PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昨日の続きです。

     
         昨日は、取り急ぎブログを書いてしまいました。続きです。


ホ-ムペ-ジに掲載し、里親募集した白い子。。「シロ」という名前の子。
里親募集する為に、弁護士とTの立会いのもと、現地で改めて写真を撮りました。そして、弁護士立会いのもと、私達が犬の里親探しをする事に対し、Tは文句を言ったり、邪魔をしたりしてはいけないと、約束しT本人も承諾しました。そして、埼玉の川口の敷地の犬達も、板橋の犬達も全て手放すと約束しました。


が…その後、T本人より直接感情的な電話が入り「川口の犬は触らなくていいんだよ。川口の犬をどうこうされると、腹が立つんだよな。とにかく、板橋だけ取り合えず犬をなくせば、俺の刑が軽くなるんだから。板橋の犬の貰い手を早く見つければいいんだよ」と…。。

はぁ??????これでは、話が違います。ただ利用されているだけで、Tの刑を軽くするだけ??

直ぐ、弁護士に電話しました。弁護士も「そんな事を言っているのなら、私はTの弁護をおりる」と言っていましたが・・・・・・・・・。

その後、おりたはずの弁護士から、何事も無かったかの様に電話があり「シロとチビは、T氏がM氏に渡すので、他のチビ2匹、何とかなりませんか?」と言っていました。「とにかく、あの敷地には犬は残しませんから…あのケ-ジも全て撤去させます。その様子を見せなければ、裁判の時にTが反省したとは、みえませんから」


          ちょっと待ってください。やっぱり、話が違います。








              去年の3月のことを思い出しました。

テレビ局のカメラマンに対する傷害事件で拘留された時、Tは検事に「敷地の犬をなくし、もう犬は増やさない」と、泣いて約束し、罰金刑で終わりました。

当時、「敷地の犬をなくす」という約束を弁護士にもしました。因みに、今と同じ弁護士です。


そして、川口にはもう犬は置かないと、川口保健所と約束したはずなのに、人(K氏)から預かっていて、返さなければならない犬だから」という理由で、拘留中に埼玉県の川口(弟の会社の敷地)に、4頭の犬を家族に移動させました。そういう理由なら、これ以上増やさないと言う事で、川口の保健所も承諾しました。
実際は、Tが購入した犬で大切な種雄です。預かったと言われている人(K氏)も、売った犬だと証言しています。今となっては川口の敷地は、なし崩しです。
川口の保健所も、敷地に度々、訪問しているようですが...

家族も警察も皆、Tに騙されました。Tは、誰にでも平気で嘘をつきます。





思い起こせば、一昨年の埼玉県の川口市(弟の会社の敷地)で、Tが数頭の犬を餓死させた時でさえ、川口の犬をゼロにすると言う事で、大目に見てもらったようです。



           このような事が、繰り返されています。



今、板橋の敷地の犬をゼロにした所で、情状酌量されればまた、同じ事が繰り返されるのは、目に見えています。

本人自身も「取り合えず、心象を良くしておかなきゃいけないんだ。」と言っています。


私達が、当初、聞いていた事と話が全く違っていました。騙される所でした!




改心など、全くしていません。とにかく、刑罰から逃れたい一身です。Tは、相当焦っています。

かといって、今まで売れ残った子犬でも手こずり、前に田中のところに携わっていたボランティアさんに「このままじゃ~子犬死んじゃうよ」などと、脅しをかけて引き取らしていたのに、今更、自分で全ての敷地の成犬を裁判までに、何とかできる当てがある訳でも無いわけですから、焦って当然です。。

裁判が近いのですから、弁護士さんも焦って当然です。。





Tは、これまで何でもお金で解決してきました。(家族は、お金持ちですから)
隣の幼稚園の園児や通行人を噛んでしまった時も、お金で解決しています。


今回噛まれた人にも、お金で解決しようと考えているようです。
しかし、今回ばかりは、噛まれた相手がわからないので、交渉する事も出来ないようです。幸いな事に、警察はTにも弁護士にも、被害者が誰かを教えていないようです。

Tは「探偵でも使って捜せないか」と、言っていました。少なくともTは、今回もこれまでと同様に、何とかなると思っています。その為には、裁判までに敷地の犬を空にする事と、被害者を捜しお金を払う事だと、単純に思っています。



狼少年も、最後には誰も信じてくれませんでした。
Tにもそろそろ、これまでしてきた事に見合った刑罰を、受けて貰いたいと思います。






これまで、敷地で死んで行った子達・・・。。
川口の敷地、餌も無く雨水さえかれ、えさ箱の中で死んでいった子達・・・今後、また同じような子達が出てくるのか・・・。

これ以上、不幸な子を出さない為、今出来る事・・・まずは、検事に上申書を送ります。

Tが、全く反省していない事、今後の計画を立てている事を書き送ります。
皆様から頂いた署名用紙と、無念にも餓死した子達の写真を添えて・・・・・。。

| yahooブログ(過去) | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/31-4d36785f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT