PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

悔しい。

悲しく、辛い..

悔しくて、腹が立ってしかたない。自分自身に腹が立つ。

あいつから、電話があった。
「子犬もう一匹要らない?」と。。はぁ????


一匹、隠していた。死んではいなかった。
死亡率の高い現地、1匹死んだのも疑いもしなかった。

騙されてしまった。

大うそつきと、百も承知していたのに・・・。

警察、保健所共々、あいつに騙されてしまった。


雌犬だから残しておいたようだ。
「3mの高さから落ちて、歩き方がおかしい。もう要らない」と!
「死んじゃえば良かったのに生きえているんだよな。」!

 ふざけるな!

自分に腹が立つ。どうして、もっと慎重にならなかったんだろう!





一緒に保護されるはずだった、ひとつの、い・の・ち。


直ぐ、迎えに行った。
そのまま、整形外科を受診。
骨には異常がないとのことで、脳神経の専門医の所へ。

   脳損傷。

小脳は確かに・・・そして、他にも症状があり、数箇所の損傷がある可能性が・・・。



彼女は、歩くとすぐ、転んでしまう。
四肢に麻痺があり、上を向くと頭が小刻みに震えてしまう。
視野の狭窄もあやしい。
右側の麻痺は左より強い。


あの時、一緒に引き出せていたなら・・・。

悔しい。悔しい。。


悔しすぎて、怒りが込み上げてくる。



あいつは、いつ警察が来ても、メスの1匹は残せるように画策していた。
知り合いの近所の「○光寿司」に、日替わりで1匹づつ、預けていた。
1匹づつということは、一日ずれていたら、違う子だった??
仮にもお寿司屋さんに、回虫だらけの子犬がいたということ??


今は、祈るような気持ちで治療をしていくしかない。
どこまで回復するのか、見通しも立っていない。
私達にどこまでできるのか、解らないけど、諦めるわけにはいかない。




彼女は不自由な身体でも、兄弟と遊び、喧嘩をし、食事を競い、今を受け入れて生きている。
誰も憎むでもなく、恨むでもなく・・・。






ふざけすぎている!Tナカ!!

あいつが、普通に、今、現地に存在している事実が、口惜しい。






 
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ※その後、日常生活が普通に出来るまで、順調に回復しました。有り難うございます。

| yahooブログ(過去) | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/37-d7c25297

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT