PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今の保護っ子と、しばらくの間の新しい保護のお休み

たぁくん・・・軽やかな足取りのあの数日は、幻だったのでしょうか・・・。
mataosoi.jpg

晴れた日が続き、蒸し暑さが戻ってきたと思ったら、ぐずぐず歩きも一緒に戻って来てしまいました。

高齢の大ちゃんも、長い距離のお散歩は、きつそうになってきました。
tukareta.jpg
最近、夜のお散歩は、たぁくんと一緒にゆっくりと歩いています。

なので、若いアンは、独りでのお散歩になりました。

お転婆娘一人のお散歩は、まぁ早い早い・・。
こちらの方がついて行けないくらいで、車いすの故障も多いわけです。

antukareta.jpg
帰宅後は、疲れ果てて長い舌を出して、テーブルの下の定位置にまっしぐらです。

アンを除いては、みんなシニア組の柴ず・・・
そのアンもアレルギ-の薬を内服中。
保護犬は、みんな、何かしらの薬を服用しています。

たぁくんは、抗がん剤に甲状腺にお腹・・・チビコは腎臓、、
大ちゃんはアレルギ-と甲状腺・・・コテツは腸リンパ管拡張症なので、お腹の薬を服用しています。

分からなくなるので、頂いたお薬は・・・
okusuri.jpg
こんな感じで分けています。


最年長のチビコ・・・
tibiahna.jpg
鼻をピッタリ床に、、、苦しくないんだろうか・・・。

チビコは、先週から、痴呆症と腎機能低下に対して、再生因子の治療を始めました。
医療費の捻出は頭の痛い問題なので、悩みましたが、後で後悔しないためにも始めました。
どうか、再生因子の注射が、効いてくれますよう願ってます。

みんな、あちらこちらに不具合は出てきてはいる年老いた身体ですが、何とかそぉ~っと、大切に使って、もう少しの間、楽しんで生きて欲しいです。



さて、こちら、未だにご縁がない、ニャンコのチビ助・・。
amaennbokizi.jpg

22日に去勢手術が終わりました。
kyoseigo.jpg
いつも、あばれる君に、べったりですが、人が座れば、すっ飛んで来て膝に座ります。

猫も人も大好きな、極端な甘えん坊くんです。
7F277914-5DC6-4B8D-A35C-7099392B2A57.jpg
早く素敵な家族が出来て、たくさん甘えられますように・・。



先日保護して、動物病院にお預けしている白血病キャリアの成猫ちゃん。
今日、飼い主であろうと思われる人の親戚の方偶然、会いました。

あの子が何歳なのか確認したくて、写真を見て頂きました。
kyarianohati.jpg

その方は、急に姿を見なくなったので、保健所に引き渡されてしまったのだと思っていたそうです。
元の飼い主に話しましたが、家の猫ではないと言われた経緯を伝えた所、驚いていました。

当時、同じハチワレの猫を2匹一緒に飼育していた記憶があるとの事でした。
悪戯するから、外に出されたと、そのお宅のお孫さんが話していたそうです。

外にいたその子に当時の名前を呼ぶと、振り向いたから、多分その子だと話していました。
飼い主と思われる親戚の方に、年齢と事情をよく聞いてみてくれるとのことでした。

早速、確認して下さり、3歳と判明しました。

やはり、1匹はそのまま飼育しているそうです。
おそらく飼い主のもとにいる兄弟猫も白血病のキャリアでしょう。
発症した時に、きちんと面倒を見てくれるか・・・不安です。



さて・・・・・

たぁくんと大ちゃん、チビ・・グゥちゃんにチリリンに黒っち・・お預けしている犬猫たちの医療費に維持費。
毎日のお薬に、定期的に病院に行かなくてはならない子も多く、正直言って、経済的な状況が回らなくなってきました。

大ちゃんのオトスコープはこれ以上待てないので、やらなければなりません。
たぁくんのMRIの検査は、支払いが無理なので、延期して貰っている状況です。
避妊去勢手術費や、治療が優先ですから・・・検査は、ちょっと、待ってもらいます。

今現在の医療費もあるので、これ以上の借金を増やすわけにはいきません。
今迄の返済プラス、これからの医療費を考えると、これ以上の保護活動は考えなければなりません。
新しい保護は、困難です。

昨日、保護の相談があり、悩みましたが、お断りしました
特に、トレ-ナ-さんが必要な保護は無理です。

個人の活動の資金力のなさに、情けなくなりました。
が・・・等身大を超えた保護活動は、結局は破たんし、保護した動物達の幸せには繋げられなくなります。
気持ちと体力だけでは何ともならない問題です。

現在、抱えている子達の世話と里親さん探しは、精いっぱい頑張っていきます。
新しい保護、救済は暫くお休みせざるを得ません。
借金をお返しできて、また受け入れる余裕が出きましたら、また頑張ります

シニアや慢性疾患は治るわけではありませんが、保護っ子達仔猫の里親さん探しを頑張らなくてはなりません。


元気いっぱいのおチビさん、片目が不自由な優しいあばれる君、白血病キャリアの仔猫、人慣れを待っているお母ちゃんとチワワの男の子に、病院にお預けしている白血病キャリアのハチワレ君、みんな素適な家族が出来ますように願ってます。

わんことニャンコの様子は、引き続き、ブログに綴っていきたいと思います。
IMG_7072-horz-vert-vert.jpg

どうか良い縁と出会えるように、願っています

今後とも、保護っこ達をどうぞよろしくお願いしますm(__)m





| 未分類 | 19:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この3ヶ月私事でバタバタしており、なかなかお邪魔することが出来ずにいましたが、その間も色々な事がおきて大変な状況だったんですね。行政や私達一人一人の意識の違いにも高いハードルが有り難しい問題が山積みですよね。もどかしい事です。でもお転婆アンちゃんの存在は癒されますね♪車椅子も要らない位の暴走?で驚くやらおかしいやら…アンちゃん、怪我しないでね‼
シニアのシバーズちゃん達も沢山のお薬を飲みながら暑い中頑張ってる姿にココを思い出しながら、少しでも長く穏やかに楽しい時間を過ごして欲しいと願います‼ニャンコちゃん達にも素敵な出会いが早く訪れ温かい優しい時間を過ごせる様になって欲しいですね。
実際に活動されているI様やお仲間の方々の苦労を考えると私の言葉は軽い物になってしまいますが、本当に微力ですが少しでも出来る事はしていきたいと思っています‼
残暑厳しい折どうかご自愛下さいね。

| ココママ | 2017/08/27 11:03 | URL | ≫ EDIT

残暑お見舞い申し上げます

毎日ブログ読ませて頂いていましたがコメントできずにごめんなさい。
あんちゃん、可愛いですねー。よーし、好きなように歩けるぞーおりゃー!って感じですね♪お散歩後の様子も可愛くて癒されます。
お薬の管理、そうやってされているのですね。みんな、ゆっくりのんびり穏やかに過ごしていってくれると思います。みんな幸せそうな優しいお顔をしています。

団体ではなく個人での保護活動、頭が下がります。ありがとうございます。どうぞご無理なさらないでください。
タケルのような保護っ子たちを救って、縁を繋いで下さって本当に感謝しております。
タケルは、分離不安、トイレのこと、食糞、家具破損、噛みぐせ等、色々と悩むこともあったのですが、トライアル中も、正式譲渡後も、親身になって多くのアドバイスや手立てをして下さいました。
タケルがどんなことをしても、『手放す』という選択肢が微塵も出てこなかったのは、I様のご支援があったからです。
タケルと共に犬飼い初級者の私たちのことも育てて下さいました。

犬に全く興味の無かった主人がタケルを溺愛し、タケル以外の犬にも積極的に関わるようになりました。職場や、趣味のテニス、飲み会の場等で、保護犬の話題をよく出すようになりました。そして友人が、そのまた友人に保護犬の話をした、と聞くことが増えてきました。

新しい預かりをお休みされても、I様たちがしてきた活動や思いはこれからもどんどん広がっていきます。
これからもずっと応援しております。

| タケルママ | 2017/08/27 19:13 | URL |

ココママさま

ココママさん、こんばんは。
いつも、お世話になっております。

アンは、ますますお転婆がエスカレ-としているような気がします(^^;
既に、1台、車椅子が壊れてしまいました。もう一台は、ネジの部分だったので直しましたが、果たして、どの位の寿命なのか・・不安です。

犬も人間同様、年を取ると、あちらこちらに不具合が出てきて、薬の量も増えますよね。それだけ長生きをする子が多くなってきたのでしょうね。

ココママさん、ピクルス、とても美味しかったです・・・御馳走様でした。
いつも気にかけて頂いて、感謝の気持ちでいっぱいです。

みなさまに励まして頂き、応援頂いて、本当に心強く有難い思いです。
いつも、ありがとうございます。

| itabashinoinutati | 2017/09/03 19:01 | URL |

タケルママさま

気にかけて下さって、いつもありがとうございます。
薬の量が多すぎるので、食事のようにの時に時間短縮の為に、事前に分けています。

タケル君は若いという事もありますが、人との生活を知らずに育って来たので、大変なことが多かったでしょうね。
子犬から飼育するのと同じくらい、いえ、それ以上に大変だったことと思います。
気長に接して下さって、本当にありがとうございます。
これから、更に、信頼関係も深まり、もっともっと絆も強くなっていくことでしょうね。
たくさんの幸せと愛情の中、健康で長生きして、タケル君には可愛いお爺ちゃんになって欲しいです。

ご主人に、よろしくお伝えくださいね。
ありがとうございます。

| itabashinoinutati | 2017/09/03 19:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/787-72120cae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT