PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どうしたら?

板橋の犬屋敷こと、Tにかかわるようになる2カ月前に、実は気になる事が2つありました。
一つは、板橋の犬屋敷ことTの敷地、もう一つは、とても臭い板橋区にあるペットショップでした。
あまりに臭いが酷い事もあり、動物愛護センタ-に電話し、どうにかならないのか聞きました。動物愛護法が施行されるのは2007年6月。あと半年あるので、指導に入ると言っていました。
当時、ペットショップに話を聞きたくて、何回か電話し、お店にも訪ねましたが、何故か居留守を使います。でも、中からは「景気はボチボチだね~~」と、主である男の声がするのです。

電話を切るまで待ち、ドアを何回も叩き、「すみません~」と声をかけましたが、出てきません。
お店の前から携帯で電話をしたが、番号通知の電話を使用しているのか、鳴っているは聞えているのに電話にも出ません。先日の電話で、行政が指導に入ってくれて、警戒しているのだろうか??なんて、勝手に思う私でした。

動物愛護センタ-に電話をしてから1ヶ月後、そのペットショップに消防車が来ました。ペットショップからのボヤかと思いましたが、煙は、外の工事現場からでした普段は窓もドアも閉めっぱなし、窓には紙が貼ってあり中が全く見えず、犬の鳴き声、凄い悪臭のペットショップ。

  その日、ドアと窓は開きました。
              ペットショップなんかではなく、繁殖場所。
ペット
      汚い、とっても汚い。
         
   水槽のような箱が積まれ、その中には猫に小型犬が沢山いました。

    しかも皮膚も目も、みんな酷い状態の犬猫達。
                
   どの水飲みにも、コケがはえて水なんか入っていません。
ペット2


     ブレイカ-が落ちたのか、中も真っ暗。携帯の画像も悪い。(--;)

どうしたら良いものだろうかと思い、ある愛護団体さんと動物愛護相談センタ-へ、画像が悪いけど写真を添付し、メ-ルで相談しました。

動物愛護相談センタ-からの返答は全くありません。

団体さんからは、「中々難しい問題ですので、私共では保健所の処分の保護動物だけで手いっぱいの状態で、対応が厳しいことも事実ですので、お話を伺うだけしか出来ないと存じますが、それでも宜しければお電話を下さいませ」との返信を頂きました。

お言葉に甘え、連絡させて頂き相談しましたが、とても難しいとの事でした。その子達が、保健所に入った場合、大変になるとのお話でした。

ん~~。団体さんが難しいって、私一人ではどうしようも出来ないのか・・。

        酷い状態の犬猫達を見てしまったので、心が痛みました。

 そう言っている内に、もう一つ気になっていた「板橋の犬屋敷」の方に関わることになりました

 ~~~~~~~~~   そして今、そのペットショップは廃業へ。 ~~~~~~~~~~

  昨日、家から連絡してみました。なんと、主が出ました。

「あれ?犬を売っている場所はそこでしたっけ?」と聞くと「売っているのは上板橋。そこも、もう店は閉めちゃったんだよ。」と言うので、「じゃ~もう犬は売ってないんですね」と聞いたところ・・・。

「何が欲しいの?」と、聞かれたので、「シーズーかな」と言ってみると、
「あ~シ-ズ-は今いないよ。でも妊娠中だよ。」っと・・・。

    え?モグリで営業するつもり??

    廃業しましたが、犬猫は手放さなしません。

板橋区でも、沢山の方達がそこを問題にしているとの事です。
廃業したので、衛生課が出向き、里親探しを進めた途端に、行政を拒否したようです。
訪ねると居留守を使うのか、話さえも聞かなくなったようです。
 板橋区赤塚にあるペットショップというより、繁殖現場であろうアイぺッ○。。

  誰がそこから買うのだろう?どうやって売るのだろう?って、仲間がいるんでしょうね。

 今も閉じ込めらている可哀相な犬猫達。どうしたら、そこにいる犬や猫達が救えるのでしょうか。

あの現場を見た後、私が普通に過ごしていたこの2年間、あの箱の中の犬猫達は、ずっと苦しい思いをしてきたのだろう。とても胸が痛い。ごめんなさい。

| | 23:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/07/19 10:31 | |

有り難うございます。

お返事遅くなりました。

助かります。
その際は、宜しくお願いいたします。
有り難うございます。

| itabashinoinutati | 2009/07/26 20:59 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/4-ff108ec4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT