PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワンニャン里親探し?

日頃、お世話になっている方達からのお話で、新しく保護した子達です。

先々週、保護した柴犬です。
メスの5歳。
独り暮らしのお婆さんが亡くなって、独り部屋に残されてしまったそうです。
迎えに行くと、何もないガラ~ンとしたお部屋の中にいました。
DVC00257.jpgIMG_8178.jpg

あまり外に出ていなかったようで、とても怖がりです。
保護当初は、散歩も嫌がりましたが、今では「早く行こう」とはしゃぐようになりました。
毎日、撫でているのですが、まだ身体を硬くします。


そして、天真爛漫な男の子。
1歳になったばかりのゴ-ルデンレトリバ-。
飼育困難とのことで、引き取りました。
始めは室内で飼育していたそうですが、今ではお庭に繋がれていて、世話が出なくなったとの事です。
事情は・・・ですが、引き取りました。
IMG_8105.jpgDVC00261.jpg

受け取りに行くと、真っ黒で、凄い毛玉だらけの可愛い表情の彼がいました。
ゴシゴシ洗って、毛玉をカット。
DVC00260.jpg
洗う前は、茶色の毛玉が、シャンプ-後は、白っぽい毛玉に変化。
まっ茶のゴ-ルデンかと思いきや、違いました!
綺麗な色のゴールデンでした。
湿疹がたくさんあり、がりがりに痩せていて、あわれでした。

現在、訓練士さんに預かっていただいてます。
板橋の保護犬達がお世話になっている、平井ドッグトレ-ナのお友達です。
私達2人、現在犬猫が一杯なので、助かりました。

公園で袋に入れられ棄てられていた、オスの子猫。
小太郎です。
kota.jpg
現在、2ヶ月位です。

新しい家族を募集してます。





家族募集といえば・・・。
先日、ラジオを聞いていて、ビックリなお話。



「生後40日から2か月の子猫と生後3か月までの子犬を募集しています」
と、公共の電波を使って、何??

「ワンニャン里親探し」
https://www.jolf.co.jp/event/info/entry_3813/3813.php

03(3287)1500『ワンニャン家族探し!』事務局
内容を調べてみたら、動物愛護法に・・・現行の改正以前の、動愛法にさえ触れるような内容のイベントでした。

電話して聞いてみました。

譲渡に関しての責任は、放送局は一切取らないそうです。
あくまで、個人対個人で話し合いで、決めることになっているとの回答でした。
獣医師が15人、その場で健康診断??をして渡すとの事です。

虐待目的で里親に名乗り出ている人は、誰がチェックするのか聞きました。
「そういう人もいるかもしれないですけど、ほとんどは違うと思います」との回答。

たとえ、1匹でもそんな被害があったら問題だという意識が、全くなしでした。

東京八王子のイベントは、これから会議だそうです。

東京も仙台も、ワクチン接種との条件。

「2ヶ月に満たない仔犬猫なら、母親の免疫が・・」と話すと、その意味も解らないスタッフ達。

10月30日のイベントと言うことは、生後40日で応募する子犬子猫は・・・。
ん??今日は、まだ生まれていないということじゃない??
解らない!


問題は仙台。
http://www.tbc-sendai.co.jp/tc_event/special/wannyan11/index.html
10月2日のイベントなのです。

仙台にも電話して聞いてみると・・・。

責任は放送局は取らない。
あくまで、個人対個人で話し合いで、決めるは、東京と同じ。

子猫は、既に100匹は集まっているそうです。
現在、立ち会う獣医師が30人いるとの説明・・怪しい。
そんな獣医師がいるんですかね?

応募人数が多い場合は、抽選との事なので、驚き!!

面接が先ではないかと聞くと、
「会場が狭いし、そんな時間はない」との答えでした。

抽選といえば、崖っぷち犬。
テレビで有名になったので、その後の足取りを追うことが出来た。
仙台のイベントで譲渡された子達の今後が心配です。



契約書も規約もない譲渡の上、今後の去勢避妊も、口約束。
しかも、放送局は責任は一切とらない。


生後90日以上の月例に達しているのが条件であれば、納得できる。
そして、放送局のコンセプトが明確でない事が、また問題。

「無計画な一般家庭の繁殖をなくす。避妊去勢の推進」とかだったら納得。


何でこの譲渡会を開くかを聞くと「一般の家庭で、仔犬猫が生まれてしまって、困っている人たちを助ける為」なんて・・意味不明。
人集めのイベントか?

里親探しを企画してくれたのは良いが、内容が悪い。
折角の企画なのだから、これ以上不幸な犬猫を作らない為に、進化させて欲しいものだ。
いい加減なものなら中止にして欲しい。
いい加減な飼育環境や繁殖を助長し、不幸な子たちを増やすことになっていないのだろうか。


東北放送、ニッポン放送、もっと「いのち」を大切にして下さいな。
やりっぱなしではなく、追跡調査もせずに、応募の子猫が減らない現状に危惧はないのだろうか・・・。

o0407028911485102075.jpg



| 犬&猫 | 14:47 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ラジオですが、デマ(嘘情報の事。)の可能性もあるので私は信じません。
5歳の柴犬は、亡くなる前にお婆ちゃんと散歩をしていたと思います。
この婆ちゃんの家族は引き取らなかったという事は動物嫌いかペット不可能マンションに住んでいたのどちらかと私は思いました。
ゴールデンですが、世話が出なくなったと書いていたので「だったら飼うな。」と思いました。

| あい | 2011/09/17 23:33 | URL | ≫ EDIT

里親を見つけると云うより、客寄せのイベントとしか思えないですね、

協賛団体見てビックリ!
ペット関連業界で、
内容知っていて協賛しているのかしら?

宮城県の担当部署、環境生活部の「食と暮らしの安全推進課」にメ-ルしました。
中止もしくは指導してほしいと・・
動くことは、あまり期待していないけど、

| そらママ | 2011/09/18 20:14 | URL |

そらママ さん。
そうですね。
私も客寄せのイベントと思いました。
内容をはっきりしてほしいです。
おまけ。
皆さんはこれを見てどう思いますか?
なお、崖っぷち犬は新しい飼い主さんが、見つかって飼ったのですが、その飼い主さんが、体調を崩して飼えなくなり保健所に返還されました。
その後どうなったのか分かりません。

| あい | 2011/09/19 12:55 | URL | ≫ EDIT

えっ!?私の住む街でもS○Vラジオで宣伝してましたよ!“わんにゃん家族探し”のはずです。場所もホー○ックだったと思います。あれは局主催だったんですか?そんな無責任な家族探しだったんですか?何気に聞いていて詳細は覚えていませんが…10月ではなく今月のはず…もう終了したと思います。

| ゆきんこ | 2011/09/21 11:45 | URL |

あいさま

柴犬の家族は、弟さんのみ、お隣のお部屋に住んでいるのですが、犬が大嫌いだそうです。
自分の亡き後の事や自分の年齢、もう少し慎重に動物の事を考え、迎え入れて欲しいです。
いのちを軽視しすぎですね。
あいさんのおっしゃる通り「だったら飼うな」です。
いつも有難うございます。

| itabashinoinutati | 2011/09/24 23:41 | URL |

そらママさま

私も、客寄せイベントに思えます。

協賛団体は、内容は知らないとのことでしたが・・・???
獣医師達も、衛生上も危険を伴っているのは承知しているみたいですね。
200頭近くの犬猫たちを、管理できるわけがありません。

新しい家族を待っている犬猫たちは、各地に沢山います。
折角、放送局が主催するのであるならば、良いものに進化させて欲しいです。
今年は、せめて「被災地のワンニャン家族探し」を開催して欲しかったですね。

いつも有難うございます。

| itabashinoinutati | 2011/09/24 23:49 | URL |

ゆきんこさま

毎年、開催されているみたいですね。
http://airu-123thanks.at.webry.info/201107/article_5.html
この方が、7/10、今年の開催の様子を詳しく書かれていました。
もう、10回目だそうです。
無責任な家族探しですよ。
契約書なんて、「局には責任はない」というものだそうです。
しっかりしたものなら、提示できるはずです。
改善されるか、されないのなら中止して欲しいです。

コメントくださって、有難うございます。


| itabashinoinutati | 2011/09/24 23:56 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/10/29 11:13 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/256-40ee6030

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT