
よく寝るし、良く食べ、頑張って歩いてます。
お布団の気持ちよさも少しわかったのか、身体を乗せて寝るようになりました。
お菓子もご飯も、嬉しそうに食べます。
IMG_6492.jpg
お尻を消毒すると、痛いのでしょうか、チョト鳴きます。
潰瘍から出血しているので穿かせた紙パンツは、受け入れてくれました。


ゴンちゃん、沢山、美味しいものを食べようね~!
もう少し、長く生きようね。
でも、ゴンちゃんが辛くなければだよ。



Kさんのお店で、マイクロバブルに入れてもらったゴンチャンは、とても気持ちよさそうでした。
そして、ピカピカになりました。

幼稚園に通う姪っ子が、ゴンちゃんをみて私に言いました。
「犬を飼っちゃいけないところに引っ越したから、ゴンちゃんは棄てられちゃったの?子供が住んじゃいけない所に、パパとママが引っ越したら、私も棄てられちゃうの?」って。
不安げな顔をして話している姪っ子でした(笑)

| | 02:07 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

きっと前の飼い主さんは、ただゴンちゃんがいらなくなっただけなのでしょうね。
こんなにシコリが出来るまで放って置く位ですから・・・
可哀相に・・・
もし大事にしていたなら、18年も一緒に過ごした家族を保健所に連れて行くなんて考えないでしょうね。
こんな可愛らしい健気なゴンちゃんを辛い目に会わせるなんて許せないです!
あぁ~腹立ってきた。
どいつもこいつも自分の事しか考えていないのでしょうね!!
姪っ子さんの言葉も響きました。
こんなに小さい子でも理解できる事なのに・・・

でもまたIさんとKさんに保護されて良かったです。
お仕事をしながらのワンちゃん達のお世話、とても大変な事だと思いますが本当に有難うございます。

| 武蔵の母 | 2011/06/09 11:56 | URL |

人間って・・・

18年も一緒だった子を、保健所に連れて行こうという考えが、とても理解できない!!!
ただやっかいで、物のように、いらなくなっただけなのでしょう、こういうことが繰り返される度、人間が嫌になります。動物には心があるのに、人間よりずっときれいな、純粋な心があるのに・・・
自分達だけ新しい生活をして、何も感じないのでしょうか、
自分達だけ幸せなら いいのでしょうか
寂しい人たちですね。

ごんちゃんを保護してくださり、ありがとうございます。
心から、心から、尊敬いたします。

| ゆっちゃん | 2011/06/09 12:18 | URL |

怒りと悲しみで、涙が溢れました。

これから年金暮しになろうという人にペット可住宅おろか一般住宅も借りずらくなることも現実です。
推奨する訳ではありませんが、UR公団の特に古い団地では、多くの人がペットを飼っています。
今は、先着順で入れるとこがほとんどで高齢者も入りやすく、元飼い主もこういう選択もあったはずです。
でも18年も一緒にいて、最後は保健所を選択するなんて、家族と思っていなかったのでしょう。
最初から飼う資格なんてないですね。

ごんちゃん でも最後にいい人にめぐり逢えて、よかったですね。
愛情一杯もらって、余生を過ごしてね!

| そらママ | 2011/06/09 14:10 | URL |

ごんちゃんが可哀想で ごんちゃん前の飼い主に腹が立って涙が出ました!!
いろいろな事情の人がいて どうしても・・・・ということもあるでしょう
でも体中に腫瘍ができたりしているのに放ったらかし
あげくに捨てるなんて・・・・

冗談半分ですが ワンコ友達とは
「もしなにかあったら この子は誰が引き取って。。」なんて話をしています
私のわんこ仲間は里親会のお手伝いをしている人が多いので
無責任な人はいませんが
いつ何があるかわかりませんからね

| 小鉄&斗和 | 2011/06/10 08:22 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/06/10 14:00 | |

武蔵ママさま

こんにちは。
お返事が遅くなって、ごめんなさい。。

しこりが崩れてきてしまったので、可哀想でした。
それよりも、昔、足の骨を怪我した治療をしてもらっていなかったので、歩き方が変です。
犬に医者は要らないと思っている方もいますからね。
日本は、ペット後進国ですね。

飼い主さんによって犬の幸せが左右されるのは、いたし方ないことなのでしょうか。
それを思うと、武蔵君はとても幸せですね。
武蔵君を家族に迎え入れてくださって、本当にありがとうございます。

| itabashinoinutati | 2011/06/19 16:10 | URL |

ゆっちゃんさま

18年、家族の成長を見てきたゴンちゃん。
思い返せば、ご家族もゴンちゃんの子犬の頃からの思い出が、沢山あるはずですよね。
身勝手な理由で、保健所に簡単に渡そうとするのは、止めてほしいですね。
きっと、心も一緒に保健所に渡す予定だったのでしょうね。

悲しく情けないですが、日本中、ゴンちゃんのような子が沢山いるのだと・・思います。
日本人の心の豊かさを、命育む心の温かさを・・失ってほしくないですよね。

いつも有難うございます。

| itabashinoinutati | 2011/06/19 17:06 | URL |

そらママさま

こんにちは。
お返事が遅くなりまして、すみません。

今度の震災被害者の方たちの仮設住宅や一時避難の住まいも、何か心の潤いの欠けたもののように感じたこともありましたね。
実際、動物にたいする意識が、もっと深くて動愛法もより進化している国であったのなら、この震災の被害をこうむった動物も、もっと少なく出来ていたのかもしれません。

もっと知恵と時間、お金を使って、工夫する知恵を与えられているはずなのに・・・。
人が、愛情や情けを無くして、乾ききった心の景色は空しいです・・ね。

ゴンちゃんも、今を精一杯生きてほしいです。
いつも有難うございます。

| itabashinoinutati | 2011/06/19 17:20 | URL |

小鉄&斗和ママさま

ご無沙汰しております。
お返事が遅くななりまして、すみません。

実際、人生、何があるか解りません。
しかし、何かがあった時こそ、その人の人となりが、本来の価値観が見えてくるのでしょうね。

震災は国、団体、個々人・・・いろいろなレベルで、いろいろな物事を引っ掻き回して、見せてくれたように感じました。
「いのち」の教育が欠落してきた結果に思えますよね。
何か背中が、うすら寒くなります。

いつも有難うございます。

| itabashinoinutati | 2011/06/19 17:38 | URL |

有難うございます。

いつも気にかけてくださり、有難うございます。

18歳とは思えない位、元気なゴンです。
散歩も自分の歩きたい方向へと引っ張るのですが、行き止まり、暫くそこで悩み立ち尽くす姿が、なんとも可愛いくて笑っちゃいます。
一日一日を頑張って生きているゴンです。
少しでも多く、幸せを感じてくれたらと思います。

ご寄付頂き、感謝しております。
本当に有難うございます。
御礼が遅くなってしまい、申し訳ございません。

| itabashinoinutati | 2011/06/20 00:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/219-aa8802d0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT