PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今年も宜しくお願いいたします。

今年は、是非、穏やかな一年になってほしいと心から願います。

昨年同様、どうぞよろしくお願い致します。
そして、保護犬と保護猫達が皆、幸せを掴めるよう、応援をよろしくお願い致します。



年末、押し迫り、ジャムちゃんたちの元の飼い主が入院したと、彼のマンションの管理人さんから連絡を受けました。
飼い主が緊急入院の為、犬が一匹で部屋にとり残されているとの事でした。

彼が入院して直ぐ、管理人さんは部屋に行き、犬に餌をあげたそうです。
「もう何日も食べていないような餌の食べ方で、ビックリした。あんな食べ方の犬、初めて見た。可哀想に‥」と、おっしゃってました。

彼の入院は、少し長引くようです。

ジャムちゃんたちのお父さん犬であるシュナウザーの「たけちゃん」を、急きょ、こちらでお預かりすることになりました。
半ばあきらめていた一時保護です。
思いもよらない、急展開でした。

そして、昨年最後の保護犬、「たけちゃん」がきました。
たけちゃんは身体中から酷い臭いを放ち、とても痩せていました。
NEC_0054.jpg

シャンプーはしましたが、カットはする必要はありませんでした。
尾と足先には、毛がありません。
他の部分も毛が薄いのです。
極度の栄養失調により毛が薄くなったのかもしれませんね。

勿論、引き取って直ぐ、病院で健康チェックもしてきました。
検査結果は、私たちが心配したほど、悪くはなかったので安心しました。

そして、保護した5匹の、健康状態の差が大きいのは、どうしてだろう?と不思議に思いました。
「あの2匹は可愛かったから返して欲しい」という彼の言葉を聞き、納得できました。
可愛がり方に差があったのだと知りました。
何とも、やるせない感覚が込み上げてきました。

たけちゃんは、一番可愛がっていたという犬だそうです。
「たけちゃん」というの名前は、彼自身の名前の一部を取って付けた位なのだそうです・・から・・・。
でも・・・本当に彼が一番可愛いのは、犬ではなく、彼本人、自分自身でしょうね。

彼自身を慰めるの為の「たけちゃん」だったのでしょうね。

本当に、彼らの幸せを願うのであれば、働くこともできたろうし、里親探しだってできたはず・・・。
被災地では、苦渋の決断で、「愛する犬・猫」を里親に出しているというのに・・。

一番、可愛がっていたという「たけちゃん」でさえも、ガリガリに痩せ、通常あるべき体重の1/3以下です。
そして、お散歩も出来ません。
とにかく、歩きません。
20120106130804.jpg 20120106130908.jpg
お店でフリーにすると、玩具で遊んだり、はしゃいだりという事はします。

いろいろと試しましたが、最終的におやつで釣り、やっと少し歩いたという状況。
楽しいお散歩とは、ほど遠いものですが、練習あるのみです。
しばらく練習すれば、筋肉もついてくるでしょう。
20120106130752.jpg

勿論、お預かりですので、一時的なケアーです。
所有権が放棄されていない今、里親募集はできません。

マンションの管理人さんと彼の知人の承諾を得たうえで、こちらでお預かりすることにしました。

知人の方には、私たちの考えを、よくよくお話しをして理解していただきました。


「犬が大切に思っているのなら、きちんと生活が安定し、住居の保障が出来てから迎えに来てください。その時まで、お預かりします。預かった以上、中途半端な形のままの生活状態に、大切ないのちをお返しできないので。それだけは、お約束してください。取り上げたわけではないのですから・・」という私たちの希望を伝えました。

知人の方は、責任をもって彼に伝え、理解を得ると約束してくださいました。


彼は、自分の寂しさを穴埋めする為に、犬たちを飼ったのかもしれません。

しかし、その動物も私たち同様に生きていて、感覚も感情もあるということを、十分理解出来ていなかったのでしょう。

人の寂しさ哀しさの穴埋めに、安易に、動物の「いのち」を使うのは無責任です。

ピピだって、その犠牲犬です。
お年寄りの独り暮らし。
寂しさゆえに購入し、高齢ゆえに、先に逝ってしまう。
哀れではすみません。
非情のようですが、無責任の一言しか思いつきません。

もう、動物の受容力に甘えるのは、やめて欲しいです。




そして、今年の病院はじめ・・・。
ピピの採血で正常値とのお墨付きをいただきました。

イチゴちゃんの避妊手術は、明日です。

いちごちゃんの預りさまのブログです。
pomemamaのブログ

「http://ameblo.jp/happy-ani-meet/」
至らなかった躾などをして下さり、とても助かりますm(__)m


| 未分類 | 18:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あけましておめでとうございます。

我が家のうめちゃん、1月1日に無事に4歳を迎えることが出来ました。

毎日2人の息子を見送り、帰ってきたら尻尾を振ってお出迎え。

私の時とはえらい違いです(笑)

まだまだ寒い日が続きますので、御自愛くださいませ。

本年も宜しくお願いいたします。

| うめママ | 2012/01/08 11:54 | URL |

私も、同じような体験をしました。
15年ほど前、転勤で住んでいた西宮で、仲よくしていたワンちゃんの飼い主が独身の男性でした。
ご本人も自覚されていましたが、寂しくて飼っていると・・・

結局、飼い主が病気になり、入院中は散歩が出来ないので、外に出し野良状態で、
飼い主が亡くなられた後は、しぶしぶ兄弟が引き取りました。
10年以上経った今でも、あの時うちで引き取ればと後悔の念が起きます。特に仲良くしていたので、

地域のワンちゃんの散歩仲間で、緊急時の互助仲間が出来ればとつくずく思います。

今年も、またまた、いろいろ問題が起きることでしょうが、微力ながら応援しています。

| そらママ | 2012/01/10 22:01 | URL |

うめママさま

おめでとうございます。
うめちゃん、元気そうですね。
二人の息子ちゃんですか。。いつの間に・・。
うめちゃん、息子さんが大好きなんですね。
尻尾を振った、うめちゃんの可愛い顔、なんか想像できます。
うめちゃん、ご家族の皆さまにとって、素敵な一年になりますように。。

いつも、応援してくださって有難うございます。

| itabashinoinutati | 2012/01/10 23:14 | URL |

そらママさま

昨年は、お世話になりました。

独り暮らしの方でも、その後をきちんと考えて下さっていれば良いと思います。
もし自分がいなくなった場合に、その後の事も考えて、きちんとしている方を数人知っています。本当にしっかり考えてます。
そらママさんが出会ったその方も、シュナウザーの飼い主も、もっと考えて欲しかったですね。

地域で、独り暮らしの方が体調がすぐれない時などに、散歩を代行して下さったりと、色々とフォローしてくれる犬の会もあるそうですよ。良いですよね。


明日、チビを迎えに行ってきますね。
チビの事も、気にかけてくださって有難うございます。

今年も、どうぞ宜しくお願いします。
いつも有難うございます。

| itabashinoinutati | 2012/01/10 23:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/294-a8e3bfe3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT