PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ライル君、そして犬の幸せって・・・。

安楽死の猫さんの件では、沢山の方にお世話になりました。
本当に有難うございますm(__)m
3匹共、一緒に過ごすことが出来て、本当に良かったです。
みんな、幸せに過ごしてね・・。



幸せになった子と言えば・・・。
4年前に幸せを掴んだ、ライル君のご家族より、お便りを頂きました。

4年前、ライル君の前の飼い主さんは、脳出血を起こし、体が不自由になってしまいました。
元々、躾の出来ていなかったライル君は、ご主人が世話をしていたらしく、奥さまも息子さんも散歩する気もありませんでした。
というより、躾が入っていないため、できなかったのでしょう。
かといって、躾をし直す気もなく、手放すことだけを考えてました。

当時、ライル君は、人が大好きで天真爛漫でしたが、躾が出来てないこともあり、気が合わない犬には攻撃的でした。
勿論、散歩も、習慣化されておらず、室内自由飼いの状態で、肉球も、ぶにゅぶにゅでした。

そんなライル君てしたが、神様が出逢いを作って下さり、新しい素敵な家族が出来ました。

4年前のトライアル中、その後も、何やらいろいろあったようです。
先住犬もいて経験もあり、理解力をもって受け入れてくださいました。
色々工夫をして、優く、粘り強く関わっていただきました。
散歩も運動も十分にして頂き、「ライルも、変わっていくと思います」と、嬉しいお言葉迄頂きました。

先住のそらちゃんと、仲良く生活できたから導入しやすかったのかもしれません。
あれから、4年もたったのかと・・・。
写真付きのお便りでした。

ライル

『まだ、去勢していない若い犬には吠えたり反応しますが、ほとんどはやり過ごしたり、無視することもできるようになりました。やっと落ち着きが出てきたようです。
犬仲間はもちろん、友人たちの子どもや幼児とも仲良く遊んでくれるので大変評判のいい(笑)犬となりました。』


ライル2

体重も30キロ越えのライル君、大変な事も多かったと思います。
優しい家族の中で、幸せに過ごせて、本当に良かったです。
素敵な家族との縁を頂き、心から感謝しておりますm(__)m

保護した動物を譲渡するということは、動物の幸せを願ってのことです。
飼い主が、楽しく幸せを感じてこその、譲渡成功なんですよね。

無理はいけません。
結果は、動物の不幸つなって表面化してしまいます。

テレビ番組でもよく「バカ犬」という文字が流れる「犬の躾」をとりあげた番組があります。
結果は見えていて、飼い主の関わり方がいけなかった。

本来、犬というのは非常に賢い動物です。
飼い主から、良くも悪くも学びます。
犬を見ると、家族の序列が判ったり、飼い主の何かが透けて見えたりします。
恐いですね。


生まれつき知能に障害を持っている犬は、別です。
犬の問題行動って、ほとんどの場合は、飼い主の無知や、対応の間違いだと思っています。
犬が問題行動をおこしている場合、原因となりうる心当たりが、何かないか、対策は何かを考える必要があります。

犬が問題行動をおこすようになっているのは、飼い主の反映です。
私はいわゆる「バカな犬は見たことがありません」その逆は、良く見かけます。
そう言われている犬は、飼い主の被害者です。


それを「家の犬は、馬鹿犬だから・・」と、犬のせいにして、恥かしくないものでしょうか。
そして「こんなに飼い主の言うことを聞かない犬なんか要らない」と、保健所に持って行ったり、全く世話をせず飼育放棄をしたり、無責任な飼い主の話が後を絶ちません。
悲しいことです。



本来、問題行動とは言えないことを、飼い主の知識不足、経験不足から、犬が悪いと決めつけることがまちがっています。
犬を擬人化してはいけません。
また、人の都合ばかりを押し付けてもいけません。
犬には犬の生体があり本能があります。
犬の行動学も学問として進歩しています。

身勝手な理由で、センタ-に持ち込まれる動物犬は何を思うのでしょう。
人間って・・本当に、身勝手で愚かです。


人も犬もお互いを大切に感じ、信頼し、犬も人に安心して身を任せられ、潤いのある、心豊かな科環境の中、楽しく時間と空間を共有して暮らすこと・・・
動物と人とが、縁あって共に暮らすって、素敵なことです。
そして、一番大切なことは、動物がそばにいることによって、より生活が心が、豊かになることだと・・私は思います。
それが今私が考えている犬の幸せって・・それが実現できている時なのだと思っています。

「犬の幸せって」
このブログのタイトルでもあります。




| | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/461-41d07922

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT