PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

練馬区劣悪ペットショップⅡ

動物愛護相談センターに、練馬区の劣悪ペットショップの事を問い合わせました。

まずは、電話に出た「所長の次に偉い人」という方と、お話しました。

劣悪ペットショップの事で、色々とお話をしている最中に、、
「あそこに今ある命は、どうなるの?人間と同じ命ですよ。」と言ったら、
「動物の命と人の命は、違います。人の命が大事に決まっているじゃないですか。」と、言われました。
その言葉を聞き、この方とお話していても・・・と思い、所長さんに代わって頂きました。

所長さんは、「鳥インフルエンザが出なければいいですね。」と仰り、加えて、疥癬、真菌、寄生虫、等々、人畜共通の感染症を持っている動物がいるという事も、理解していました。
勿論、劣悪な環境ということも、よくご存知でした。

もう直ぐ、5年前の動物取扱業の認定の期限が切れるそうです。
つまり、営業を続ける為には、更新手続きが必要となります。
今回は、それを受理しない方針と決めたそうです。

問題は、もし、業務停止命令が出た時、あの店の中にある沢山の「いのち」です。

所長さんは「鳥類と魚類は、全て殺処分ですね」とおっしゃってました。
「他の動物に関しても、感染症などの問題があるので、処分は 、一つの選択肢としてありますよね」と、加えていました。

鳥インフルエンザだとしたら、もう、この数週間で店の鳥は、ほぼ全滅しているだろうに・・・??



「過去に、署名運動があり、提出されていると思いますが」と尋ねると、
「何のことですか?知りませんけど。」との答えでした。
syomei.jpg
当時、集められた上記の用紙は、幻の署名用紙だったのでしょうか?
それとも、何処かで、もみ消されたのでしょうか?

もしかしたら、他に提出されているのではないかと、東京都庁と練馬区保健所にも確認しましたが、みなさん「なんのことでしょう?」との返答でした。

そして、東京都庁と動物愛護相談センターに「近隣の方からの苦情が、今まで1件もないのが不思議なんですよね」とも言われました。「苦情の一つも、あれば動きやすいんですけどね」とも、おっしゃってました。

そのお店の近隣の方が、あまりの酷さに心を痛め「東京都と保健所に連絡した」と言ってましたが、間違い電話をしたのでしょうか?
「ペットショップを見まもり中」との答えが返ってきたと言ってましたが、何処に連絡して「見まもり中」と言われたのでしょうか?

練馬区の衛生課に連絡すると「東京都が介入しているのだから、いいんじゃないですか。」と。
「あの店にいた繁殖用のメス犬は、狂犬病のワクチンを打っているのかな?」と、聞いてみると
「だから、東京都がやってるって、言ってるじゃないですか」と、迷惑そうに答えました。
練馬区だけは、狂犬病予防法違反も、東京都なのか???



そういえが、五年前に板橋の犬屋敷へ介入した初期の頃、
「そこに、介入するのは簡単なんですよ。ただね、その時に行先がない犬は、全部、殺死処分になりますけど、いいですか?」と、行政に言われたのを思い出します。
軽い脅しか?と、当時も思いました。
そして、板橋区から東京都へ、犬屋敷の苦情も被害状況も、一切の情報が上がっていませんでした。
「板橋の犬屋敷の繁殖をやめさせる」という署名を集め、区長に会って話し合い、その時からやっと事が、動き始めました。  

犬屋敷に介入した時の一番初めの突破口は「狂犬病予防法違反」でした。
出来ないことばかり並べてないで、出来ることから、攻めて行けば良いと思います。



練馬区の劣悪ペットショップ。
そこでは、今、この瞬間も動物たちが悲鳴を上げています。

悲しくなります。


そんな店に、5年前、動物取扱業の更新手続きを受理した、その当時の動物愛護相談センターの所長の責任は、全く問われていません・・・。

 

| ペットショップ | 22:11 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

信じられませんね!!!

動物の命も、人も同じ!!!何が違うの!!
人の方が大事だなんて・・・!!
この所長の言葉に、怒りが込み上げました!!

ほんとに話になりませんね。

悪徳ブリーダー、まだ沢山あるはず・・
国が、法が、早く何とかするべき!
日本はどうしてこんなに動物愛護に遅れているのでしょう・・
もっと世界を見習うべき、とくにドイツは素晴らしいのに!
環境省に、メールで訴えてますが、見てるのか見てないのか・・・

| ゆっちゃん | 2012/01/28 23:10 | URL |

確かに信じられないですね。
このペットショップの偉い人が、何を考えているのか分かりませんでした。
「動物の命を大事にして。」と思いました。
ゆっちゃんさん。
そうですね。
でも、メールは下手すると情報が、漏れて大変な事になる場合もあるので気を付けてください。

| あい | 2012/01/30 16:42 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

先程ふと、板橋のニュースが頭に浮かび、どうなったのかと調べていてここへ辿り着きました。あの事件以外にも沢山、動物に関する問題があるようで悲しくなりました。まさにイタチごっこですね。警察や役所の人たちは心を失ったのでしょうか。この理不尽なことが溢れる日本、海外からも動物の扱いについて遅れている日本をかえるにはどうすればいいのですか?(;_;)

| なつみ | 2012/01/30 17:25 | URL |

ゆっちゃんさま

人の命が大事に決まってる・・「決まってる」と聞いたときには、ビックリしました。
愛護の相談センターの方の言葉とは、思えませんでした。
だって、動物の愛護を相談する場所ですよね。

また、個人からの相談は、スルーされるのにも、驚きでした。
「という意見は、承りました」
環境省も同じでした。
メールは、練馬区長、区議からさえも、返ってきません。
やはり、板橋区民からだと、スルーされてしまうのでしょうか。
やりきれない思いです。

| itabashinoinutati | 2012/02/01 22:05 | URL |

あいさま

本当に、信じられませんよね。
驚くようなことばかり言われ、行政には憤りを感じます。
「動物のいのちは、大事にして」あいさんの言う通りです。
大切にして欲しいです。

いつも、有難うございます。

| itabashinoinutati | 2012/02/01 22:14 | URL |

なつみさま

はじめまして。
コメント有難うございます。

動物相談センターの方は、子供たちに「動物の命よりも、人の命の方が大切に決まってるだろう。動物の命と人の命は違うんだよ」と、説明でいるのでしょうか?
子供たちにも、説明できる話をして欲しいです。

犬屋敷主人も、次期に、いえ、もしかしたら刑務所から出てきてるかもしれません。
動物達が沢山犠牲になっているというのに、本当に軽い刑です。
法律が、動物のいのちではなく、人の人権を重視している判断です。
法によって、動物のいのちが守られるような国になって欲しいです。

| itabashinoinutati | 2012/02/01 22:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/308-99583516

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT