PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

また事件が…。

15日、事件はお起きました。


現地から、1匹のオス犬が脱走し、お散歩中の犬を襲ったようです。
噛まれた犬を抱きかかえようとした飼い主さんも、肩と足を噛まれたようです。
さぞかし、恐ろしかった事でしょう。


怪我、はっきりした情報など、詳しいことはわかりません。
弁護士にも、明かされていません。でも、人を噛んだことは、事実です。



実際、告発が受理され、捜査中に起きてしまった事故です。
措置命令違反を放置していた結果です。

以前から、訴え続けて、やっと重い腰を上げて告発した衛生課。
随分前に告発を受けておきながら、やっと最近受理した警察。



そうしている間に、怪我人を出してしまいました。


そうしている間に、不幸な犬達も増えてきました。



区民の安全を守る。
行政の基本的な仕事であるはずなのに・・・。




噛んだ子は・・・・。



  狭いケージに入れられっぱなしで、排泄もそのままの生活。

             日に当たる事も無く、心地よい風を感じる事もなく……。

  もちろん、人の温もり、やさしく撫でられることも知らずに生きてきたストレス。

             どんな良い子だって、おかしくなってしまうに違いないだろう。





あの子だって、被害者です。          

       現地に残されている子。  川口の敷地に置かれている子。 

みんな、みんな、被害者です。

       馬鹿な人間に翻弄された命達・・・。





    今月末、T氏の裁判が始まります。今度は、当然の報いを受ける事になるようです。
   
               窮屈な箱の中で、暮らしてみれば良いでしょう。。

    




 
  本当は,3メ-トルの高さから一度落ちて、ゲンキの気持ちを体感して欲しいのですが……。


ゲンキは、高い所から、落ちてしまったことが嘘だったような位、障害もなく、スクスクと育っています。







            板橋の現地、犬がいなくなる日も近いようです。
皆様からの署名、衛生課の告発が、今回の事に後押ししているようです。本当に有り難うございます。




現地から救える子は、救いたい。。


| yahooブログ(過去) | 00:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/33-af64cd63

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT