PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いのちを衝動買い?

昨日は、2ヶ月ぶりに、あんの通院でした。

自宅を出る前に「わ~い。お出かけだ」と、大喜びでしたが・・・
annuresi.jpg

病院の門を曲がると、ソワソワキョロキョロ、不安な顔付きになって来ました。
車を停め「降りるよ」と声をかけると、背中を向けてこっちを見ません。
笑えました。

nitizyu.jpg

待合室でも、いつもの通り落ち着きがありません。

診察室に入ると、もっと不審な動きをしてました。
「何か変わった事は有りましたか?」の問いに、車イスを作った事を伝え、あんを預けました。

いつもと変わらず、約1時間弱の神経学的検査です。

結果は「2か月前とそんなに変化はないのですが、後ろ足の機能が、1段階良くなっています。」との事でした。
徐々に、筋肉もついてきてるようです。
ゆっくり、段々、良くなっていくようです。

madosotoan.jpg

帰り道は、車の窓から、外をボゥ~と眺めていたアンでした。


アンの過去を色々と想像しますが、判りません。


デ-タ-に登録のされて居なかったのですが、マイクロチップは入っていました。
マイクロチップが入っていると言う事は、おそらくペットショップに陳列されていたのでしょう。

誰かが、衝動買いをしたのでしょうか?
ショップに棄てられたのでしょうか?


それにしても、いのちが陳列され、物のように売られている日本っておかしいですね。


ガラスケ-スに、当たり前のように陳列されている「いのち」。
日本とか、少数のアジア圏にしかない光景です。

それをおかしいと思わず、「「可愛い・・」と、ガラスケ-スに群がる。

その上『ローン可』とか『特売』・・・って、、
酷い話だけど、タイムセールをしているお店もあります。

いのちのセールなんて・・・異常です。


中国はオリンピックの時、犬を食することを禁止したとか・・・?
日本も、オリンピックの時、犬猫の生体の市場やペットショップを隠したほうが賢明ではないだろうか。

ドイツでは、衝動買いをさせないために陳列販売は禁じられていると聞きます。

無法地帯のように、ペットショップが乱立し、衝動買いを誘う売り方が当たり前になっている。
そんな国は、日本くらいなものということさえ、多くの日本国民は知らないのが現実です。


そして、繰り返される悲劇は後を絶ちません。


購入はしたものの、飼育困難になり、保健所へ・・・と、そんな所を保護された子です。

生後5か月、紀州犬の男の子です。
IMG_4488.jpg

保健所で処分されたら大変と思い、取りあえず、保護を申し出たそうです。
焦って保護はしたものの、自分はペット不可の住宅。

貰ってくれる人が見つかるまでは・・と考えていたのでしょうか・・・。
そうっと、飼育していたのですが、当然、発覚してしまいました。

早急に、対応しなければならなくなり、相談を受けました。

IMG_4443.jpg

ワクチン接種もまだで、お散歩の練習もできていません。
室内で、ペットシ-ツにおトイレをするそうです。

近日中にワクチン接種は済ませるそうです。
もちろん、後に去勢手術もします。

名前は「うどん」君。
IMG_4478.jpg

天真爛漫な、人間が大好きな子です。

衝動買いと無知の犠牲になった・・
この子には何の罪もありません。

家族の一員として、迎え入れて下さる方を募集します。



さて、ゆずちゃん。
今は、のんびり過ごしているようです。

1428645560215.jpg
寝起きのお顔・・。

新しい家族は、トリマ-さんなので、犬の扱いはベテランです。
ゆずちゃんも、安心しているのでしょうね。

ゆずちゃんも廃業のブリ-ダ-から保護した子です。

hannsyo_201504101240154a5.jpg

ずっとずっと、汚いケ-ジの中、我慢を強いられていました。
廃業してくれて、本当に良かった。


動物後進国のこの日本、いつも犠牲になるのは、物言えぬ弱い動物達です。










| | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/631-eb9c8dc9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT