PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

麻布獣医大からの回答。

昨日今日と、朝のお散歩は、たぁくんの調子も良かったのでみんなと一緒に行くことができました。
FBA6F974-D755-4702-A62E-A1DC2BD6315C.jpg

散歩の前半は、張り切って歩くのですが、、途中、少しトボトボに・・
家が近くなると、また張り切って歩いていた、たぁくんでした。

残念なことに、昨日も今日も、いつものお爺さんには会えませんでした。


昨日は、大ちゃんのオトスコ-プの日でした。
E75B509B-D57C-4E84-8424-2A0CB16A33E0.jpg

先月より、汚れは酷かったようです。
大量の耳垢は勿論のこと、今回は、ケラチンも多かったそうです。
その上、今回は細菌もたくさん出たそうなので、感受性検査に出して頂きました。

大ちゃんの加齢による衰えを考慮すると、毎月、全身麻酔をかけてオトスコープを続けることに、無理を感じる。。と先生が仰っていました。そして、耳管から鼻に流れる量が増えていることや、毎回の真珠腫からの汚れが多いことを考えると、今後は、どうしたらよいのか解らない・・と、先生は、とても悩んでいました。
大ちゃんの耳は、かなり、厄介らしいです。



そして、たぁくん・・・麻布獣医大より回答が来ました。

『鼻腔の腫瘤は再手術しても眼窩へ広がっている可能性がありますので、早期の再発が予測されます。それを考慮すると、鼻腔腫瘍に対しては、放射線治療もしくはパラディアの治療がいいかと思われます。
(ともに緩和効果を期待してですので生存期間は反応してくれれば半年くらいではないかと思っております)

それを考慮に入れますと、第一選択はビンブラスチンと照射。第二選択はパラディア(±ビンブラスチン)という感じでしょうか。
もちろん照射のときには増感効果を期待してパラディアを入れたいのですが。』

とのことでした。


緩和治療がうまくいったとして半年なんて・・・


脾臓転移をした肥満細胞腫は別物で、腹腔内のリンパ節転移はあるわけで・・・
そこにも放射線治療って、できるものなのかなぁ。


麻布獣医大の最短の受診の予約で23日の火曜日です。
進行が速いようなので、23日の受診の日迄、何だかハラハラしてしまいます。

来週の火曜日までは、特に何も治療も出来ません。
いままでと同じ、パラディアとプレドニンを継続しつつ、一週間をしのぎます。

今、できることは、免疫をあげることくらいです。
先生と相談しつつ、腸に良いという、免疫をあげるサプリを飲ませています。

週3回、インタ-フェロンの注射も打ってもらいに行っています。
今日もその注射の日でした。

今日は、たぁくんとチビコを連れて行きました。
3250D73E-F7F9-47CA-8722-36626AB699A7.jpg

たぁくんは、インタ-フェロンの注射と血液検査をしてきました。

血液検査では、白血球数は正常値で、顕微鏡下では血中からも肥満細胞腫の細胞は見つかりませんでした。
放射線にしてもビンブラスチンにしても、白血球の数の減少が顕著であれば治療は継続できません。
幸い、今日の検査では、白血球数には問題がないとの事で、安心しました。

チビコは、腎機能低下のために、どうしても多飲多尿になっています。
そのせいですぐに脱水傾向になってしまいます。
痴呆症の症状もあるし、視力はないし、聴力もかなり落ちていて、自力での飲水は追いつかないようです。
いつもは、頻繁にシリンジで水分を飲ませているのですが、どえしても追いついていないので、皮下点滴が必要です。

今日も、皮下点滴をして頂きました。
やはり、痴呆症のために自宅での皮下点滴が、難しくなっていてます。
病院でも大騒ぎですが、人手があるのでなんとかなります。



そして、一昨日の通院では、新入りの子猫くんも診て頂きました。
IMG_2448.jpg

口の中が気になることと、目ヤニに鼻詰まりが少しありました。
口腔内には、潰瘍の後があるとの事、風邪気味だったので、目薬の処方とインタフェロンを打って頂きました。

IMG_2469.jpg
目薬のお蔭で、目ヤニも無くなてきており、目の周りや鼻も、随分、綺麗になって来ました。

よく食べるので、お腹がぽんぽこりんに・・・(笑)
ゴロゴロと喉を鳴らし、懐こくて可愛い子です。

体調が整ったら、家族募集を開始します。
良い縁があると嬉しいです。


さてさて、明日の朝は、3匹でお散歩に行けるかな・・・。
日々、変化する状況にハラハラしながら、たぁくんの麻布大学の受診の日を待っています。
IMG_2010.jpg
どうか、食欲だけは落ちないことを願ってます。

| 犬&猫 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/tb.php/824-93095771

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT