PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

抜糸、そして検査結果。

昨日は、こうちゃんの抜糸の日でした。
そして、病理の結果・・・。

以下、こうちゃんの通院の様子、病理検査の結果です。


**********************************

こうちゃんの傷はきれいになっていて、問題なく抜糸できました。
そして、残念な病理組織検査の説明がありました。

結果「アポクリン腺癌」の診断でした。

一応、取りきれているということでしたが、本来、悪性腫瘍の場合、のり代のように2・3センチ大きく切除し再発の予防を考えた摘出をするのだそうです。

こうちゃんの場合、肛門嚢の周囲で腸に浸潤はないように見えたそうです。
癒着はしていて、深く取るということは直腸を取るということになり術後の生活を考え、剥離して腫瘍を摘出したそうです。

病理検査では、断面から癌細胞は見つからなかったということでしたが、ミクロの世界ではわかりません。

再発の可能性が低くない事、腹部のリンパ節転移の可能性があること、高カルシウム血症になる可能性があることを説明されました。

毎月、1回のエコー検査と採血検査をすることになりました。

腹部のリンパ節転移が見つかった場合は、開腹手術だそうです。


帰りの車の中、こうちゃんは寝ていました。
私の頭は、少しボーっとしていました。

帰ってきてからのお散歩も、無口になって頭は真っ白でした。

R0013090.jpg


両目を摘出したのは、角膜を傷つけないように、これからの生活を自由に動けるように、という事を考え、決断し、両目を摘出したのに。。

いや、駄目ですよね。
まだ再発したわけでもないし、腹部のリンパ節も、今は腫れていないのだから…。
毎日、楽しく生活することを忘れては、駄目ですよね。

| 未分類 | 12:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/402-8f5a0772

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT