PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

猫のこと

いつもながら・・・またまた御無沙汰でした。

先日、可愛いニャンコのぬいぐるみが、届きました。
6323.jpg
ぬいぐるみに興味津々のチリリン。
Mちゃん、可愛いぬいぐるみ、ありがとうございます。


さて、ニャンコ話しです。

フクちゃんの散歩に、良く付いてきた外猫さん。
5975.jpg

フクちゃんが亡き後、天気が良い日は、ほぼ毎日、家の前に遊びに来ます。

ご近所さんが、ご飯をあげている猫さんです。(勿論、去勢済み)
gen.jpg

お散歩に行こうとすると、何処からともなく現れます。
8793.jpg

自分から近くに寄って行きますが、犬達がちょっと顔を近づけるとパンチをします。

20128.jpg
テツ丸も、猫パンチをされました。

犬達がいないと、お腹を出して撫でてと催促します。

こんなに人懐こい猫ですが、餌をあげている方が、部屋の中に入れると、パニックを起こし「外に出せ」と大暴れするそうです。
何度か試してみたそうですが、室内で飼育するのは無理だったそうです。

誰にでも、触らせるわけでもなく、人によっては、触らせることを拒み、用心もするようです。
やっぱりお外の猫ちゃんですね。


外猫と言えば、数日前に、嫌な気分になる出来事がありました。

耳カットをされている人懐こい猫が、お腹を空かしているようで、ニャーニャー鳴きながら足元にまとわりついてきたというのです。
見たことともないその猫が、突然、あるお宅の前に現れたのです。
myoisabi.jpg

迷子なのか、、野良猫なのか、その猫に何があったのか見当もつき来ません。
2日間ほど、ご飯をあげたそうですが、余りにも人懐こいので心配になり、こちらに相談をしてきました。

お話しを聞いてみると、実は、その方がピンときたことがあったそうです。

その場所から200m程のお宅。
気になり、この子を知らないか、尋ねたそうです。
ですが、のらりくらりした話し方で「知らない」との返事だったそうです。

以前から、猫を一匹飼っているのですが、そのお宅の方は、もう一匹、欲しがっていたそうです。
また、そのお宅では、数年前、飼育していた犬も突然にいなくなったとのことです。
急にいなくなったので、近隣の方達が、どうしたのか聞いたところ、「知人にあげた」と言っていたそうです。

そのお宅のお名前と住所を聞き、ハッ!と思いました。
私にも、その方から子猫希望のお問い合わせがあったことを思い出したのです。

慌てて、以前のメ-ルを確認すると、やはり、昨年夏、生後3ヶ月のメス猫のお問い合わせが、その方から来ていました。

当時、私はメールの文面から、誠意が何も感じられず、納得できない気持ちが払拭しきれず、その時はお断りさせて頂きました。
お断りしたのに、また、同じその方からお問い合わせのメ-ルが・・・。
お問い合わせしたのを忘れて、また、メ-ルを出してしまったようです。
ちょっと違和感を感じでしたので、物忘れの酷い私ですが、何故か、その方の名前を覚えていました。

実際、通る人みんなにスリスリし抱っこもでき、あまりにも人懐こすぎ、車にもひかれそうで、このままでは危ないので、保護しました。
現在は、知人が預かってくれています。
maigosabi1.jpg

保護した猫は、すぐにゴロゴロと喉をならし、とっても懐こい子で、誰にでも抱っこもされます。
放浪してきたとも思えない程、綺麗な猫です。

疑うのもどうかと思いましたが、無きにしも非ず・・・かと。
この猫の経緯を追求しても、仕方がないと思いました。
近所で、他に迷子猫を探しているお宅もないことから、里親さんを募集することにしました。

エイズ白血病の抗体検査は陰性でした。
歯は透き通るような白さで、生後7・8か月に見えると獣医師が言っていました。
爪もきれいで、放浪も長くないようです。

maigosabi.jpg

耳カットがされているのですが、不妊手術後リリースせずに里親募集になったのでしょうか・・・
経緯はわかりません。

懐こく人が大好きで、甘ったれの女の子です。
新しい家族を募集しています。



そして、こちらも新しい飼い主さんを探す猫達です。

あるアパ-トの1階のドアの前に、キャリ-バックが6つ並んでいたそうです。

その部屋と隣の部屋の2つで、シェルタ-として、個人のボランティアさんが借りていたそうです。
その時は、既にシェルタ-は、なくなっています。
それを知らずに、置いて行ったのでしょう。

置き手紙には、エイズ白血病は陰性で、避妊・去勢は済みと書いてあったそうです。
暫くは、2階に住む大家さんがお世話をしていたそうですが、入院してしまったそうです。
病気の為、大家さんもこれ以上、面倒をみれないとの事です。

民生員さんが入り、その依頼で、知人が現地に出向いたそうです。

その知人から相談を受けて、私も現地に行きました。

6181.jpg 6177.jpg

みんな、怖がって隠れたり、パニックになり逃げ回っていました。
6180.jpg

これから、1匹ずつケア-して、写真を撮った上で、預かりさん及び里親さんを募っていきます。
受け入れられる方がいらっしゃいましたら、宜しくお願いします。


人の身勝手な判断と行動。
そして、翻弄される動物たち。
何度も繰り返される、悲しい現実に、ため息が出ます。
根本的な何かを変革しなければ、こんな現状が繰り返されるのだと、改めて思い知らされます。

| | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/696-4b69f77e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT